Googleはウェブ上で最も多く利用されている検索エンジンです。1日に20億を超える回数が検索されるのですから、皆さんの企業の製品やサービスに関連するページも、おそらく検索されているはずです。であれば、SEOにばかり時間をかけるよりも、有料検索を利用して、ウェブサイトのトラフィックを大幅に増やすのも一つの手だと思います。この方法は、Google検索による訪問者をリードやカスタマーに転換するのに効果的です。

→ダウンロード: Google 広告活用無料ガイド

Google 広告(旧Google AdWords:アドワーズ)の使い方が難しそうだからと、二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。確かに、ターゲットを絞って適切なキャンペーンを作成できるよう、Google 広告には数多くのオプションが用意されているため、初めて使用するマーケターにはわからないことが多いと思います。

ですがご心配なく。この記事をご覧になれば、有料検索のキャンペーンを簡単に展開することができます。Google 広告キャンペーンのセットアップに必要なことをすべて説明しますので、ぜひご覧ください。

無料ガイド

Google 広告活用ガイド

〜Google 広告で最大限の成果を得るための戦略を大公開〜

アドワーズとは?

現「Google 広告」の旧称が「Google AdWords(アドワーズ)」です。米国で2000年10月にサービスを開始したGoogle AdWordsは、18年弱の歴史を以って名前を変えることになりました。アドワーズはGoogle 広告に名称を変えましたが、サービスの内容に変わりはありません。アドワーズ広告の掲載状況やレポートも従来と同様に利用でき、管理画面や操作方法も従来のままです。

→ダウンロード: 広告クリエイティブの基礎と無料デザインテンプレート

Google 広告(旧Google AdWords)でできること

Google広告を使えばGoogleの関連サービスや提携しているブログ、webサイトなどに以下のような広告を掲載できます。

  1. 検索連動型広告
    Googleの検索結果画面に表示される広告です。キーワードや訪問履歴、地域などを設定できます。
     
  2. ディスプレイ広告
    「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」とも呼ばれる広告です。Googleの提携サイトやアプリに表示されます。キーワードとの関連性やユーザー属性などによるターゲティングも可能です。
     
  3. 動画広告(YouTube)
    動画の前後や動画の検索結果に表示される広告です。ユーザーの興味や関心、ライフイベントなどに合わせたターゲティングもできます。
     

Google 広告(旧Google AdWords)の活用法

Google広告の具体的な活用方法をご紹介しましょう。
 

ビジネス目標に合わせて利用

Google広告では、ビジネス目標を念頭に置いたキーワードの選定や管理ができます。

目標に応じてキーワードをグループに分ければ、アカウントの管理や出稿の効率化にも役立つでしょう。グループ分けの方法がわからない場合は、コンバージョン単価や利益率、収益などの成果目標で分けてみてください。製品ラインやブランドなどのビジネス構造によってキーワードを分類する方法もあります。

キーワードの選定に使用する情報源はさまざまですが、情報を問わずサイトへの総合的な到達経路を考慮することが重要です。

迷ったときに有用な情報源を3つご紹介します。

  • 商品・サービス
    商品とサービスに関わる主なキーワードは必ず取り込みましょう。購買サイクル終盤のユーザーは「商品名」や「サービス名」を検索するので、商品とサービスの名称はそのままキーワードにします。
     
  • Webサイト
    キーワードとWebサイトの内容にズレが生じないよう、サイトで提示する情報を正確に把握しましょう。
     
  • ブランド
    扱っている商品やサービスが複数ある場合は、ブランド名と商品を合わせて検索するケースも少なくありません。そのため、「ブランド」も必ずキーワードに入れたいところです。

上記3つと購買サイクルを意識したキーワードを選定すれば、効率的な広告の運用が実現します。

各キャンペーンの予算に制約がある場合は、重要度の高いキーワードのクリック数やコンバージョン率の向上を最優先にしたアカウント構造を意識してください。
 

予算設定が幅広く可能

Google広告では予算も能動的に変更できます。

キーワードの選定と広告作成後に予算を設定すれば広告の運用はできますが、効果に応じて予算を集中させたり、キーワード個別に予算を設定してリアルタイムに反映させたりすることも可能です。

