Facebook広告を利用していると、より厳密に効果測定したいと感じることがあるのではないでしょうか。例えば、Facebook内のリンクから別のWebサイトに遷移した後、そのユーザーがコンバージョンしたかどうかはfacebook広告側では把握できません。

そこで、Webサイトに「Facebookピクセル」を設定すると、Facebook側でも把握することが可能になります。

他にも、Facebook広告の成果を向上させるための様々な機能があるため、継続的な改善を行うなら確実に利用しておきたいところです。今回は、facebookピクセルの基本機能や設定方法、利用する際の注意点をご紹介します。

ダウンロード: Facebook広告完全無料ガイド

Facebookピクセルとは?

Facebookピクセルとは、広告効果の計測精度向上やFacebook広告の配信システム最適化を実現するツールです。Facebook以外のWebサイトに、Facebookピクセルを埋め込んでFacebook外のユーザーデータを取得することで、様々な施策に応用できます。
 

Facebookピクセルを使うと何ができる?

もう少し具体的に、何ができるのかを見ていきましょう。Facebookピクセルを設定することで、以下の3つの機能が使えるようになります。

  • Facebook広告から遷移したWebサイト上でのコンバージョン計測
  • Facebook広告経由でWebサイトに訪れたユーザーへのリターケティング
  • カスタムオーディエンス・類似オーディエンスの設定

例えば、Facebook広告経由でECストアを訪れたユーザーが「カートに追加」「購入」「問い合わせ」などのアクションを行なった場合、全ての行動履歴がFacebookピクセルを通じて蓄積されます。「ボタンをクリックした」などの特定のアクションも記録することも可能です。そこから、リターゲティングやカスタムオーディエンスなどより高度な広告配信を行うことも可能です。

Facebook広告を活用するために知っておきたい、ターゲティング設定の基本知識

Facebookピクセルのコードを生成する方法

では、実際にどのように設定していくのかを確認しましょう。まずは、Facebookピクセルのコードを生成する手順を説明します。

ビジネスマネージャの概要-Facebook

1. イベントマネージャを開き、「Facebookピクセル:ウェブサイトアクティビティをトラッキング」の「スタート」をクリックします。

ビジネスマネージャの概要-Facebook

2. ピクセル名を入力。トラッキングするWebサイトが決まっていればURLも入力します。その後右下の「次へ」をクリックします。

ビジネスマネージャの概要-Facebook

3. 「ピクセルコードのインストール方法を選択」の画面でインストール方法を選択します。今回は「手動でピクセルコードをウェブサイトに追加」を選択します。

ビジネスマネージャの概要-Facebook

4. ピクセルが表示されます。このピクセルをWebサイトの全てのページに対してヘッダーセクション下部の</head>の上に貼り付けます。次の章で詳しく解説していきます。
 

FacebookピクセルのコードをWebサイトに埋め込む方法

ここから、WebサイトにFacebookピクセルのコードを埋め込んでいく手順を解説します。

Facebookピクセルには、「べースコード」と「標準イベントコード」の2種類のコードがあります。

【ベースコード】
サイト内の全ページに貼り付けるコードです。ベースコードでは、ユーザーのアクションをCookie(Webサイトを訪問したユーザー情報を一時的に保存する仕組み)を用いて記録します。例えば、記録されたデータを利用してページの閲覧実績のあるユーザーに広告を配信できます。(カスタムオーディエンス)

【標準イベントコード】
Webサイト上で発生する特定のアクションを計測するためのコードです。例えば、上図の例ではユーザーの「支払い情報追加」アクションを記録します。

ちなみに、現在標準イベントとして設定できる項目は以下の通りです。(2020年3月時点)

  • 支払い情報の追加
  • カートに追加
  • ウィッシュリストに追加
  • 登録完了
  • 問い合わせ
  • 製品のカスタマイズ
  • 寄付
  • 場所の検索
  • チェックアウト開始
  • リード
  • 購入
  • 検索
  • トライアル開始
  • 応募
  • サブスクリプション登録
  • コンテンツビュー

詳しくは公式サイトをご確認ください。
 

ベースコードを追加する

WordPressやHubSpotなど、サポートされているCMSではコードを編集せずにピクセルを追加することができます。サポートされているCMSの詳細は公式サイトで確認できます。

コード(JavaScript)を手動で埋め込むこともできます。イベントマネージャで生成されたコード(ピクセル)を、Webサイトの全てのページに対してヘッダーセクション下部の</head>の上に貼り付けます。
 

標準イベントコードを追加する

標準イベントコードを対象のWebサイトに追加する手段として、「Facebookのイベント設定ツール」を使用する方法と「イベントコードを手動で追加」する方法があります。

ビジネスマネージャの概要-Facebook

「イベントコードを手動で追加」する方法では、追加手順に従い設定します。下図で示す通り、リストからイベントを選択し、パラメーターを追加してコードを表示します。表示されたコードをWebサイトに挿入します。

ビジネスマネージャの概要-Facebook

設定後、イベントマネージャで正常に追加できたかを確認します。また、Chromeの拡張機能である「Facebook Pixel Helper」でも確認できます。
 

Facebookピクセルを利用したコンバージョン計測方法

ビジネスマネージャ-Facebook

設定したあとは、計測方法も確認しておきましょう。広告マネージャの画面で「列:パフォーマンス」→「列をカスタマイズ」→「コンバージョン」までスクロールし、レポートで確認したいコンバージョンイベントにチェックをいれます。

「プリセットとして保存」にチェック「名前を入力」して、「実行」をクリックします。この操作により広告マネージャでピクセルを利用したコンバージョンが計測できます。
 

Facebookピクセルを利用する際の注意点

Facebookピクセルは、ユーザーがFacebookからリンク先のWebサイトに移動した後の行動を把握することができる便利な機能です。ただ、利用の際には以下の注意点を把握しておきましょう。
 

ある程度コーディングの知識があった方が◎

ここまで見てきたように、Facebookピクセルの設定の際にはコードを扱わなければいけません。コーディング不要の機能が整備されていますが、HTMLやJavaScriptのコーディング知識があった方が理解が深まり、万が一の不具合時に対応できます。
 

測定効果の定義を正しく把握する

仕組みの違いにより、Google AnalyticsとFacebook広告の計測値には、実は以下のような差異があります。

  • Google Analytics:Cookieベースで計測(モバイルで1人、PCで1人という計測)
  • Facebook:ユーザーベースで計測(コンバージョンまでのデバイス経路を計測できる)
     

「1ページに1つのイベントコード」が基本

同ページに複数のイベントコードを埋め込むと重複カウントが発生します。また、Facebook広告のシステム最適化に影響します。できるだけ同ページに複数のイベントコードを埋め込まないようにしましょう。
 

イベントコードの動作チェックを行う

イベントコードの設置場所を間違うと正しく計測されない場合があります。事前にしっかりと検証を行いましょう。
 

Facebookピクセルを正しく設定し、成果向上を目指そう

Facebookピクセルは、より広告を活用していくために不可欠な存在です。正しく設定できていないと測定結果に影響が出てしまう可能性があるので、注意が必要です。コードを扱うためやや難しく感じるかもしれませんが、これを機にある程度コーディングを理解しておくと良いかもしれません。

Facebookピクセルは設定完了してからがスタートです。リターゲティングなどを活用し、多くのターゲットユーザーにリーチできるよう運用していきましょう。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

Facebook広告完全ガイド 2020年版

元記事発行日: 2020年4月27日、最終更新日: 2020年4月27日

トピック::

Facebook広告