【2022年版】TikTok広告の特徴と種類一覧&運用時の3つのポイント

ダウンロード:TikTok for Business無料ガイド
水落 絵理香(みずおち えりか)
水落 絵理香(みずおち えりか)

最終更新日:

公開日:

世界中でダウンロード数が30億回に到達した大人気の動画配信アプリ「TikTok(ティックトック)」。若年層を中心に幅広いユーザー層にリーチできるTikTokをビジネスに活用する動きの一環として、今、「TikTok広告」に注目が集まっています。

【2022年版】TikTok広告の特徴と種類一覧・成功に導く3つのポイント

→ダウンロード:TikTok for Businessマーケティング無料ガイド

TikTok広告には、「ハッシュタグチャレンジ」や「ブランドエフェクト」など独自の広告メニューが多いという特徴があり、ユーザー参加型のキャンペーンを行って話題を集められます。

本記事ではTikTok広告の種類や活用のポイント、注意点などをご紹介します。実際の成功事例もお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

TikTok for Businessマーケティングガイド

TikTokでのマーケティング、広告、コンテンツ作成の方法をぜひ学んでみてください。

  • TikTokとは?
  • TikTok for Businessとは?
  • TikTokで広告を活用する方法
  • TikTokをビジネスに活用した成功例
詳しく見る

    今すぐダウンロードする

    全てのフィールドが必須です。

    ダウンロードの準備ができました

    下記のボタンよりダウンロードいただけます。

    TikTok広告の種類

    TikTok広告の種類TikTok広告には、5種類のメニューがあります。

    広告メニュー 特徴 価格

    スプラッシュスクリーン広告

    • アプリ起動画面に掲載
    • 1日1社独占
    • 1,500万以上の想定imp

    600~750万円

    インフィード広告

    • コンテンツ内に掲載
    • 広告感を薄められる
    • 柔軟性に優れる広告が多い

    42~440万円

    ハッシュタグチャレンジ広告

    • TikTokオリジナル広告
    • 動画投稿を促しUGCを増大
    • 1,700万以上の想定imp

    1,000~1,700万円

    ブランドエフェクト広告

    • TikTokオリジナル広告
    • 投稿動画にエフェクト反映
    • 新商品のプロモーションに最適

    380~720万円

    ブランドオークション広告

    • 柔軟に設定できる運用型広告
    • コンテンツ内に掲載
    • 入札額によって掲載順位決定

    入札によって決定

    ここからはそれぞれの広告メニューについて詳しく解説します。
     

    スプラッシュスクリーン広告

    スプラッシュスクリーン広告TikTok For Business

    スプラッシュスクリーン広告は、TikTokアプリを起動した直後の画面に表示されます。この広告枠は1社が24時間独占でき、フル画面に自社の広告のみを表示できるのが特徴です。フルアテンション(全画面かつ音声オンの状態での視聴)によって動画をより魅力的に表現できます。

    スプラッシュスクリーン広告には、さらに2種類の広告メニューがあります。

    • 起動画面広告:アプリ起動時に3秒の静止画広告または5秒の無音動画広告を配信
    • TopView:アプリ起動時に最長60秒の動画広告を配信

    起動画面広告は出稿できるクリエイティブに制限があるものの、TopViewよりも価格が安く、なおかつ想定インプレッション数も多くなっています。TopViewは、音声付きで尺の長い動画広告を出稿できるのが特徴です。

    スプラッシュスクリーン広告はTikTokのなかでもっとも視聴機会の多いアプリ起動時の画面に24時間広告を表示できるため、とにかくリーチ数を増やし、認知拡大やブランディングを最大化させたい方におすすめです。

    広告メニュー クリエイティブ 想定imp ターゲティング 価格

    起動画面広告

    • 静止画
    • 動画:最長5秒
      ※音声なし

    17,011,000

    不可

    600万円

    TopView

    動画:最長60秒

    15,197,000

    不可

    750万円

     

    インフィード広告

    インフィード広告TikTok For Business

    インフィード広告は、TikTokアプリのレコメンドに広告を表示させます。レコメンドでは画面をスワイプする度に次々とおすすめ動画が現れますが、そのなかに動画広告を差し込むイメージです。

