Instagramが自撮りやブランチの写真を投稿するだけのソーシャルネットワークではないことが明らかになってからしばらくが経ちました。実際、Instagramのユーザーは1年足らずのうちに25%も増加し、5億人規模にまで跳ね上がりました。

→ダウンロード: ソーシャルメディア最新動向無料レポート2021

ビジュアルコンテンツは企業のマーケティング戦略において、依然として欠かすことのできない非常に重要な要素です。そうしたなかで、Instagramはブランドをビジュアルに表現したり、企業の個性をアピールしたり、Instagramのフィードを毎日欠かさずスクロールしてチェックするユーザーにブランドを強烈に印象付けたりするための、ユニークなツールとして重宝されています。

どの業界でも、またターゲットカスタマーの種類は違っても、Instagramを実に効果的に利用しているブランドは、ごく一部ではありますが必ず存在します。

そのような企業に興味のある方のために、この記事では17のブランドをご紹介します、Instagramをどのように利用し、他とどこが違うのかを理解してください。(HubSpotによる日本語ブログ、「インスタグラムユーザーのための知っておくべき15の機能とヒント」も合わせてご覧ください。)

無料ガイド

ソーシャルメディア最新動向レポート2021

〜2021年に知っておくべきSNSの最新動向とは?〜

Instagramの企業アカウント厳選17

1)WeWork

WeWorkは世界中の都市や地方でシェアオフィスのサービスを提供する企業です。ですから投稿するのはもちろん、働く場所をシェアする素晴らしいコミュニティの写真です。実際、そのスペースを驚くほど魅力的な方法で撮影しており、投稿された写真を見ていると、その中に飛び込んで行ってコーヒーを片手にラップトップで仕事をしたくなるほどです。

シェアオフィスのスペースの写真のほかに、WeWorkはメンバーが毎年楽しみにしている「WeWorkサマーキャンプ」などの大規模なイベントの写真を投稿しています。それらのイベントで、WeWorkは#WWCampのようなハッシュタグを使用し、「Do what you love」という覚えやすいスローガンを使って、カスタマーにイベントの写真を投稿するよう呼びかけています。

私の一番のお気に入りは、#DogsOfWeWorkのハッシュタグです。なぜなら犬好きだから。と、それだけではありません。WeWorkの大らかな企業文化をプロモーションしつつ、ソーシャルでのブランドとの対話をカスタマーに実に上手く促しているからです。年末になると、WeWorkは毎年、InstagramとFacebookで#DogsOfWeWorkのハッシュタグに投稿された写真のなかから素晴らしいものを選び、その写真を使って翌年のカレンダーを作成しています。

we-work-instagram-1.png we-work-instagram-2.pngwe-work-instagram-3.png we-work-instagram-4.png

下はWeWorkが「Do What You Love」というスローガンを揚げてInstagramに投稿した、新年を祝うマーケティングビデオの例です。

→ダウンロード: 初心者でも簡単に出稿可能!Instagram広告基本無料ガイド

2)National Geographic

この記事をNational Geographic抜きで作成することなど到底できないでしょう。National Geographicは大都市から北極地方、果てはアフリカの小さな村まで、世界中を旅する人々から送られた写真を投稿しています。フォロワーの数も(記事の投稿時点で)6,000万人と凄まじく、世界で最も偉大なInstagramブランドと言っても過言ではありません。

これが1888年に創業した雑誌社によるInstargramアカウントだというのだから、実に素晴らしい話です。急速に進化を続けるマーケティングテクノロジーをタイムリーに活用する企業の好例だと思います。

national-geographic-instagram-1.png national-geographic-instagram-2.pngnational-geographic-instagram-3.png national-geographic-instagram-4.png

3)Zevia

Zeviaは人工甘味料を使用しないゼロカロリーのドリンクを売りにする、自然派のソーダブランドです。堅苦しいのが苦手で、他のコーラブランドのように楽しさや友情を前面に出し、健康に価値を置くオーディエンスをターゲットにリーチを拡大しています。

