4 min remaining

新規事業の検討やクライアントへの提案を行う際に統計データを引用したいという場面は多いのではないでしょうか。

そのような時に、Web上からデータを探し、Excelにデータを取り込んで整形・グラフ化して…という作業は手間も時間もかかってしまいます。

そんな方にぜひ一度使っていただきたいのが、2017年5月に総務省・統計局によって公開された「統計ダッシュボード」です。

ダウンロード: マーケティング活動を効率化する無料ダッシュボード

国や様々な民間企業が提供している統計データが分かりやすくグラフ化されています。

本稿では、統計ダッシュボードで「どのようなデータを見ることができるのか?」「どんなことができるのか?」を解説していきます。統計ダッシュボードに掲載されているデータは商用利用もできるため、クライアントへの提案資料にも使うことができます。

統計ダッシュボードとは?

統計ダッシュボードとは、国や民間企業等が提供している主要な統計データをグラフなどに加工して一覧表示してくれるツールです。複雑なデータや数字だけでは理解が難しいデータが視覚的に分かりやすく表示され、データ分析が苦手な人でも簡単に利用できる特徴があります。

統計ダッシュボードは過去のデータから直近のデータまで多くの統計データをグラフで表示することができます。統計データでは年や地域ごとにもデータが収集・まとめられているので、設定ひとつでデータの経年変化や地域別のデータ比較も可能です。

他にも、グラフ上で各項目の説明やグラフのデータソースの統計調査名を確認することができます。統計データのグラフにマウスポインタを合わせると各項目の説明がポップアップで表示されるため、グラフの意味を理解しやすいのも特徴です。

また、データソース(データの出典元となる調査名)を確認したい場合には、グラフ上に表示されるインフォメーションボタンをクリックすることでグラフを構成しているデータソースを確認できます。

統計ダッシュボード

また、収録されているデータは約5,000個を超えており、上図のようにカテゴライズされています。データの調査名や統計調査の実施機関が把握できない場合でも、調べたい情報の分野を選択することでデータを簡単に探すことができるのです。

統計ダッシュボードは誰でも気軽に統計を利用することができるだけでなく、収録されているデータをAPIとして利用できます。また、統計ダッシュボードは定期的に大量にデータを参照する際にも便利なため、幅広いシーンで利用することができます。

統計ダッシュボードの機能

統計ダッシュボードには大きく分けて2つの機能があります。

  • データをグラフで視覚的に確認可能
  • データのダウンロードが可能

それぞれの機能について詳しく解説します。

データをグラフで視覚的に確認可能

統計ダッシュボードでは1つのデータ系列について時系列・地域別のデータを保持しているので、以下の操作を簡単に切り替えることができます。

  • 1つの地域に関する「時系列」のグラフ 
  • 1つの時点に関する「地域別」のグラフ 

具体的な操作方法は後述しますが、他にもデータ周期 (月、四半期、年、年度)や地域階級 (各国、日本、都道府県、市区町村)の切り替え機能・アニメーション機能・ソート機能を備えていて、データ値を基に色分け地図の表示も可能です。

データのダウンロードが可能

統計ダッシュボードではデータをダウンロードすることもできます。画面上部にある「データを見る」から確認したいデータを検索して「ダウンロード」ボタンを押すと、CSV形式でデータのダウンロードが可能です。

インサイドセールスを効率化するセールスダッシュボード

統計ダッシュボードの4つのメリット

統計ダッシュボードのメリットとして、以下の4つが挙げられます。

  • さまざまな統計データが一箇所に集約
  • 誰でも簡単にデータの整形やグラフ化が可能
  • Excelを駆使しなくてもブラウザ上で統計ダッシュボードが操作可能
  • WebAPIが提供されているためアプリケーションに利用可能

それぞれのメリットの詳細について、確認してみましょう。

さまざまな統計データが一箇所に集約

総務省統計局が運営する統計ダッシュボードには、国内外のさまざまな統計データがまとめられています。国が調査した統計データはもちろん、一般企業が調査したデータも見ることができるため、ニッチな情報を調べることも可能です。

フリーワードでもデータを探せるため、統計ダッシュボードに不慣れな方でも利用しやすい設計になっています。

誰でも簡単にデータの整形やグラフ化が可能

統計ダッシュボードでは統計データをグラフ表示させられるだけではなく、特定のデータにフォーカスしてデータを整形したり、グラフ化したりできます。

データの整形やグラフ化の操作はワンクリックやドラッグなどの簡単な操作で行えるため、誰でも簡単に操作することができるでしょう。

Excelを駆使しなくてもブラウザ上で統計ダッシュボードが操作可能

統計ダッシュボードはインターネット上で公開されているツールです。シンプルで直感的に操作できる操作画面で実際の操作も難しくありません。数字が羅列しているわけではないため、Excelが苦手な方でも簡単に操作できます。

Excelでデータをアレンジしたい場合はデータをCSV形式でダウンロードできるため、オリジナルの資料作りも可能です。

WebAPIが提供されているためアプリケーションに利用可能

統計ダッシュボードではWebAPIが提供されていルため、アプリケーション上や他のシステム上でも利用することが可能です。

例えば、統計ダッシュボードのWebAPIを利用して特定のデータを自社メディア内でグラフで表示できます。そのため、自社メディアのコンテンツのクオリティや権威性を高めることができます。