    ユーザーの投稿動画のなかに混じって広告が表示されるため、「プロモーション」と表示される以外は既存コンテンツとほとんど見た目が変わりません。これにより広告感を薄め、ユーザーのスムーズなアクションを促せます。

    インフィード広告には次のような種類があります。

    • OneDayMax:レコメンド4枠目に1日独占で広告を表示
    • OneDayMax Plus:OneDayMaxの最大フリークエンシーを4回に拡張
    • Brand Premium:インプレッション保証型で、比較的安く導入できる
    • Reach&Frequency:シミュレーションと出稿予約ができる予測型広告
    • Spark Ads:ユーザーの投稿動画をそのまま広告表示できる
    広告メニュー クリエイティブ 想定imp ターゲティング 価格

    OneDayMax

    動画:最長60秒

    6,113,000

    不可

    330万円

    OneDayMax Plus

    動画:最長60秒

    8,761,000

    不可

    440万円

    Brand Premium

    動画:最長60秒

    600,000~

    可能

    42万円~

    Reach&Frequency

    動画:最長60秒

    -

    不可

    応相談

    Spark Ads

    投稿動画に依拠

    -

    不可

    応相談

     

    OneDayMax / Plus

    OneDayMaxは、1日1社限定でレコメンド画面の上から4枠目に動画広告を出稿できます。ユーザーが画面を3回スワイプするだけで広告が現れるため、スプラッシュスクリーン広告に次いで多くのリーチを得られます。

    なお、OneDayMaxだとフリークエンシー(同じユーザーに何度も広告を表示)は最大1回ですが、OneDayMax Plusに拡張すると最大4回となり、インプレッション数を増やせます。
     

    Brand Premium

    レコメンド画面の上から130枠以内に動画広告を表示させます。OneDayMaxのような独占型広告ではなく、出稿金額に応じて掲載順位が決まるのが特徴です。出稿金額を支払うと、その分のインプレッション数が保証されます。

    たとえば最低出稿額である42万円を支払えば、最低保証の60万インプレッションに達するよう掲載順位が自動的に決まる仕組みです。さらにインプレッション数を増やしたい場合は、出稿金額を増額していきます。

    目標に設定したインプレッションが確保できるよう、柔軟に予算を調整できるのがBrand Premiumのメリットです。
     

    Reach&Frequency

    あらかじめ「広告のリーチ人数」と「ユーザー1人あたりの表示回数」を目標として設定できるインフィード広告です。目標値から算出した推定インプレッション数がシミュレーションとして表示されます。そのうえで掲載予定日の150日前から出稿予約を行えます。

    インフィード広告を利用する前に、「実際にどの程度の効果が期待できるのか」という点を想定しておきたい方におすすめです。
     

    Spark Ads

    Spark Adsは、一般ユーザーが投稿した動画をそのまま自社の広告として活用できる広告メニューです。ユーザーが自社商品を紹介した動画や、企業アカウントで配信した動画など、既存動画にCTA(リンク先への遷移ボタン)を付け加えられます。

    魅力のあるUGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告として広く認知させたい場合に最適です。
     

    ハッシュタグチャレンジ広告

    ハッシュタグチャレンジ広告TikTok For Business

    ハッシュタグチャレンジ広告は、ダンスや歌といったユーザー参加型のキャンペーンを公開し、商品やサービス、ブランドの認知拡大・信頼向上をはかる広告メニューです。

    たとえば飲料大手のサントリーは、「サントリー南アルプスPEAKER ビターエナジー」と、NMB48のグループ内ユニット「Queentet」がコラボレートした「#ピーカーダンス」を公開しました。そのダンスを真似てユーザーが動画を投稿すると、選出されたユーザーの動画が公式サイトに掲載されます。

    このように動画を投稿してもらう代わりに賞品を出すことで、自社製品の紹介につながる動画投稿を促し、短期間にたくさんのUGCを得られます。ハッシュタグチャレンジに投稿された動画のエンゲージメント率(いいねやシェアされる割合)は、インフィード広告の約3倍にまで高まります。

    料金プラン 掲載期間 想定imp ターゲティング 価格

    Basic

    7日間

    (バナー掲載不可)

    起動画面1,700万

    インフィード127万

    不可

    1,000万円

    Standard

    3日間

    起動画面1,700万

    インフィード100万TopView1,500万※

    不可

    1,500万円

    Plus

    5日間

    起動画面1,700万

    インフィード475万

    不可

    1,700万円

    ※オプションを導入することでTopViewでの広告掲載が可能
     

    ブランドエフェクト広告

    ブランドエフェクト広告TikTok For Business

    ブランドエフェクト広告は、企業が独自に作ったエフェクト効果をユーザーの投稿動画に反映できる広告メニューです。新商品のプロモーションに効果を発揮します。

    化粧品メーカーが5色展開のアイシャドウを発売した場合を想定してみましょう。ブランドエフェクトを使えば、動画に映る人間の顔を自動分析し、肌や髪の色を変化させられます。そこで目元部分だけ5色に変化するエフェクトを作成しておけば、ユーザーは自分の顔が映る投稿動画のなかで新作アイシャドウのお試し利用ができるということです。

    気になる商品をTikTok上で気軽に試すことができるため、ユーザビリティとUXの向上が期待できます。

    料金プラン 使用可能なエフェクト ターゲティング 価格

    Standard

    • フィルター
    • 2D前景
    • 2D顔・手

    不可

    380万円

    Premium

    • 顔変形
    • コスメティック
    • 髪色チェンジ

    不可

    520万円

    Deluxe

    • 雨コントロール
    • 3D頭部
    • ARキャラクター
    • ミニゲーム

    不可

    720万円

     

    ブランドオークション広告(運用型広告)

    ブランドオークション広告(運用型広告)TikTok For Business

    ブランドオークション広告は、広告の運用中でもクリエイティブやターゲティング、予算などの設定内容を変更できる「運用型広告」です。管理画面からリアルタイムで成果を確認しつつ、柔軟にキャンペーンの内容を修正できます。日々、広告のパフォーマンスを改善させたい方におすすめです。

    インフィード広告と同様、レコメンド内に動画広告を表示します。ただしブランドオークション広告は、固定費ではなく入札形式(オークション)で料金が決まります。複数の広告主との間で入札額を競い合い、より高い金額を提示するほど優位な掲載順位に出稿できる仕組みです。

    料金が発生するタイミング(=課金方式)は以下の二通りに分かれます。

    • CPV(Cost Per View):動画の再生時間が2秒または6秒になったときに料金発生
    • CPM(Cost Per Mille):インプレッション数が1,000回に達する度に料金発生

    予算に合わせて柔軟に出稿金額を調整でき、少額から運用可能なのがメリットです。
     

    TikTok広告を出稿するメリット

    次にTikTok広告を出稿するメリットについて解説します。
     

    若者を中心に幅広い年代にアプローチできる

    TikTokは10~60代まで幅広い年代に利用されています。なかでも10~30代のユーザーが多く、広告を出稿することで若者を中心に幅広い年代にアプローチできます。

    コンテンツビジネスラボが調査した「コンテンツファン消費行動調査」を基に、以下にTikTokユーザーの年代別の割合を表記しました。

      男性の割合(%) 女性の割合(%)

    15~19歳

    11.0

    13.4

    20代

    12.8

    11.0

    30代

    11.0

    6.3

    40代

    9.1

    5.0

    50代

    5.7

    5.0

    60代

    5.8

    3.6

    TikTok広告では、Brand Premium広告とブランドオークション広告において、「男性13~17歳」「女性18歳~」といったように性別と年齢を指定したターゲティングが可能です。自社のターゲットにピンポイントで訴求できるよう、ユーザーデータを参考に性別や年齢を絞り込みましょう。
     

    文字と比較して圧倒的な情報量を伝えられる

    TikTokの動画広告を活用することで、短時間で膨大な情報を伝えられるようになります。

    1分間の動画で伝えられる情報量は、テキストに換算すると約180万語に及ぶともいわれています。これはWebサイトであれば数十ページ分の情報量なので、いかに動画が情報を端的に伝えられるかが分かるでしょう。

