無料にもかかわらず非常に高性能なGoogleアナリティクス。アクセス解析で利用している企業は多いでしょう。

しかし、超大規模なサイトだとデータの処理能力や分析の範囲に限界が出てきてしまいます。そんなときに検討したいのが「Google Analytics 360」です。実はこれ、有料版のGoogleアナリティクスです。

本記事では、Google Analytics 360の概要や機能、無料版との比較、費用などを解説します。また、混同されがちな「Google Marketing Platform」もあわせてご紹介します。

顧客を惹き付けるためのデジタルマーケティング戦略無料ガイド

Google Analytics 360とは?

大企業向けの分析ツールとソリューション - Google アナリティクス 360

Google Analytics 360とは、通常のGoogleアナリティクスの機能や能力を強化した大企業向け有料ツールのことです。

以前は「Google Analytics Premium(GAプレミアム)」という名称で展開されていました。また、Googleが2016年に発表した総合マーケティングツール「Google Marketing Platform」(後述)の中の1サービスでもあります。

Google Analytics 360では解析の能力や広さが大幅に拡大されており、他サービスとの連携や有人サポートなどもついてきます。Google自身「大企業向け」と銘打って提供しており、まさに大規模なWebマーケティングのためのツールだと言えます。
 

Google Analytics 360の機能

アナリティクスのテクノロジーと連携機能 - アナリティクス 360

「Google Analytics 360」で提供されている各機能を解説します。
 

より実数値に近いデータを確認できる

無料版と比較して、Google Analytics 360ではサンプリングされるデータの上限値が大きく異なります。

一般的にいう「サンプリング」とは、統計解析アプローチの一つで、標本調査とも言われます。例えばテレビの視聴率を考えた場合、全世帯に視聴率調査端末を配るわけではありません。母集団の中から一定割合のサンプル(標本)を抽出し、そこでの調査結果を正とするわけです。

Googleアナリティクスにおけるサンプリングも基本的にはこの考え方と同じです。日々集計されるトラフィックデータの一部を抽出し、その傾向を分析してレポートを作成します。

Googleの公式文書によると、無料版ではレポートの収集対象が50万セッションを超えると自動的にサンプリングが実行されます。

一方、Google Analytics 360の場合はサンプリング実行開始は1億セッションを超えてから。非サンプリングの範囲が圧倒的に拡大されるので、実際の数値により即したレポートが出力できます。
 

処理できるヒット数の上限がアップ

無料版と比較して、Google Analytics 360では処理できるヒット数が大幅にアップします。

「ヒット」とは、データとしてGoogle アナリティクスに送信される一連のユーザー操作のことです。例えば、スクリーンビューやページビュー、eコマース トランザクション、イベントなどが該当します。

実は、Googleアナリティクスに送信されるヒット数が1ヵ月で1,000万を超える場合、超過分のヒット数は処理が保証されません。これは、Googleアナリティクスの利用規約にも明記されていることです。無償版では1,000万ヒットを超えると警告メッセージが管理画面に表示され、レポート等にアクセスできなくなるケースもあります。

一方、Google Analytics 360の場合はヒット数が10億まで引き上げられるので、より大容量のデータ分析が可能となります。
 

BigQuery Export

Google Analytics 360では、Google提供のクラウドデータウェアハウス「BigQuery」にデータをエクスポートできます。

数兆行にのぼる膨大なデータに対して、インタラクティブな分析や複数のデータソースの統合など、高度なデータ加工処理を伴った処理が可能となるのです。大量の教師データを元にした予測モデリングや機械学習処理、自然言語処理などに向いているでしょう。

世界中で大量のユーザー行動情報を蓄えているGoogleならではの機能と言えます。

BigQuery: クラウド データ ウェアハウス  |  Google Cloud
 

データドリブンアトリビューション

Google Analytics 360では、データ・ドリブンアトリビューション(DDA)を利用することができます。

「アトリビューション」とは、コンバージョンまでの経路・クリックの中でどれが大きく寄与しているか、貢献度を割り当てるマーケティング評価の枠組みのことです。広告の成果を把握し、戦略の見直しや最適化を進める材料として使われるものです。

