CMSを利用してWebサイトを構築・運用する場合、データ保存をするためのサーバーも必要になります。しかし、「CMSを導入したいけど、どんなサーバーを選べば良いのだろう」「CMSとサーバーの関係がわからない」など疑問をもつ方もいるのではないでしょうか。

→ダウンロード: CMSを活用したWEBサイト作成無料ガイド & CMS選定シート

本記事では、CMS導入時のサーバーの役割や仕組みとともに、CMSに必要なサーバーの種類や選ぶ際のポイントを解説しています。CMSのサーバー導入を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

CMSを活用したWEBサイト作成ガイド & CMS選定シート

CMSとサーバーの関係

CMSとサーバーの関係

この章では、CMSとサーバーの関係やサーバーの役割を解説します。

現行CMSの主流であるサーバーインストール型CMSを導入する手順もあわせてご紹介します。
 

CMSにおけるサーバーの役割

サーバーとは、Webサイトに必要なテキストや画像データを保存する保管庫のことです。Webサイトを家に例えるとサーバーは土地のようなもので、サーバーがなければWebサイトは構築できません。

「サーバー」は「提供する側」という意味で、リクエストに応じて必要な情報を提供します。Webサイトの閲覧時には、ブラウザがサーバーに保存されているデータを呼び出します。返ってきたデータをブラウザが読み込んで変換を行い、コンテンツが表示される仕組みになっています。

つまり、CMSでWebサイトを作成する際は、Webサイトに関する情報を保存するサーバーもセットで構築する必要があります。

CMSの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

 

CMSはサーバーにインストールするタイプが主流

現在のCMSの主流は、サーバーインストール型で、「自社でサーバーを用意してインストールするもの」「サービス提供元のサーバーにアクセスして利用するもの」の2種類に大別されます。

代表的なサーバーインストール型のCMSである「WordPress」は全世界で圧倒的なシェアを誇っています。2022年9月時点で全世界のWebサイトの43%がWordPressで構築されており、CMS全体から見たシェア率は64.2%、日本国内では84.3%を占めています。

参考:W3Techs

WordPressをサーバーへインストールする手順は次の通りです。

  1. データを格納するデータベースを作成する
    手順4.で入力するので、データベース名・ユーザー名・パスワードを控えておく
  2.  WordPress公式サイトからプログラムをダウンロードFTPソフトを利用してプログラムをサーバーにアップロード
  3. 画面の指示に従い必要情報(データベース名など)を入力
  4. WordPressのサイト名、ログインユーザーなどを設定してインストール

インストールの手順は他のCMSもほぼ同様です。追加でセキュリティ対策用プラグインやデザインテーマをインストールする場合もあります。
 

CMSに必要なサーバーの種類

CMSを導入する際に必要なサーバーには、大きく分けて「レンタルサーバー」「自社サーバー」の2種類があります。ただし、CMS契約にサーバーも含まれる場合は、自社でサーバーを準備する必要はありません。

本章では、それぞれのサーバーの特徴を見ていきましょう。
 

レンタルサーバー

レンタルサーバー会社から、すでに構築されている外部サーバーをレンタルする方法です。導入費用を抑えられるだけでなく、一部のサーバー提供会社ではCMSのインストール設定を容易に行えます。専門知識がなくても手軽に始められる点がメリットです。

レンタルサーバーを利用料金で区分けすると有料と無料とに分けられます。1台のサーバーの利用形態で区分けすると、契約者が複数で共有して利用する「共有サーバー」や、契約者だけがサーバーを利用する「専用サーバー」に分かれます。

さらに、1台の物理的なサーバー上に複数の独立した仮想サーバーを設定して利用する「VPS」や、クラウド事業者が提供する仮想サーバーを利用する「クラウドサーバー」などの種類があります。
 

自社サーバー

自社内に物理サーバーを準備し、CMSをインストールする方法です。

自社で全ての運用や管理が完結し、自由にカスタマイズできます。自社内ネットワークを使うため、セキュリティレベルが高い点もメリットです。

ただし、導入・運用コストはレンタルサーバーと比べて高額で、設定や運用・保守も自社で行う必要があります。専門知識を持つ担当者がいないと難しいでしょう。

それぞれの特徴やメリット・デメリットについては、こちらの記事をご覧ください。

 

CMSの契約に含まれるサーバー

CMS契約にサーバーが包括されているものもあります。「クラウド型CMS」と呼ばれ、CMS提供ベンダーのサーバーでコンテンツを管理し、インターネット経由でCMSを利用します。

このタイプのCMSは、自社でサーバーを構築したりレンタルしたりする必要がありません。そのため、専門的な知識やスキルがなくても導入できる点がメリットです。

短期間で導入でき、低コストで始められるものも多いため、初めてCMSを使ってみたい方にはおすすめです。
 

CMSのサーバーの選び方

さまざまな種類のサーバーがあるため、「自社のCMSにはどんなサーバーが最適かわからない」と悩む方もいるでしょう。

ここでは、サーバーの選び方を3つご紹介します。

  • CMSの動作基準・条件で選ぶ
  • CMSのインストール方法で選ぶ
  • 社内の運用体制で選ぶ
     

CMSの動作基準・条件で選ぶ

まずは、検討しているサーバーの構成が「CMSの動作基準・動作条件に合っているか」を確認することが重要です。

例えば、PHPやMySQLの対応バージョンが古い、ハードウェアの構成面で必要最低限のスペックを満たしていない、など、サーバーによってはCMSで指定されている基準を満たしていない場合があります。

CMSには必要な動作環境の条件が明記されているため、サーバーを選ぶ際はCMSが使えるスペックかどうかを確認しましょう。
 

CMSのインストール方法で選ぶ

CMSをサーバーにインストールするために、専門知識が必要になる場合もあります。社内に知識を持った担当者がいない場合はWeb制作会社に外部委託する方法も考えられますが、自社で対応する場合は次のような方法を検討してみてください。

  • 「簡単インストール」サービスのあるレンタルサーバーを利用する
  • クラウド型CMSを使ってインストール作業を省略する

CMSのインストール方法によって、かかるコストも変わります。導入や運用にかかるトータルコストを考慮したうえで、自社に最適なサーバーを採用しましょう。
 

社内の運用体制で選ぶ

CMSは構築したら終わりではなく、その後の運用が重要です。トラブル対応や拡張、アップデートをスムーズに行えるよう、構築の時点で社内の運用体制を整えておきましょう。

社内での対応が難しければ、外部サービスの利用もおすすめです。レンタルサーバーやサーバー契約が包括されるCMS を選べば、急な障害やトラブルが発生した時でもサーバー提供元企業が対応してくれます。

 

自社に合ったサーバーを選び、CMS構築をスムーズに進めよう

CMSで自社サイトを立ち上げる際に、サーバーは必須です。自社のリソースで導入が難しそうだと感じたら、外部委託やサーバーの準備が不要なクラウド型CMSの利用も検討してみてください。

また、サーバーを選ぶ際は、CMSの動作条件を満たしているか、自社でCMSをインストールできるのか、社内の運用体制は整っているかを基準に選ぶと良いでしょう。

導入前には社内でWebサイト運用の体制を整備して、スムーズに導入できるようにしましょう。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

CMSを活用したWEBサイト作成ガイド & CMS選定シート

 CMSを活用したWEBサイト作成ガイド & CMS選定シート

元記事発行日: 2022年11月18日、最終更新日: 2022年11月18日

トピック::

CMS