    TikTok広告に出稿できる主なクリエイティブは動画形式です。そのため、静止画やテキストよりも圧倒的な情報量を伝えられる動画広告のメリットを最大限に生かせます。
     

    フルアテンションで見てもらえ、拡散やアクションにつながりやすい

    TikTokでは、全画面かつ音声が聞こえる状態で動画を視聴してもらえる状態を「フルアテンション」と呼んでいます。TikTokの動画広告は、起動画面広告やOneDayMaxなどフルアテンションでの訴求が可能です。ユーザーが1つの広告のみに視点を集中させることで、情報拡散などのアクションにつながりやすくなります。

    TikTokが公表した調査データでは、フルアテンションで動画を視聴できるTikTokユーザーは、ほかの主要プラットフォーム3社のユーザーよりも動画に対する注意力が160%良好だという結果が分かっています。
     

    TikTok広告を成功に導く3つのポイント

    TikTok広告を成功に導く3つのポイントTikTok広告で成功をおさめるには、以下3つのポイントを意識しましょう。

    • クリエイティブのサイズ
    • 動画のインパクト
    • 人気インフルエンサー(TikToker / ティックトッカー)の起用

    項目ごとに意識すべきポイントを解説します。
     

    クリエイティブのサイズ

    TikTok広告を出稿する場合、クリエイティブのサイズは縦横比16:9の「縦長」に統一しましょう。

    TikTok広告のクリエイティブは、縦長以外に縦横比16:9の「横型」と「正方形」にも対応していますが、公式では縦長を推奨しています。横型や正方形のクリエイティブは画面の上下に余白が生まれ、広告のインパクトに欠けてしまうからです。

    TikTokが実施した「ブランドリフト調査」では、広告接触者と広告非接触者、さらに、横型広告と縦型広告のパフォーマンスの差を比較しています。

    横型広告の場合、非接触者よりも接触者のほうが広告認知率が18%、購入意欲は13%改善したという結果になりましたが、縦長広告の場合はさらにパフォーマンスが改善され、広告認知率が63%、購入意欲は34%と大幅な数値の向上につながりました。

    つまりTikTokでは、全画面に表示できる縦長広告のほうがインパクトが強まり、広告効果の改善が期待できるということです。

    TikTok For Business引用元:TikTok For Business
     

    動画のインパクト

    動画広告を出稿するときは、冒頭の3秒にインパクトを持たせるようにしましょう。普段からよくTikTokを利用しているユーザーは、レコメンドに表示されたおすすめ動画をそのまま視聴するか、スクロールして別の動画を表示させるかを一瞬で判断します。そのため、冒頭でユーザーの興味を引けるかどうかがカギを握ります。

    では、動画の冒頭にどのような内容を含めれば良いのでしょうか。

    TikTokの「ブランドリフト調査」に興味深いデータがあります。以下の表は、動画開始3秒以内に商品を紹介した場合と、しなかった場合の、購入意向や広告認知につながった割合を示したものです。

      3秒以内で商品紹介なし 3秒以内で商品紹介あり

    購入・利用意向

    9.5%

    34%

    広告認知

    57%

    47%

    ブランド認知

    28%

    13%

    ※ブランドリフト調査を基に作成

    つまり広告から直接商品の購買に結び付けたい場合は、冒頭3秒以内にその商品を紹介したほうが良いということです。その反面、広告やブランドの認知拡大をはかるときは、商品を前面に出さないほうが良いと言えます。
     

    人気インフルエンサー(TikToker)の起用

    広告ではテレビで人気のタレントや有名人を起用することも多いですが、TikTokだとインフルエンサーに商品やサービスを紹介してもらうほうが効果的です。

    TikTokは「ブランドリフト調査」において、テレビタレントとTikToker(ティックトッカー)のどちらがTikTok広告に好影響を与えるかを検証しました。その結果、「広告認知」「ブランド認知」「購入・利用意向」のいずれにおいても、TikTokerのほうが効果的だという結果が出ています。

