HubSpot Marketing Blog

2017年04月18日

PPC広告を効果的に利用するための4つのヒント

執筆者: | @

5fb00433f44412bc5b26d20d75242b3b_s-950164-edited.jpg

PPC(ペイ パー クリック)が効果的かどうかの議論を聞いていると、実にさまざまな意見が出てきますが、なかでも特に重要だと思うことが1つあります。それは、正しい方法で利用しなければ結果が得られないということです。PPCにお金を使うのは無駄だと主張する人たちは、これまでに満足できる成果を得られていないのかもしれません。

PPC広告を始める際に陥りやすい間違いがいくつかあるのですが、気にせずそのまま利用していると、間違いに気付くことができません。その結果、PPCがいかに無駄かという記事を、ブログで書くことになるわけです。

皆さんがそのような目に遭わないよう、今回はPPCの正しい利用方法について解説します。

キーワードを賢く選ぶ

PPCでは同じようなキーワードで競合他社とトップの座を争わなくてはなりません。それにはクリエイティブであることが要求されます。人気の高いキーワードで他社をしのぐには、多額の費用を支払うほかに方法がありませんが、それほど裕福な企業でもなければ、より効果的なキーワードを選ぶことが必要になります。

では、費用を安く抑えるにはどうすればよいでしょうか。まずは、バイヤーが自社を見つけるために、どのようなキーワードを使用するかをじっくりと考えてみましょう。誰もが真っ先に思いつくようなものは選ばないでください。ロングテールキーワードを選ぶのは良いと思いますが、広範な用語は避けるべきです。

広範でありきたりなキーワードを選んで使用したり、あるいは除外キーワードを使用しなかったりすると、自社の製品を必要としない人までが広告にクリックするようになるため望ましくありません。広範なキーワードを使用すると、何かよく似た別のものを検索した人によるクリックの数が増えます。ですからもちろん、関係のないサイトだとわかったとたんに、サイトを出て行ってしまうでしょう。その場合でも、クリックに対する費用は支払わなくてはなりません。

除外キーワードを使用すると、自社の製品を必要としない人によるクリックが増えるのを防ぐことができます。たとえば、やかんを販売しているけれども、電気湯沸かし器は扱っていない企業の場合は、電気湯沸かし器を探している人がサイトをクリックしないように、除外キーワードを追加する必要があります。クリックの数が増えればそれだけ費用もかさむため、できるだけ関連の高い訪問者にクリックしてもらうための工夫が必要です。

品質スコアを理解し最適化する

Googleの品質スコアが難しそうというのは、対策を怠っていることの言い訳にはならないと思います。品質スコアが高くなれば、クリック単価は下がります。品質スコアが1であれば、クリック単価が4倍にも増加し、品質スコアが10であれば、クリック単価が半分に減ります。

どうですか?「難しそうだから...」などと言ってはいられませんよね。

リンク先を適切に設定する

赤い靴を検索してサイトをクリックしたにもかかわらず、ショッピングサイトのホームページが表示されると非常にイライラします。PPC広告から直接そのランディングページに移動できなければ、多くの人に面倒な思いをさせると同時に、売り上げも大幅に減らしてしまうでしょう。

複数のPPC広告を作成し、すべてを同じランディングページにリンクさせるのは避けてください。そもそもバイヤーは利便性を求めてGoogleを使用するのですから、クリックして移動した先のサイトでまた検索をやり直すくらいなら、別のサイトへ離れて行ってしまうに違いありません。

頻繁にチェックする

PPC広告を作成しただけで忘れてしまってはいませんか? 少なくとも週に一度はログインして、自分の選んだキーワードでトラフィックを十分に獲得できているか確認しましょう。それ以外にチェックの方法はありません。

AdWordsのアカウントを四六時中チェックする必要はありませんが、広告によってトラフィックを獲得できているかをちょくちょく調べるようにしてください。あるいは、キーワードをテストし、入札の値段をチェックしたり、違うキーワードを試してみたりするのもよいでしょう。

マーケティングでは、テストを行って結果を調査することが非常に重要です。広告を出すだけで忘れてしまっていては、良い結果は決して得られません。

PPC広告をもう一度試してみたいと思いましたか? 正しい方法に修正するだけで、驚くほど効果が高くなる場合もあります。PPCでよく見られる間違いを防ぐよう注意し、必要であれば、専門知識を持つ人に相談するのもよいかもしれません。

編集メモ:この記事は、2014年8月に投稿した内容に加筆・訂正したものです。Ted Ammonによる元の記事はこちらからご覧いただけます。

トピック: PPC

メルマガ登録

コメント

申し訳ありません。過去のコメント履歴が削除されてしまいました。何か疑問やご質問がある方はこちららどうぞ。疑問や質問をツイートするにはこちら。

コメント
X

全世界で30万人のマーケターが購読中

マーケティングの最新情報をメルマガで配信します