「バーンレート(Burn Rate)」という言葉はスタートアップの経営に関する業界用語です。スタートアップを題材にしたドラマなどを見ているとよく出てきます。資本燃焼率とも言われるこの指標は、ビジネスの責任ある成長、計画、成功を目指すうえで正しく計算することが重要です。

実際、中小企業の82%がキャッシュフローの問題で経営破綻しているというデータ(英語)があります。では、バーンレート(キャッシュ バーン レート)とは一体どういうもので、どのように計算すればよいのでしょうか? 早速ご説明しましょう。

投資家の興味を惹きつける起業家向けピッチ資料無料テンプレート

グロス バーン レートは、運転費用に費やされる毎月の合計支出額です(プラスのキャッシュフローを除く)。上記のスタートアップの場合、従業員の給与、テナント料金、娯楽用の卓球台の購入で1カ月に30,000ドルを支出しているとすると、グロス バーン レートは月あたり30,000ドルになります。

ただし、この企業は月に5,000ドルの収益を上げているので、実質のコストを表すネット バーン レートは、30,000ドルから5,000ドルを引いて月あたり25,000ドルとなります。

ほとんどの投資家や起業家は、常に最低6カ月分はランウェイを確保するよう推奨しています。バーンレートが月あたり25,000ドルなら、少なくとも150,000ドルの現金を手持ちで用意したいところです。

このくらいの現金があれば、一時的な市場の低迷、1度の製品リリースに伴う問題、想定外の支出が発生した場合にも、ビジネスの健全性と成功が脅かされることなく対処できます。

ビジネスの健全な成長に関してご心配な点がございましたら、HubSpotにご相談ください。また、事業を始めたばかりの皆様に向けたガイドもご用意しています。今まさに事業を立ち上げようとしている方にとっても、将来的に起業を計画している方にとっても、日ごろから優れたビジネス手法を学んでおくことは重要です。

New call-to-action

元記事発行日: 2020年2月09日、最終更新日: 2020年2月10日

トピック::

スタートアップ