Instagramを継続的に運用しても、なかなかフォロワーやいいね数、コメントの増加や、Webサイトへの流入に繋がらず困っていませんか?

→ダウンロード: 無料Instagramエンゲージメントレポート

Instagramを効率的に運用し、ビジネスへ活用するためにはユーザーのニーズを把握し、より価値のある情報を提供しなければなりません。ユーザーにとって役に立つ情報や知りたい情報を提供していれば、自社に興味を持ち、信頼関係を築き、ファンになってくれることでしょう。そのために欠かせないのが、インサイト機能の活用です。

「何人のユーザーが投稿を見てくれたのか?」「自社のプロフィールはどのくらい閲覧されているのか?」「フォロワーはどんな人なのか?」「プロフィールを見て、自社サイトのURLをクリックしてくれる人の割合」など、ユーザーやユーザー行動を知るために欠かせないデータを提供してくれるのが、Instagramの「インサイト」です。

本記事では、Instagramの「インサイト」とはどういったものなか、どこを見れば何がわかるのか、そして得られたデータの分析活用法について説明します。

Instagramエンゲージメントレポート

Instagramの「インサイト」とは?

Instagramの「インサイト」とは?

Instagramの「インサイト」とは、個人用アカウントでは見られない、投稿ごとのリーチやプロフィールの閲覧数などのデータが確認できる機能です。

Instagramを運用し、ユーザーに価値を提供できるアカウントに育てていくためには、インサイトから得られるユーザーニーズやそれを知るためのデータを分析、活用しなければなりません。

ところで、Instagramでは、自分の投稿に対して以下のアクションがあった場合に通知がされます。

  • 自分の投稿に「いいね」やコメントがついた時
  • 他のユーザーからのフォローがあった時
  • ダイレクトメッセージを受け取った時

しかし、これらの情報だけでは 「投稿が何人の人に見てもらえているのか」「どんな人に見られているのか」「フォロワーが順調に増えているのか」「伸び悩んでいるのか」など、ビジネスとして運用する上で知っておきたい情報がデータとして取得できません。

そこで、活用したいのが、プロアカウントで利用できるインサイト機能です。

インサイトでは、投稿に関するフォロワーの動向が探れます。性別や年代に加え、どのような時間帯に活動しているのか、どの地域からアクセスしているのかなども確認できるようになります。これらのデータを分析・活用すれば、これまで把握していなかったユーザーニーズを拾え、より良い価値提供ができるようになります。

インサイトが見られるのは、以下の2つの場合のみです。

  • モバイルであること
  • プロアカウント(ビジネスアカウント・クリエイターアカウント)であること

インサイトを表示させるには、アカウントを「プロアカウント」に変更しなければなりません。プロアカウントには2種類あり、企業運用に向いている「ビジネスアカウント」インフルエンサーなど情報発信者に向いている「クリエイターアカウント」があります。

次の項目では、企業のInstagram運用に向いているビジネスアカウントへの変更方法を説明します。

新しくアカウントを作成するところから始めたいという方には、以下の記事で手順を詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

ビジネスアカウントに変更するには?

ビジネスアカウントへの切り替え手順を説明します。
 

1.プロフィール画面を表示し、「設定」⇒「アカウント」へと進む

Instagramにアクセスし、プロフィール画面を表示します。

ビジネスアカウントに変更するには?1

プロフィール画面の右上の「Ξ」(メニューボタン)をタップし、メニューの中から「設定」を選びます。「設定」画面が表示されたら、「アカウント」をタップします。
 

2.プロアカウントに切り替える

「アカウント」画面が表示されたら、メニューをスクロールして「プロアカウントに切り替える」をタップします。プロアカウントの説明画面が表示され、「次へ」をタップします。

ビジネスアカウントに変更するには?2

ビジネスのカテゴリが表示されます。適切なカテゴリを選んで「完了」をタップすると、「プロアカウントに切り替えますか?」と確認画面が表示されます。「OK」をタップすると、プロアカウントに切り替えられます。
 

3.ビジネスアカウントを選択して必要事項を入力する

次に、「クリエイター」か「ビジネス」かを選ぶ画面が表示されます。「ビジネス」を選ぶと、次は「連絡先情報を確認してください」という画面が表示されます。

連絡先情報には企業情報を記入するか、「連絡先情報を使用しない」を選んで「次へ」をタップします。

「Facebookとリンク」するかスキップするかを選ぶと「〇〇さん、ようこそ」とプロフィール設定画面に遷移します。プロフィールを設定すれば、ビジネスアカウントは登録完了です。