Instagramでは下の写真の例のように、明るく、親しみやすく、爽やかというZeviaの個性を上手く表現しています。また、非常にカラフルな写真でありながら、Zeviaが健康的なライフスタイルにぴったりのドリンクであることを強くアピールしています。(自社のオーディエンスを深く理解したい方は、無料のバイヤー ペルソナ テンプレートをこちらから無料でダウンロードしてご利用ください。

zevia-instagram-1.png zevia-instagram-2.pngzevia-instagram-3.png zevia-instagram-4.png

4)パリ・オペラ座バレエ団

パリはワイン、チーズ、芸術と、挙げればきりがないほど素敵なものに溢れている街です。そのパリの芸術を写真に収めてInstargramに投稿しているのがパリ・オペラ座バレエ団です。

このアカウントではバレエダンサーの上演中、リハーサル中、あるいは舞台裏のスナップ画像が紹介され、バレエの制作現場で起きている芸術的な一場面を垣間見ることができます。また、バナーと呼ばれるInstargramの機能を利用し、大きな写真を複数の画像に分割して、小さい写真をタイル状に並べて表示しています(これを可能にするアプリはいくつもありますが、初めて利用するならTile Picをお勧めします)。

また、パリ・オペラ座バレエ団のInstagram画像でもう1つ注目したいのが、公演のダンサーだけでなく会場をも意外なかたちで紹介している写真です。右下の写真は誰もいない劇場を撮影したものですが、嵐の前の静けさを感じてわくわくします。

balletoperadeparis instagram 1 balletoperadeparis instagram 2balletoperadeparis instagram 3 balletoperadeparis instagram 4

5)King Arthur Flour

Instagramで素晴らしいのは、食べ物の写真を美味しそうに表示することだけではありません。ですが、King Arthur Flouによる写真は、その中でも群を抜いているため、お見せしないわけにはいきません。

歴史の長いブランドをもう1つご紹介しましょう。1790年創業のKing Arthur Flourです。同社は変化を続けるマーケティング環境に上手く適応し、King Arthur Flourらしさを失わないブランドの個性をInstagramで表現しています。アメリカでは家庭でもお店でも、小麦粉といえばKing Arthur Flourで、そのことは下の写真にある材料や調理器具、そして焼き上がったお菓子からも見て取れます。

King Arthur Flourの写真にはさまざまなテクニックが使用されていますが、なかでも素晴らしいのが季節ものの写真で、アップルサイダーのシーズン(秋)や、夏の食べ物、冬のホリデーシーズンなど、季節ごとにさまざまな旬を取り入れては見る人を一年中喜ばせています。たとえば下の写真のように、料理をしている瞬間や、King Arthur Flourの商品、そして同社のルーツであるニューイングランドを紹介した写真を見ることができます。

KAF instagram 1 KAF instagram 2KAF instagram 3 KAF instagram 4

Organic Authority

Organic Authorityは健康をテーマにしたデジタル雑誌ですが、Instargramでは目で見て美味しい写真を投稿するアカウントとして一躍有名になっています。それもそのはず、Organic Authorityのモットーは「美味しく生きる」です。投稿写真には、食べ物、美、家、庭に関する同社からのメッセージを書き言葉で表示するものや、読者のナチュラルでサステナブルな生活をサポートするというOrganic Authorityのミッションを、明るくて綺麗な画像を通して伝えるものなどがあります。

Organic Authorityの写真には引用が効果的に使用されており、見る人は押しつけがましさを感じることなく、写真とテキストとが絶妙に合わさった画像からインスピレーションを感じ、何事にもハッピーに、そして健康的にアプローチしようという呼びかけに応えることができます。また、このアカウントでは#BeOrganicというハッシュタグを使用し、ファンが写真にタグを付けて投稿したコンテンツをシェアすることで、ブランドとの対話をユーザーに促しています。

organic-authority-2.png frank-bod-instagram-3.pngorganic-authority-1.png organic-authority-4.png

Lorna Jane

あなたのブランドが仮に人物だったとしたら、その人をどう言い表しますか? ブランディングにおいて重要とされるこの質問に、オーストラリアのアクティブウェア企業であるLorna Janeは、Instagramのコンテンツを利用して非常に上手く答えています。画面をスクロールして写真を数秒間眺めるだけで、Lorna Janeのターゲットバイヤーを、若くてスポーティ、20代から30代くらい、アクティブなライフスタイルを維持しながら美しくあることに価値を置く女性だとすぐに説明できます。

