HubSpot Marketing Blog

2017年09月11日

2017年、マーケティング戦略に役立つツール58選

執筆者: | @

Best Marketing Tools 2017

マーケティング業界では、戦略に取り入れるべき新しいツール、コツ、テクニック、トレンドが絶え間なく登場しています。そのすべてを、一人で把握するのはほぼ不可能と言えるかもしれません。

しかし、十分な情報に基づいてコンテンツを作成したり最適化したりするためには、こうしたツールに精通し、ベストなツールを使うことが重要になります。

幸いなことに私のチームには、さまざまな専門分野を持つマーケターが150名以上揃っていますので、今回の記事では彼らの知識を集約し、2017年にマーケターとして知っておきたいツール一覧を作成しました。58のツールを厳選しましたので、是非お役立てください。

リストは分かりやすいように、機能ごとにセクションを分けています。また記事の最後には、ツール名の一覧を記載しましたので、是非お気に入りにブックマークしてください。

それでは早速始めましょう。

自動化

マーケターの皆さんにとって、自動化はもはや目新しいアイデアではないでしょう。メールをスプレッドシートに保管するといった日々のルーティン作業やマーケティングのタスクにかかる時間を削減したければ、自動化ツールを利用するのが一番です。

HubSpot workflows tool for marketing automationのように特定の分野や作業に特化した自動化ツールは、すでに多数存在していますし、導入されている方も多いことでしょう。しかし異なるツールを組合わせて自動化できるツールとなると、その数はあまり多くありません。

別々のアプリを自由に組み合わせてタスクを自動化できたらいいと思いませんか? 例えば、Instagramに写真を投稿したら、他のすべてのSNSにも自動で投稿されるようにしたり、アプリのリマインダーを互いに関連付けたりといったことができれば、日々の作業が大幅に効率化できますよね。それができるツールが「IFTTT」です。

IFTTT (IF This Then That)では、さまざまなアプリやウェブサービスを連携するアプレットという機能を提供しています。アプレットは、簡単に言えば「このウェブサービスでXXしたら(If this)あのウェブサービスで○○する(Then That)」という指示のようなもの。既存のアプレットのなかから自分に合ったものを使用することもできますし、自分で新しく作成することもできます。

GmailGoogleドライブ、FacebookTwitterFitbitをはじめ、多数のウェブサービスがIFTTTに対応してますので、日々のタスクを思い通りに自動化できます。

便利です。IFTTTはこちらからどうぞ。

hscm - marketing tools post - IFTTT .png

IFTTT_Logo.svg.png

取引を成立させ、関係を管理する

マーケターチームとセールスチームの目標は、プロダクトやサービスを売ること。煩雑なスプレッドシートや整理されていない受信箱、上手く機能しないツールと格闘して時間を無駄にすることではありません。

そこで、不可欠となるのが顧客関係管理システム(CRM)です。CRMはセールスチームが顧客を管理するためだけでなく、マーケティングチームがセールスチームにリードを引き渡す場所としても役立ちます。

HubSpot(ハブスポット)では、マーケティングとセールの成功にはCRMが不可欠であり、すべてのチームが導入すべきだと考えています。そのため「HubSpot CRM」を完全無料で提供しています。 

HubSpot CRMを使えば、セールスチームが嫌がるタスクを自動化できるうえ、使い方も非常に簡単です。CRMツールを活用して、データ入力の時間を削減し、貴重な時間をマーケティングやセールスに使いましょう。

HubSpot CRMはこちらからお試しください。

crm logo.png

コラボレーション

あちこちにファイルやコンテンツが散在し、一箇所に集約されていない・・。皆さんも思い当たることがありませんか? マーケティングチームだけでなくどのようなチームにおいてもファイルやコンテンツの整理は非常に重要です。そこで取り入れたいのが、チーム内のコラボレーションとファイルの整理の両方を実現してくれるツールです。

この点において、「Dropbox 」は最適のツールと言えるでしょう。クラウドベースのソフトウェアのため、いつどこからもでファイルにアクセスすることができ、自然とチーム内のファイルを一元管理することができます。さらにコラボレーションにも適しています。