アトリビューションには様々なモデルがあり、中でも多くの企業が「ラストクリックモデル」を採用しているとされています。これは、最後にクリックされた広告やキーワードに貢献度を100%割当てるモデルのことです。

例えば、「Google Analytics 360」「アナリティクス 有料」「アナリティクス BigQuery」の順番で3回検索し、最後のキーワードで広告クリックしたとしたら、最後の「アナリティクス BigQuery」に対して貢献度が100%割り振られます。

しかし、そこに至る過程でもしかしたら他の検索結果もコンバージョンに影響を与えたのかもしれません。

「データ・ドリブンアトリビューション」では、それまでに蓄積されたデータを解析して貢献度を割り当てていくので、上記の例だと「アナリティクス 有料」にも貢献度が割り振られることになります。よって、ユーザーの意図により近い解析結果を得ることができるのです。
 

Googleの他サービスとの連携も強化

無料版では、例えばGoolge広告やGoogle Search Consoleとの連携が可能ですが、Google Analytics 360ではより多くの他サービスとの連携が容易になります。

ディスプレイ&ビデオ360、検索広告360、Google Cloud、Salesforce Sales Cloud、Salesforce Marketing Cloud、Google アド マネージャーがGoogle Analytics 360と連携できるので、より統合的な運用を実現できます。
 

データの更新頻度が24時間→4時間おきに

Google Analytics 360ではデータの更新頻度が上がります。

無料版では24時間ごとの集計結果のみ参照可能なので、もう少し頻度高くデータ集計したいと感じた方もいるかもしれません。

Google Analytics 360では4時間おき(もしくは4時間以内)に集計されるので、よりリアルタイム性の高い分析を進められます。
 

充実したサポート体制

Google Analytics 360はサポートも充実しています。利用中のアカウントであればサービス内で直接質問できるため、Web検索で自力で調べるなどの手間が削減され、よりデータ解析作業に集中できるでしょう。

また、サービスに関する教育トレーニングや導入設定サポートも充実しています。自社担当者が配置換えになった際の引き継ぎ時も丁寧に対応してもらえます。
 

Google Analytics 360と無料版の比較

ここまで見てきたGoogle Analytics360の機能を無料版と比べてチェックしてみましょう。

  360 無料版
非サンプリングの範囲 50万ヒット 1億ヒット
ヒット数上限(月間) 10億 1000万
更新頻度 24時間以上 4時間
連携機能数 12 4
分析手法の広さ 広い(プロパティをまたいだ統合レポート等が可能) プロパティ範囲内のレポート出力
公式サポート Google とグローバル パートナー ネットワークが提供するサービス、サポート、SLA ヘルプセンター、コミュニティフォーラム(いずれもセルフサービス)

無料版でも十分な機能を持つGoogleアナリティクスですが、このように比較すると有料版はより高度な分析に集中できる環境が用意されています。ちなみに費用は公表されていません。公式ページでは「営業担当に問い合わせる」と書かれているので、気になった方は一度問い合わせてみましょう。
 

「Google Marketing Platform」との違いは?

Google マーケティング プラットフォーム - 広告と分析の統合

冒頭でお伝えした通り、Google Analytics 360は「Google Marketing Platform」(旧名:Google Analytics 360 Suite)の中の1サービスです。

もちろんAnalytics 360単体での契約も可能ですが、大規模なマーケティングを行う予定であればGoogle Marketing Platformのスケールでの導入も選択肢に入ってくるでしょう。

