2022年には、米国の小売業売上高の17%をeコマース(電子商取引)が占めるようになると予測(英語)されています。市場の成長に伴い、競争も激化しており、数あるECサイトの中で存在感を発揮することも難しくなっています。

→ダウンロード: ネット通販を成功に導くECサイト構築無料チェックシート

他にはない商品を提供するだけでは十分とはいえません。理想的な顧客層に訴求し、さらにその顧客に自社を支持する熱心なファンになってもらうことが重要になります。そのためには、他にはないウェブサイトを構築することが不可欠なのです。

心をつかむ洗練されたオンラインストアをShopifyで構築することで、さらに多くの顧客層にアピールできるだけでなく、ECサイト自体がマーケティングツールとしての機能を果たすようになります。

しかしその前に、Shopifyでオンラインストアを構築すると他のプラットフォームに比べてどのような利点があるのかを理解しておくことが必要です。

本記事では、ECサイト構築のヒントになるShopifyストアを17件ご紹介します(なお、各ストアのリンク先はいずれも英語ページとなります)。

eコマースを始めたばかりでこれから最初のECサイトの設計に取り掛かろうとしている方も、すでに豊富な経験を積み、競合に差をつけるためにECサイトのリニューアルを検討している方も、今回取り上げるクリエイティブな事例の数々を参考にしていただけると幸いです。

ネット通販を成功に導くECサイト構築チェックシート

1. UgMonk

「斬新かつ高品質で、現代的な美しさを備えたオリジナリティーあふれる商品を見つけることは、なぜ難しかったのでしょうか?」UgMonkを創業したJeff Sheldon氏は会社概要ページでそう問いかけています。ユニークなデザインを追求する同氏は、ファッションアイテム、デスク小物、バッグ、アートパネルなど、現代的な美しさを体現したアイテムを、Shopifyで構築されたシンプルで斬新なオンラインストアに掲載しています。

UgMonkのShopifyストア

 

2. Pipcorn

ポップコーンと聞くと、まず「体に良くなさそう」という不安が頭をよぎるでしょう。Pipcornはそうしたイメージをよく認識しているため、ホームページに「柔らかくサクサクの、おいしいポップコーン… 一般的なポップコーンとは違い、歯を痛めることもありません」というシンプルなメッセージを掲げています。オンラインストアでは、ターゲットオーディエンスが抱く最大の懸念(この場合は、ポップコーンのおいしさと歯に挟まるトウモロコシの粒)を把握し、それを解消する商品であると明確に打ち出すことが重要です。

Pipcornの会社概要ページを読めば、同社のポップコーンは遺伝子組み換えではなく、グルテンフリーかつヴィーガン対応の全粒で作られた商品だと分かります。こうした特徴を全面に押し出すのは簡単です。しかしPipcornはあえてそれらを外し、もっと大切なポイントである「おいしさ」に関して懸念を払拭することを選びました。

PipcornのShopifyストア

 

3. Taylor Stitch

大人の隠れた子ども心をくすぐるのが、Taylor Stitchのオンラインストアです。商品にカーソルを合わせるとクリエイティブが切り替わる仕組みになっており、例えば、ジャケット単体の画像から、それを着たモデルがバイクに乗ってポーズをとっている画像に切り替わります。

さらに、商品よりもメッセージに惹きつけられるのも、同社ストアの特長でしょう。ホームページの大半の画像に「3つのシンプルな材料」というコピーを盛り込み、強く印象づけています。Taylor Stitchは高品質の衣類を作り出すことだけではなく、リサイクル素材または天然素材100%の製品づくりを通じて廃棄物削減や環境保護にも貢献することを目指しています。

Taylor Stitchのウェブサイトでは同社の環境に対する取り組みが至る所で言及されているため、多くの訪問者に他社との違いが明確に伝わるはずです。

Taylor StitchのShopifyストア

 

4. Happiness Abscissa

この記事で取り上げるウェブサイトのほとんどは、すっきりと分かりやすいデザインですが、それとは一線を画すのがHappiness Abscissaのウェブサイトです。明るく抽象的なイラストを散りばめたレイアウトで、商品画像もさまざまなアングルで配置されており、遊び心が表現されています。

「Ha」という文字が不ぞろいに並んだブランドロゴに訪問者の注意は引きつけられ、「Ha」が何を示すのか説明もないうちに文中に登場することで好奇心もそそられます。Happiness Abscissaは堅苦しくならず、楽しく陽気な雰囲気を訪問者に印象づけていることがお分かりになるでしょう。

Happiness AbscissaのShopifyストア

 

5. BURGA

BURGAは、スマートフォンケース、レザーグッズ、ドリンクウェアなどのファッショナブルなアクセサリーを販売しています。同社のオンラインストアについて特筆したいのは、ユーザーエクスペリエンス(UX)のユニークなパーソナライズです。スマートフォンでウェブサイトにアクセスすると、そのスマートフォンのモデルを認識して自動的にフィルタリングを行い、その機種に使えるスマートフォンケースが表示されるのです。

BURGAのShopifyストア

 

