おそらく皆さんは、人事部門やマーケティング部門でマーケティング担当者の採用を任され、日々ご苦労されていることと思います。

経験豊かなマーケティング担当者が向こうからやって来ることは滅多にありません。

とある英国でのアンケートによると、”マーケティング担当者の採用枠に対して優秀な人材が不足していると回答した採用担当者は64 %にのぼります”とされています。

ましてや、多くの企業でマーケティング部門が存在しない日本であれば、優秀なマーケティング担当者を見つけることは至難の技です。

優秀なマーケティング担当者は自分の市場価値を客観的に認識し、自分を売り込むべきタイミングをよく心得ています。

業界の流行語や目新しい肩書きを並べ立てた、判で押したような求人案内が毎日とは言わないまでも週に1回は届くので、昔ながらの募集要項では彼らにとって雑音にしかならず、興味を引くことはできません。

とはいえ昔ながらではない募集要項なんてなかなか思いつかない...人材不足で、かつ競争が激しい中、理想的な候補者にピンポイントでアピールするには、いったいどうしたらよいのでしょうか。

また、最初から即戦力となるハードスキルを持ち合わせていなくても、短期間で才能を開花させ、会社にも大きく貢献してくれそうな「未来のマーケティングエキスパート」を見つけ出す方法や、優秀なマーケティング担当者を惹き付けて獲得するためのフレームワークも合わせてご紹介します。

本書を構成する大きな項目は、

  • 理想的な候補者にアプローチする方法
  • 未来のマーケティングエキスパートを見つけ出す方法
  • インバウンドリクルーティングのフレームワーク
  • キャリアトレーニングを通じて採用責任者の役割を果たす方法

となっております。

一緒に働く仲間が優秀だとチーム全体の指揮もあがります。一人の人材が加わることでチーム全体の働きも大きく向上することがあるかもしれません。

本ガイドをぜひ優秀なマーケティング担当者の採用活動にご活用ください。

マーケティングエキスパート採用&育成ガイド

元記事発行日: 2018年5月24日、最終更新日: 2018年5月25日