    TikTok For Business引用元:TikTok For Business

    TikTok広告にインフルエンサーを起用するときは、広告メニューの一つ「Spark Ads」がおすすめです。人気のTikTokerが投稿した動画をそのまま広告として表示し、多数のユーザーにアプローチできるため、商品・サービスの認知拡大やエンゲージメントの向上が期待できます。
     

    TikTok広告を出稿する際の注意点

    TikTok広告には多数のメリットがある反面、出稿後の変更が難しく広告単価が高いといった注意すべき点も存在します。事前に注意点を知り、対策を考えておきましょう。
     

    不具合の修正ができない

    TikTokでは、「ブランドオークション(運用型広告)」を除いて、広告に不具合が見つかっても修正ができません。リンクの設置忘れや、商品価格の誤りといった致命的なミスが見つかっても修正はできないため注意が必要です。

    TikTok広告に出稿する前に、入念にクリエイティブや出稿内容をチェックしておきましょう。それでも不安がある方には、運用中にクリエイティブや予算などを変更できる「ブランドオークション(運用型広告)」がおすすめです。
     

    申し込み後はキャンセルできない

    TikTok広告は、出稿の申し込みをした後、先着順で広告枠が割り当てられます。そして、割り当て手続きが完了するとキャンセルはできません。出稿の申請をする際は、余裕を持ったスケジュールを設定しましょう。
     

    純広告の最低出稿単価が高い

    TikTokは純広告の価格が高く、広告予算が限られている中小企業の場合は出稿自体が難しいという側面があります。

    純広告とは、最初に一括で料金を支払ったうえで定められた広告枠に出稿する方法です。運用型広告の場合は、運用中でも設定内容を変更できますが、純広告は修正や変更に対応していません。しかし料金さえ支払えば、インプレッション数または掲載箇所が保証されるというメリットがあります。

    TikTok広告は、ブランドオークション広告を除いた他すべての広告メニューが純広告にあたります。そのうち起動画面広告は最低600万円、ハッシュタグチャレンジ広告は最低1,000万円などと高額です。

    より安くTikTok広告を運用したい方は、最低42万円で60万インプレッションが保証されている「Brand Premium広告」、もしくは入札方式で柔軟に予算を組める「ブランドオークション(運用型広告)」を選択しましょう。
     

    人気ジャンルの傾向が変わりつつある

    TikTokと言えばダンスやリップシンク(口パク)、自撮り系コンテンツの人気が高いイメージがあるかもしれません。しかし最近では、コンテンツの多様化と共に人気ジャンルの傾向が変化してきています。

    TikTok For Business 2021 Q4 MEDIA GUIDE」によると、2019年5月から2020年5月までの間に以下のようなトレンドの変化が現れました。

    • 人気が低くなりつつあるジャンル(平均視聴数25%ダウン)
      ダンス、リップシンク、自撮り系、可愛い女の子、イケメン
    • 人気が高まりつつあるジャンル(平均視聴数28%アップ)
      アニメ・漫画、映画・ドラマ、音楽、エンタメ、フィットネス、ペット、料理・グルメ、赤ちゃん、日常風景

    2018~2020年頃であればハッシュタグチャレンジ広告を活用し、サントリーやユニクロなどがユニークなダンスコンテストを開催して大成功をおさめました。

    一方、2022年現在はダンス以外の多様なコンテンツが求められています。単に「TikTokだから動画にダンスを絡ませれば良いだろう」と考えるのではなく、トレンドに対して常にアンテナを張り、誰が見ても新鮮に思えるようなクリエイティブを制作するようにしましょう。
     

    TikTok広告の活用事例

    TikTok広告の活用事例最後にTikTok広告の具体的な活用方法を知るうえで欠かせない成功事例を紹介します。ここではハッシュタグチャレンジ広告やインフィード広告などを活用する3社の事例を解説します。

    • ミューズ「手洗いチャレンジ」(ハッシュタグチャレンジ広告)
    • サイコミ(インフィード広告)
    • モンスターストライク(起動画面広告)
       