Instagramのプロフィールの設定の仕方を始め、マーケティングへの活用の仕方については以下の記事でも詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

インサイトの確認方法

ビジネスアカウントでインサイトを確認する場合は、プロフィール画面の中央部分の「インサイト」をタップします。または、右上の「Ξ」をタップし、メニュー画面から「インサイト」をタップすると、インサイトの画面に遷移できます。

ビジネスアカウントに変更するには?3
 

インサイトで確認できるデータの種類

インサイトで確認できるデータの種類

インサイトは、アカウントそのものに関する概要的なデータと一つひとつの投稿に関するデータがあります。

アカウントそのものに関するデータは、プロフィールページの下部にある「インサイト」ボタンから確認します。

一方、それぞれの投稿に関するデータを確認する場合は、投稿選択時の写真の下に表示される「インサイトを見る」という青字部分をタップします。

インサイトで得られるデータは主に以下のものがあります。用語の意味も含めて理解しておきましょう。

  • 期間
  • リーチしたアカウント数
    • インプレッション
    • プロフィールのアクティビティ
  • コンテンツでのインタラクション
  • オーディエンス
  • シェアしたコンテンツ
    • インタラクション
    • 発見
       

期間

インサイトでは集計期間を選択でき、「過去7日間」「過去14日間」「過去30日間」「前月」「過去90日間」のデータを確認できます。
 

リーチしたアカウント

「リーチしたアカウント」とは、投稿を見たユニークユーザー数を意味します。1人が10の投稿を見た場合でも、「リーチしたアカウント」は1と表示されます。

「リーチしたアカウント」からは、さらに以下の項目を確認できます。
 

インプレッション

「インプレッション」とは、投稿が見られたのべ回数を指します。この数字は「リーチしたアカウント」のようにユーザー数は限定されません。例えば、1人のユーザーが10回投稿を見たとしたら、インプレッションは10と表示されます。
 

プロフィールのアクティビティ

プロフィールへのアクセス数や、プロフィールのリンクに特定のWebサイトのURLがある場合のリンクのタップ数が表示されます。
 

コンテンツでのインタラクション

投稿に対してユーザーが起こしたアクション、具体的には「いいね」やコメント、保存、シェア、リプライなどが実行された数が表示されます。
 

オーディエンス

「オーディエンス」には、合計フォロワー数が表示されます。集計期間中のフォロワーの増減数も確認できるほか、合計フォロワー数が100人以上の場合は、フォロワーの場所、年齢、性別などの属性情報も掲載されます。
 

シェアしたコンテンツ

集計期間に投稿したフィード投稿やストーリーズ、リール動画、動画、ライブ配信が表示されます。それぞれの投稿についてのインサイトとして以下の項目を確認できます。
 

インタラクション

投稿を見た人がプロフィールを閲覧したり、「いいね」やコメントなどのアクションを行ったりした場合の合計数が表示されます。
 

発見

「発見」には「リーチしたアカウント」として、投稿を見たユニークユーザー数と、その中でのフォローしていない人の割合が表示されます。

さらに下位カテゴリとして「インプレッション数」「プロフィール」「フォロー数」が表示されます。

  • インプレッション数…投稿が表示されたのべ回数
  • プロフィール…投稿からプロフィールを閲覧したユーザー数
  • フォロー数…投稿をきっかけにフォロワーとなったユーザーの人数
     

最低限押さえておきたいインサイト確認の3ステップ

インサイトにはさまざまな項目がありますが、データを漫然と見ているだけでは意味がありません。ここではインサイトを見る上で最低限押さえておきたい項目と、そこから読み取れる内容を説明します。

  • ステップ1「インサイト概要」を見る
  • ステップ2「オーディエンス」を見る
  • ステップ3「シェアしたコンテンツ」から「投稿のインサイト」を見る
     

ステップ1「インサイト概要」を見る

プロフィール画面に表示される「インサイト」をタップするか、メニュー画面の「インサイト」をタップして、最初に「インサイト概要」を表示します。

これだけは押さえておきたいインサイト確認の3ステップ1

「リーチしたアカウント数」では、投稿がどれだけ見られたかを確認できます。

Instagramの運用を始める第1段階では、まずは多くの人に届くことが重要です。そのため、リーチ数が最重要指標となります。

次に、「コンテンツでのインタラクション」を確認します。いいねやコメント、投稿の保存など、ユーザーの反響が表れるのがこの部分です。

ある程度ユーザー数が増えた第2段階では、ユーザーに共感してもらうことが重要になります。その際にはコンテンツでのインタラクション数が重要指標となります。
 

ステップ2「オーディエンス」を見る

フォロワーが100人以上になると、フォロワーの詳細な属性として、フォロワーの場所や年齢、性別、また閲覧の多い時間帯などを確認できます。まずはフォロワーが100人を超えることを目指しましょう。

フォロワー数が100人を超えたら以下の3点を確認しましょう。

  • 閲覧される時間…投稿はどの時間帯に行うとフォロワーに届きやすいか
  • フォロワー数の中心の属性は、潜在的な見込み客に合致しているかどうか
  • フォロワー数が急に増える(減る)タイミングがあれば、原因を考える
     

ステップ3「シェアしたコンテンツ」から「投稿のインサイト」を見る

投稿記事のインサイトでは、個々の投稿の評価ができます。他の投稿と比較して「どのような投稿が評価を集めやすいか」「リーチ数を増やすことができるか」を把握できますが、特に重要なのは、各投稿がどのような経路をたどってユーザーに見られているかの把握です。

まずは、最もリーチ数の多い投稿のインサイトを見てみましょう。

これだけは押さえておきたいインサイト確認の3ステップ2

右端の「>」をタップすると、投稿ごとの「リーチ数」が表示されます。

この中から、リーチ数の最も多い投稿をタップすると、投稿写真の左下に「インサイトを見る」という青文字が表示されます。

これだけは押さえておきたいインサイト確認の3ステップ3

「インサイトを見る」をタップすると、その投稿に関するインサイトが確認できるようになります。

これだけは押さえておきたいインサイト確認の3ステップ4

投稿インサイトでは、上部に「インタラクション」、その下に「発見」が表示されます。「発見」ではインプレッションの流入元となる経路とユーザー数が表示されます。

  • ハッシュタグ…ハッシュタグ検索から投稿が表示されたインプレッション数
  • プロフィール…プロフィール画面から投稿が表示されたインプレッション数
  • ホーム…ホームボタンをタップして表示されるタイムラインに投稿が表示されたインプレッション数
  • 地域…スポット検索から表示されたインプレッション数
  • その他…DMでシェアされたり、保存から表示されたりなど、上記以外の経路で表示されたインプレッション数

これらのデータを分析すると、どの経路から投稿が見つけられやすいかを把握できるようになり、リーチを増やすための対策に活用できます。
 

インサイトを使った分析方法

インサイトを使った分析方法

インサイトを活用する際には、Instagram運用の目標を明確化しておくことが大切です。投稿のリーチ数が増減した場合でも、Instagram運用の目標がはっきりしていれば、原因も把握しやすくなります。

Instagramを運用する目標は、大きくは以下3点にまとめられます。

  • リーチ数をKPIとしてブランド認知を高める…ビジネスを始めたばかりや、B2Bで知名度が低い場合
  • フォロワー数をKPIとしてブランドのファンを増やす…ブランド認知がある程度ある場合
  • プロフィールのアクティビティをKPIとしてWebサイトへの遷移や問い合わせ、商品の購入数を増やす…フォロワー数も多く、インタラクションも多い場合

目標が明確になったら、以下の手順で施策を進めましょう。

  1. インサイトを活用して現状を把握する
  2. 仮説を立てて検証する
  3. 検証結果を元に投稿する
     

インサイトを活用して現状を把握する

現状の把握が正確にできていないと、仮説・検証も立てようがありません。そのため、それぞれの目標に設定したKPIの現状の数値を確認してください。 データが蓄積してきたら、現在の数字に加えて過去からの推移を確かめます。
 

仮説を立てて検証する

KPIが現状の数値に留まっているのはなぜなのか、もっと良い数値を出すためにはどうしたら良いかを考えます。 失敗を怖れず、仮説を立てましょう。ただし、その仮説は検証可能なものでなければなりません。
 

【例1】

仮説:リーチ数が伸びないのは、ユーザーが検索したハッシュタグではなかったのかもしれない。多くのユーザーが検索するハッシュタグを使用したらどうか?

検証:ハッシュタグを1つ加えてリーチ数が増えるかどうかを確認する。
 

【例2】

仮説:リーチ数が伸びないのはユーザーが閲覧する時間と合わないのではないか?投稿時間を変えてみたらどうか?

検証:8:00、12:00、18:00、22:00に投稿してリーチ数を比較する
 

【例3】

仮説:リーチはあるが、いいねやコメントが増えない。投稿がわかりにくいのではないか?ユーザーの気持ちを動かすためにはキャプションにもう少し説明を加えてはどうか?

検証:3種類のキャプションを用意し、ユーザーの反応を比較する

  • 従来のキャプション
  • わかりやすい言葉を使い、詳細な商品説明を加えたキャプション
  • 商品開発者の「ここを見てほしい」という声を載せたキャプション
     

検証結果を元に投稿を改善

2週間後、または1か月後など、一定の検証期間を設定して、改めてインサイトを確認しましょう。仮説が正しくなければ再度仮説を立てて再検証を、仮説が正しければ検証結果を元に改善した投稿を行います。

Instagramのエンゲージメント率を高めるコツが知りたい場合は、以下の記事でも詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

インサイトを利用する際の注意点

インサイトを利用する際は、以下3点に気を付けてください。

  • インサイトはモバイルアプリでしか見られず、データは保存できない
  • プロアカウントでしか利用できない
  • アカウントをプロアカウントから個人用に切り替えると使えなくなる
     

インサイトはモバイルアプリでしか見られずデータは保存できない

インサイトはPCでは確認できず、現状ではデータを出力することもできません。データをスクショなどで記録し、スプレッドシートに残す必要があります。

データを保存するには、外部ツールとの連携が必要となります。マーケティング関連のオールインワンツールHubSpot Marketing Hubでは、InstagramがFacebookにリンクされている場合、Instagramアカウントと接続できます。PCからも閲覧、操作できるだけでなく、自動でデータを取得できるため、アプリよりも分析と仮説検証がしやすくなります。(Marketing Hub ProfessionalおよびEnterprise)

Marketing Hubについては以下の記事でも詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

プロアカウントでしか利用できない

インサイトは、デフォルトの個人アカウントからでは利用できません。上記で説明したやり方に従って、プロアカウント(ビジネスアカウントもしくはクリエイターアカウント)に切り替えてください。
 

アカウントをプロアカウントから個人用に切り替えると使えなくなる

「インサイトは使いたくない」「プロアカウントから個人アカウントに戻したい」場合は、簡単に切り替えられます。

プロフィール画面>メニュー>設定>アカウントから「アカウントタイプを切り替え」で、「個人用アカウント」に切り替えられます。

個人用アカウントに切り替えた場合、プロアカウントで行ってきた投稿もそのまま保存されます。ただし過去のインサイトのデータは見られなくなるため注意が必要です。
 

仮説検証を重ねて地道にアカウント育成を

Instagramマーケティングは、単にブランド認知を高めるだけでなく、ユーザーに共感してもらい、参加してもらうことで大きな成果が上げられます。

拡散性のないInstagramでは、ひとつの投稿をきっかけとして、一気に大量のフォロワーを創出したり、問い合わせや商品の購入に結びつけたりすることは容易ではありません。むしろじっくりと時間をかけて自社アカウントを育成する姿勢が重要です。キャンペーンなどの施策を行う場合でも、受け皿となる自社アカウントがあることで、一時的ではない効果が生み出せます。

自社アカウントの育成には、分析と改善が不可欠です。Instagramの「インサイト」機能を活用してデータを分析し、仮説を立て、検証し、施策に反映するプロセスを仕組み化してください。

インサイトでは多くのデータを取得できますが、重要なのは本記事で紹介した「インサイト概要」⇒「オーディエンス」⇒「シェアしたコンテンツ」の3つのステップです。

インサイトから得られるデータを活かし、より多くのユーザーにリーチし、インタラクションを高めるための施策を検討してください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

Instagramエンゲージメントレポート

 Instagramエンゲージメントレポート

元記事発行日: 2021年10月08日、最終更新日: 2021年10月08日

トピック::

インスタグラムマーケティング