各広告データやアクセス解析データなど、Webサイトの成果を計測するためにさまざまな情報を統合して分析したいと思ったとき、みなさんはどのように実施されていますか。

→ダウンロード: Google データポータル基礎無料ガイド

各所からデータを手動で取得してGoogle スプレッドシート上で分析するという方もいらっしゃるでしょう。その結果、管理が煩雑になったり、更新作業に時間を取られたりしていませんか?

分析にかかる時間が大幅に削減できるうえ、自動で見やすいグラフが形成される無料のツールがあれば導入してみたいと思いませんか。Google の無料ツール「Google データポータル」がまさしくそれらの条件を揃えているのです。

本稿では、「Google データポータル」の基本機能や使い方をご紹介します。

Google データポータル基礎ガイド

Google データポータルとは?

Google データポータルとは?Google データポータルは、無料で利用できるBI(ビジネスインテリジェンス)ツールです。利用にはGoogle アカウントが必要です。

BIツールについては以下の記事でも詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

Google データポータルではGoogle アナリティクスやGoogle 広告など様々なデータを取り込み、表やグラフなどで可視化できるので、施策を推進するにあたり、必要な情報をわかりやすくまとめることができます。

グラフィックテンプレートが豊富で見やすく、操作が直感的なので、初めての方でも使いやすいでしょう。共有機能も充実しており、リアルタイムで共同編集できるのも大きな特徴です。

初回のダッシュボード設定時はプログラミング不要でデータを取得できるため、スピーディーに導入できます。

ちなみに、Google データポータルはもともとGoogle Data Studioと呼ばれていましたが、Google データポータルへと名称変更しています。

ダッシュボード機能については以下の記事でも詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。。

また、他のダッシュボードツールと比較したい場合は以下の記事が参考にできます。

Google データポータルの機能

Google データポータルの主要な機能は以下の3つです。

  • データの可視化
  • あらゆるデータを有効活用
  • レポートの共有

各機能の詳細を確認してみましょう。
 

データの可視化

Google データポータルを使うとざまざまなデータがグラフや表に自動的に変換され、可視化できます。

Google アナリティクスやGoogle 広告は非常に多くの機能が実装されているため、使いこなすためにはある程度の知識が必要です。自分が見たいデータをすぐに見つけることも簡単ではありません。

見たいデータをあらかじめ決めておき、Google データポータル上で可視化することで、Google アナリティクスやGoogle 広告の管理画面を触る必要がなくなります。

レポートには、例えば以下のような項目を配置できます。

  • 折れ線グラフ
  • 棒グラフ
  • 複合グラフ
  • 円グラフ
  • 地図
  • スコアカード
  • 散布図
  • プレットグラフ
  • 面グラフ
  • ピボットテーブル
  • テキスト
  • 画像
  • 長方形
  • 円形
  • 期間
  • フィルタオプション

このように、あらゆるアウトプット形式に対応しています。自分の見たい項目をわかりやすいかたちで可視化できるわけです。全ての項目に比較関数が実装されており、期間別の比較データ(前月比、昨対比など)も簡単に抽出できます。
 

あらゆるデータを有効活用

Google データポータルでは、Google アナリティクスやGoogle 広告などGoogle が提供する各種ツールから簡単にデータを取り込めます。

一度Google データポータルと連携しておけば、データの取得や更新、レポートの出力は自動化できるため、管理の手間を省けます。

Google データポータルに各種ツールのデータを取り込むためには、データポータル内で提供されているコネクタを使用します。コネクタを使用することで、Google アナリティクスなどのGoogle サービスはもちろん、MySQLなどのデータベース、FacebookやInstagramなどのSNSデータとの連携も可能になります。

Google が標準で提供しているコネクタは、2021年11月現在で20あります。主なものは以下のとおりです。

  • Google アナリティクス
  • Google 広告
  • Google Cloud Storage
  • Google アドマネージャー
  • Search Console
  • YouTubeアナリティクス
  • Microsoft SQL Server
  • My SQL
  • キャンペーンマネージャー
  • ファイルのアップロード(CSVファイル)

この他にもサードパーティが作成した膨大なコネクタがあり、2021年11月現在で483あります。FacebookやInstagram、Adobe、Amazon、HubSpotなどのデータを連携できます。

