inbound advertising

複雑な物事を、単純に白か黒かで捉えてしまうことはよくあります。

たとえばダース・ベイダーはどうでしょう。まさに悪の化身そのものです。しかし、最初からそうだったわけではありません。 

後にダース・ベイダーとなるアナキン・スカイウォーカーは、高い潜在能力を秘めた善良な男の子でした。境遇次第では、そのまま光明面(ライトサイド)を代表する英雄に成長していたかもしれません。実際、死の直前には、「善」の姿を再び垣間見せ、息子であるルークスカイウォーカーを皇帝の攻撃から救いました。善と悪の両面を持つ複雑なキャラクターだったのです。

広告も同じです。以前であれば、広告は利用者にとって邪魔な存在だという認識がありました。しかし、オンライン広告が変化している現在では、話はそんなに単純ではありません。

今でも、邪魔な広告は山ほどありますが、新しい種類の広告も登場しつつあります。人々にベネフィットをもたらす広告、利用者が求めている情報を見つけやすくする広告、優れたコンテンツの存在を対象読者に知らせてあげる広告などです。一言で表せば、インバウンド的な広告と言えます。

ネイティブ広告などを含めた近未来のマーケティングを解説した無料eBook(PDF)はこちらから無料ダウンロードできます。

正直に言うと、広告が「善と悪の二面をもっている」という捉え方は、我々が自ら発見したわけではありません。お客様の動きがきっかけでした。

広告が持つ確かな価値

HubSpotのお客様の53%は広告を利用しています。その目的は、インバウンドのアクションの促進です。検索やソーシャル広告を通じて、ターゲットオーディエンスを効果的に絞り込み、的を射たコンテンツを提供しています。 

お客様から我々が学んだのは、形式ではなくコンテンツが肝心なのだということです。これは重要なポイントです。良質なコンテンツとなった広告は、インバウンドマーケティング戦略に大きく貢献します。

今から5年前は話が違いました。当時のオンライン広告は大ざっぱなものがほとんどでした。単なるディスプレイ広告が「時代の先端」で、ターゲティングのない邪魔な広告ばかりでした。

しかし現在では、Google、Facebook、Twitter、LinkedInの動きによって様相が一変しました。ユーザーの嗜好に合った形式の広告(参照記事はこちら:Five Reasons to Go Deeper With Choice-Based Advertising) 、宣伝臭を感じさせないネイティブ広告(参照記事はこちら:LinkedIn Sponsored Updates : New Ways To Discover Relevant Content In Your Feed)、大勢の目を引く動画広告やモバイル広告など(参照記事はこちら:Testing New Way to Watch Promoted Videos in News Feed)、従来とは一味違う広告が次々と生まれています。

また、これら各社は、利用者にとってプラスになる広告に重きを置くようになっています。たとえば、LinkedInやGoogleには、品質や関連性に関するスコアがあります。質が高いコンテンツと、関連性が高いユーザーとを的確に結び付けるための指標値です。したがって、注目に値するコンテンツ、関連性が高いランディングページ、有益な広告を用意した広告主の方が、少ない支出で上位の順位を獲得できることになります。 

広告の一例
我々HubSpotも、関連性が高い広告が持つ威力を直接体験したことがあります(参照資料はこちら:HubSpot drives high-quality leads with Sponsored Updates in the LinkedIn feed)。リードジェネレーションを目的として、価値が高い新規オーディエンスに向けたプロモーションをLinkedInで実施したときのことです。コンテンツは、HubSpotの中でも高い実績を持つもので、リードの獲得につながることはわかっていました。

しかし、マーケティングを専門とする新規オーディエンスに向けてLinkedInで発信したことによって、他のプラットフォームの場合と比べて、ターゲットオーディエンスの中のリード獲得が400%も増えました。我々が伝えたいコンテンツを、それを必要とする多くの人に届けることで、適正なコストの範囲内でクオリファイドリード(有望見込み客)の獲得を増やすことができたのです。

HubSpotがLinkedInに出稿した広告の一例

HubSpotの広告ツール

しかし、広告には非常に大きな問題がまだ残っています。広告の運用を的確に進めるのは難しいという問題です。Unbounceによると、実に98%もの広告主が広告費を無駄にしているとのことです(参照記事はこちら:98% Of Your Paid Ads Are A Colossal Waste of Money [Vidoes])。 

一流のマーケターとして、安定した収益を上げられるようになるには、かなりの労力と費用がかかります。広告ツールは取っつきにくいし、広告のエキスパートになるための学習も敷居が高そうです。広告のROIを計算する方法も、何だかよくわかりません。

そこでHubSpotは、お客様の広告運用を手助けするツールをご用意しました。 

それがHubSpot Ads Add-Onです。上質な広告を生み出し、マーケターの方々の時間、労力、費用に見合うだけの成果が上がるようになればという我々の思いが詰まっています。

HubSpotの広告機能HubSpot Ads Add-Onのインターフェース

さらにHubSpotは、広告に関して確かな実績を持つ2社と提携しました。LinkedInとGoogleです。両社のプラットフォームを通じて、価値が高いオーディエンスにリーチを図り、インバウンドのアクションを促すことができます。たとえば、LinkedInのスポンサードアップデートであれば、HubSpot Ads Add-Onを使って、ユーザーとの関連性が高い有益な情報をフィードに直接送り込むことができます。

広告は、必ずしも邪魔で煩わしいものばかりではありません。必要なのは、適切な物の見方と戦略、そしてツールです。HubSpotはその力になります。

広告業界を進化させるのは簡単なことではありません。しかし、ダース・ベイダーが皇帝を裏切ってルークを救うのも、やはり簡単なことではなかったのです。

マーケティングの未来とは?資料ダウンロードはこちら

編集メモ:この記事は、 2015年9月に投稿した内容に加筆・訂正したものです。HubSpotの共同創業者で最高技術責任者であるDharmesh Shahによる元の記事はこちらからご覧いただけます。

元記事発行日: 2016年1月04日、最終更新日: 2019年10月29日

トピック::

広告