Looker Studioをスプレッドシートと連携させると、複数のシートやさまざまな分析ツールのデータを簡単に管理できるようになります。

→ダウンロード: Google データポータル基礎無料ガイド

本記事では、Looker Studioとスプレッドシートの連携方法を図を使って具体的に説明します。合わせて、データを反映させるときに発生しやすいトラブルと対処法も解説します。データを活用する際は特にエラーをいかに対処していくかが重要になるのでぜひ参考にしてみてください。

Google データポータル基礎ガイド

Looker Studio(旧データポータル)とは?連携できるサービスは?

Looker Studioは多様な国や企業で利用されているBI(ビジネス・インテリジェンス)ツールで、データ分析や管理に関する業務の効率化をサポートしてくれます。Looker Studioを使えば、高品質なレポートの作成が可能です。

ここでは、Looker Studioの概要を簡単に説明します。
 

簡単に分かりやすいレポートを作成できる「Looker Studio(旧データポータル)」

Looker Studioとは、Google が無料で提供しているBIツールです。社内外で使用するさまざまなデータをクラウドベースで管理・共有できます。

正式名称は2022年10月11日に「データポータル」から「Looker Studio」へ名称変更されたことから、本記事でも「Looker Studio」と表記しております。
 

Looker Studio(旧データポータル)に連携できるサービス

Looker Studioでは600種類以上のデータソースに接続できます。主なデータソースの例は以下の通りです。

  • Google アナリティクス
  • Google 広告
  • Facebook広告
  • Yahoo広告
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook
  • スプレッドシート

Google が提供しているサービスからは無料でデータを取得可能です。その他サービスのデータを利用する場合は、自社でAPIを使ってデータ取得ができるようにするか、有料プランを使用する必要があります。

 

Looker Studio(旧データポータル)ではスプレッドシートの連携が便利

Looker Studio(旧データポータル)ではスプレッドシートの連携が便利

Looker Studioと連携すると便利な代表的なデータソースの1つが同じくGoogle が提供する「スプレッドシート」です。社内外のデータ管理が簡単になり、業務の作業効率を向上できます。

スプレッドシートの概要について簡単に把握した後、Looker Studioと連携させるメリットについて見ていきましょう。
 

そもそもスプレッドシートとは?

スプレッドシートとは、Google が提供する表計算ソフトです。Google アカウントを持っていれば利用でき、複数人での同時作業も可能です。オンライン版の「Microsoft Excel®️」をイメージすると分かりやすいかもしれません。

スマートフォンでも操作できるため外出先からでもデータ更新できる点が魅力です。売上管理やプロジェクトの進捗管理など、ビジネスの様々なシーンで活用されています。
 

Looker Studio(旧データポータル)とスプレッドシートを連携するメリット

Looker Studioとスプレッドシートを連携するメリットは、主には以下4つが挙げられます。

  1. Looker Studioに取り込めないデータを使える
  2. 複数のシート・ファイルのデータを統合できる
  3. 他の媒体データと統合したレポートを作成できる
  4. 社内やクライアントへ共有しやすくなる

以下で詳しく見ていきましょう。
 

1.Looker Studio(旧データポータル)に取り込めないデータを使える

Looker Studioに直接反映できないツールのデータでも、データの取り込みが可能になります。

Looker Studioでは600種類以上のデータソースにアクセスしてデータを取得できますが、比較的新しいサービスやローカルなサービスには未対応の場合があります。

直接Looker Studioとつなぐことができないデータソースは、スプレッドシートにデータを写すことでレポートに使用可能になります。社内独自のソフトなどで管理しているデータも、スプレッドシート上で管理すれば連携可能です。

ツール同士の連携ができるようになるので、横断的な分析が可能になります。
 

2.複数のシート・ファイルのデータを統合できる

Looker Studioを使えば、複数のスプレッドシートで管理しているデータを1枚のレポート上で確認できるようになります。

営業進捗や各クライアントデータ、売上計画書など、複数のデータを別々のスプレッドシートで管理している会社もあるのではないでしょうか。Looker Studioを使えば別々に管理されているスプレッドシートのデータをレポート上で簡単に確認できるので、タブを複数開いて見比べる必要がなくなります。

スプレッドシートに入力しているデータを更新すれば、Looker Studioも自動で更新されるので、手動で入力する手間も省けます。
 

3.他の媒体データと統合したレポートを作成できる

スプレッドシートをLooker Studioと連携すれば、Google 以外の媒体データとの比較や分析が容易になります。

Looker StudioではFacebook広告などの各種広告媒体や、各社が独自に出している分析ツールなどとも連携でき、データを1枚のレポートにまとめられます。

