ランディングページに画像を利用する理由は、神経科学にあり

pixta_26635404_L

ランディングページのコンバージョン率を高めるのに最も効果があるとされているのは、画像を使用することです。アクセスしたページに画像がまったくなく、テキストしか表示されなかったら、どんなにつまらないか考えてみてください。

コンバージョン率に効果がないことも、容易に想像できるでしょう。しかし、そもそもランディングページに画像を使いたくなるのは、なぜなのでしょうか?

コンバージョン率を高めるランディングページ作成のノウハウをまとめた無料ガイドはこちらからダウンロードできます。

ランディングページに画像を使うべき理由

過去の研究によると、人が画像を認識できる最短の速度は100ミリ秒でしたが、MITの神経科学者たちによって、さらに短い13ミリ秒で認識できることが明らかになりました。

このように、人間の脳は光の速さで画像を認識します。しかし、速いのは人間の判断する速さも同じで、訪問者がウェブサイトに滞在している時間は、平均15秒未満だと言われています)。

つまり、訪問者がランディングページに15秒しか滞在していないのであれば、何かしら興味を引きつける工夫をする必要があります。

ここからは、ランディングページにどのような画像を使用すれば、訪問者の滞在時間を延ばし、コンバーション率を上げる効果があるのかご紹介します。

概念の説明に、図や写真を使う

「1枚の絵は千の言葉に値する」という古いことわざがあります。複雑なシステムやプロセス、これまでになかった新しい物の考え方は、図や写真を使って説明すると理解してもらいやすくなります。

たとえば、自動車エンジンの仕組みや、クラウドを使ったインターネット経由のファイル転送といった形のない概念を理解するには、図が大きな助けになります。

また、マーケティングに関してはファネル図などを用いて見込み客の流れを解説することが多いかと思います。

images

企業は日々、新しい製品や人々が知らなかったもの、欲しいことすら思いつかなかったものを生み出しています。市場にまだ存在しない画期的な製品をプロモーションするのであれば、その製品がどんなものであり、なぜその人にとって必要なのかを理解してもらう必要があります。

もし電気のない時代に電子レンジについて説明しなければならないとしたら、どうするでしょうか? 言葉だけで伝えるのは、案外難しいはずです。

ランディングページで新しいアイデアや複雑な概念を説明するには、インフォグラフィック、グラフ、図といったものを使うことが効果的です。それをウェブサイトの訪問者が見て、そのアイデアや概念をすぐに理解することができれば、コンバージョン率の向上につながります。

わかりやすい形でコンバージョンに誘導する

ランディングページに矢印を使用すると、訪問者の意識や動きを直接誘導することができます。ランディングページの特定の箇所やフォームの場所を指すように矢印を配置すると、訪問者はあまり考えることなく、その指示に従うようになります。

視覚的に誘導する方法は他にもあります。たとえば、ランディングページを明らかな縦長構造にして、一目で全ての情報が見れない状態にします。

結果的に、追加の情報を欲するウェブ訪問者はスクロールダウンをし、追加の情報を目視し、フォームへ情報を入力することになります。

Gif

ランディングページの下部にコンテンツをちらりと確認してもらい、その先にフォームがあり、そのフォームに興味が引かれます。

感情は人の意思決定を左右する

著名な神経科学者であるアントニオ・ダマシオ氏は、何十年にもわたって意識と感情の関係について研究してきました。彼の研究により、意思決定の過程で感情が重要な役割を果たすことがわかってきました。

マーケターはどうすれば、ランディングページの作成にこの事実を役立てられるでしょうか? 画像を使って訪問者の興味を刺激し、さらに感情的な反応も引き出すことができれば、コンバージョン率を上げられる可能性があります。

「今すぐしなければ!」という切迫感を与えたり、自分の問題が解決されるという幸福感や安心感を感じる画像を使用すれば、高いコンバージョン率を獲得できるはずです。

ランディングページにベストな画像が使用されているかチェックするには?

数字は嘘をつきません。コンバージョン率を見れば、ランディングページがどの程度機能しているか把握できます。パフォーマンスの高いランディングページでは、コンバージョン率が20%以上になります。

閲覧総数のうち、それだけの割合がコンバージョンに貢献し、フォームへの入力が達成されたことになります。コンバージョン率がそれより低い場合は、さまざまな要因が考えられますので、ページ全体を評価するにはその点を考慮する必要があります。

画像による影響のみを確かめるには、A/Bテストを行うのがベストです。ランディングページにさまざまな画像を使用してみれば、どの画像がより多く訪問者を集め、リードに転換されるか確かめられます。

New Call-to-action

いかがでしたか?お気に召したのであればシェアはこちらから。