6. Skinny Teatox

Skinny Teatoxのオンラインストアをチェックしたとき、私自身もつい買いたくなってしまいました(というのも1日限定のセール中で、お買い得のチャンスを逃したくなかったのです)。同社のホームページにアクセスしてすぐに気付くのは、自然植物を使っているのか、本当に効果があるのかという訪問者の多くが抱える疑問に答え、不安感を拭っていることです。また、パステルカラーの色調に、ビキニやマグカップのかわいいアイコンが使われ、さわやかな雰囲気を感じさせます。

他のShopifyストアでも見かけた手法ですが、Skinny Teatoxではホームページに商品を掲載し、[今すぐ購入]のCTAボタンを設置しています。同社のように取扱商品が複雑でない企業では(検索エンジンで「Skinny Teatox」と検索すると、ページタイトルに「自然植物100%の減量デトックスティー」と書かれていることが確認できます)、訪問者が探しているものを目立つように提示したほうがよいでしょう。

Skinny TeatoxのShopifyストア

 

7. HELM Boots

「当社のブーツを履くと、足元から自信が湧き上がり、新しい一歩を意気揚々と踏み出せます」HELMのウェブサイトに書かれたこの一文に、訪問者はたちまち感情をくすぐられて、こう思うことでしょう。「ブーツを探しているだけだったけど、確かに、ブーツを履くことで自信や勇気も持ちたいものだ」同社のウェブサイトは高級感にあふれ、ホームページ上に全ての商品が掲載されています。このホームページは、バイヤージャーニーのさまざまな段階にいる訪問者の購入を後押しするために、スクロールするにつれて迷いが解消されるように設計されています。

HELM BootsのShopifyストア

 

8. BioLite

私はディテールにこだわるタイプですが、BioLiteのウェブサイトにはその思いにしっかり応える商品画像が用意されているので、何かを買いたい気分になります(3D画像や、照明器具の商品を実際に点灯させたときの画像、商品が雨に濡れたときの画像まであります)。

BioLiteの主なセールスポイントは、社会課題の解決に取り組んでいるところです。同社の商品により、インドやアフリカの各地でも安全かつ安価にエネルギーを利用できるようになります。そのため、ホームページの目立つところに「エネルギーをあらゆる場所にもたらす製品」というメッセージが掲げられ、これが同社のターゲットオーディエンスを惹きつけています。また、上部のナビゲーションバーにも、各商品タイトルの隣にその商品を模したモノクロのイラストが配置されているなど、工夫が凝らされています。

BioLiteのShopifyストア

 

9. Pop Chart Lab

Pop Chart Labのウェブサイトは、同社が販売するヴィンテージポスターのようにおしゃれです。さまざまなカテゴリーに分類されているため、訪問者は好みの商品を探すことができます。

Pop Chart LabのShopifyストアを下方向にスクロールしていくと、ニューヨーク、キッズ、ヒップホップ、ワインなどのサブカテゴリーが表示されます。また、ベストセラー商品がカルーセル方式で表示されています。カルーセル画像の下には、大量注文のお問い合わせ、ギフトガイド、削って楽しむスクラッチのポスターなどのページへのリンクが表示され、何が欲しいか悩んでいる訪問者を適切に導けるように構成されています。Pop Chart Labは多彩なポスター商品を幅広く扱っていますが、ショップの外観はシンプルにまとまっており、実に見事です。

Marvelのスーパーヒーローのプロモーションを実施中のPop Chart LabのShopifyストア

 

10. Luca and Danni

スクロールに合わせて変化していくECストアは、楽しくて見るのをやめられなくなってしまいます。Luca and Danniは非常にインタラクティブなサイトです。スクロールすると画像が大きくなったり、小さくなったり、画像内でブレスレットの入った箱が開いたり、スクロールしても追いかけてきたりします。ページ内にこれほどの動きを持たせつつ一貫性を保つのは難しいことですが、Luca and Danniは見事に成功させました。レイアウトも全体的に心が落ち着く雰囲気になっています。ヤシの木やサボテンの画像が配置され、CTAボタンにも「1日を明るく:地面から空まで見て回ろう」「語りかけてくるものを探そう」といったメッセージが採用されています。

Luca and DanniのShopifyストア

 

11. Harris Farm Markets

ホームページを見れば、Harris Farm Marketsはファミリー経営の企業だとはっきりと分かります。カジュアルで遊び心にあふれたウェブサイトには、子どもの手書き文字のようなフォントや、色鮮やかな果物のイラストが使われ、かわいい蜂のイラストは羽根が動くようになっています。CTAボタンのテキストも「最近はどんな感じですか?」など、気軽に呼びかける内容です。この心のこもったCTAボタンを見るだけで、家族で力を合わせてウェブサイトを作っている姿が想像できますね。

Harris Farm MarketsのShopifyストア

 

