4 min remaining

Facebookのニュースフィードには、以前から動画コンテンツの投稿が可能でしたが、少し前にFacebook Liveと呼ばれるライブ動画のストリーミングサービスが開始され、ユーザーは自分のモバイルデバイスからFacebookのニュースフィードに、ライブ動画を直接配信できるようになりました。

ダウンロード: Facebookライブ活用法無料ガイド

このFacebook Liveの登場に大喜びしたのがマーケターです。なぜなら、企業のストーリを伝え、ファンやフォロワーと本当の意味で近い関係になるために、ライブ動画はこれ以上ないパワーを発揮するからです。

ですが、ライブ動画というシンプルな機能でありながら、Facebook Liveをマーケティングに最大限活用するには、理解しておくべきヒントやコツがいくつも存在します。今回は、ライブ動画のパフォーマンスを大きく左右するトリックについて、すなわち、多くの人にライブ動画を見てもらい、エンゲージメントを高めてもらうために必要なヒントやコツについて詳しくご紹介します。

この記事ではFacebook Liveを配信する方法と、ライブ動画のパフォーマンスを分析する方法、および、Facebook Liveを最大限に使いこなすための重要なヒントやコツについて説明します。

Facebookライブ機能の使い方

少し前まで、ライブ動画はiOSやAndroidのモバイルデバイス以外では配信できませんでしたが、最近になって、Facebookページ用のライブ動画配信ツールを使用すれば、ユーザーは動画ソフトやハードウェアの制限なく、プロが作成するようなライブ動画コンテンツを配信できると発表されました

ですが、これについてはまた別の記事で解説することとし、今回はモバイルデバイスからライブ動画を配信することについて取り上げたいと思います。

また、こちらではFacebookを使ったマーケティング方法を詳しく解説しています。Facebookライブ機能の活用方法も具体的に解説しているので、ぜひご参考ください。

無料ebook

見込み客を急増!Facebook活用方法・無料完全ガイド【全53ページ】

〜ファンの集め方から、Facebook Liveの使い方まで〜


それでは始めましょう。モバイルデバイスでFacebookアプリを起動してください。

手順1: 自分のFacebookプロフィールに移動し、「投稿」をタップしてステータスバーを開く

手順2: 「ライブ動画」のアイコンをタップする

2.jpg

手順3: Facebookにカメラやマイクへのアクセスを許可するようメッセージが表示されるので「OK」をタップする

このメッセージは2回目以降は表示されません。

手順4: 次のページで動画の配信設定をする

手順5: プライバシー設定を選択する

企業として投稿するのであれば、プライバシー設定で「公開」を選ぶと思いますが、Facebook Liveを初めて使用する場合や、まずテストを行ってどのように表示されるか確認したい場合は、「自分のみ」を選択してください。「自分のみ」が表示されない場合は「その他」をタップし、一番下までスクロールして見つけてください。

4.jpg 

手順6: 「ライブ動画の内容を入力...」に興味を惹くような説明を書く

一般的な投稿と同じように、ライブ動画に説明を書くと、「今なにしてる?」に入力した近況アップデートのように、コンタクトのニュースフィードに説明が表示されます。多くの人に注目してもらえるように、動画の内容をわかりやすく表す説明を作成してください。5.jpg

Image Credit: Facebook 

手順7: カメラのビューを設定する

「ライブ配信を開始」をタップする前に、動画をチェックしてカメラの向きを確認してください。撮影した動画が、セットアップ画面の背景として表示されます。カメラのビューをセルフィーに(あるいはその逆に)切り替えたい場合は、画面の右上隅にある回転する矢印のアイコンをタップしてください。

5-327787-edited.jpg

注意: 動画は正方形で表示されますので、モバイルデバイスを縦に持っても横に持っても映像は変わりません。

手順8: 「ライブ配信を開始」をタップして配信を開始する

「ライブ配信を開始」をタップすると、「3、2、1...」とカウントダウンが始まり、そして動画が配信されます。ストリーミングを開始するとすぐ、ライブ動画がニュースフィードに表示されます。プライバシー設定に「自分のみ」を選んでいなければ、他の投稿と同じようにコンタクトのニュースフィードにも表示されます。現状では、Facebookは通常の動画よりもライブ動画の方を優先的に表示します