Lorna Janeが投稿する写真の多くは、ブランドのウェアやアクセサリーを、バイヤーペルソナそのものの女性と撮影したもので、カラフルで楽しく、インスピレーションが感じられ、ブランドのエッセンス(すなわちブランドの心や魂や精神)を完璧に表現しています。

lorna-jane-instagram-1.png lorna-jane-instagram-2.pnglorna-jane-instagram-4.png lorna-jane-instagram-3.png

No Your City

No Your Cityは、世界中の人々(主にニューヨーク)の魅力的なストーリーを取り上げたドキュメンタリーシリーズを制作しています。ですが、このブランドのInstagramアカウントでは、ストーリーよりもニューヨークの街の美しい写真を紹介することにフォーカスしています。

これらの写真が素晴らしいのは、スマートフォンで極上の写真を撮るためのベストプラクティスに忠実に従っているところです。No Your Cityによるニューヨークの街の写真はいずれも、1つの主被写体にフォーカスを合わせる、ネガティブスペースを大切にする、映り込みを生かす、奥行き感を変えてみるなど、こちらの日本語ブログ記事で説明されている手法のいずれかを適用しているようです。どの写真も秀逸で、それによって多くのフォロワーを獲得しています。

no-your-city-instagram-1.png no-your-city-instagram-2.pngno-your-city-instagram-3.png no-your-city-instagram-4.png

ASOS

イギリスに本拠を置く小売企業、ASOSは、自社の洋服を着たモデルの美しい写真をInstagramに投稿するだけではありません。確かにそれも効果的に行っていますが、興味深いのは、複数のスタイリストにそれぞれASOSと関連するアカウントを与え、写真を投稿させていることです。

このように、ASOSと提携する@asos_debbieなどのスタイリストが、ブランドのライフスタイル大使として活動しています。「ほとんどファッションブロガーのようです」とHubSpotのマーケティングマネージャであるElissa Hudsonは言います。「スタイリストがそれぞれにペルソナを持つうえ、相当な数のInstagramフォロワーもいます。そして、ファッションブロガーが投稿するのと非常によく似たタイプのコンテンツを、それぞれのInstagramアカウントに投稿しているのです。実際、そのスタイリストの何人かはファッションブロガーです。ASOSがそもそもなぜ彼らを採用したのか想像がつきます。オーディエンスがすでに揃っている人たちだからです。」

ASOSのメインアカウントには、ブランドの洋服やアクセサリーの写真、あるいは左下にあるように、スタイリスト(@asos_debbie)が完璧な装いでポーズを決めた写真、そしてターゲットのバイヤーペルソナが好みそうな、たとえば右上の笑ってしまうほど甘そうなミルクシェイクの写真(他よりもエンゲージメントを多く獲得しています)などが紹介されています。

asos-instagram-3.png asos-instagram-2.pngasos-instagram-4.png asos-instagram-1.png

10Coca-Cola Argentina

コカ・コーラはソーシャルメディアのあらゆるプラットフォームでブランドを強力に印象付けていますが、その秘密は何だと思いますか。

それは、コカ・コーラが自分たちのオーディエンスを、楽しさや友情やスポーツに価値を置く若者たちだと正しく理解しているからです。ハッピーで、遊び心があり、親しみやすく、爽やかで、楽しい時間を一緒に過ごす、というブランドの個性をダイレクトに表現しているからだと思います。

では、Coca-Cola Argentinaがブランドの個性とターゲットオーディエンスを、Instagramを利用してどのようにセレブレートしているか見てみましょう(自社のオーディエンスをもっと理解したい方は、こちらからバイヤーペルソナのテンプレートを無料でダウンロードしてください)。

上部にある2つの写真で、コカ・コーラのブランドカラーである赤が使用されている点に注目してください。消費者の80%が、同じ色を使用するとブランドの認知度向上に効果が高いと回答しています。一貫して赤を使用することで、フィードをスクロールする人にブランドを認知してもらいやすくしています。

cocacola-instagram-4.png cocacola-instagram-1.pngcocacola-instagram-3.png cocacola-instagram-2.png

11)Califia Farms

Califia Farmsのナチュラル飲料製品には、他にはないほど魅力的なデザインの容器が使用されています。実際、同社はBeverage World Magazineによるグローバル パッケージング デザイン部門の最高賞を獲得しています。

それほど素敵で曲線の美しいボトルを紹介するのに、Instagramはうってつけのプラットフォームですので、Califia Farmsもここぞとばかりに写真を投稿しています。そのほとんどは商品を前面に押し出したもので、ボトルをテーマとした写真のほかに、同社のバイヤーペルソナが好むアクティブでヘルシーなライフスタイルに商品パッケージを添えた写真などが紹介されています。

califia-instagram-4.png califia-instagram-1.pngcalifia-instagram-3.png califia-instagram-2.png

Califia Farmsは、非常に楽しくて遊び心のある動画やGIFも、Instagramに投稿しています。下の動画は、コーヒーカクテルに乳製品を含まないミルク(アーモンドミルク)をスチームして入れる際の注意を視聴者に説明していますが、非常によくできていると思います。

もうひとつご覧ください。


12Shore Projects

イギリスの腕時計ブランドであるShore Projectsは、創業当時からInstagramを積極的に利用しており、このプラットフォームと切っても切れない関係にあります。

「Shore Projectsを起業して最初の半年間は、Instagram以外のプラットフォームに何も手を付けませんでした。」とShore Projectsの共同創設者であるsays Neil Wallerは言います。

同社のホームページの冒頭に、「Shore Projectsはイギリスの海辺の美しさと楽しさに魅せられた腕時計ブランドです。」とあるように、Shore Projectsは企業側が持つ特別なイメージと強力に結びついたブランドです。そして、そのイメージをベースにInstagramでブランディングを行うための基盤をすでに完成させています。投稿写真の多くはイギリスのビーチや沿岸で撮影されていますが、イギリスの海岸らしいグレーやグリーンといった暗い色合いは使われていません。(Instagramのコンテンツに使用するカラースキームについて詳しく知りたい方は、「色彩理論の基本知識:コンテンツやデザインへの配色の選び方」のブログ記事をご覧ください。)

shore-project-instagram-1.png shore-project-instagram-2.pngshore-project-instagram-3.png shore-project-instagram-4.png

13New York Air Book

これはニュージャージー州を拠点とする写真家、George Steinmetz氏のInstagramアカウントです。Steinmetz氏は、普段はブラジルの砂丘やフロリダ州の海面、あるいはツリーピープルなど、さまざまなテーマでニューヨーク以外の場所を空中から撮影していますが、このInstagramアカウントでは特別にニューヨークを空中から撮影した写真を投稿しています。

彼がこのようにニッチなテーマを選び、自身のアカウントで一貫して驚くほど美しいニューヨークの写真を定期的に投稿していることは素晴らしいと思います。投稿されるのはすべてニューヨークの写真とわかっていても、彼は何やら奇抜なテーマで洒落た写真を投稿し、フォロワーたちを驚かせます。こうして多くの人を喜ばせて「いいね!」やコメントを獲得しています。

new-york-air-book-instagram-1.png new-york-air-book-instagram-2.pngnew-york-air-book-instagram-3.png new-york-air-book-instagram-4.png

14Staples

StaplesはInstagramのコンテンツであの手この手を使い、私たちの注意を惹くことに成功していますが、なかでも特に面白いのは、キャプションでフォロワーに質問を出したり、CTA(Calls-To-Acion)を表示したりしてフォロワーにエンゲージしていることです。また、遊び心を持ちながらも実用的というブランドの個性を貫いているところも素晴らしいと思います。

Staplesのフォロワーにキャプションで質問をしてエンゲージメントを高めていることについて、たとえば右上にある絵文字が並んだ写真では、キャプションの部分に「今日一日はこんな感じでした。あなたはどのような一日でしたか? 絵文字で教えてください。」と書かれています。その写真のコメントのエリアには、フォロワーからの楽しいレスポンスがいくつも表示されています。また、左上のカップケーキの写真のキャプションには、「ありがとうの気持ちを伝えたい誰かをタグ付けしましょう。」と書かれています。