あちこちのデータソースを開かなくてもレポートだけで最新データを確認できるので、データ管理や分析が簡単です。
 

4.社内やクライアントへ共有しやすくなる

Looker Studioは社内外との共有も容易にできます。

レポート自体は「Google ドライブ」に保存され、インターネットにつながっていれば自動的に更新もされます。Google ドライブ上で共有や編集ができるので、メールや他のチャットツールで細かくやり取りする必要はありません。

編集できるユーザーや閲覧できるユーザーの制限もできるため、セキュリティ面でも安心です。
 

Looker Studio(旧データポータル)とスプレッドシートの連携方法

Looker Studio(旧データポータル)とスプレッドシートの連携方法

Looker Studioとスプレッドシートを連携させれば、1枚のレポートで複数のデータを簡単に可視化できます。社内外との共有や共同編集も可能です。

ここでは、連携方法を図を使いながら説明します。手順は以下の通りです。

  1. Google アカウントを作成する
  2. データが入ったスプレッドシートを用意する
  3. Looker Studioで新規レポートを作る
  4. スプレッドシートを連携する

ここからは、上記に記載したステップごとに必要な操作を説明いたします。初めて連携させるときの参考にしてください。
 

1.Google アカウントを作成する

Google アカウントを持っていない場合は、まずはアカウントの作成から始めましょう。

アカウント作成ページで名前とユーザー名、パスワードを入力するだけでOKです。
 

2.データが入ったスプレッドシートを用意する

次に、連携したいスプレッドシートを用意します。

スプレッドシート上でデータを管理する際は、横に長い表ではなく縦に長い表にしておくと連携する際スムーズにデータが反映されます。また、見やすいグラフになるよう日付は年月日を正確に入力しましょう。
 

3.Looker Studio(旧データポータル)で新規レポートを作る

スプレッドシートの準備ができたら、Looker Studioにログインします。

左上の「作成」をクリックし、「レポート」を選択します。

3.Looker Studio(旧データポータル)で新規レポートを作る

 

4.スプレッドシートを連携する

接続できるデータソース一覧が表示されるので、「スプレッドシート」を選択しましょう。

4.スプレッドシートを連携する

連携できるスプレッドシートファイル一覧とワークシートが表示されるので、利用したいデータが含まれているスプレッドシートとワークシートを選択して「追加」をクリックします。

これでLooker Studioとスプレッドシートの連携は完了です。
 

スプレッドシートのデータを利用したレポートの作成方法

スプレッドシートのデータを利用したレポートの作成方法

ここからは、Looker Studioと連携させたスプレッドシートを使ってレポートを作成する際の手順を紹介します。

  1. レポートを編集モードに切り替える
  2. グラフやページを追加する
  3. 使用するデータを追加する
  4. ディメンションや指標などを設定する
  5. レポートのスタイル(見た目)を調整する
  6. レポート一覧から確認する

グラフの追加方法やスタイルの変更方法などを紹介するので、レポートを作成する際の参考にしてください。
 

1.レポートを編集モードに切り替える

レポートが表示モードになっている場合は、右上の「編集」をクリックして編集モードに切り替えます。

1.レポートを編集モードに切り替える

 

2.グラフやページを追加する

上部タブメニューの「グラフを追加」から、表や円グラフ、ピボット テーブルなど、データの表示方法を選択します。

2.グラフやページを追加する

例えば円グラフを選んだ場合、以下のように円グラフでデータを表示できます。

2.グラフやページを追加する2

ページの追加は、同じく上部タブメニューにある「ページを追加」から可能です。
 

3.使用するデータを追加する

レポートに他のデータを足したいときは、上部タブメニューの「データを追加」から追加したいデータを選択できます。

3.使用するデータを追加する

 

4.ディメンションや指標などを設定する

グラフのディメンションや指標は、レポート右側のグラフ編集画面で変更可能です。

ディメンションとはデータの分析軸のことで、「ページ別」や「デバイス別」などの項目を選んで分析したいデータを表示できます。指標とは数えたり計算したりした結果の数値のことで、「ユーザー数」や「アクセス数」などを表しています。

4.ディメンションや指標などを設定する

 

5.レポートのスタイル(見た目)を調整する

グラフの見た目を調整するには、レポート右側のグラフ編集画面で「スタイル」をクリックします。

色やフォント、ラベルなどを変更し、見やすいグラフを作成しましょう。

5.レポートのスタイル(見た目)を調整する

 

6.レポート一覧から確認する

作成したレポートはLooker Studioのトップページで確認できます。あとで編集したいときや共有したいときは、トップページにある作成したレポート一覧から編集したいものを選びましょう。

 