6.jpg

おっと....指が入ってしまっていますね....。

3、2、1とカウントされてすぐに配信がスタートします。実際に配信する際はカメラの位置なのに気をつけてくださいね。

動画は最長で90分間配信できます。配信時間が長いほど、より多くの人がその動画を自分のニュースフィードで見つけやすくなります。
 

手順9: 視聴者や、コメントを書いた人と対話する

視聴者のエンゲージメントを保つために(また、より多くの人のニュースフィードに表示されるように)、ライブ動画との対話を促してください。また、動画のなかで直接視聴者と会話することや、誰かほかの人が別の場所でログインし、コメントに対してデスクトップコンピュータから応答してもらうことも可能です。

動画の配信中には、経過時間と視聴者の数が画面の左上に表示され、視聴者からのコメントがフィードの下にライブ表示されます。コメントはTwitterのように新しい順に並べられますので、先に投稿されたコメントほど下の方に表示されます。

こちらはライフネット生命さんがFacebookライブを用いて動画配信をされた時の様子です。

ライフネット生命Facebookライブの様子

Image Credit: Facebook Newsroom 

注意: ライブ配信中に特定の視聴者のコメントをブロックするには、その視聴者のプロフィール写真をタップし、「ブロック」をタップします。視聴者のブロックは、後で解除することもできます

手順10: 「完了」をタップして配信を終了する

ライブ配信を終了すると、その動画はタイムラインやページに通常の動画の投稿のように表示されます。
 

手順11: 動画をカメラロールに保存する

配信を終了したら、下のスクリーンショットのような画面が表示されます。動画をカメラロールに保存するオプションを選ぶと、万が一データを失った場合にもバックアップを使用できます。

7.jpg

手順12: 以上で終わりです

お疲れさまでした。投稿した後でも、タイムラインやFacebookページに移動して、他の投稿と同じようにいつでも説明を変更したり、プライバシー設定を変えたり、動画を削除したりできます。

Facebookライブ活用ガイド

ライブ動画のパフォーマンスを分析する方法

Facebook Liveの動画でパフォーマンス分析に使用できる指標は、Facebookの通常の動画の指標とあまり変わりませんが、いくつか便利なものが追加されています。

  • 録画済みの動画の場合: 再生時間、ユニークビューワー、動画再生数、10秒以上の再生数、平均完了率(%)でパフォーマンスを分析できます。
  • Facebook Live動画の場合: 上記の指標のほか、ライブ視聴者のピーク、リーチした人の数、リアクション、コメント、シェアの数でパフォーマンスを分析できます。

これらの指標を分析に使用できるのに加えて、それぞれの指標をクリックすると、動画のライブ配信中にその指標が時間の経過とともにどう変化したかを見ることができます。たとえば、「ライブ視聴者のピーク」をクリックすると、動画の視聴者数の増減が表示されます

どの指標も、このスクリーンショットのように時系列のグラフで表示することができます。

ビジネスページでこれらの指標を表示する方法

手順1: ページに移動して「インサイト」タブをクリックします。

insights-tab.png


手順2: 画面の左端にあるメニューから「動画」をクリックします。


手順3: 下の方へスクロールし、「動画ライブラリ」をクリックしてすべての動画を表示します。分析データは新しいウィンドウに表示されます。

Facebook Liveで録画された動画には、「動画ライブラリ」ウィンドウで、下のスクリーンショットのように、人のシルエットの形をしたアイコンが表示されます。

facebook-video-library.png


手順4: 分析データを表示したい動画をクリックします。

ウィンドウが開いて指標が表示されます。どの指標をクリックしても、ライブ動画の配信中に数値がどう変化したかを、時系列に表示することができます。

操作方法については以上です。次からはヒントとコツについてご説明します。

Facebook Liveを最大限に使いこなすための11のヒントとコツ

Facebook Liveの動画を最大限に利用するためのヒントやコツはいくつも存在しますが、それらを説明する前に、Refinery29による素晴らしいFacebook Live動画の例をご覧ください。これは「Chasing Daylight」という5回シリーズで作成されたライブ動画の第1回目で、世界中の5つの都市に住む女性たちが夜を楽しむ様子をライブで配信したものです。ここからは、この動画をたびたび例に挙げながら説明していきます。