Dropbox Paper」のようなツールを使えば、同一文書内でリアルタイムにコラボレーションしたり、共有フォルダや共有ファイルでツールを共有したりすることもできるので、ファイルをやりとりする手間を省き、すぐにプロジェクトに取りかかることができます。

Dropboxはこちらからどうぞ。 

hscm - marketing tools post - dropbox .png

dropbox-logo.png

その他のコラボレーションツール:

  • Google Drive
  • Box
  • Trello 

コンテンツ作成

各種コンテンツを作るためのツールは、それこそ星の数ほど存在します。SNS用画像、ブログ記事、eBook。オプションとツールの数には限りがありません。 

そのなかで、私自身を含む多くのマーケターに人気があるのが、「Asobe Creative Cloud」スイートに新たに加わった「Adobe Spark」です。Adobe Sparkを使えば、インパクトのあるウェブページや本格的な動画、目を引くグラフィックを自分で作成することができます。さらにうれしいことに、無料で使えて、操作も非常に簡単です。 

Adobe SparkSpark Page」「Spark Post」「Spark Video」の3つで構成されており、それぞれグラフィック、ウェブページ、動画を簡単に作成することができます。多岐にわたるテーマが用意されているので初めての方も安心です。

ページレイアウトや動画編集、コンテンツ管理システム(CMS)の知識は必要ありません。すぐにセンスの良いコンテンツを作り始めることができます。例えば、ハブスポットでは、Spark Pageを使用してオンラインガイドを作成し、Spark VideoSpark Postを作ってそのプロモーション素材を作成するといった使い方をしています。皆さんも是非使ってみてください。

Adobe Sparkはこちらからどうぞ。 

HSCM - marketing tools post - spark.png

adobe spark logo.jpg

その他のコンテンツ作成ツール:

  • Venngage
  • Piktochart
  • Canva
  • Recordit
  • Kap
  • Adobe Color CC 

動画

2017年、動画はマーケティングのトレンドです。誰も彼もが動画について話題にしています。しかし、皆さんは実際にマーケティングに動画を活用していますか? 

もしかしたら、ブログ記事やランディングページにYouTube動画を埋め込むだけで満足してしまっている方もいらっしゃるかもしれません。これでは、コンバージョン率、ブランド、ユーザーにとって良い効果は望めません。ただ幸いなことに素晴らしいソリューションが存在します。 

Wistia」です。強力な動画ホスティングプラットフォームで、自社ウェブサイト上で動画をホスティングすることができます。広告が入ることもなく、スムーズな再生が可能なうえ、デフォルトでレスポンシブデザインになっています。

また効果を計測するための各種分析機能も用意されているので、動画のROIをしっかりと確認することができ、動画マーケティングの取り組みを細かく調整することができます。自社の動画マーケティングをレベルアップしたい方に最適です。

無料のWistiaはこちらからどうぞ。

HSCM - marketing tools post - wistia.png

hscm marketing tools post - wistia logo.png

その他の動画ツール:

  • Vidyard
  • Vimeo
  • Youtube

コンテンツ公開とブランド認知

オンラインでのコンテンツ公開となると、やはりあの「巨人」の名前を上げないわけにはいきません。 

hscm - marketing tools  post - google.png

そうです、Googleです。Googleはもはや新しいものでもありませんし、知る人ぞ知るツールというわけでもありません。しかし、ブランド認知度を高めるために戦略的にコンテンツを公開するにあたり、同じ傘下にもう1つ重要な配信チャネルがあることを忘れてはいけません。

YouTube」です。動画ベースのコンテンツが増加するにつれ、YouTubeの重要性はますます大きくなっています。もちろん、テキストベースのコンテンツをGoogleの検索エンジンに対して最適化していくことは今後も必要ですが、YouTubeも主要なマーケティングチャネルの1つとして考えるようにすべきでしょう。

YouTubeは動画をホスティングするだけでなく、SNSで共有するのにも最適です。また、YouTube上で動画を見つけてもらえるように、動画の検索エンジン最適化も行っていきましょう。 

 hscm - marketing tools  post - youtube.png

YouTube-logo-full_color-1.png

コンテンツ公開とブランド認知度向上に使用したいその他のチャネル:

  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Product Hunt

継続的な学習と情報収集

継続的な学習の必要性。これはすべてのマーケターが直面する課題でしょう。新しいツールや手法が次々と登場するなか、業界の変化やトレンドに後れをとることは許されません。しかし、心配は無用です。新しい方法やテクニックを学んだり、必要なコースを受講したりするためのツールやプラットフォームは数多くあります。

HubSpot Academyでは、マーケティングのベストプラクティスに関する最新情報を入手したり、マーケティングに関する疑問を解消したりできます。さらに新しい専門資格の取得や以前に取得した専門分野の更新なども可能です。

 HubSpot Academyポータルはこちら。

hscm - marketing tools  post  - HubSpot Academy .png

hubspot-academy.png

その他の学習ツール:

  • Lynda.com
  • Udemy
  • Codeacademy
  • Skillshare
  • General Assembly

コンバージョン率最適化(CRO)

収益目標を達成するには、まずキャンペーンを立ち上げ、プロスペクト(潜在見込み客)をそのキャンペーンに引きつけ、さらにそれらのプロスペクトをリードや顧客にコンバートしなければなりません。そのため一連の流れの中でいくつかのツールが必要になります。

そこで、おすすめしたいのが、さまざまなCMSプラットフォームやツールと連携させて使うことが可能な「Unbounce」です。ドラッグ&ドロップ形式の使いやすいインターフェースで、モバイルレスポンシブなランディングページを開発者の手を借りずに作成することができます

さらに「Unbounce Convertables」を使えば、任意のウェブページの上に、ターゲットを絞ったCTACall-To-Action)オーバーレイを表示させることが可能です。いつ、どこで、誰に表示するかをカスタマイズできるので、オファーを表示する相手やタイミングをコントロールして最適なオーディエンスに最も関連性の高いオファーを提示することができます。

Unbounceはこちらからどうぞ。


unbounce logo.png

その他のCROツール:

  • HubSpot Marketing Free
  • HubSpot Landing Pages tool
  • Hotjar
  • Optimizely
  • Leadpages

イベントマーケティング

毎月顧客やプロスペクトに向けてイベントを開催している企業もあれば、年次カンファレンスを開催している企業もあります。あるいは、時々コミュニティでパーティーやイベントを開催している企業もあるでしょう。

いずれにしろイベントを行う際には、最高のイベント マーケティング ツールを使用して最大限にアピールすることが重要です。なんといっても対面のイベントというのは、潜在顧客と交流して、プロスペクト、顧客、そしてコミュニティの記憶に残るブランドエクスペリエンスを構築する絶好のチャンスです。 

イベントマーケティングにおすすめしたいのが「Eventbrite 」です。簡単かつ効率的なツールで、すでに多くのマーケターが、チケット発行などのロジスティクス管理やイベントのプロモーションに使用しています。

同一プラットフォーム上で、イベント用ランディングページの作成、チケットの発行、支払いの設定を行うことも可能です。そしてうれしいことに、イベントが無料の場合にはツールの使用料も無料です。

Eventbriteはこちらからどうぞ。

hscm - marketing tools  post  - eventbrite.png

eventbrite-2.png

その他のイベントマーケティングツール:

  • Picatic
  • Facebook 
  • AddEvent

遊び心のある革新的なツール

新しいマーケティングツールをお探しですか? 道具箱の中の金づちと釘のようなお決まりのツールではなく、新しい革新的なソリューションを試してみたいとお考えですか? それなら、「Typeform」がおすすめです。

皆さんは、これまでに何度もウェブサイトやアンケートでフォームを使ったことがあることでしょう。Typeformを使えば、代わり映えしない機械的なフォームを一新することができるのです。

Typeformでは、これまでにないポジティブで人間的なエクスペリエンスを提供しながら、プロスペクトや顧客とコミュニケーションすることができます。単なるアンケートツールではありません。

対話形式のフォームのため、従来のフォームに比べインタラクティブなエクスペリエンスを提供できます。アンケートやリードフォームをホストしたり、クイズ形式のコンテンツを作成する際に是非活用してみてください。

Typeformはこちらからどうぞ。

HSCM - marketing tools post - typeform .png

typeform logo.png

遊び心のあるその他のツール:

  • Giphy
  • To.Doist

業界最新ニュースの取得ツール

当然のことですが、今読まれているこの記事の情報もいずれは古くなります。私たちはこれからも、最新のツール、トレンド、マーケティング手法に目を光らせていなくてはなりません。業務の一環として、常に業界の最新ニュースを把握しなければならないのはマーケターの宿命でしょう。

そこで役に立つのが「Product Hunt」です。最新のツールやプロダクトを見つけるためのツールで、業界に後れをとりたくないマーケターや自社プロダクトのローンチを新しいチャネルでプロモートしたいマーケターに最適です。Product Huntでは、ローンチされたツールが毎日フィードに表示され、ユーザーが面白いと思ったツールに投票することができるようになっています。

ヒント:Product Huntに登録したら、そのページをブラウザのホーム画面に設定しましょう。そうすれば、毎朝ブラウザを開いたときに、最新情報を目にすることができます。もしかしたら、そのなかに使ってみたいツールがあるかも知れません。

 Product Huntへの登録はこちらからどうぞ。

hscm - marketing tools  post - product hunt.png

product hunt logo.png

その他のニュースツール:

  • Flipboard
  • Pocket
  • お好きなオンライン ニュース サイトやオンラインマガジン

リード ジェネレーション ツール

営業機会を創出したい場合、サイト訪問者からEメールアドレスなどの連絡先を取得してリードへとコンバートし、それらのリードをしっかりとナーチャリングしていく必要があります。連絡先を聞き出す手段として、ランディングページは欠かせないものですが、時にはもっと簡潔でシンプルなユーザーエクスペリエンスを通じてリードの情報を取得したい場合もあるでしょう。

HubSpot Marketing Free を使えば、非常にシンプルに情報の取得を実現できます。リードがEメールアドレスを共有してくれたら、すぐにその人が誰なのか、どこで働いているのか、どのページを訪問したのかをリアルタイムで知ることができます。そして、訪問者がオファーや価格のページを訪問していたら、すぐさまフォローアップすることが可能です。

さらに、シンプルながらパワフルな分析機能により、例えば最もコンバージョン率の高いトラフィックソースやコンテンツを特定するなど、うまくいっている取り組みといっていない取り組みを可視化することができます。

つまり、インバウンドマーケティングのポテンシャルをリスクなしに判断できる便利なツールなのです。無料で使用できるので、わざわざ予算を立てる必要もありません。

Hubspot Marketing Freeはこちらからお試しください。

hscm - marketing tools blog post - HSMF-1.png

HubSpot_Marketing_V_Color.png

ナーチャリング

ナーチャリングを行うためのツールやテクニックは常に進化しています。もちろん、「Eメールを使用してリードをナーチャリングし、マーケティングファネルの次の段階に進ませる」といった基本的な部分は変わりませんが、そのために使用するコンテンツやポジショニングは常に変化しています。

ハブスポットが提供しているものを含め、一連の標準ワークフローと自動化ツールを押さえておけば、この先も万事OKというのであれば話は簡単なのですが、マーケターとしては常に新しい革新的なツールもチェックしておきたいところです。そこで、ナーチャリング用コンテンツの作成に使える革新的なツールを1つご紹介しましょう。

Vidyardです。素晴らしい動画コンテンツを作成、ホストできるツールで、ナーチャリングやその他のマーケティング活動に役立ちます。

例えば、ハブスポットでは、Vidyardを使って、特定のオーディエンスやプロダクトを対象とした、独自のカスタムナーチャリング動画を作成しています。豊富な動画ツールが用意されているので、誰でも印象に残るコンテンツを作成することができます。 

またスタジオで作成した動画を公開する機能だけでなく、ライブ配信機能も用意されています。無料ツール「Viewedit」もあり、マーケティングに動画を活用したいと考えている方にはおすすめです。 

Check out Vidyard Today 

HSCM - marketing tools post - vidyard.png

Vidyard with box.png

オンライン広告ツール

GoogleBingFacebookTwitterLinkedInといったプラットフォームで、PPC広告キャンペーンに投資する場合、複数のネットワーク上で展開する広告キャンペーンをすべて管理するのはなかなか大変です。さらに、ただ管理するだけでなく、各キャンペーンの成果をレポート化しようと思えばなおさら骨が折れることでしょう。

