Google Search Console(グーグルサーチコンソール)をチェックしているときに、知らないドメインから大量にリンクが貼られているのを見つけたことはないでしょうか。

自社のウェブサイトや自社で管理しているクライアントのウェブサイトが、スパムリンク(同一ドメインからの大量リンク)と思われる低品質なウェブサイトからのバックリンクを放置していると、Googleの品質に関するガイドラインへの違反が原因でペナルティを受ける可能性があります。

そのため、そのような低品質なバックリンク(backlink)は定期的にチェックを行い、Googleに対してバックリンクの否認を行う必要があります。

しかし、以下のような疑問を抱えているウェブマスターもいるのではないでしょうか?

  • 正しいバックリンクの否認とは何なのか?
  • 具体的にどういった方法で被リンクの否認が行えるのか?
  • 良いバックリンクと悪いバックリンクの判断基準はどこにあるのか?

そこで本稿では、こうしたバックリンクの否認に関する疑問を解消し、被リンク状況の改善によって管理しているウェブサイトをより良いSEO効果が受けられる状態にする方法をご紹介していきます。

被リンク(バックリンク)の否認とは?

そもそも、バックリンク(被リンク)の否認とは何を指すのでしょうか。

具体的には、バックリンク否認とは、第三者のサイトからの低品質なスパムリンクをGoogleの提供する「リンクの否認ツール」を使って、Googleに対して知らせることを指します。なお、バックリンクと被リンクは同じ意味になります。

ただし、バックリンクの否認といっても、もちろんすべての被リンクを否認するわけではありません。

管理するウェブサイトについている数多くの被リンクの中から、低品質なリンクのみを選び、バックリンクの否認を行います。

そのためには、低品質なバックリンクとは何なのか、優良なリンクとの違いを明確に知っておく必要があります

この具体的な判断方法については、次項で詳しく解説していきます。

 

低品質な被リンク(バックリンク)の定義

前述の通り、低品質なバックリンクを否認するためには、まずウェブサイトへのリンクが検索結果順位向上にとって良い効果をもたらすリンクなのか、低品質なバックリンクなのかどうかを判断する必要があります。

そのためには、まず管理しているウェブサイトへの被リンクの一覧を取得する必要があります。

被リンクの一覧は、Search Consoleを使うことで確認することができます。

被リンクの一覧を取得する方法は、本記事下部の「低品質な被リンク(バックリンク)を否認する方法」にて解説しています。

低品質なリンクとは、下記に該当するものを指します。

 

  1. 有料で購入したリンク
  2. リンクプログラムによるリンク
  3. 相互リンク集ページなどからのリンク
  4. スパムリンク(同じドメインからの大量のリンク)
  5. 関連性の著しく低いページからのリンク
  6. アンカーテキストリンクに特定のキーワードを使ったリンク
  7. 大量のキーワードを含む非表示のリンク
  8. フォーラムや掲示板での投稿やコメントに含まれる作為的なリンク
  9. ウィジェット内の大量のキーワードを含むリンク

 

それぞれの詳細を確認してみましょう。

 

1. 有料で購入したリンク

SEO業者などから、過去にGoogleの検索結果順位向上を目的として有料被リンクを購入したことがある場合は注意が必要です。

Googleは品質に関するガイドラインの中で、リンクの売買を禁止しています。

 

2. リンクプログラムによるリンク

自動で相互リンクが貼られるようなプログラムやサービスを利用して自分のウェブサイトへのリンクを貼る行為は禁止されています。

 

3. 相互リンク集ページなどからのリンク

自動化されたリンクプログラムではなくとも、かつて個人サイト間でよく行われていた「リンク集ページ」「お気に入りリンク集」などのページからのリンクは、リンクプログラムの一部としてみなされて、ペナルティを受ける可能性があります。

また、自社ウェブサイト内に「リンク集ページ」「お気に入りリンク集」を作ることもペナルティの対象になります。

 

4. スパムリンク(同じドメインからの大量のリンク)

ウェブサイト管理者が、自ら検索結果順位の向上のために行った被リンクではなくとも、ペナルティの対象にはなります。

素性のわからないウェブサイトからの大量のスパムリンクは、低品質なバックリンクに該当します。

このような同一ドメインからの大量のリンクは、ウェブサイトの運営を行っていると頻繁に遭遇することもあるため、特に注意して定期的にチェックしておくようにしましょう。

 

5. 関連性の著しく低いページからのリンク

リンクしている両者のウェブサイトページの関連性が著しく低く、ユーザーの利便性を向上させることがないリンクは、低品質なバックリンクと判断される場合があります。

 

6. アンカーテキストリンクに特定のキーワードを使ったリンク

特定のキーワードでの検索結果順位向上を目的として、無料ブログサービスのページからアンカーテキストリンクを大量に貼るといった行為は、リンクプログラムの一部とみなされて低品質なバックリンクに該当します。

 

7. 大量のキーワードを含む非表示のリンク

アンカーテキストをユーザーには見えないようなかたちで実装したリンクは、ユーザーにとっての利便性を一切向上させず、Googleの検索結果を不正に操作する目的であると判断されるため、低品質なバックリンクに該当します。