職場で閲覧するには不適切なシーンも含まれますのでご注意ください。


1)プライバシー設定に「自分のみ」を選択してライブ動画をテストする

動画を誰にも公開せずにライブ配信を試してみたい場合は、(他のFacebook投稿と同じように)動画が自分だけに再生されるように、プライバシー設定を変更してください。

プライバシー設定を「自分のみ」に変更するには、前述した1)から5)の手順に従ってください。


2)ライブ動画の前後に、他のFacebook投稿を続けない

HubSpotのソーシャルメディアマネージャであるChelsea Hunersenによると、Facebookではライブ動画が通常の動画やその他の投稿よりも優先して表示されるため、Facebook Liveの動画を投稿する場合は、その前後に他のコンテンツを続けて投稿するべきではないとして、次のようにアドバイスしています。

「Facebookでライブ動画を投稿するのなら、少なくとも前後2時間は他の投稿を控えてください。そうしないと、Facebook Live動画によるトラフィックのカニバリゼーション(共食い)が起こります。」


3)何度も繰り返し自己紹介する

ライブ動画を開始してすぐ、少し時間を取って自己紹介をし、何の動画を配信しているかを説明してください。ただし、ライブストリーミングを始めた直後は、まだ誰も視聴していないかもしれませんし、数分後でも数えるくらいしか視聴者がいない可能性もあります。ニュースフィードで動画を見つけて参加してくれる人が、次第に増えていくと思われますので、2回、3回、あるいは4回でも繰り返し自己紹介して視聴者に説明してください。

たとえば、先ほどのRefinery29の動画では、ホストであるLucie Finkが、開始後数分間で3回、その後も繰り返し何度も自己紹介をしています。

開始直後:

Facebook Liveでこんばんは。Lucie Finkです。まだ誰も見ていないかもしれないので、このまま1分ほど待ちたいと思います。"

1分後:

309人の皆さんこんばんは。Refinery29のLucie Finkです。Refinery29による新しいグローバルイニシアチブ、Chasing Daylightの第1回目が今まさに始まったところです。"

数分後:

皆さんまだご存知ないかもしれないので説明します。私はRefinery 29のLucie Finkです。今日から始まったこのシリーズでは、世界中のさまざまな都市に暮らす女性の日常を皆さんにお届します。"

15分後:

視聴者の数が3,500人になりました。何の動画だかまだご存知ない方のために、最初から説明します。私はRefinery29のLucie Finkです。別の動画で私を見かけたという方にも、そうでない方にも、はじめまして。RefineryがFacebook Liveでお届けする新しいビデオシリーズ、Chasing Daylightが今日から始まりました。今週金曜日まで毎日配信します。"

25分後:

ここがChasing Daylightの本当に面白いところだと思うのですが、私がなぜ自分の家のトイレに座っているのか、参加したばかりでよくわからないという方のために説明します。私はLucie Finkです。今日から始まったRefinery29の新しいFacebook Live動画シリーズ、Chasing Daylightの第1回目を、ニューヨークからお届けしています。"

4)見た目に面白い動画にする

Facebookの動画はニュースフィードですべて自動再生されますが、音声はミュートになっていて、視聴者が自分で再生しなければ音が鳴りません。そのため、映像を目にしただけで興味を惹く動画にする必要があります。配信を開始した直後だけでなく、(動画を途中から見つけて参加する人のためにも)最初から最後まで興味深い映像にしてください。

見た目にも興味深い映像であれば、多くの人が動画から離れずに見続けてくれます。そのためには、カメラを同じ場所に置くのではなく、(LucieがRefinery29の動画でとても上手にやっていたように)動かし続けることが大切です。

この方法でより多くの視聴者を獲得できるだけでなく、多くの人にニュースフィードで動画が表示されやすくなります。その理由は、Facebookが動画に対して新しいエンゲージメント信号のモニタリングを始めたからです(参照記事はこちら:Facebook In Now Taking A Closer Look At The Videos You Watch)。

つまりオーディオをオンにしたり、動画を全画面に切り替えたり、高解像度で表示したりすると、視聴者がその動画を楽しんでいると見なされます。その結果、Facebookアルゴリズムが、このような信号を発する動画を、ニュースフィードで他の投稿よりも多く表示するようになるのです。


