現代のセールスは競争が熾烈です。

プロスペクト(潜在見込み客)が膨大な量の情報やコンテンツに接している中で、こちらからのメッセージをいかにきちんと届けるのか、また、ライバル各社が先進的なツールを使ってプロスペクトへのリーチを試みる中で、プロスペクトの注目をいかにして集めるのかは、大きな課題となっています。

プロスペクト(潜在見込み客)が膨大な量の情報やコンテンツに接している中で、こちらからのメッセージをいかにきちんと届けるのか、また、ライバル各社が先進的なツールを使ってプロスペクトへのリーチを試みる中で、プロスペクトの注目をいかにして集めるのかは、大きな課題となっています。

このような新時代のセールスで成功を収めるためには、適切なタイミングで適切な相手に適切なセールストークを展開しなくてはなりません。

それに伴う課題の解決には、新しいプロセスやテクノロジーも役立ちます。

たとえば、デジタルコンテンツ、ソーシャルセリング、インバウンドマーケティングを活用すると、よりすぐりの有望なリードを獲得しやすくなります。

しかし肝心なのはその先です。獲得したリードの心をつかみ、コンバージョンへと導かなくてはなりません。

そこで重要なのがセールスプレゼンテーションです。

専門用語を多用した陳腐なプレゼンでは、今の時代に結果は出ません。本コンテンツではその秘訣を6つに分けてどのように顧客の心を掴むかをお伝えします。

本ガイドで取り上げる6つの秘訣を題目のみここでご紹介します。

  1. 製品やサービスについて説明する
  2. 競合他社との違いを語る
  3. 既存顧客の声を生かす
  4. 財布の紐を解いてもらう
  5. CTAがないプレゼンテーションは意味がない
  6. ブランディングで統一を図る

となっております。

相手に合ったセールスコンテンツを用意することで、クロージングが近づくはずです。

セールスプレゼンテーションの準備と構成にぜひお役立てください。

代理店が最強の導入事例を作成する方法

元記事発行日: 2018/08/30 21:30:00, 最終更新日: