Eメールマーケターの仕事は? と聞かれて頭に浮かぶのは、オプトインのリードを獲得する、リストをセグメント化する、ナーチャリング(育成)のワークフローを設定する、明確で簡潔なメールのメッセージを作成する、メールの到達率をチェックする、テキストとHTMLの両方の形式を最適化する....などでしょうか。

何だか退屈ですね。以前はもう少し楽しいこともあったように思うのですが。

それでも、Eメールマーケティングで楽しいことを考えるのに一生懸命な企業は(私たちも含め)たくさん存在します。確かに、これらの退屈な要素もキャンペーンの成功には不可欠ですが、Eメールマーケティングの効果を高めるために重要なことは他にもたくさんあります。

メルマガ配信やニュースレター配信を効果的に行う方法を凝縮した無料ガイドはこちらからダウンロードできます。

もちろん、驚くほど美しいEメールを作成する方法を理解しているブランドも見かけます。テキストベースであったり、ごくシンプルなデザインであっても、極めて効果の高いメールを作成することは可能ですが、クリエイティブなメール、魅惑的なメール、あるいは控えめ過ぎて逆に目立ってしまうようなデザインのメールで購読者を驚かせるのもきっと楽しいはずです。

次回のEメール マーケティング キャンペーンで、これまでとちょっと違うわくわくする何かを試してみたい方は、この記事の例を参考にしてみてください。今回は非常に美しいニュースレターやトランザクションメール、eコマースメールを送信しているブランドをご紹介します。

Eメールニュースレターのデザイン例

1)Collaborative Fund

デザインにおいて、レッドとイエロー黄の色の組み合わせは非常に力強いとされています。レッドはパワーや情熱を表すことで知られ、イエローは輝きやエネルギーに溢れた色と捉えられています。

企業によるニュースレターでは、受信者の注目を集める目的でメールの最初を単色で大きく塗りつぶしているのをよく見かけますが、このCollaborative Fundによるメールはそれどころか、レッドとイエローの色の領域を交互に組み合わせて全体を表示しています。なんともパワフルですね。

色だけではありません。このメールは表示エリアを色ではっきりと分断しながらも、各エリアに(くしゃくしゃになった紙など)さまざまな質感を取り入れているため、非常に見ごたえのある表示に仕上がっています。

collaborative-fund-email-example.png 

2)スターバックス

スターバックスからのこのニュースレターには、コーヒーの注ぎ方の説明や、新商品を購入できるサイトへのCTA(Call-To-Action)、夏に美味しいフロートのレシピなど、数多くの情報が詰め込まれてます。

これらすべてをわかりやすく示すために、スターバックスはそれぞれの情報に対して短い説明を作成し、高画質な写真に重ねて表示しています(最初の写真などは、氷の上にコーヒーが注がれる音まで聞こえてきそうなほどです)。先ほどのCollaborative Fundの例と同様に、このメールも表示がトピックごとにはっきりと区切られています。

また、PinterestのロゴとInstagramのロゴが、それぞれ「BROWSE MORE RECIPES」と「SEE MORE INSPIRING PHOTOGRAPHY」というテキストのCTAの隣に表示されているのも素晴らしいと思います。これによって購読者は、ロゴをクリックすれば他のレシピもPiterestで見られると気付くはずです。

starbucks-email-example.jpg

3)InVision LABS

このInVision LABSによるメールはかなりシンプルですが、すっきりとしたデザインと目を惹く色使いが素敵です。背景色の青が比較的濃いので、CTAや、最後に表示されている白いエリアがひときわ目立って見えます。

また、製品の画像をわかりやすく表示しているため、受信者はこれを見ただけで、その下の説明を読む前に、何のアナウンスかを理解することができます。

craft-email-example.png

そして何より素晴らしいのは、鮮やかな青の色使いをこのメールだけで採用しているわけではなく、ウェブサイトにも同じ色を使用していることです。ブランドイメージの統一に成功しているという点で非常に素晴らしい例だと思います。

Craft_by_InVision_LABS.png

 

