Webサイトやランディングページの改善には様々な指標を見る必要がありますが、サイトトラフィックの確認は欠かせないでしょう。トラフィックデータを正しく活用するためには定点観測に向いているダッシュボードの活用がおすすめです。正しく分析できればUI・UXの見直しにも役立てられます。

→ダウンロード: WEBサイト トラフィック分析無料ダッシュボード

本稿ではトラフィックの種類と各トラフィックの増やし方、Google アナリティクスとそれ以外のサイトトラフィック分析ツールを3つ紹介します。サイト分析やツールの比較検討にお役立てください。

無料テンプレート

WEBサイト トラフィック分析ダッシュボード

〜可視化されたデータをもちいて最善のSEOとコンテンツ戦略を導き出しましょう〜

Webサイトのトラフィックとは?

Webサイトのトラフィックとは?

サイトトラフィックはWebサイトへの流入を計測する指標の総評です。トラフィックは、大きくはPV(Page View)、セッション、UU(Unique User)の3つに分類され、「このページはどれだけ見られたのか」「何人のユーザーがWebサイトを訪れたのか」など、目的ごとに各指標を参照します。

また、サイトトラフィックには検索エンジンやSNSなど様々な流入経路があります。どこから流入してきて、どのようなページを見ているのかをセットで確認すると、ユーザーの意図を理解しやすくなります。

それではまず、トラフィックの流入経路にはどのようなものがあるのかを紹介します。
 

サイトトラフィックの主な流入経路

アクセス解析ツールの「Google アナリティクス」で確認できる流入経路は、以下の通りです。

  • Organic Search
  • Social
  • Direct
  • Referral
  • Paid Search
  • Display
  • Other Advertising
  • affiliates
  • Email
  • Other

それぞれのトラフィックについて見ていきましょう。
 

Organic Search

Organic Searchは、GoogleやYahoo!などの検索エンジン経由で流入してきたトラフィックです。どのようなキーワードで流入してきたのかを調べたい場合はGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)を確認しましょう。
 

Social

SocialはFacebookやTwitterなどのSNSから流入してきたトラフィックです。Google アナリティクスの「集客」→「ソーシャル」から流入元のSNSが分かります。
 

Direct

直接URLを指定して流入したトラフィックなど、リンク元がないトラフィックです。例えば、ブックマークやURLの直接入力からの流入が該当します。
 

Referral

Referralは他のサイトに自社リンクが設置され、そこから流入したトラフィックです。Google アナリティクスの「参照サイト」から、どのページからのリファラルなのかを確認できます。
 

Paid Search

Paid Searchはリスティング広告から流入したトラフィックです。Google広告と連動させることでキャンペーンの成果をより詳細に分析できます。
 

Display

DisplayはGDN(Google Display Network)やYDN(Yahoo! Display Ad Network)などのディスプレイ広告から流入したトラフィックです。Paid Searchと同じくGoogle広告と連動させることでキャンペーンの成果の分析がより詳細に行えます。
 

Other Advertising

Paid Searchと同じく広告からの流入ですが、Google以外のYahoo!やLINEなどからの流入を指します。
 

affiliates

アフィリエイトからの流入のことです。パラメータを付与しているとaffiliatesに分類されます。
 

Email

メールからの流入で、メルマガからのアクセスなどが該当します。パラメータを設定するとEmailに分類されなくなります。
 

Other

上記の9個に当てはまらないその他のトラフィックです。
 

サイトトラフィックを増やすには?

サイトトラフィックを増やすには?

サイトトラフィックは流入経路別に増やす方法があるので、目的に合わせて種類別に施策を打つことが大切です。サイトトラフィックの中でも主要な4つの流入の増やし方を知っておきましょう。
 

Organic Searchを増やす方法

Organic Searchを増やすにはサイトのコンテンツを検索ユーザーに向けて最適化し、対策キーワードでの上昇をSEO対策を行いましょう。何かしらの課題をもつ意欲の高いユーザーにアプローチできるメリットがある反面、中長期的に取り組む必要があります。
 

Socialを増やす方法

Socialを増やすにはSNSでの拡散を狙う方法や、自社アカウントを育成し、フォロワーを拡大していく方法などがあります。また、UGC(ユーザー自ら企業に言及している投稿)を増やすための施策も有効でしょう。ちなみに、Googleアナリティクスでは、LINEからの流入がDirectに分類されます。LINEからの流入を計測するにはURLの末尾に「?utm_source=line&utm_medium=social」のパラメータを付与する必要があります。
 