5)成り行きにまかせる

このライブ動画がこんなにも面白いのはなぜでしょうか。それは、あらかじめ展開を決めておくのではなく、成り行きにまかせて作られているからです。

「視聴者は筋書きのないドラマが大好きです。」とHunersenは言います。「何が起きるかわからない、ライブな瞬間を見ていることにわくわくするのです。これはまったく新しいリアリティ番組です。」

Refinery29のライブ動画が特に素晴らしいのは、Lucieとその友人たちがこのライブ感満載の演出を実に上手く活かしているところです。たとえば、Lucieが「Hamilton」というブロードウェイのショーを友人に再現するようお願いするシーンがあります。そのような無茶ぶりに応えている様子がおかしくてたまりません。全員で大笑いしているのを見ると、自分も友人たちとこのように楽しい夜を過ごしたことを思い出します。「私たち会社でもこんな感じよね」と、Lucieも笑いながら話しています。

動画の後半では、視聴者がコメントで、Lucieと友人たちにジョークを言うよう頼みます。慌てて「無理よ!」と言いますが、そのすぐ後にLucieがこう言います「ジョークの得意な人がいるわ。Debお願い」。

Dab: 「Dating in New York.」

一瞬だけ静かになり、そのあと全員で大爆笑です。

このような瞬間の積み重ねが、ライブ動画を特別なものにしているのです。台本があり、編集して録画されたビデオとはまったく別物です。ライブ動画を利用して冗談を言い合えば、必ず面白いものになります。


6)視聴者に動画の「いいね!」やシェアを促す

Facebookのアルゴリズムは、主に投稿を「いいね!」またはシェアした人の数に基づいて、投稿の優先度を決定しています。つまり、ライブ動画を「いいね!」またはシェアした人が多いほど、より多くの人のニュースフィードにその動画が表示されます。

ですが、動画を見ている人は、テキストや写真の投稿を見ている人よりも、「いいね!」やシェアをしようとしない傾向があります。このことはFacebookでも確認済みです。そのため、Facebookでは音量を上げたなど、他の信号に基づいて動画へのエンゲージメントをモニタリングするようになっています(参照記事はこちら:Facebook In Now Taking A Closer Look At The Videos You Watch

Refinery29の動画で、Lucieは視聴者に動画への「いいえ!」やシェアを、事あるごとに何度もお願いしています。以下はその例です。

  • この動画を気に入った方は、今すぐシェアしてくさい。そうすれば、今日始まったばかりの、Refinery29の新シリーズに参加できます。
  • この動画をシェアすると、投稿の履歴に名前が残ります。こんなに楽しいことはありません。
  • Hamiltonを気に入った方は「いいね!」をどうぞ。
  • 「いいね!」してくれた皆さん、どうもありがとう。あまりにもたくさん「いいね!」をもらうので、画面が青一色になってしまいました。
  • この投稿を、あなたの強くてパワフルな最高の女友達とシェアしてください。

私は最後の1つが一番好きです。特に「最高の女友達に」と指定してシェアをお願いしているところが良いと思います。これを見て、「確かに、私の友達のStacyもこんな感じの女性だ」と思って、動画をシェアする視聴者もいるかもしれません。


7)コメントした人にエンゲージしたり、名前で呼んだりする

ライブ動画へのコメントの数を増やすことでも、Facebookでは関連性が高いと評価されるため、ニュースフィードでより多くの人に動画を表示させることができます。視聴者にコメントをお願いし、質問に答えたり名前で読んだりすることで、コメントしてくれた人にエンゲージしましょう。そうすれば、より多くの人がコメントしてくれるだけでなく、ライブ動画に出演するという楽しさも味わえるため、ライブ動画を離れる人が減ります。

「視聴者はライブ配信で自分の名前が呼ばれたり、質問に答えてもらったりすると興奮します。」と、Hunersenは言います。

Refinery29の動画で、Lucieは常に視聴者やコメントした人に語りかけています。たとえばあるシーンでは、「皆さんにお会いできて本当に嬉しいです。ニューヨークで暮らしている人に質問があれば何でも教えてください。」と質問を促し、それに対するコメントをいくつか読み上げて、質問者の名前を呼びながら応えています。