外部ツールからのデータを取り込みたい場合は、Google スプレッドシートの連携が可能です。そのため、連携されていないツールであってもGoogle スプレッドシート上にデータをまとめたり、直接データをアップロードすることで利用可能となります。
 

レポートの共有

Google データポータルによって出力されるレポートは全てGoogle ドライブ上に保存されます。そのため、Google スプレッドシートなどと同様に簡単に他のユーザーへ共有できます。

また、編集、閲覧権限をユーザーごとに分けることも可能です。Google ドライブ上で共有、編集などのやり取りを完結できるため、メールやSlackなどのチャットツールを介する必要はありません。
 

複数のデータ統合

複数のスプレッドシートでバラバラに管理しているデータがあった場合、Google データポータルでは簡単にデータ統合を行うことが可能です。例えば、商品ごとの売上データが複数のスプレッドシートにまたがっている場合、まずはその両方をGoogle データポータルに取り込みます。次に、統合したいデータに共通する日付などの「統合キー」を選択すれば、データ統合が完了します。
 

Google データポータルを利用する5つのメリット

Google データポータルを利用する5つのメリットGoogle データポータルを利用するメリットをまとめると、大きくは以下の5つになるでしょう。

  1.  無料で利用できる
  2.  Google アカウントがあればすぐに使える
  3.  編集、閲覧、共有作業を完結できる
  4.  レポーティングの工数を削減できる
  5.  テンプレートが豊富

それぞれのメリットを確認してみましょう。
 

1. 無料で利用できる

データを可視化し意思決定を行うBIツール(ビジネスインテリジェンスツール)はほとんどが有料ですが、Google データポータルはすべての機能を無料で利用できます。
 

2. Google アカウントがあればすぐに使える

Google データポータルを利用するには、Google アカウントの登録が必須です。編集権限や閲覧権限の付与、共有などはGoogle アカウント単位で行います。
 

3. 編集、閲覧、共有作業を完結できる

Google データポータルを使えば、データの取り込みからダッシュボードの作成、レポートの共有までを一元化できます。データ編集や共有を行うためにわざわざ別のツールを使う必要はなく、リンクを共有するだけで関係者に周知できます。

リンクの共有以外にも、Google データポータルでは多くの共有方法が用意されています。例えば、PDFでダウンロードして社内資料やクライアントへの報告資料にしたり、SNSやWebサイトへ貼り付けたりできます。メールの自動送信機能を使えば、前日の実績を毎朝チームメンバーへ共有するといった使い方もできます。
 

4. レポーティングの工数を削減できる

広告の配信レポートや会社の営業利益の集計など、数字を集計してレポーティングするのに時間がかかってしまう方は少なくないかもしれません。Google データポータルではデータが自動でレポートに反映されるため、データの抽出やレポートの体裁を整えたりする手間が省けます。レポーティングにかかる作業が減ることで、データ分析により多くの時間を割けるようになります。

また、一度レポートのテンプレートを作成すれば、最新のデータが自動で更新されていきます。そのため、週次レポートや月間報告などのデータの作成工数を大幅に削減できます。
 

5. テンプレートが豊富

Google データポータルでは、無料で利用できる豊富なテンプレートが用意されています。そのため、表やグラフを作成する際にデザインに時間をかける必要がなく、見やすくレポートの性質に合ったデザインを素早く選択することが可能です。
 

Google データポータルの操作方法

Google データポータルの操作方法について見ていきましょう。今回はデータを取り込んでレポートを作成し、共有するところまでを行ってみます。

Google データポータルの操作方法

まずはGoogle データポータルにログインし、管理画面左上の[+作成]ボタンをクリックし、レポートを選択します。

Google データポータルの操作方法_2

続いて、画面右下のデータソースからレポートに使いたいデータソースを選択します。今回は、Google アナリティクスを新しいデータソースとして利用するため、[新しいデータソースを作成]をクリックします。