数値の変動を観測しながら適切に予算を動かせば、目標達成がより現実的になります。
 

初めてのGoogle 広告(旧Google AdWords)キャンペーン:トレーニングチュートリアル

ここからは、初めてGoogle 広告を使いという方でもわかりやすいように、2つのステップに分けて実際の広告展開手順をご紹介します。
 

ステップ1:効果の高いキーワードリストの作成

Google AdWordsを使用し始める前に、その準備段階としてキーワードリストを作成する必要があります。最もよく使用されるであろうキーワードを、カスタマーが何に悩んでいるかに注目して考えてください。

たとえば、太陽光で走るトラクターを販売する企業があったとします。その製品をカスタマーの多くが「環境に優しいトラクター」と呼んでいるにも関わらず、「太陽光発電トラクター」というキーワードでキャンペーンを開始した場合、その企業の広告を目にするカスタマーは非常に少なくなってしまいます。
 

広範なキーワードと限定的なキーワードの違いを理解する

Google AdWordsを利用する目的をまず明らかにし、それに基づいて広範なキーワードと限定的なキーワードのどちらを使用するかを決めてください。たとえば先ほどの企業が業務用の太陽光発電トラクターだけを販売している場合には、ターゲットを絞るためにロングテールキーワードを使用し、その情報を本当に必要としている人に広告が表示されるようにしてください。

広範なキーワードと限定的なキーワードの違いを理解する

上の図を見ながら考えてみましょう。たとえば「トラクター」という語をキーワードに使用すると、業務用の電動トラクター、個人用のガソリントラクター、そして業務用の太陽光発電トラクターなどの情報を検索した人たちによって、アクセスが増加すると思います。

ですが、その企業が販売しているのは、業務用の太陽光発電トラクターだけです。業務用の電動トラクターや個人用のガソリントラクターに興味があって検索した人は、その企業のターゲットオーディエンスではありません。その人たちが広告をクリックすると、有料検索の費用を無駄に消費してしまいます。これを避けるために、除外キーワードのリストを使用し、それらの語句で検索した人には広告を表示しないよう設定することも可能です。これについては後ほど詳しく説明します。
 

地理的条件によってキーワードを選択する

特定のエリアだけで営業している企業の場合は、AdWordsキャンペーンを地理的条件でターゲティングすることが重要です。たとえば、横浜市のエリアだけで食事のケータリングサービスを提供する企業が、台東区にいるリードを獲得しても意味がありません。横浜市の外部にいる人がクリックすることによって費用が消費されないように、キーワードに(「ケータリング会社 横浜市」など)地理的情報を含めてください。そうすれば、横浜市の人にターゲットを絞ることができます。
 

AdWordsのキーワードツールを使用する

キーワードの作成に困ったら、Googel AdWordsのキーワードツールを使用することをお勧めします。あるいは、HubSpotのユーザーの方は、HubSpotに含まれるキーワードツールもご利用いただけます。これらのツールでは、各キーワードの検索ボリュームや費用の平均金額も確認することができます。

AdWordsのキーワードツールを使用する

ツールに移動したら、キーワードの候補を見るために、いくつか語句を入力してください。たとえば、「中古車」を販売しサービスを提供する企業であれば、幅広いキーワードとして「トヨタ 中古車」、「商業用 中古トラック」、「中古車 修理」などを入力します。

AdWordsのキーワードツールを使用する2

「候補を取得」をクリックすると、候補となるキーワードが一覧で表示されます。

AdWordsのキーワードツールを使用する3

一番左の列の上部に、「トヨタ 中古車」、「中古車 修理」、「商業用 中古トラック」と入力した3つのキーワードが表示されています。

「中」、「低」と3つ表示されているのは、キーワードの競合性です。競合性はそのキーワードに入札した広告主の数を示しており、競合性が高いキーワードではGoogle検索の最初の結果ページに表示されることが難しくなります。

