Instagramは、写真を共有するプラットフォームとして人々の創造性を刺激し、企業にとって強力な広告ツールになっています。しかし、だれもがいつも楽しく利用しているというわけではないようです。このソーシャルメディアを利用する若者は不安や憂鬱に悩まされる傾向が高いという報告書も発表されています。

Instagramには、休暇中の写真、スライムの動画、恋愛リアリティー番組の元出演者が宣伝するヘアスタイリング剤のイベント風景などが際限なく投稿されており、皆さんもFOMOと呼ばれる「話題の投稿を見逃してしまうのではないか」という不安に駆られているかもしれません。そんな毎日に疲れてしまったのなら、このガイドを参考にして、アカウントを一時的に停止するか、完全に削除しましょう。

以下の手順を進める前に、削除したアカウントは元に戻せないということに注意してください。アカウントを削除すると、プロフィールから写真、動画、コメント、「いいね!」の履歴、フォロワーまで、すべてがInstagramから完全に削除されます。

Instagramのアカウントを一時的に無効化し、しばらく利用を休止するには、以下の手順を実行します。アカウントを一時的に停止した場合は、Instagramに再ログインしてアカウントを有効化するまで、プロフィール、写真、動画、コメント、「いいね!」が表示されなくなります。

インスグラムを企業が活用するためのノウハウを開設した無料eBookのダウンロードはこちら

New Call-to-action

元記事発行日: 2018年11月11日、最終更新日: 2018年11月12日