統計ダッシュボードの使い方

統計ダッシュボードは各ページごとにグラフ表示やデータ検索など、さまざまなデータを閲覧できる機能を備えています。

ここからはページごとの特徴や機能の詳細を紹介していきます。

ホーム画面

統計ダッシュボード

統計ダッシュボードのホーム画面には、サービス産業の売上高、住宅着工数、国際収支、延べ宿泊者数といった利用頻度の高い主要なデータがグラフ化されて並んでいます。

それぞれのグラフをクリックすることで、より詳細なデータを確認することができます。

ホーム画面にないデータは画面右上の検索欄にフリーワードを入力することで検索することができます。また、画面上部の「グラフで見る」をクリックするとさらに詳細な内容でデータを検索することができるため、より詳細にデータを探したい場合には活用しましょう。

グラフで見る

統計ダッシュボード - グラフ画面

グラフをクリックすることで上図のようなグラフの表示画面へと移動します。グラフの表示画面では以下のような機能を利用することができます。

      1. データ範囲の切り替え
        データ周期、地域区分、原数値・季節数値の切り替えができます。
      2. 表示形式の切り替え
        特定の層や都道府県のデータを表示したい場合、データの数値、マップへの切り替えができます。
      3. 時系列/地域別の変更
        特定の時期や地域のデータにフォーカスしたい場合、時系列・地域別のグラフへ切り替えができます。
      4. データ内容の変更
        上図のグラフの「左の軸」「右の軸」をクリックすることで、グラフに表示するデータ内容を変更できます。
      5. データ範囲の変更
        上図の下部にあるグラフ範囲変更をドラッグすることで、グラフに表示するデータの範囲を変更できます。
      6. その他機能
        上図右上にある「その他機能」をクリックすると上記以外の機能を利用できます。グラフに数値や社会事象を表示したい場合や、データをダウンロードしたい場合には「その他機能」を使いましょう。

データで見る

統計ダッシュボード - データ検索画面

画面上部メニューの「データで見る」をクリックすることで、上図のデータ検索ページへ移動できます。

「データで見る」からは、分野や系列に加えて国や市区町村といった地域からデータを選択、絞り込むことができます。

「データで見る」の画面では、以下の3項目を設定してデータを検索できます。

  • 「系列」
  • 「地域」
  • 「時間」

3項目のそれぞれのデータ検索の使い方を紹介していきます。

系列選択の使い方

知りたいデータがどのようなジャンルであるかを把握している場合には「系列選択」から閲覧したい情報に応じて「分野(大分類)」「分野(小分類)」「系列名」を選択しましょう。

3項目を選択した後、矢印マークをクリックして「選択系列名」に選択した項目が表示されれば、データを表示する準備ができています。

地域選択の使い方

知りたいデータの地域別データが見たい時には「地域」を選択しましょう。

国外のデータが見たい場合には「国名」から該当する国を選択することで、見たい国のデータを表示させることができます。

国内のデータの場合は「都道府県」「市町村」を選択し、矢印マーク(↓)をクリックしましょう。「選択地域」に該当する地域が入れば、その地域のデータを表示する準備ができています。

時間選択の使い方

知りたいデータの時期や期間を指定したい時には「時間選択」を活用しましょう。

「データ周期」ではデータの調査頻度を指定できます。細かい情報やデータの動きを確認したい場合には「データ周期」を指定しましょう。

「時点」ではデータが公表された期間を指定できます。データの推移や一定期間にフォーカスしてデータを見たい場合には「時点」を指定しましょう。

原数値・季節調整値

「原数値・季節調整値」では、季節や一定期間に影響されているデータを原数値と季節調整値のどちらで表示するかを選択できます。

原数値とは「データを加工していない数値」のことで、季節調整値は「季節要因を取り除いた数値」のことです。

例えば、ヒーターや扇風機のような空調機などは季節によって販売台数が大きく変動します。そのような商品のデータを見る際には原数値と季節調整値を使い分けましょう。

まとめ

統計ダッシュボードでは、人口の推移や消費者物価指数、失業率推移などの指標からニッチなデータまでを50種類以上のグラフを使って確認することができます。

表示できるデータは集計期間や地域などを自分で自由に選ぶこともできるため、すべてのデータに対してグラフの切り替えをブラウザ上で直感的に行うことが可能です。

さらに、グラフの元データをCSVでダウンロードすることもできます。また、WebAPIが公開されているため、自社のウェブサイトに埋め込んだり、アプリケーションに利用することも可能です。

グラフや数値データ以外にも社会事象を同時表示することもできるため、数値が変化している要因を分析することもできます。

統計ダッシュボードの機能は全て無料で利用できるため、マーケティング担当者の方はぜひこの統計ダッシュボードを活用してみてください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

マーケティング活動を効率化するダッシュボード

元記事発行日: 2020年1月06日、最終更新日: 2020年6月24日