その他の列の月間平均検索ボリュームが、過去月間の平均値で表示されます。ローカル検索は、指定した国や言語で検索された場合のボリュームを指すため、特定のエリアだけで営業している企業にとっては、注目すべき重要な数値となります。

最後に「推察入札単価」とあるのは、キーワードの平均クリック単価(CPC)の概算です。広告のクリック1回に対する費用の平均を算出し、平均的なCPCとしてここに表示しています。

下の画像で囲まれている部分が、入力した語句に対して提案されたキーワードの候補です。つまり、中古車である「ステップワゴン」と車の買取をする企業にとっては、この2つのキーワードが非常に限定的で効果の高いものになると考えることができます。製品やサービスに関連するさまざまなキーワードを数多く登録すれば、それだけリーチの質も高くなります。

AdWordsのキーワードツールを使用する4
 

除外キーワードを使用する

先ほど少し触れましたが、除外キーワードを使用すると、特定の語句で検索された際に広告を表示しないように設定することができます。たとえば、販売する製品やサービスに名前は似ているけれども、まったく関係のない語句がある場合、それらを除外キーワードに設定することによって、製品やサービスに関連のないそれらの語句で検索した人には広告が表示されなくなります。そのようにして、ウェブサイトへのトラフィックの質を高め、コンバージョン率を向上させることができます。
 

予測データ機能を使用する

キーワードを選択できたら、続いて「予測データ」と呼ばれるツールを使用して、広告キャンペーンの効果を高めるために最適な予算、およびクリック単価(CPC)を決めます。

予測データ機能を使用する

下の画面でキーワードを入力し、「予測データを取得」をクリックします。

クリック単価と1日の予算はもちろん、企業の予算に応じて決めるものですが、このツールを使用すると、表示やクリックの目標回数に対して最適なCPCおよび予算を判断することができます。

そしてAdWordsキャンペーンの効果をモニタリングしながら、キーワードの入札単価を最も効率良く、そして利益を最大化できる金額に調整することが可能です。たとえば、車の買取を1つ売るたびに5千円の利益が出るとします。

そして、「車 買取」というキーワードを使用する場合に、広告を50人がクリックするごとに買取を希望する人たちが車が1つ売れることがわかったとすると、儲けを得るためには、上限クリック単価を100円よりも少なくする必要があると判断できます。

下の画像をご覧ください。1日の予算額は600ドルに設定されています。試しに上限クリック単価を200円に設定してみると、1日のクリック回数が532から650回、表示回数は6,626から8,099回と表示されました。仮に、クリックが20回を超えるごとに50ドルの商品が1つ売れることがわかったとすれば、結果的に10ドルの利益がでる、などのように見積もることができます。

下の画像の最上部に表示されているグラフは、上限クリック単価ごとに予測されるクリックの回数を示しています。1日の予算額を設定すると、クリックの回数はCPCが増えるにつれ減少していきます。また、上限クリック単価や1日の予算額を変更すると、それに合わせて1日のクリック回数と表示回数も変わりますので、最適な値に調整することができます。

予測データ機能を使用する2
 

ステップ2:Google AdWordsキャンペーンの作成

Google AdWordsでは数多くのキャンペーンを作成できます。キャンペーンは複数の広告グループで構成され、広告グループは類似したトピックに関連するキーワードで構成されます。広告グループには広告をいくつでも含めることができ、それらの広告はグループ内のキーワードのなかでローテーションして表示されます。このローテーションはクリック回数やコンバージョン率によって決まるか、あるいは広告が均等に表示されるよう調整されます。
 

セットアップとキャンペーンの設定

Google AdWordsに移動し、「Create your first campaign(最初のキャンペーンを作成)」をクリックし、作成するキャンペーンのタイプを選択します。