Stapleはオフィスの備品で「2016」と書いた写真(左下)を投稿したり、#OfficeHackというハッシュタグを使用してフォロワーのエンゲージメントを高めるなど、非常に効果的にブランドをアピールしています。

staples-instagram-1.png staples-instagram-2.pngstaples-instagram-3.png staples-instagram-4.png

また、Stapleは可愛らしい動画やGIFをInstagramを利用して投稿しています。下はその一例で、Office by Martha Stewartという製品ラインをプロモーションしています。

15Headspace

Headspaceは、大胆な色使いと広いネガティブスペースが印象的なコンテンツを、Instagramに投稿しています。ですが、それらの特徴は遊び心を演出するためではありません。誘導瞑想の企業であるHeadspaceらしく、気付きや瞑想についてヒントやトリックを紹介したり、それらを実践することを思い出させたりするために使用しています。

たとえば、次の4例のうち右上の写真では、携帯電話のスイッチを10分間オフにするようフォロワーに呼びかけています。Instagramは主にモバイルで利用されるアプリですので、携帯電話を長時間眺めている人には、タイムリーかつ親しみやすい方法で注意を促すメッセージになると思います。

headspace-instagram-1.png headspace-instagram-5.png headspace-instagram-4.pngheadspace-instagram-2.png

16Saturday Night Live

優秀なInstagramアカウントと言えば、極上の写真を数多く投稿している企業が頭に浮かぶかもしれませんが、投稿者のメッセージが十分に伝わるような写真もまた素晴らしいものです。

その1つが有名なスケッチ コメディー ショーの劇団であるSaturday Night Liveです。フォロワーたちはこの劇団から入念に編集され、完璧に構成された写真を期待してなどいません。それどころか、そのような写真を見れば、カジュアルでぶっつけ本番が得意なSaturday Night Liveらしくないと残念に思う人も多いでしょう。

Saturday Night LiveがInstagramでファンのために投稿するのは、#SNLbackstageというハッシュタグの付いた、舞台裏を撮影した飾らない写真で、非常に高い人気を得ています。

saturady-night-live-instagram-1.png saturday-night-live-instagram-2.pngsaturday-night-live-instagram-3.pngsaturday-night-live-instagram-4.png

Saturday Night LiveのInstagramアカウントには、俳優たちが舞台裏でふざけている動画や、ショーのクリップやプロモーションビデオなども投稿されます。

17HomeGoods

海外では一般的になった「フードポルノ」という言葉があります。これはSNSなどに投稿される、食欲をそそる食べ物の写真を言いますが、「デコールポルノ」なる言葉も存在するそうです。そのデコールポルノ好きの方にぜひお勧めしたいのが、HomeGoodsのInstagramアカウントです。

HomeGoodsのInstagram写真で特に素晴らしいのは、インテリアデザインに個性を持たせるためのさまざまなヒントを組み合わせて紹介しているところです。家の室内装飾のトレンドを写真で見せるとともに、HomeGoodsの商品をセンス良く使用する方法も紹介しています。上部にある2つの写真をご覧ください。どちらにも非常によく似たミラーが飾られていますが、対照的なデザインスキームで使用されているのがわかると思います。このように、さまざまな方法でHomeGoodsの製品を利用できることが示されています。

もう1つ特筆すべきは、HomeGoodsが四季折々の写真を投稿してファンを魅了しているところです。クリスマスや年末年始の休暇が終わり、寒い日が続いていても、室内装飾で楽しんで欲しいとHomeGoodsはInstagramでオーディエンスに呼びかけます。

homegoods-instagram-1.png homegoods-instagram-2.pnghomegoods-instagram-3.png homegoods-instagram-4.png

どの企業のInstagramアカウントがお気に入りですか? コメント欄でお気かせください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

ソーシャルメディア最新動向レポート2021

編集メモ:この記事は、2016年9月に投稿した内容に加筆・訂正したものです。Lindsay Kolowichによる元の記事はこちらからご覧いただけます。

 ソーシャルメディア最新動向レポート2021

元記事発行日: 2017年2月20日、最終更新日: 2020年12月07日

トピック::

インスタグラムマーケティング