以下でGoogle Marketing Platformに搭載されたGoogle Analytics 360以外のサービスもご紹介します。
 

Googleデータポータル

ダッシュボード作成、データ視覚化ツール - Google データポータル

さまざまなデータをダッシュボード上に視覚的に表現し、メンバー間で共有できるBIツールが「Googleデータポータル」で、旧Google データスタジオです。

他Googleサービスやスプレッドシート経由で様々なデータソースと接続することができ、一つの画面で全体感を把握できるレポートを作成できます。

Googleデータポータルが提供するテンプレートレポート

Web解析レポートだけでなく、営業報告資料やSNS解析レポートなど、さまざまな用途で活用できるサービスです。こちらはすべて無料で利用できます。
 

Googleディスプレイ&ビデオ360

エンドツーエンドのキャンペーン管理 - ディスプレイ&ビデオ 360

Googleが提供するDSP広告の一つが「Googleディスプレイ&ビデオ360」で、旧DoubleClick Bid Manager(DBM)です。

メディア プランニングからクリエイティブ制作、測定、最適化まで、大企業のキャンペーンを一元管理できます。

また、Googleが提供しているだけあって、GDNの配信ネットワークはもちろん、ほかにも多くの広告配信面に広告を掲載させることができます。世界最大級の広告配信ネットワークと言えるでしょう。
 

Googleオプティマイズ360

ウェブサイト、A/B テスト、パーソナライズのソリューション - Google オプティマイズ

A/Bテストや多変量テスト、リダイレクトテスト、サーバーサイドテスト、パーソナライズなど、エンジニアの工数を取らなくても気軽に最適なパターンを見つけ出せるサービスが「Googleオプティマイズ360」で、無料提供されているGoogleオプティマイズの有料版です。

無料版では5つまで同時テストが可能ですが、有料版だとアドバンスとして100以上の同時実施が可能になります。

大量のPDCAを回す場合におすすめです。
 

Google検索広告360

検索キャンペーンの管理 - Google 検索広告 360

以前、DoubleClick Search(DS)という名称で提供されていた入札管理ツールが「Google検索広告360」です。1つの代理店ネットワークの下で複数の広告主を管理、検索連動型広告からソーシャルメディア広告まで一元的に管理できます。

Google広告を多用している方に特におすすめです。
 

Googleサーベイ360

カスタムなアンケートで消費者インサイトを収集 - Google サーベイ

オンラインアンケートを実施するプラットフォームが「Googleサーベイ360」です。無料版もありますが、その最たる違いはターゲティングができる点にあります。また、サポートも無料版と比較して充実しています。

複数ユーザーでの運用と高度なターゲティングが必要な大企業におすすめです。
 

Googleタグマネージャ360

ウェブとモバイル用のタグ管理ソリューション - Google タグ マネージャー

Webサイトに埋め込んだタグを一括管理するツールが「Googleタグマネージャ360」です。無料版の「Googleタグマネージャ」は広く利用されていますね。

無料版では同時進行タグ設定プロジェクト用ワークスペースを3つまで設定できますが、有料版ではその数が無制限になります。

同時作業できる人数が増えるので、規模の大きなサイトを運営する際に重宝するサービスです。
 

Google Marketing Platformにも有料版と無料版がある

Googleアナリティクスに無料版と有料版があるように、Google Marketing Platformにも同じく無料版と有料版があります。Google Marketing Platformの無料版では以下の機能を利用できます。

  • Googleアナリティクス
  • Googleデータポータル
  • Googleオプティマイズ
  • Googleサーベイ
  • Googleタグマネージャ

「Googleアナリティクス」と「Googleタグマネージャ」についてはすでに利用している方も多いでしょう。残り3つについても無料にも関わらず高機能が使えるので、必要に応じて活用してみてください。
 

無無料版を活用しきったら、有料版への切り替えを考えよう

Google Analytics 360では、さまざまなGoogleの他サービスと連携しながら大きなデータを高速処理できるため、分析→改善のフローも緻密かつスピーディに展開可能です。

とは言え、無料版の昨日も充実しており、しっかり使いこなせばさまざまな分析が可能です。

無料版を活用した上で「Webサイトのトラフィックが膨大になった」「より精度の高い分析が必要なフェーズに入った」ということであれば、Google Analytics 360の導入を検討してみましょう。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

New Call-to-action

元記事発行日: 2020年5月11日、最終更新日: 2020年5月12日