セットアップとキャンペーンの設定
 

キャンペーンのタイプから設定を選択する

キャンペーンにはいくつかオプションがあり、いずれかを選ぶ必要があります。非常によく使用されるオプションについて次に説明します。

検索ネットワーク(ディスプレイネットワーク対応):広告がGoogle検索ネットワークとGoogleディスプレイネットワークの両方で、またすべてのデバイスで表示されます。広告が表示される潜在顧客の数が他のオプションよりが最も多いため、CTRを短期間で向上させたい場合は、このオプションが良いかもしれません。

検索ネットワークのみ:広告がGoogleの結果ページ、および検索ネットワークに含まれるサイト(Googleマップ、Google画像、Googleショッピング、AOLなど)にのみ表示されます。検索ネットワークに含まれるサイトにだけ表示されるため、広告の管理がしやすいという利点があります。また、検索パートナーにも対応しています。

ディスプレイネットワークのみ:Googleディスプレイネットワークに含まれるウェブサイト(Googleが提携するYouTubeやGmailなどのウェブサイト、また他の検索パートナー)で広告が表示されます。

ディスプレイネットワークのみ(リマーケティング):ディスプレイネットワークで、広告の対象となるウェブサイトを過去にも訪問した人に広告が表示されます。自社のウェブサイトに関心を示し、製品やサービスにマッチしていると予測される人にリーチできる点が便利です。

ショッピング:このオプションを選択すると、モバイルデバイスとタブレットにのみ広告が表示されます。主に携帯端末を使用する人向けに製品やサービスを販売している企業に適しています。

動画:広告をYouTubeおよびGoogleディスプレイネットワークの関連するサイトに表示します。

ユニバーサルアプリキャンペーン:広告をYouTubeおよびGoogleディスプレイネットワークの関連するサイトに表示します。

この記事の説明では、デフォルトの設定を使用します。最初にキャンペーンにわかりやすい名前を付けてください。
 

キャンペーンのタイプから設定を選択する

ネットワークとデバイス

広告を表示したいネットワークとデバイスを設定できます。キャンペーンのタイプにデフォルトを使用している場合は、すべてのネットワークとデバイスが選択されていますので、この設定画面から必要に応じて対象を変更してください。

ネットワークとデバイス

広告を表示させるネットワークやデバイスを決める際に、次のオプションを選択することができます。
 

地域と言語

次に、広告を表示したい地域を決めます。製品やサービスがどこででも販売されている企業であれば、地域を制限する必要はありませんので、「All Country and Territories(すべての国と地域)」または「日本」を選択してください。

一部の地域でのみ製品が販売される場合は、広告を表示する地域を選択し、その地域で広告にリーチする人が何人になるかを確認しましょう。この設定とジオグラフィック情報でターゲットを絞ることによって、ターゲットマーケットに含まれる人だけに広告が表示されるよう最適化することができます。

また、ターゲット地域に加え、カスタマーが使用する言語を選択することによって、特定の地域の人以外には広告をまったく表示しないよう指定することができます。この設定によって広告が別の言語に翻訳されるわけではありませんが、設定した言語をGoogleで使用する言語として選択している人の検索結果にだけ、広告が表示されるようになります。

たとえば広告を表示するユーザーの言語にスペイン語を選択すると、Googleで使用する言語にスペイン語を選択している人が検索エンジンを使用した場合に広告が(作成時の言語のまま)表示されます。

Google Search:Googleの検索結果にだけ広告が表示されます。

Search Partners:Googleの検索結果と検索パートナー(マップ、ショッピングなど)に広告が表示されます。

Display Network:Googleと提携している他のウェブサイトに広告が表示されます。

Broad Reach (Within Display Network):購入したキーワードがウェブサイトのキーワードと一致する場合に広告がウェブサイトに表示されるため、リーチが拡大します。

Specific Reach (Within Display Network):購入したキーワードが一致したウェブサイトで、かつ、そのウェブサイトが手動プレースメントでターゲットに指定されている場合に広告が表示されます。たとえばビーガンクッキーという特別な商品を販売する企業が、ビーガンフードのウェブサイトでクッキーを検索した人に広告を表示したい場合などに、このオプションを選択します。