 

8. フォーラムや掲示板での投稿やコメントに含まれる作為的なリンク

自社サイトに有利なSEO効果を与えることを目的として、各種フォーラムや掲示板にコメントする際に、署名や投稿に含まれる作為的なリンクは、低品質なバックリンクと判断されます。

 

9. ウィジェット内の大量のキーワードを含むリンク

ウェブサイトの管理者の悪意の有無に関わらず、ウィジェット自体に大量のキーワードを含んだリンクが内包されているものがあります。

こうしたウィジェットに含まれる大量のリンクは、リンクプログラムの一部とみなされ、ペナルティの対象となる低品質なバックリンクに該当します。

このようにGoogleは、品質に関するガイドラインの中で、ページランクやGoogleの検索結果での自社サイトのランキングを操作することを目的としたリンクを、リンクプログラムの一部として見なし、ペナルティを与える可能性があることについて明確に言及しています。

そのため、リンクを売買したり、リンクプログラムや相互リンク集ページからのリンクを張ったままにしたり、ユーザーの利便性を向上させることがない大量のスパムリンクを放置すると、Googleからペナルティを受ける可能性があるのです。

Googleが被リンクに対して良い評価する際の基本的な基準は以下のとおりです。

  • ユーザーの利便性を向上させるリンクであること
  • Googleの検索結果を操作することを目的としたリンクではないこと

リンクが良い被リンクなのか、低品質な被リンクなのかに迷った際には、この基本に立ち返って判断するようにしましょう。

 

被リンク(バックリンク)を否認することによって得られる効果

前述の通り、低品質な被リンク(バックリンク)を否認することによって、Googleからのペナルティを回避することができます。

ペナルティを回避できれば、検索結果順位を下げることなく、維持することができます。

バックリンクの否認は、自分が有料リンクを購入した経験がなく、リンクプログラムや自動相互リンクツールなどを使ったことがない、という方にとっても全く関係がないことではありません。

たとえ自分がこうしたGoogleの検索結果ランキングを操作する目的で被リンクを獲得をしたことがなくとも、第三者から貼られたスパムリンクを放置していれば、Googleからペナルティを受ける可能性があるためです。

つまり、SEOを意識したウェブサイトを管理・運営するウェブマスターは、全員が被リンクの状況を定期的に確認し、低品質なバックリンクを否認する必要があるのです。

 

低品質な被リンク(バックリンク)を否認する方法

それでは、具体的に低品質なバックリンクを否認する方法について解説していきましょう。

まずは管理しているサイトに外部リンクしているサイトの一覧を、Google Search Consoleからダウンロードして、低品質なバックリンクを洗い出す手順は以下のとおりです。

バックリンクの一覧をダウンロードする手順

1.Google Search Consoleにログインする。

2.個別のウェブサイトページに移動する。

3.Google Search Consoleで[リンク]をクリックする。

4.[外部リンクをエクスポート]をクリックして表示される「その他のサンプルリンク」をクリック。被リンクのリストをダウンロードする。

5.ダウンロードしたリンクのリストを確認し、低品質なバックリンクに該当するものを抜き出す。

※ページではなくドメインごと否認する場合には、「domain:」というプレフィックスを付ける。
(例:domain:example.com)

抜き出したバックリンクの一覧を、テキストファイルに保存しましょう。ファイルは「UTF-8」または「7-bit ASCII」でエンコードされたテキストファイルにする必要があります。

作成したテキストファイルを、リンクの否認ツールにアップロードする手順は以下のとおりです。

 

リンクの否認ツールにファイルをアップロードする手順

1.リンクの否認ツールのページにアクセスします。

2.ウェブサイトを選択します。

3.[リンクの否認]をクリックします。

4.[ファイルを選択]をクリックし、作成したファイルを選択します。

 

低品質なバックリンクは放置してはダメ!

低品質なバックリンクはそのまま放置しておくと、Googleからペナルティを受けてしまう可能性があります。

たとえ、自社で有料リンクを購入したことがなかったり、リンクプログラムを利用したことがなかったりする場合でも、嫌がらせやスパムによる低品質なバックリンクが勝手に張られてしまうことは珍しくなく、むしろ非常によくあることです。

そのため、定期的にGoogle Search Consoleで外部リンクをチェックして、低品質なバックリンクが見つかった場合は、否認ツールを使ってGoogleに報告ができるようにしておきましょう。

正しいリンクの否認を行うためには、どのリンクが低品質なバックリンクで、どのリンクが良いリンクなのかを判断できるようになっておくことが必要です。ぜひ本記事を参考に、リンクの良し悪しを判断する目も養ってみて下さい。

30日でウェブサイトのSEO対策を改善するための無料ガイドはこちらからダウンロードできます。

 30日でウェブサイトのSEO対策を改善するための無料ガイドはこちらからダウンロードできます。

元記事発行日: 2019年10月07日、最終更新日: 2019年10月07日

トピック::

被リンク