ウェブサイトに500 Internal Server Errorが発生が発生してしまった場合、手がかりがほとんどない中での解決を迫られます。何がどのような原因で起こったのか、具外的にはまったくわかりません。わかるのは、何らかの問題が発生していて、それを解決しなければならないということだけです。

この記事では、500 Internal Server Errorの正確な意味と、最も一般的な原因や解決方法について説明していきます。エラーの解決にお役立ていただければ幸いです。

SEOの仕組みについてのよくある誤解22選と、その実体をまとめた無料eBook

internal_server_error_500_example

画像提供:CheckUpDown

幸いなことに、このエラーはほとんどの場合、次のいずれかの方法で効率的に解決できます。その方法とは、一般的なソフトウェア問題のトラブルシューティング、サーバーサイドスクリプトのデバッグ、サーバー管理者へのヘルプ依頼の3つです。

一般的なソフトウェア問題のトラブルシューティング

サーバーでWordPressなどの一般的なソフトウェアを実行している場合、インストールの失敗、互換性の問題、サーバーのアクセス権限の設定ミスなどが原因で500 Internal Server Errorが発生している可能性があります。この場合、以下の方法で解決が可能です。

  • 最近インストールまたはアップグレードしたソフトウェアが、インストールまたはアップグレードに失敗していないか確認します。ソフトウェアを更新するには、ベンダーのウェブサイトで手順を確認してください。
  • 新しく有効にしたプラグインやテーマと既存のプラグインやテーマの互換性の問題がないかを確認します。それらを1つずつ無効にすることで原因を特定します。
  • 最近ソフトウェアをアップグレードした場合も既存のプラグインやテーマとの互換性の問題でエラーが発生している可能性があります。同様にプラグインやテーマを1つずつ無効にすることで原因を特定します。

サーバーサイドスクリプトのデバッグ

現在テストしている開発途中のカスタムスクリプトが500 Internal Server Errorの原因となっている可能性があります。この場合、以下に挙げる方法で解決が可能です。

  • サーバーの権限が正しく設定されていることを確認します。PHPやCGIなどのスクリプトを含むファイルやフォルダの権限が正しくない場合、スクリプトを実行できません。
  • プログラムのミスや使用不能のリソースがないか確認します。何らかのスクリプトが無限ループで実行され、タイムアウトしている可能性があります。
  • htcaccessファイルやカスタムスクリプトにコーディングエラーがないか確認します。こうしたコーディングエラーも500 Internal Server Errorの原因になります。

サーバー管理者へのヘルプ依頼

一般的なソフトウェアの問題をトラブルシューティングしたり、サーバーサイドスクリプトをデバッグしたりしても解決しない場合は、サーバーのマニュアルを参照して、この種の問題で最もよくある原因を調べてみましょう。500 Internal Server Errorは、各種のオペレーティングシステムで幅広い原因で発生する可能性があります。もちろん、サーバープロバイダーに依頼して、エラーログの中から問題の根本原因を裏付ける情報を探してもらってもかまいません。

30日でウェブサイトのSEO対策を改善するための無料ガイドはこちらからダウンロードできます。

 

元記事発行日: 2019年8月28日、最終更新日: 2019年12月12日

トピック::

Technical SEO