Devices:デスクトップ、ラップトップ、モバイルデバイス、タブレットデバイスなど、広告を表示させるデバイスを限定したい場合に選択します。
 

単価設定と予算

単価設定のオプションでは、1回のクリックに対して入札価格を支払うか、あるいはAdWordsに広告の予算内でクリックの回数が最大になるように入札価格を設定してもらうかを選択できます。Google Adwordsでは、同じキーワードに入札している広告主の数に応じて、クリックの単価が1日中変動します。入札方法は次のオプションから選択することができます。

CPC(クリック単価):誰かが広告をクリックしたときにだけ費用が発生します。ウェブサイトへのトラフィックを増やすことを重視する場合に便利なオプションです。

CPM(インプレッション単価):ディスプレイネットワークで利用できる入札方法で、1,000回の広告表示に対して単価を設定します。できるだけ多くの人に広告やブランドを目にしてもらいたい場合に使用してください。

CPA(目標コンバージョン単価):広告をクリックした人が(通常は購入者に)転換した場合に費用が発生します。コンバージョントラッキングなどのアプリケーションと一緒に使用する必要があります。

クリック単価を手動で設定する:特定のキーワードに対して上限クリック単価を選択することができます。キーワードと入札価格をモニタリングし、コントロールしたい場合に使用してください。また、キャンペーンの目標に合わせて予算を自由に設定できる点も便利です。たとえば、スポーツ用品を販売する企業で、今月は野球用品の売り上げを特に伸ばしたい場合は、予算の多くを野球に関連するキーワードに使用することができます。

予算内でクリック数が最大となるよう、入札単価を自動調整する:このオプションを選択すると、AdWordsによってキーワードのクリック単価が、予算内で1日のクリック数が最大となるように自動で設定されます。広告の予算が決まっており、支払い金額を常に一定に保ちたいが、キャンペーンをモニタリングしたり調整したりする時間が取れない場合に便利です。

予算には、前述のTraffic Estimatorで決定した最適な金額をセットし、クリエイティブを制作し、運用を開始してください。

しばしば、広告はインバウンドマーケティングではないのでは?と質問を受けることがあります。その回答は、ケースバイケースであると感じています。広告自体がアウトバウンドなのではなく、広告の利用の仕方や、タイミングがアウトバウンドであることが多い、というのが正解かもしれません。

HubSpotのユーザーでも実に60%以上の方達が広告とインバウンドマーケティングを併用し、コンテンツと広告の力を用いて見込み客の獲得を行なっています。コンテンツを制作し、広告をインバウンドな形で利用しませんか?
 

Google 広告(旧Google AdWords)のその他の活用方法

Google広告には付随する多機能ツール「キーワードプランナー」があります。キーワードプランナーの活用方法も覚えておけば、広告運用の幅が広がるでしょう。
 

キーワードプランナー

「Googleキーワードプランナー」は、キーワードの調査や選定を支援する無料のツールです。キーワードの候補だけではなくトラフィックの予測データも確認できます。

Google 広告に活用できる主な機能は以下です。

  • 商品やサービス、商品カテゴリに基づいたキーワードや広告グループの候補の検索
  • 特定のキーワードを検索した回数や、キーワードの競合性の確認
  • トラフィックの見積もりデータ取得
     

Google 広告(旧Google AdWords)を利用してビジネスを拡大しよう

Google 広告は誰でも手軽に導入できる優れたツールです。すでに取り入れている企業も多いため、遅れをとらないためにも正しい活用方法を覚えて、競合に勝つための施策を打ち出しましょう。

データの分析方法や広告の効率的な運用方法をもっと詳しく知りたいという方は、無料で利用できるHubSpotの「Google 広告活用ガイド」をご覧ください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

Google 広告活用ガイド

 Google広告活用ガイド

元記事発行日: 2017年4月26日、最終更新日: 2021年5月13日

トピック::

Google広告