4)Handy

Handyからのこのシンプルなウェルカムメールはかなりおしゃれです。ベースの色はグレー、受信者の注目を集めたいロゴとCTAは明るいブルーを使うなど、配色の統一が非常に上手くできています。

テキストとビジュアルの要素のバラスが良く、またタイルデザインによって画面全体に目を通しやすくなっています。そして、無料の写真素材集を使用してブランドを表現し、消費者に誠実で好感度の高い印象を与えている点を大いに評価したいと思います。

handy-email-example.png

 

5)Litmus

Eメールデザインのカンファレンスをアナウンスしているだけに、素晴らしいメールを期待してしまうかもしれません。そして、確かに期待を裏切っていませんね。まずは大胆な色を登場させて受信者の注意を惹き、続いてすっきりとしたデザインの要素を簡潔なコピーと一緒に配置しています。また、余白の使い方も見事です。

メールの最後にはTwitterのフィードをライブで表示し、カンファレンスのオフィシャルハッシュタグを使用したツイートを紹介しています。ソーシャル エンゲージメントの要素をこれほど上手に利用すれば、エンゲージメントが向上すること間違いなしです。しかも同時にイベントとつながりを保つ方法を、参加者にしっかりと伝えています。

litmus-email-example.png

 

6)Uber

マーケターの皆さんは、情報をわかりやすく伝えるために表やグラフが効果的であることをご存知だと思います(関連記事はこちら:10 Little Ways to Make Your Data Far More Compelling)。ですが、グラフをEメールに入れることまで考えたことはありますか?

このUberの卓越したスキルをご覧ください。費用が安く抑えられることを、言葉ではなく、料金を比較する3つのグラフで見事に説明しています。このように、シンプルなグラフでも、データを非常にパワフルにビジュアル化できることがよくわかります。また、配色に明るいブルーを使用しているため、料金の違いをひと目で簡単に見分けることができます。

Uber_Lower_Fares_Email.jpg

 

7)Cuyana

次は、新商品の情報をいち早く入手したい人が利用する「EARLY ACCESS LIST(先行紹介リスト)」の登録者に、Cuyanaが送ったメールです。ご覧のように、このメールは新製品の紹介に終始していますが、これこそまさにリストの登録者が望んでいることです。

ネガティブスペースと魅力的なフォントを実に上手く利用し、すっきりと洗練されたデザインにまとめられています。婦人用のアパレルやアクセサリー企業ならではの、正統派アプローチだと思います。色の統一感、とりわけ最後に表示されているCTAボタンの特徴的なオレンジの色彩も素晴らしいです。

(メモ:このメールはHubSpotを使用して作成されています。HubSpotのライブラリにあるEメールマーケティングの例をご覧になりたい方は、こちらをクリックしてください。)

cuyana-email-example.png

 

EコマースのEメールデザインの例

8)J.Crew

言葉を過信しないようにしましょう。画像を使った方が、ストーリーを上手に伝えられることもあります。J.Crewによるこのメールがその好例です。セールスプロモーションのメールにもかかわらず、スクロールして最後へ移動するまでそれに気付くことはありません。

最初に「This is worth the scroll(スクロールするだけの価値があります)」とメッセージが表示され、それ以降は長い長いアイスクリームのおいしそうな画像が高画質で表示されます。最後までスクロールすると、アイスクリームのコーンの先が矢印の役目をし、CTAの場所が受信者にはっきりと示されます。

j-crew-email-example.png

 

9)アップル

このアップルからのホリデーメールは、真っ白な余白と製品の配置のバランスが絶妙です。何とも言えず面白い表示になっていると思います。どの製品も配色は同じですが、とにかくこのポジショニングには脱帽です。製品の並べ方が実に戦略的で、同じビジュアルパターンが表示全体で交互に繰り返されています。

Apple-Holidays-Email.jpg

 

皆さんはどのようなEメールを作成して送信されていますか?シンプルで魅力的なEメールの作成のコツや要素について解説した無料eBookはこちらからダウンロードできます。

Eメールマーケティング配信を効果的に行うための秘訣をまとめた無料ガイドはこちらから。

元記事発行日: 2017年3月01日、最終更新日: 2018年10月04日