Looker Studio(旧データポータル)で複数のスプレッドシートを読み込む方法

Looker Studio(旧データポータル)で複数のスプレッドシートを読み込む方法

複数のスプレッドシートのデータを使用したいときは、まずは上部タブメニューの「データを追加」からスプレッドシートを選択します。

Looker Studio(旧データポータル)で複数のスプレッドシートを読み込む方法

使用できるスプレッドシート一覧が出てくるので、追加したいスプレッドシートを選択しましょう。追加後のスプレッドシート一覧は、上部ツールバーの「リソース」から確認できます。
 

Looker Studio(旧データポータル)で作成したレポートを共有する方法

Looker Studio(旧データポータル)で作成したレポートを共有する方法

レポートの共有方法には以下の2つがあります。

  • 画面を他のユーザーと共有
  • PDFファイルでダウンロード

画面を他のユーザーと共有する場合は、右上の「共有」から「他のユーザーを招待」を選び、共有したいユーザーのメールアドレスや名前を追加します。

Looker Studio(旧データポータル)で作成したレポートを共有する方法

PDFファイルでダウンロードする場合は、「レポートをダウンロード」を選択します。「メール配信をスケジュール」を選択すると、設定した時間に自動でPDFをメール送信できます。
 

Looker Studio(旧データポータル)とスプレッドシート連携の注意点

Looker Studio(旧データポータル)とスプレッドシート連携の注意点

Looker Studioとスプレッドシート連携の注意点には以下の4つがあります。

  1. 連携できるのはプライベートフォルダにあるスプレッドシートのみ
  2. 横形式のデータでは正しく取り込めない
  3. セルの結合があるデータは正しく取り込めない
  4. データソースのフィールドは重複しないように付ける

エラーが起こらないよう、これらの注意点をよく把握しておきましょう。
 

1.連携できるのはプライベートフォルダにあるスプレッドシートのみ

Looker Studioと連携できるのはプライベートフォルダにあるスプレッドシートのみです。共有フォルダにあるスプレッドシートは連携できません。

共有フォルダにあるスプレッドシートを連携させたい場合は、プライベートフォルダに移動させましょう。
 

2.横形式のデータでは正しく取り込めない

スプレッドシートのデータは横に長いとLooker Studioにうまく反映できません。正確なデータが表示されなかったり、フィルタリングができなかったりします。

スプレッドシートのデータを取り込む前に、データを縦の表形式に変更しておきましょう。
 

3.セルの結合があるデータは正しく取り込めない

スプレッドシートのセルが結合されていると、結合されている部分のデータを正しく読み取れないことがあります。

セルの結合はせず、1つのセルに1つのデータを入れるようにしましょう。また、セル内で改行して複数のデータを入力するのも避けたほうがエラーが出にくくなります。
 

4.データソースのフィールドは重複しないように付ける

表の上部にある「日付」「売上」などの項目(フィールド)は、同じ名前のものがないように気をつけましょう。

同じ名前のフィールドがあると、連携時に正しく表示されない可能性があります。
 

Looker Studio(旧データポータル)とスプレッドシート連携でよくあるトラブルと対処法

Looker Studio(旧データポータル)とスプレッドシート連携でよくあるトラブルと対処法

Looker Studioとスプレッドシートの連携は簡単にできますが、トラブルやエラーが起きることもあります。以下の2つは、連携させるときによくあるトラブルです。

  • グラフの挿入で折れ線グラフを選択できない
  • 独自フィールドに入力した関数にエラーが発生する

これらのトラブルが発生したときは、これから紹介する方法を試してみてください。
 

グラフの挿入で折れ線グラフを選択できない

スプレッドシートのデータを折れ線グラフで表示したくても、折れ線グラフ自体をレポートに追加できないことがあります。

ディメンション・指標と折れ線グラフの相性が悪い可能性があります。折れ線グラフの代わりに棒グラフや円グラフ、ゲージなどで対応しましょう。
 

独自フィールドに入力した関数にエラーが発生する

正しい計算式を入力しているにもかかわらず、エラーが発生することがあります。表やグラフに複数のデータソースを反映している場合や、独自のフィールドを使用している場合に起きやすいようです。

キャッシュが溜まっていることが原因である場合が多いので、ブラウザのキャッシュを削除してみてください。
 

Looker Studio(旧データポータル)とスプレッドシートを連携して業務を効率化しよう

Looker Studio(旧データポータル)とスプレッドシートを連携して業務を効率化しよう

Looker Studioにスプレッドシートを連携させると、複数のスプレッドシートのデータを一括で確認できたり、広告やSNSの分析ツールと一緒に管理することができます。Looker Studioに接続できないデータソースがある場合も、スプレッドシートにデータをコピーすることで反映が可能になります。

Looker Studioとスプレッドシートを利用して、データ管理や情報共有を簡略化してみてください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

Google データポータル基礎ガイド

 Google データポータル基礎ガイド

元記事発行日: 2023年1月24日、最終更新日: 2023年1月24日