しかしAdStage」を使えば、展開しているすべてのPPCキャンペーンの管理を一元化できます。主要なPPCプラットフォームのすべてに対して、一箇所でキャンペーンの作成、管理、自動化が可能で、もちろん成果のレポート化もできます。

視覚的インターフェースでわかりやすく、強力な自動化機能も備えてます。PPCキャンペーンの初心者の方からベテランの方までおすすめのツールです。

AdStageはこちらからどうぞ。

HSCM - marketing tools post - adstage.png

adstage logo.png

その他のオンライン広告ツール:

  • HubSpot Ads Add-On
  • Perfect Audience
  • Google Adwords
  • Facebook 
  • LinkedIn 
  • Adroll

プロジェクトマネジメント

ファイルの管理と整理ついてはすでにお話しましたが、流動的な要素で構成されるマーケティングキャンペーンやプロジェクトについてはどうでしょう? プロジェクトマネジメントに使用できるツールはいろいろと存在していますが、他のツールとの統合や連携、機能の多さを考えると、真っ先に名前を挙げたいのが「Trello 」です。しかも無料で利用できます。 

Trelloは、小規模なチームや個人事業主にとって、非常に優れたプロジェクト マネジメント ツールです。「かんばん」形式の楽しいユーザーインターフェースで、To Doリストを設定したり、個々のカードに締め切り、担当メンバー、ラベルなどをタグ付けしたりできます。

カードにファイル、リンク、画像などを挿入することも可能ですし、取り組んでいるプロジェクトを簡単に最大表示することもできます。ハブスポットでは、チームのキャンペーンと個人のTo Doリストを管理するのに使用しています。どのように使用しているかサンプルを見てみたいという方は、『Trelloでマーケティングキャンペーンを管理する方法をご覧ください。  

Trelloはこちらから。無料です! 

HSCM - marketing tools post - trello .png

trello logo.png

その他のプロジェクトマネジメントツール:

  • HubSpot Projects Tool(HubSpot Marketing Platformに数あるツールの1つです)
  • JIRA
  • Asana

SEO対策

キーワードの調査であれ、コンテンツの最適化あれ、検索結果ランキングのチェックであれ、マーケターにとって、コンテンツのプランニングからSEO適化まで行えるツールが不可欠です。

どのキーワードでランキング入りを狙うかをプランニングするツールとしては、「Googleアナリティクス」と「SEMush」が優れていますが、作成したコンテンツが確実に目標を達成できるようにするにはどうすれば良いのでしょう?

SEOへの取り組みをモニタリング、分析、最適化して、マーケティング戦略の成果を上げるには、「RYTE」が最適です(ツール名がOnPage.orgからRYTEに変更になりました)。

RYTEはこちらからどうぞ。

Screenshot 2017-04-25 10.27.44.png

HSCM - onpage.org logo.png 

その他のSEOツール:

  • HubSpot Content Strategy Tool 
  • Googleアナリティク/キーワードツール
  • Chrome拡張機能 Keywords Everywhere
  • SEMrush
  • Moz

ソーシャルメディア(SNS)

完璧なSNS投稿を行ったと思った次の瞬間、フォロワーに誤字を見つけられてしまった・・。このときほどがっかりすることはありません。ですから、SNSツールを使用して投稿内容をしっかりスケジュール&管理することはマーケターにとって不可欠です(誤字脱字も未然に防げます)。

またそれだけでなく、SNSツールを使うことで投稿の効果を適切に分析できるので、特にこうした分析情報が入手しにくいチャネルでは非常に有用です。

Iconosquare」には、簡単に使える分析機能が用意されており、Instagram上でブランドを成長させたい場合におすすめです。Instagramは、取り組みの効果が出ているかどうかを判断するのが難しいチャネルですが、SNS界第2位のチャネルであること、また一部の年代では第1位に迫りつつあることを考えると、マーケターとして無視することはできません。

Iconosquareを使ってInstagramの分析情報を最大限に活用し、自社ブランドを最適化して成果を高めましょう。 

Iconosquareはこちらからどうぞ。

Screenshot 2017-04-25 10.03.53.png

Iconosquare

その他のSNSツール:

  • HubSpot Social Inbox(HubSpot Marketing Platformに数あるツールの1つです)
  • Buffer
  • Hootsuite
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin

チームのコミュニケーション

もし同僚と一切コミュニケーションしたりできないとしたら、職場での1日はどのようなものになりますか? おそらく非常にストレスがたまる1日になるはずです。マーケターには、チームメンバーや組織全体と足並みを揃えるために積極的にコミュニケーションすることが求められます。ですから、最適なコミュニケーションツールを利用することは日々の業務に欠かせません。

そこで、優れたコミュニケーションツールとして紹介したいのが「Slack 」です。

Slackは非常にパワフルなメッセージングアプリで、面倒なメールのやりとりなしに、簡単に同僚とコミュニケーションできます。ただの「AOLインスタントメッセンジャー現代版」だと思ってもらっては困ります。

Slackにはさまざまな機能が用意されているだけでなく、他のツール(TrelloGmailGiphyなど)との連携も抜群です。チーム別あるいはトピック別にチャネルを作成したり、11でチャットすることも可能なので、対面であれリモートであれ、スムーズな共同作業が実現できます。

Slackはこちらからどうぞ。

HSCM - marketing tools post - slack.png

hscm marketing tools post - slack logo.png

その他のコミュニケーションツール:

  • HipChat
  • Google Chat
  • Join.Me
  • Zoom
  • Skype

ウェブサイト最適化

自社サイトへの訪問者がどのようにコンテンツを利用しているかについては、まだまだ多くのマーケターが勘や推測に頼っているようです。ユーザーの目を引くようなページをデザインすることはできても、訪問してくれたユーザーのフォーカスがどこにあるのかを把握できているでしょうか? 

Hotjar 」は、ウェブサイトやモバイルサイトの訪問者がコンテンツのどの部分をよく見ていて、どのように利用しているかを簡単に知ることができる画期的なツールです。ユーザーがサイト内で見ているもの、アクションを起こしている箇所が視覚的なヒートマップにより一目で分かるようになっています。

訪問者がタップまたはクリックした場所やスクロール動作が把握できるので、サイト内で効果の高い要素を洗い出し、コンバージョン率向上のためにサイトをページを最適化することができます。

Hotjarはこちらからどうぞ。無料です。

HSCM - marketing tools post - Hotjar -1.png 

hscm marketing tools post - hotjar logo.png

その他のウェブサイト最適化ツール:

  • HubSpot Website Platform
  • Optimizely
  • Unbounce

紹介したツール一覧

今回の記事では、マーケティングのさまざまな場面で活躍するツールを多数紹介しました。最後に、その一覧を記載しておきます。

マーケターなら知っておきたいツール58選

     
AddEvent Hootsuite Piktochart
Adobe Color CC Hotjar Product Hunt
Adobe Spark HubSpot Academy Recordit
Adroll HubSpot CRM SEMRush
Adstage HubSpot Marketing Skillshare
Asana Iconosquare Skype
Box IFTTT Slack
Buffer JIRA To.Doist
Canva Join.Me Trello
Codeacademy Kap Twitter
Dropbox Keywords Everywhere Typeform
Eventbrite Leadpages Udemy
Facebook LinkedIn Unbounce
Flipboard Lynda.com Venngage
General Assembly Moz Vidyard
Giphy OnPage.org Vimeo
Google Adwords Optimizely Wistia
Googleアナリティクス Pocket Youtube
Google Drive Picatic Zoom
HipChat    
     
いかがでしたか?HubSpot(ハブスポット)のスタッフもこれらのツールを利用して日々マーケティングを行っています。興味がおありの方はぜひ試してみてくださいね!

編集メモ:この記事は、2017年5月に投稿した内容に加筆・訂正したものです。Bethany Cartwrightによる元の記事はこちらからご覧いただけます。

トピック: インバウンドマーケティング

メルマガ登録

コメント

申し訳ありません。過去のコメント履歴が削除されてしまいました。何か疑問やご質問がある方はこちららどうぞ。疑問や質問をツイートするにはこちら。

コメント
X

全世界で30万人のマーケターが購読中

マーケティングの最新情報をメルマガで配信します