また別のシーンでは、外出する際に着る服装について話し始めます。友人の一人が携帯電話を持ち、「皆さん、Lucieの選んだ洋服がステキだと思ったらコメントをお願いします。」と視聴者に伝えます。Lucieがクローゼットからシャツとスカートを取り出して見せると、友人は視聴者からのコメントを読み上げ、Lucieが質問に答えます。そしてこのシーンの最後に、Lucieが視聴者からのコメントを参考にして洋服を選びます。


8)誰か他の人にデスクトップでコメントをチェックしてもらい、応答してもらう

Facebook Liveの動画を配信する際、一人でカメラを持って撮影していると、モバイルデバイスの画面に表示されるコメントを自分で確認するのはほぼ不可能です。コメントをいくつも続けて受け取る場合、画面の遙か下の方へコメントがすぐに隠れてしまいます。そもそも、動画を撮影するのと視聴者を喜ばせることに精いっぱいで、コメントどころではないはずです。

ですから、もう一人誰かがメインのアカウントでログインし、デスクトップコンピュータでコメントをチェックする必要があると思います。そうすれば、その人がコメントに応じているあいだ、動画の撮影者は視聴者を喜ばせることに集中できます。

 

9)視聴者にライブ動画の通知の購読をお願いする

「いいね!」やシェアやコメントをお願いするほかに、ライブ動画の通知の購読も視聴者にお願いしましょう。必要な操作は、ライブ動画の投稿画面の右上隅にある小さな下向き矢印をクリックし、「通知をオンにする」を選択するだけです。

また、Facebookのビジネスページに「いいね!」をお願いするのも良いと思います。そうすれば、次回のライブ配信に気付いてもらえる可能性が高くなります。LucieもRefinery29の動画のなかで、ビジネスページへの「いいね!」をお願いしています。


10)少なくとも10分は配信する

ライブ動画の録画を開始するとすぐ、徐々にではありますが確実に多くの人のニュースフィードに表示されていきます。配信を長く続けるほど、そして「いいね!」やコメントやシェアの数が増えるほど、より多くの人が動画を目にして友達とシェアしてくれる可能性が高くなります。

ライブ動画のエンゲージメント向上には、タイミングが非常に重要になりますので、少なくとも10分は配信を続けるようにしましょう。ただし、1回の投稿でライブ配信可能な長さは90分間までです。


11)終了の前に挨拶をする

ライブ動画の配信を終了する前には、「見てくれてありがとう」や「また会いましょう」など、感謝の気持ちを込めて挨拶をしてください。

Refinery29のLucieは、動画の最後に視聴者にいくつかお願いをして、以下のようにエンゲージメントを促しています。

Lucie:

さて。間もなくサインオフの時間です。Chasing Daylightの第1回、信じられないほど楽しい夜になりましたね。お友達にも忘れないうちにシェアして、明日以降も必ずご参加ください。ニューヨークで皆さんとお会いできて本当に嬉しかったです。それでは皆さん、ニューヨークからお休みなさい。"


12)後で購読できるようにリンクを追加する

ライブ動画の配信を終了した後でも、投稿の説明を書き変えたり、プライバシー設定を変更したり、動画を削除したり、といったことが通常の投稿と同じようにいつでも可能です。

このとき、投稿の説明にトラッキング可能なリンクを追加しておくと良いと思います。そうすれば、次回の配信で視聴者が、ライブ動画シリーズの特設ページや、その動画をプロモーションに使用している何らかのキャンペーンサイトや、あるいはその他のページに移動するのに役立ちます。

すると、説明を書き変えることができます。

いかがでしたか。このガイドが皆さんのお役に立てれば嬉しく思います。Facebook Liveプラットフォームは、この先も進化を続けるでしょう。そして、企業や個人ユーザーが、Facebook Liveの動画を利用して、ファンやフォロワーと、あるいは友達、家族、コミュニティと、どのようにして深く関わっていくのか、見届けるのが楽しみでなりません。

Facebook Liveを使用する際のヒントについて、他に何かご存知でしたらコメント欄でお聞かせください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

顧客を増やすためのFacebook活用ガイド
編集メモ:この記事は、2016年5月に投稿した内容に加筆・訂正したものです。Lindsay Kolowichによる元の記事はこちらからご覧いただけます。

 Facebookライブ活用ガイド

元記事発行日: 2017年1月29日、最終更新日: 2020年6月29日

トピック::

Facebook マーケティング