Directを増やす方法

Directのほとんどは、ブックマークしたユーザーの流入と考えられます。ブックマークするほど定期的に訪問したいと思ってもらえるWebサイトになるよう、ターゲットの関心に沿ったコンテンツを、定期的に配信する必要があります。
 

Referralを増やす方法

Referralを増やすには、メディアやブログなどで紹介されやすいコンテンツを戦略的に作成する必要があります。自社で実施した調査データなど独自性の高いコンテンツを作成し、プレスリリースやSNSで発信してインプレッションを高め、紹介される確率を上げていくまでをセットで行うと良いでしょう。
 

サイトトラフィック分析に役立つGoogle アナリティクスの使い方

サイトトラフィック分析に役立つGoogle アナリティクスの使い方

Google アナリティクスはGoogleが無償で提供しているアクセス解析ツールです。サイト分析に関わるなら、ほぼ確実に利用したいツールです。無料の範囲内でも十分有用なアクセス解析ができる上、レポート機能も充実しています。計測したいサイトにGoogleアナリティクスのタグを埋め込めば計測できる状態になります。

サイトトラフィック分析に役立つGoogle アナリティクスの使い方2

サイトトラフィックは、Google アナリティクス管理画面から画面左のメニュー「集客」→「すべてのトラフィック」で確認できます。
 

サイトトラフィックを計測できるツール3選

サイトトラフィックを計測できるツール3選

サイトトラフィックを確認できるツールはGoogle アナリティクスだけではありません。
なかには他社のサイトトラフィックも確認できる独自解析ツールもあります。

ここからはおすすめのサイトトラフィック分析ツールを3つご紹介します。
 

SimilarWeb(シミラーウェブ)

SimilarWeb(シミラーウェブ)

SimilarWebはアクセス解析ツールの中でも、競合サイトの分析に長けたツールです。競合他社のトラフィックだけではなく広告クリエイティブも確認できるため、広告を運用しているならより役立つはずです。

類似しているWebサイトを検索して、キーワードから競合を逆引きすることも可能です。自社ホームページやメディアサイトの立ち上げ時の分析に役立てられるでしょう。

SimilarWebには無料版と有料版のSimilarWeb Proがあります。無料版も使用可能ですがデータの取得期間が1か月だったり表示されるデータに制限があったりします。
 

ahrefs(エイチレフス)

ahrefs(エイチレフス)

ahrefsはSEO対策のためのツールで世界最大級の被リンクのデータを保有しています。競合サイトの分析機能もあり、被リンク分析や検索結果上位のコンテンツや想定流入キーワード、SNSで話題になっているコンテンツの内容などを閲覧できます。

また、リアルタイムで被リンクをチェックしアラートで知らせてもらうことも可能です。サイト改善やメディア運用、広告運用にも使えるツールです。

登録ユーザーの数や機能によってプランごとに$99~999の金額の幅があるため、利用状況を確認してから導入することをおすすめします。
 

HubSpot WEBサイト トラフィック 分析ダッシュボード

HubSpot WEBサイト トラフィック 分析ダッシュボード

当社HubSpotも、無料で利用できるサイトトラフィック分析用のダッシュボードテンプレートを公開しています。こちらのテンプレートでは、検索パフォーマンスの分析や顧客エンゲージメントを計測できます。また、ページごとのPV数や平均滞在時間、離脱率も一覧表示されるので、全体把握しやすく、課題発見もしやすいでしょう。
 

サイトトラフィックの分析は、Web集客を強化する近道

サイトトラフィックはユーザーがどのサイトや広告から流入したかが分かる指標のひとつです。サイトへの流入経路が分かると広告費や配信している媒体を再検討するなど、Webサイトの設計を見直すことができます。

また、サイトへ流入後の滞在時間遷移したページなど、その後のユーザーの行動も追跡することでサイトの導線改善にも役立てられます。サイトの流入を増やそうとしていたり広告を配信していたりするなら、ぜひサイトトラフィック計測ツールを活用してみましょう。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

WEBサイト トラフィック分析ダッシュボード

 WEBサイト トラフィック分析ダッシュボード

元記事発行日: 2020年12月21日、最終更新日: 2020年12月21日

トピック::

ダッシュボード