12. So Worth Loving

ときには、回りくどさが功を奏する場合もあります。訪問者に商品を見せないことは必ずしも良いアイデアではありませんが、背景にあるストーリーを理解しないと商品の価値が伝わらない場合には、賢明な方法だといえるでしょう。So Worth LovingはTシャツを販売していますが、ホームページを3分の1程度スクロールするまで商品画像は表示されません。Tシャツよりも先に、So Worth Lovingのスローガン、創業者Eryn Eddy氏の略歴、ウェブサイト開設の経緯を目にすることになります。

同社のウェブサイトは、顔の見えるブランドづくりに注力しており、手書きのようなメッセージや、商品を着用したモデルが自然体でポーズをとっている写真が使われています。オーディエンスを熟知しているからこそ一般的なルールを脱却できた好例だといえるでしょう。

So Worth LovingのShopifyストア

 

13. Great George Watches

私自身は腕時計に詳しくないため、最初にGreat George Watchesのホームページで「スイス製部品を使った100%スクエアな時計」という見出しを読んだとき、「スクエア」は時計愛好家なら知っている業界用語かと思いました。ところが、スクロールして読み進めると「円形にとらわれない」と書かれており、「スクエア」という言葉はこのブランドに特有のものだと分かりました。Great George Watchesの時計は、全て四角形なのです。

Great George Watchesは、商品そのものを見せる前に商品独自の特徴を強調することで、訪問者を惹きつけています。モノクロの写真を使った上品なデザインに、目を引く赤いCTAボタンを配置したGreat George Watchesのオンラインストアは、私のお気に入りです。

Great George WatchesのShopifyストア

 

14. Choose Muse

Choose Museのホームページには、同社商品のヘッドホンを着用したモデルの動画が画面いっぱいに表示されます。ウェブページを開くと、再生ボタンを押さなくても動画がすぐに再生されるため、訪問者はつい見入ってしまうでしょう。私はデザインについてシンプルな方が望ましいと考えていますが、Choose Museのウェブサイトを見るとそうとも言い切れないようです。魅力的なデザインに画像やテキストをふんだんに盛り込みつつも、すっきりとしていて、訪問者が楽しめるウェブページに仕上がっています。

Choose MuseのShopifyストア

 

15. Brilliant

Brilliantのウェブサイトは、数学と科学のウェブサイトとしては驚くほどナビゲーションが簡単です(私のような文系の人間にとっても…)。大きくカラフルなブロックボタンで、学習したい分野を選択できます。また、CTAボタンを効果的に使った模範例でもあります。右上に大きな[無料登録]ボタンが目立つように表示されていますが、スクロールして必要な情報を確認した後、ページ下部でも別の登録ボタンが確認できます。

ナビゲーションバーは設置されていませんが、訪問者が抱きそうな疑問に答えられるように設計されています。

BrilliantのShopifyストア

 

16. Holstee

Holsteeのウェブサイトデザインで優れているのは、購入プロセスのどの段階にいる訪問者にも対応できるように設計されている点です。まず、ページ上部に「満ち足りた気持ちでマインドフルに人生という旅路を歩めるようにサポートします」というメッセージが表示されます。登録の意思が固まっているなら、メッセージ直下の[今すぐ登録]をクリックするだけです。決めかねている訪問者は、そのまま下方向にスクロールを続け、Holsteeの商品がどのような悩みに効くのかを確認したり、Holsteeが掲げるマニフェストを読んだり、メンバー特典やユーザーレビューをチェックしたり、Holsteeが取り上げられた記事を読んだりできます。

ページの至る所に[自分に合ったプランを見つける]などのさまざまなCTAが用意され、最後には[今すぐメンバーになる]というCTAが表示されます。私がこのウェブサイトで素晴らしいと思うのは、スクロールしていくにつれて説明が深まり、興味が高まっていく点です。Holsteeがホームページを完結したマーケティングコンテンツとして活用していることの表れといえるでしょう。

HolsteeのShopifyストア

 

17. Kylie Cosmetics

Instagramでのフォロワー数トップ10(英語)に名を連ねるカイリー・ジェンナーが立ち上げた化粧品ブランドは、Shopifyを利用したオンラインストアの中でも最大級の規模を誇っています。Kylie Cosmeticsのウェブサイトは元気なかわいらしさに満ちていて、バブルガムピンク色の背景がリップキットやグロスを引き立てています。

オーディエンスに向けて構成が練られており、一番有名なリップキットがホームページの最初に表示され、その下には売れ筋の商品が表示されます。実に多彩な商品が展開されているにもかかわらず、思ったよりも見て回りやすいと感じました。特に魅力的だったのは、この楽しくカラフルなレイアウトです。好みは分かれるかもしれませんが、Kylie Cosmeticsのターゲットオーディエンスへのアピール力は抜群だと思います。

Kylie CosmeticsのShopifyストア

さて、気に入ったデザインのオンラインストアはありましたか? 今回ご紹介したウェブサイトがECサイト構築のご参考になれば幸いです。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

ネット通販を成功に導くECサイト構築チェックシート

編集メモ:この記事は、2018年10月に投稿した内容を包括性の観点から加筆・訂正したものです。

 ネット通販を成功に導くECサイト構築チェックシート

元記事発行日: 2022年5月12日、最終更新日: 2022年5月12日

トピック::

shopify