スキルギャップという言葉はきっと皆さんも聞いたことがあるでしょう。このコンセプトは、メディアから大きな注目を集めてきました。Harvard Business Review(ハーバード・ビジネス・レビュー)New York Times(ニューヨーク・タイムズ)、そしてThe Atlantic(ジ・アトランティック)にも取り上げられています。ご存じない方のために簡単にご説明しましょう。

 「スキルギャップとは、タスクの遂行に必要なスキルと、従業員の実際のスキルとの差を意味します。」
 
スキルギャップの悪化による打撃が最も大きかったのは製造業やIT業界ですが、マーケティング業界もこの現象による悪影響を被ってきました。
 最近、Boston Consulting Group(ボストン・コンサルティング・グループ)はGoogleと提携して、スキルギャップによるデジタルマーケティングへの影響について大規模な調査(英語)を実施しました。その結果は、不安を感じさせるものでした。
 
1,100人のデジタルマーケターに、0~100点のデジタル能力指標(ベストプラクティスを100点とする)を自己採点してもらったところ、驚いたことに回答者の平均スコアは57でした。  
 
the_skills_gap.png
 
 これは、ぜひ皆さまにも目を向けていただきたい数字です。スキルギャップは、現実的に大きな問題です。一方で、ご自身のスキルギャップをしっかりと理解し行動を起こせば、大きなメリットが得られる可能性があります。
 
例えば、以下のようなメリットです。
  • 採用したいと思われる人材になれる
  • より確実に雇用を維持できる
  • 現場で求められる敏腕マーケーターになれる
悪い計画ではありませんよね?ではどうすれば成功に必要なスキルを手に入れることができるのでしょうか? 

スキルギャップを埋める

下の図は、デジタルマーケティングにおけるスキルギャップを埋めるための3ステップ計画です。内省と努力があれば、成功に必要なスキルを身に付けることができます。 

1. 弱点を見極める

スキルギャップを埋めるための最初のステップは、弱点を見極めることです。自分に正直になりましょう。これが、現代に必要なスキルをレベルアップし、キャリアを伸ばすための計画の基礎となります。Online Marketing Instituteによるこちらのチャート(英語)は、デジタルマーケティングの主なエリアと、それぞれのカテゴリーにおけるスキルギャップの程度を把握するのに便利です。 

skills_gap.png

改善の余地があるエリアが特定できたら、計画を立てましょう。 

2. そのトピックについて学べることをすべて学ぶ

新しいスキルを学ぶとなると、やることの多さに圧倒されてしまいがちです。そこで、まずはトピックの概要からはじめましょう。その分野で評判の高い資格取得コースや総合ガイドを探してみてください。例えば、MOZのBeginner Guide to SEO(初心者のためのSEO入門書、英語)ハブスポットのインバウンド認定コース (日本語) やEメールマーケティング認定制度 (英語) などがおすすめです。GoogleやQuoraでも検索してみてください。おそらく、同じ製品を何度も繰り返し目にすることになるでしょう。ただし、書籍には注意が必要です。スキルギャップが生じるほどの速度で進んでいる業界では、本が出版される頃にはその内容は時代遅れになっている可能性があります。 

このような基礎コースは、それ以降の学習計画に役立ちます。ここでのポイントは、認定制度をゴールではなくジャンプ台として利用することです。例えば、Eメール認定制度ではEメールマーケティングにおける下の4つの主なテーマを学ぶことができます。

  • セグメンテーション
  • パーソナライゼーション
  • モバイル最適化
  • アナリティクス

サブトピックがわかったら、具体的なベストプラクティスを教えてくれる資料を探すだけです。各分野の知識を得るのに効果的な方法は、ブログの購読、専門家のTwitterフォロー、ホワイトペーパーのダウンロード、RedditやQuora、growth.orgといったコミュニティへの参加など様々です。

3. 練習あるのみ

デジタルマーケティングにおけるスキルギャップを埋めるための最後のステップは、練習です。新しいスキルを学ぶ際に最も努力が必要になるのは、学習(受動的な情報の消費)から実行(状況に応じて知識を応用し結果を出す)へのシフトです。指導してくれる専門家がいれば、このプロセスがとても楽になります。

HubSpotをご利用中のお客様であれば、HubSpot Projects(英語)が便利です。HubSpot Projectsは、重要なマーケティング活動を実施するために必要なツールやベストプラクティスの概要をステップごとにまとめた学習用リソースです。戦術的な業務遂行とベストプラクティスを組み合わせて、ビジネスの成長を促す活動のお手伝いをします。コンバージョンパスの最適化からより有望なリードの創出、効果的な新製品リリースのやり方まで、HubSpot Projectsをぜひ有効活用してください。 

忘れないでください…

自分の弱点を見極め、改善に取り組む時間をとることは、ライバルに差をつけるうえで大きな力となります。業界にどのような変化が起きており、最新の傾向に乗り遅れないようにするにはどのようなスキルが必要なのかを、年に1度評価するようにするとよいでしょう。 

デジタルマーケティングを解説した無料資料はこちらからダウンロード

元記事発行日: 2019年1月06日、最終更新日: 2019年1月07日