ブログ記事を書くとき、私はパソコンの前に座ってヘッドフォンをつけ、お気に入りの音楽を聞きながら腱鞘炎になるほど文字を打ち続けます。調子のよい日は、2時間程度で満足のいく記事が完成します。

ですが、今日は少し違います。今日は全く文字を打っていません。その代り、Evernoteに向かって「話しかける」ことでブログ記事を書きました。そして、記事はわずか10分で書きあがりました。

わたしハブスポットのマーケティング担当としてブログ記事作成にたっぷり時間を使うことができる、、、と思われていますが、実情はだいぶ違います。

完全なる誤解です。

みなさんと同じようにお客さんや社内のメールを処理し、外部の会社とのやり取りも発生します。

Screen Shot 2018-11-12 at 1.01.35 pm

とある時期の私のカレンダーをスクショにしてみました(お見苦しいカレンダーですが)。

ブログ執筆時間以外にも、セミナー登壇の準備、広告クリエイティブの作成、事例取材、オファーの作成などを分刻みで猛烈に進めていきます。

理想はゆっくりとブログを執筆したいところですが、このような状況ですとそうもいきません。この時期の私は多くのみなさんと同じ”ぼっち”マーケティング担当でした。

そんな状態でも比較的楽にブログを書く方法があります。それは、今まさに私がしていることです。実際に「書く」作業をせずにブログ記事を書く方法をこれから皆さんにお教えします。

コンテンツマーケティングプランニングテンプレートのダウンロードはこちら

わずか30分で(インポートやフォーマット調整、編集のために20分追加しました)、そのまま公開できる完成度の高いブログ記事を作りあげることができます。

短時間でブログ記事を書く方法

1) スマートフォンにEvernoteをインストールし、 Siriがオンになっていることを確認する。

まずはEvernoteをダウンロードしてください。私はパソコンとスマートフォンの両方でEvernoteを使っています。今も、この記事をスマートフォンで記録しているところです。EvernoteはMacとWindows、iPhoneとAndroidのいずれにも対応しています。

デスクトップパソコンは音声ファイルしか記録できず、文字に書き起こすことはできないため、ボイスレコーディングにはスマートフォンが最適です。それでもどうしてもパソコンで録音したい場合は、パソコンを使っていただいても構いません。

また、iPhoneを使う場合は、Siriが有効になっていることを必ず確認してください([設定]で[Siri]を有効にします)。

ちなみに、Google Documentでも同党のことができますが、いずれもスマートフォンからの入力となります。

ちなみに、私はこの方法をパートタイムで育児をしているお母さん向けブログ記事を作成しているママさんブロガーから聞きました。

通常の業務では接点がない人たちに話を聞くと思いもよらないヒントを見つけれるものです。

2) ノートを新規作成し、記事の概要を入力する。

次に、ノートを新規作成して、自由にメモを入力します。私は要点からずれてしまわないよう、記事で書きたかったことの概要を録音の前にメモしました。

3) マイクのボタンをクリックして録音スタート!マイクに向かって話しはじめます。

Screen Shot 2018-11-12 at 1.11.26 pm

Evernoteは無制限に録音することはできず、30秒ほどたつと切れてしまいます。そのため、段落ごとに録音することをおすすめします。また、ほかのブログ記事と同じように、音声を利用したブログ記事でも導入、本文、結論の構成を守るようにしましょう。

「では、はじめに、私が何を教えたいのかを簡単に述べたいと思います。本当にシンプルなことです。例えば、どうやって…」

こんなはじめ方をしてしまっては、もうどうにもなりません。


そのため、話したかったことを、今一度はじめからお伝えします。お気づきのように、話している時は脱線してしまいがちです。そのため、脱線していることに気がついたら、そこでストップして初めからやり直しましょう。

自分の声がどう聞こえているのかは気にせず、口に出している言葉と、それがページでどのように見えるのかを考えるようにしてください。誰かが録音を聞くわけではないので、言葉がつっかえようが気にしないことです。それに、後からいくらでも編集することができます。

4) 録音後、言い忘れたことがないか確認する。

いったん録音を終えたら、2)で準備したメモをもう一度見て、言い忘れたポイントがないか確認してください。もちろん後からコンテンツを編集したり追加したりすることはできますが、編集の時間を短縮するためにも、必要に応じてパラグラフや文を音声で追加録音しておきましょう。

このパラグラフも、このやり方で書きました。最初にこの記事を録音した際、このステップのことを言い忘れてしまっていたのですが、録音が終わってから、重要なステップについて言い忘れたことに気づきました。

5) パソコンで編集する。誤字脱字、文法ミス、おかしな表現がないかをチェック。

さて、スマートフォンから離れて編集にとりかかりましょう。Evernoteはスマートフォン上にあるノートをパソコンと自動的に同期化してくれるため、特別な作業は何ひとつ必要ありません。ノートを終了してパソコンに移動するだけです。パソコンでEvernoteを開いたらまず最初に[ファイル]>[同期]を選択し、必ず最新のバージョンで作業するようにしましょう。

それでは編集です。ブログ記事全体に目を通して、Evernoteによってすべての言葉が正しく文字起こしされていることを確認します。Evernoteは自動的に句読点を入力する機能は備えていませんので、記事が自然に読めるよう句読点や括弧をつけ加えます。 

また、Evernoteが自分の言った言葉を正しく解釈しているかどうかも確認しましょう。はっきり発音したつもりでもEvernoteがきちんと聞き取れていないこともあります。時々発生するスペル間違いもすべて見逃さないように気をつけてください。

最後に、伝えたかったコンセプトが文章でも明確に表現されているかどうかを確認します。時には、声に出して話していた時はわかりやすかったのに、文章にすると意味がわかりづらくなってしまう場合もあります。

6) ほかのブログ記事と同じようにフォーマットを整える。

読者が全体を把握しやすいように、それぞれのセクションにヘッダーを必ず入れましょう。また、SNSに取り上げられることを想定して、視覚的にも楽しめるよう画像を挿入してください。

このステップを実施することで、スマートフォンで録音した文章が、人が読み、シェアし、楽しむことができるブログ記事へと生まれ変わります。

7) 公開!

さあ、ブログ記事を公開しましょう!

ここまでのプロセスにかかる時間は録音の長さや編集のレベルによって異なりますが、コツをつかめば、ほとんどの人が30分ほどで記事を完成させることができるようになるでしょう。参考のために、この記事は録音に10分かかり、フォーマットの調整や編集に20分がかかりました。

私はこのやり方のおかげでブログの作成を楽しめ、かなりの時間を節約することができました。さらに、いつでも好きな時にブログが書けるというメリットもあります。ひらめきの瞬間は、帰宅中の車の中や朝の支度をしている最中などに訪れることもあります。

この方法なら、スマートフォンを手に取ってEvertoneに向かってしゃべるだけで、何もタイプしなくてもアイデアを記録しておくことができます。 

コンテンツマーケティングプランニングテンプレートのダウンロードはこちら

元記事発行日: 2018/12/02 20:00:00, 最終更新日: