ウェブサイトが「家」だとすると、ウェブサイトのURLは家の住所に当たるものです。住所と同じように、URLはウェブサイトがインターネット上のどこにあるかを定義するものであり、訪問者はURLを使うことで簡単にサイトにアクセスできます。またGoogleでは、ウェブサイトの内容を把握するためにURLの情報も利用しています。

詳しく見てみると、URLは5個の構成要素で成り立っています。あまり目立たない存在ですが、サイトのUXやSEOを最適化するうえでは重要です。URLの各要素が何を表すのかをよく理解していただけるように、以降で詳しく説明していきます。

URLの構造

1. スキーム

URL_scheme

スキームは、ウェブサーバーがウェブサイトのページにアクセスするときに使用するプロトコルを示す要素です。

現在最も一般的なスキームは、HTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)です。このスキームを使うと、ウェブブラウザー上でページに入力したすべての情報(パスワードやクレジットカード情報など)が暗号化され、サイバー犯罪を防止できます。HTTPSの導入はウェブサイト訪問者の保護だけでなく、Googleの検索順位の引き上げにもつながります。

その他にも、さまざまなスキームがあります。たとえば、mailto://というスキームを使うと、ユーザーのコンピューターで既定のEメールアプリケーションが開き、URL内で指定されたEメールアドレス宛のメールを作成できるようになります。またftp://は、コンピュータネットワーク上のクライアントとサーバー間で、コンピューターファイルを転送するための標準プロトコルです。

 

2. サブドメイン

スクリーンショット 2019-10-04 16.43.20

ウェブサイトが「家」だとすると、サブドメインはその家の中の個室のようなものです。URLのサブドメインは、ウェブサイトに含まれる特定の分類のページを表す要素です。たとえば、「blog」というサブドメインならウェブサイト内のブログページが、「campaign」というサブドメインならキャンペーンページが表示されるという具合です。

また、サブドメインにはウェブサイトのコンテンツを大きく分類する役割や、ウェブサイトにトップページ以外のページがあることをGoogleや訪問者に知らせる役割もあります。

 

3. セカンドレベルドメイン

スクリーンショット 2019-10-04 16.45.47

セカンドレベルドメイン(SLD)は、ウェブサイト全体の名前を表します。これを見ることで、今アクセスしているウェブサイトを確認できます。たとえば、「mlb.com」と表示されていれば、それだけで自分がメジャーリーグのウェブサイトにアクセスしていることがわかります。

 

4. トップレベルドメイン

スクリーンショット 2019-10-04 16.46.56

トップレベルドメイン(TLD)は、インターネット上で登録されている組織の種別を表す要素です。

たとえば、「.com」は営利団体を想定したTLDであり、多くの企業が「.com」を使用しています。同様に、「.edu」は教育機関を想定したTLDであり、多くの大学が「.edu」を使用しています。

 

5. サブディレクトリ

スクリーンショット 2019-10-04 16.48.55

サブディレクトリは、ウェブサイトの中でどのセクションが表示されているかを表す要素です。 

たとえば、Tシャツ、帽子、マグカップなどを販売しているオンラインストアなら、「https://shop.yourstore.com/hats」のようなURLが考えられます。この場合、サブドメインが「shop(ショップ)」、サブディレクトリが「hats(帽子)」なので、このURLは「ショップ」のページの下にある「帽子」のページという意味になります。

 

URLの構造はささいに見えて重要な問題

URLをあまり重視しない方も多いですが、ウェブサイトのUXとSEOを考えるうえで重要なものです。URLの構造を理解できたら、ぜひ下記の無料eBookもお読みいただき、SEOへの理解を深めていってください。

SEO-Myths-2019

元記事発行日: 2019年10月04日、最終更新日: 2019年10月04日