Google データポータルの操作方法_3

画面上にデータ連携可能なツールが表示されるので、左上のGoogle アナリティクスをクリックし、[レポートに追加]をクリックします。

Google データポータルの操作方法_4

これでGoogle アナリティクスのデータをGoogle データポータル上で使うための準備が整いました。

まずは、日別のページビュー数のグラフを作成してみましょう。

Google データポータルの操作方法_5画面右のディメンションで日付を選択して、指標をページビューに設定します。

Google データポータルの操作方法_6グラフを追加をクリックして、時系列グラフをクリックしてみましょう。

Google データポータルの操作方法_7

レポート上に日別PVのグラフが表示されます。レポートの作成が完了したら、画面右上の[共有]ボタンからレポートの共有を行うことができます。
 

知っていると便利な3つの使い方

ここでは、Google データポータルのさらに便利な使い方についてご紹介します。
 

レポートのメールでの自動送信機能

上記でもご紹介しましたが、Google データポータルのレポートはメールで自動送信することができます。送信したいメールアドレスを追加し、配信開始日や送信時間、送信頻度を設定するだけなので、簡単です。

メールの自動送信では、メール内に最大5ページのレポートのキャプチャを添付できます。残りはPDFにて閲覧できます。
 

テンプレートを使ってアクセス解析レポートを作成する

上述したように、Google データポータルでアクセス解析レポートを作成する際はさまざまなテンプレートを利用できます。

ここでは、Google が公式提供している3つのテンプレートをご紹介します。各テンプレートは、画面右上の詳細マークから「コピーを作成」を選択し、参照したいデータを追加することで適用できます。
 

Google Analytics Audience Overview

Google Analytics Audience Overview

Google アナリティクスから、アクセス数などユーザー関連のデータをわかりやすくまとめてくれるテンプレートです。PVやセッション数、新規ユーザー数などが表示される他、地域やデバイスごとのアクセス数、そのグラフなどを閲覧できます。
 

Google Analytics Acquisition Overview

Google Analytics Acquisition OverviewGoogle アナリティクスから、集客関連のデータをわかりやすくまとめてくれるテンプレートです。どこからアクセスがあったのか、アクセス元ごとのユーザーの行動はどうか、コンバージョンしたかどうかなどのデータを閲覧できます。
 

Google Analytics Behavior Overview

Google Analytics Behavior Overview

Google アナリティクスから、ユーザーの行動データをわかりやすくまとめてくれるテンプレートです。PVとユニークユーザー数の比較や直帰率、アクセスの多かったページなどのデータを閲覧できます。
 

レポートの期間を設定する

Google データポータルでは、レポートに反映されるデータの期間を自由に設定し、いつでもデフォルトで表示するようにできます。

「期間設定」のツールを追加し、前月、過去30日などの項目を選択すれば、設定は完了です。その後「期間設定」のツールを「レポートレベルに変更」にすれば、ページをまたいでも同じ期間のデータが表示されるようになります。
 

Google データポータルを利用する際の注意点

Google データポータルでは、以下の注意点に留意した上で利用するようにしましょう。
 

1ページあたりに設定できるグラフ上限数は50

Google データポータルでは自由にグラフを配置できますが、1ページ内に設定できるグラフの上限は50となっています。これ以上は追加できないため、別ページに設定する必要があります。

なお、ダッシュボードの見やすさを考えると、50ものグラフは多すぎるかもしれません。もし上限に達してしまったら、見え方を見直してみましょう。
 

動作が遅くなることがある

Google データポータルでは、データを多く取り込んでいくほどに読み込みにかかる時間も長くなるため、動作が遅くなる可能性があります。その場合は、データの更新頻度を調整したり、データ抽出の機能を使ったりすることで改善できる可能性があります。
 

「目的」を明確にしないと抽出すべきデータがわからなくなる

Google データポータルにはあらゆるデータをあらゆる形式で取り込めます。一方、色々できるからといって手当たり次第データを取り込んでしまうと、どのデータを誰が見ればいいのかわかりづらくなり、本末転倒です。

  • 誰が扱うのか、誰に共有するものなのか
  • データを通して何を知りたいのか

最低限、この2点は利用前に決めておきましょう。細かな運用ルールは使いながら決めていくのがベターです。
 

まとめ

まとめGoogle データポータルは、データ分析業務を効率化できる非常に優れたBIツールです。利用するにあたり特別なスキルは不要なため、データ連携さえ行えばすぐに使い始められます。

また、データの取得や更新はリアルタイムで行われ、定期的なレポートの作成も自動で行えるため、レポーティング業務にかかる時間を大幅に短縮できます。

まずはGoogle アナリティクスやGoogle 広告など、よく利用するツールと連携してみましょう。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

Google データポータル基礎ガイド

 Google データポータル基礎ガイド

元記事発行日: 2020年4月02日、最終更新日: 2021年12月02日

トピック::

ダッシュボード