B2BとB2Cのマーケティングの違いについてご存知でしょうか?

どちらかで使われている手法がもう一方で全く通用しないということはありません。共通する部分も大きいのです。

現にB2BでもB2Cでも、インバウンドの戦略でマーケティングを行っている企業は、コンテンツを作成し、それをSNSで宣伝することに、おそらくかなりの時間を費やしていることでしょう。

ではタイトルにもあるように、「B2BおよびB2Cで、SNS別のもっとも効果の高いコンテンツはなにか」という観点では違いはあるのでしょうか。

世界中で数え切れないほどのマーケティング担当が、検索エンジンで自社を見つけてもらうために、ブログ記事や無料ガイドブック、ウェブセミナー、動画、クイズ、テンプレート、SNSキャンペーンなどのコンテンツを大量に作り続けているのです。

結果として、すでに世界中で1日に200万件のブログ記事が作成され、投稿されています。

1 日に200万件投稿される記事のなかから、自分の記事を見つけてもらうことは簡単ではないことは容易に想像がつきます。

本調査レポートではそのための方法を検証し、ノウハウを含めてご紹介しています。

調査レポートの項目は以下の3つです。

  • 5種類のSNSについて、それぞれどのようなトピックでコンテンツを作成するのが適しているかを、調査データに基づいて考察します。
  • B2BおよびB2C企業による、非常に効果が高かったブログ記事の実例を見ながら、コンテンツ作成のための、成功実績のある定番の方法を紹介します。
  • どのようなタイトルで、どの長さのブログ記事が、SNSで非常に多くのシェアを獲得しているかについて、調査データをご覧いただきます。

また調査データの数字を鵜呑みにして効果が高いとされている方法だけに従うのではなく、独自の新しい方法を試してみることも必要です。

B2BとB2Cのコンテンツ作りとSNSの活用法の違いについて、本レポートが御社のインバウンドマーケティングの一助となれば幸いです。

B2BとB2Cのコンテンツマーケティング調査レポート

元記事発行日: 2018/07/05 22:30:00, 最終更新日: