Instagramでは1日あたりのアクティブユーザー数が5億人を超え、各ブランドはInstagramでのプレゼンスを早急に確立する必要性を認識しています。

どのソーシャルネットワークにも同じことが言えますが、Instagramを最大限に活用しているブランドは、投稿する内容、投稿するタイミング、投稿する頻度、ターゲットとするユーザーを賢く判断しています。

しかし、ビジネスにとって「賢い」投稿とはどのようなものでしょうか?

ここで役に立つのがInstagramに関する統計データです。Instagramについては、利用者層、ブランドの投稿頻度、キャプションの長さとエンゲージメント数の相関関係、最も人気のある絵文字(下記セクション28を参照)まで、ありとあらゆる調査が行われています。

以下のセクションでは、ソーシャルメディアに関する多数の統計データ(英語)を紹介しています。このデータを参考に、より良いInstagramの投稿戦略を構築していただければ幸いです。

SNSマーケティング月次報告書作成のテクニックを大公開!

Instagramの成長

1. Instagramコミュニティーは成長しており、2013年1月には9,000万人だった月間アクティブユーザー数が、2018年6月には10億人に到達しました。(出典

画像提供:Statista

2. Instagramのアクティブユーザーは5億人を超えており、Twitter(3億2,600万人)、Snapchat(1億5,000万人)、Pinterest(2億5,000万人)を大きく上回ります。(出典

3. 2012年にPew Research Centerがソーシャル メディア プラットフォームの普及率の調査を開始して以来、オンラインでInstagramを使用する成人の割合は約400%増加しました。(出典

画像提供:Pew Research Center

4. ユーザー数だけで言えば、Instagramは米国のソーシャルネットワーク全般の使用率に比べ、はるかに速いペースで成長しています。ただし、Instagramの成長も今後数年はスローペースとなり、2018年に13.1%だった成長率は2022年には4%に低下する見込みです。(出典

5. 2019年には、Facebookの総広告収益の約25%をInstagram広告が占める見込みです。また、2020年には、Instagramのシェアは全世界で30%に増加します。(出典

6. Instagram自社のアカウントを除くと、2019年1月時点で最もフォロワー数の多いInstagramアカウントはプロサッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド氏のもので、次いでセレーナ・ゴメス氏、アリアナ・グランデ氏、ドウェイン・ジョンソン氏(ザ・ロック)となっています。(出典

画像提供:Statista

オーディエンスと利用者層

7. ティーンエイジャーの72%がInstagramを使用しており、ほぼ同数(69%)がSnapchatを使用しています。いずれも2015年以降で20%以上増加しました。(出典

データ提供:Pew Research Center

8. Instagramを使用している成人のインターネットユーザーは、2014年9月には26%でしたが、2018年には35%に増加しました。(出典

9. Instagramを使用している若年層(18〜24歳)は、2013年には37%でしたが、2018年には71%となりました。(出典

画像提供:Pew Research Center

10. 2018年、Instagramを毎日使用していたユーザーは60%に上りました。若年層では55%が1日に複数回アクセスしています。60%という結果は、2016年(51%)から9ポイントの増加となります。(出典

11. Instagramユーザーの3分の1以上がモバイルデバイスでオンラインショッピングをしたことがあり、Instagramを利用していない人と比べて70%多くなっています。(出典

12. 中南米のInstagramユーザーのうち、女性は平均56%を占めています。出典

13. Instagramユーザーの80%以上は米国以外に住んでいる人々です。(出典

14. 2019年1月時点で、Instagramのユーザー数上位3か国は、米国(1億2,100万人)、インド(7,100万人)、ブラジル(6,400万人)です。(出典

画像提供:Statista

ブランドにおける導入

15. Instagramを利用している企業では、総インプレッション数の最大37%をInstagramストーリーズが占めています。Instagramストーリーズとは、フィードとは別に24時間限定で公開できる短期消滅型コンテンツです。(出典

16. Instagramで最もフォロワー数の多いブランド上位15社のうち8社が小売業です。出典

17. Instagramユーザーの約80%が企業アカウントをフォローしています。(出典

18. 2018年の調査によると、業界別のInstagram投稿1件あたりのエンゲージメント率は、高等教育(3.39%)が最も高く、続いてスポーツチーム(2.28%)、非営利団体(2.14%)でした。(出典

画像提供:RivalIQ

Instagramの投稿コンテンツ

19. Instagramでは毎日1億件以上の写真と動画がシェアされています。(出典

20. Instagramでは、人の顔が写っている写真は写っていない写真と比べて「いいね!」の数が38%多くなっています。(出典

21. Instagramの画像800万枚を対象とした調査によると、基調色が1色の画像は基調色が2色以上の画像と比べて「いいね!」の数が17%多くなっています。(出典

画像提供:Curalate

22. Instagramでは、余白が多い画像は余白が最低限しかない画像と比べて「いいね!」の数が29%多くなっています。(出典

23. Instagramでは、青を基調とする画像は赤を基調とする画像と比べて「いいね!」の数が24%多くなっています。(出典

24. Instagramが2013年6月に初めて動画投稿機能を導入した際、スタートから24時間で500万件以上の動画がシェアされました。(出典

25. Instagram広告の4分の1は動画です。(出典

画像提供:SensorTower

26. ある調査では、9〜12個のハッシュタグを使用している投稿が最もエンゲージメント数が多くなりました。(出典

画像提供:Track Maven

27. ハッシュタグの長さが21〜24文字の投稿は、平均よりもエンゲージメント数が多くなっています。(出典

画像提供:Track Maven

28. Instagramで最も頻繁にシェアされる絵文字は赤いハートで、2番目に人気のある絵文字(目がハートになった笑顔)と比べてシェアされる回数が79%多くなっています。(出典

画像提供:Curalate

29. 人気の絵文字トップ5のうち4つは笑顔です(笑いすぎて涙を流しているアイコンを含む)。上位20個を見てみても、半数は笑顔の絵文字が占めています。(出典

30. アメリカの国旗は、旗の絵文字の中で唯一トップ100にランクインしています(59位)。2番目に人気のある国旗はイタリア(125位)で、フランス(160位)、日本(166位)と続きます。(出典

31. Instagramに投稿された食べ物の写真のうち、寿司やステーキを抑え、最も多いのはピザでした。(出典

Instagramの投稿戦略

32. 55のブランドを対象とした調査では、1日あたりの投稿回数は平均1.5回でした。(出典

33. Instagramへの投稿に最適な時間帯は、木曜午前5時~午前11時です。(出典

34. Interbrand 100企業の90%がInstagramアカウントを持っています。また、全体の80%が写真または動画を週に1件以上投稿しています。(出典

35. 多くの投稿が、投稿から数日、数週間が経過しても、引き続き少数のエンゲージメントを獲得しています。ブランドの投稿の大半は、投稿から18〜24時間後も「いいね!」やコメントを獲得しており、投稿直後よりも多少ペースが落ちる程度です。(出典

36. Instagramは依然としてオーガニックエンゲージメントに最適なソーシャルネットワークですが、フォロワー1人あたりのインタラクション率は2.2%で、2014年の半分程度に低下しています。(出典

画像提供:Forrester Research

37. 数千件のブランドの投稿を対象とした調査によると、エンゲージメント率の平均値は4.3%、中央値は3.5%です。つまり、平均的な投稿の場合、フォロワー100人あたり4.3件のアクティビティー(「いいね!」またはコメント)を獲得していたことになります。言い換えれば、「いいね!」やコメントを100件獲得するためには、約2,325人のフォロワーが必要です。(出典

38. あるブランドがInstagramでスポンサード投稿を4日間実施したところ、期間中に毎日、通常の36倍の新規フォロワーを獲得し、フォロワー数が18.15%増えました。(出典) 

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひご活用ください。


 

SNSマーケティング

元記事発行日: 2020年3月16日、最終更新日: 2020年3月17日

トピック::

インスタグラムマーケティング