    ミューズ「手洗いチャレンジ」(ハッシュタグチャレンジ広告)

    @kageihina きれいに手を洗おう!#手洗いチャレンジ #HandWashChallenge #PR ♬ 手洗いチャレンジ - ミューズ石鹸

    薬用石けんを販売するミューズは、「#手洗いチャレンジ(#Handwashchallenge)」というハッシュタグチャレンジ広告を出稿しました。衛生管理ニーズが高まる昨今において、正しい手洗いの方法を伝える目的でキャンペーンを公開しています。

    「手のひらをゴシゴシ」や「指の間をゴシゴシ」といった4つのステップを通して、正しい洗浄方法が分かる仕組みです。オリジナルの楽曲やダンスを取り入れることで、ユーザーが気軽に参加しやすい環境を作り上げました。「景井ひな」や「りかりこ」など人気インフルエンサーを活用し積極的に話題作りを行ったことから、多数のUGCが生まれています。

    参考:TikTok For Business 活用事例
     

    サイコミ(インフィード広告)

    @motsumotsu_manga 『TSUYOSHI 誰にも勝てない、アイツには』が全話基本無料で読めるのはサイコミだけ!最新話毎週更新中!#サイコミ#TSUYOSHI#漫画紹介#本の紹介#漫画感想#PR ♬ オリジナル楽曲 - もつもつ🍆漫画紹介のひと

    無料マンガ配信サービスのサイコミは、「TSUYOSHI 誰にも勝てない、アイツには」というタイトルを紹介するためにインフィード広告を出稿しました。

    動画の冒頭には「1度で2度おいしい作品」というキャッチコピーが含まれています。先ほど「TikTok広告は冒頭3秒が大事」と説明しましたが、サイコミはユーザーの興味をかき立てるインパクトのあるキャッチコピーを紹介しており、再生開始直後の印象の重要性が分かります。

    動画の最後にCTAにつなげているのも特徴です。動画を最後まで見たユーザーは、「サイコミならこのマンガを全巻無料で読める」と紹介を受けることでより興味が湧き、公式サイトまで足を運ぼうとするでしょう。
     

    モンスターストライク(起動画面広告)

    モンスターストライク(起動画面広告)

    ソーシャルネットワークサービスやモバイルゲームを展開するミクシィは、TikTokの起動画面広告を活用してパズルゲーム「モンスターストライク」のPRを行いました。

    アプリ起動直後の全画面に広告を表示できる起動画面広告のメリットを活かし、芸能人を起用したインパクトのある訴求を行っています。とはいえ画面が乱雑になっているわけではなく、「総額4億円プレゼント」「モンスト運極BINGO生配信」などコンセプトがシンプルにまとまっているのが特徴です。
     

    TikTok広告を活用し、ビジネスを加速させよう

    TikTok広告には「スプラッシュスクリーン広告」をはじめとする5種類の広告メニューがあり、それぞれ目的によって使い分けられます。特に「ハッシュタグチャレンジ広告」や「ブランドエフェクト広告」は、ユーザーが楽しみながら参加できるため、話題作りには最適です。成功事例も参考にしながら、自社に合う広告はどれなのか精査してみましょう。

    また、広告感が薄くインパクトが強いクリエイティブを出稿できれば、商品・サービスの購買率向上につながります。商品・サービスと親和性の高いインフルエンサーを活用するなどし、効果的なTikTok広告を出稿してみましょう。

    HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

     

    TikTok for Businessマーケティングガイド

    トピック: TikTok

    関連記事

    ダウンロード:TIKTOK FOR BUSINESS無料ガイド のポップアップを開く TIKTOK FOR BUSINESSマーケティング無料ガイド

    ビジネスのコンテンツ作成やプロモーションに役立つTikTok活用法をご紹介します。

      ダウンロード:TIKTOK FOR BUSINESS無料ガイド のポップアップを開く TIKTOK FOR BUSINESSマーケティング無料ガイド

      Marketing software that helps you drive revenue, save time and resources, and measure and optimize your investments — all on one easy-to-use platform

      START FREE OR GET A DEMO