YouTube広告の中でも、検討段階にあるユーザーへのアプローチに有効なのが、「TrueViewディスカバリー広告」です。

→ダウンロード: YouTubeマーケティング完全無料ガイド

本記事では、TrueViewディスカバリー広告の仕組みやメリット・デメリット活用を進めていくうえで欠かすことのできないポイントについて解説を進めていきます。

TrueViewディスカバリー広告とは?

TrueViewディスカバリー広告とは、Youtube広告の配信フォーマットの1つ、YouTubeの検索結果や関連動画、ディスプレイネットワークに表示されます。

TrueViewディスカバリー広告とは?1

こちらはYouTube内で「中古車 選び方」と検索した結果で表示されたページです。検索結果の上部に表示されているのがディスカバリー広告です。

TrueViewディスカバリー広告とは?2

こちらはYouTube内で「プログラミングスクール」と検索し、上位表示された動画を閲覧したページです。右側の関連動画スペースに黄色の枠で「広告」と表示されているのがディスカバリー広告です。

YouTube広告の中でも主流となっているインストリーム広告とは全く違った形式の広告枠であることは一目瞭然です。インストリーム広告との違いについて、広告主の目線で明確に説明ができる方は案外少ないのではないでしょうか。
 

TrueViewディスカバリー広告の仕組み

TrueViewディスカバリー広告は動画広告という点ではインストリーム広告と同様ですが、「プッシュ型で動画が配信される広告ではない」点が大きな違いです。

どちからというとバナー広告の仕組みに近く、ユーザーが広告をクリックすることで初めて動画が再生されます。

あくまで「ユーザーによる能動的なアクションがあって初めて再生される動画広告である」のがディスカバリー広告特有の仕組みです。

広告が表示される箇所は、主に以下の3箇所となります。

  • YouTubeの検索結果画面
  • YouTubeの関連動画スペース
  • モバイル版YouTubeのトップページ

TrueViewディスカバリー広告は、動画のサムネイルとテキストで構成される仕組みとなっています。
 

TrueViewディスカバリー広告の特徴は?

TrueViewディスカバリー広告の特徴とメリットについて、整理していきましょう。

最大の特徴は、ユーザーが自ら広告をクリックしないと、再生されない(課金されない)点でしょう。

見込みの高いユーザーに絞り込んだ広告配信が可能なため、高いROI(投資利益率)が期待できると言えます。

特に検索ページに表示される際は、検索キーワードと関連性の高い広告が表示されます。リスティング広告に近い形式なので、何かしらの課題を持つユーザーにピンポイントでアプローチできます。

さらに、YouTube広告が持つターゲティング機能と掛け合わせることで、より確度の高い訴求を行うことも可能です。

次の章では、YouTube広告が持つターゲティング機能とディスカバリー広告を掛け合わせ、より確度の高い訴求を実現するための方法を見ていきましょう。
 

ターゲティング機能「カスタムインテントオーディエンス」

ターゲティング機能「カスタムインテントオーディエンス」

TrueViewディスカバリー広告には、優れたターゲティング機能であるカスタムインテントオーディエンスという仕組みが用意されています。カスタムインテントオーディエンスは、YouTube広告の広告主であれば誰でも利用することができるターゲティング機能です。

具体的には、Google検索の結果から当該広告の関連キーワードで検索をしている、つまり購買意向が強いと想定できるユーザー層を抽出し、抽出したユーザー層に特化して広告を配信できる機能です。

例えば「野球 グローブ 価格」と検索したユーザーが閲覧するYouTubeのディスカバリー広告欄に、自社の野球グローブをブランディングする動画の広告を表示させることができるわけです。
 

TrueViewディスカバリー広告の費用

前述のように、ディスカバリー広告はユーザーがサムネイルをクリックし、広告を視聴することで初めて課金が発生します。

ディスカバリー広告もその他のGoogle広告全般と同様にオークション形式で価格が決定されるため、1クリックあたりの正確な単価はそれぞれのジャンルや条件で異なります。

仮に、1クリックあたりの単価を100円と想定し、カスタムインテントオーディエンスと組み合わせた出稿をすると「1回100円で自社サービスに潜在的なニーズを持つユーザーに動画広告を閲覧してもらえる」と言い換えることができるのではないでしょうか。
 

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順

それでは、出稿に必要となる手順を大枠で解説いたします。

  1. 広告用の動画を用意する
  2. 動画をYouTubeにアップする
  3. Google広告アカウントから広告設定を行う
  4. 審査を通過すると広告配信が始まる

中でも③が最も難しく感じられる部分だと思われるので、実際の管理画面を見ながら手順を確認してみましょう。

③-1. Google広告アカウントにログインします。

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順1

③-2. Google広告アカウントにログイン後、キャンペーンタブをクリックします。

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順2

③-3. 「+ キャンペーン」より「動画」を選択します。

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順3

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順4

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順5

③-4. 「キャンペーン名」「予算」「掲載期間」「掲載先のネットワーク」「地域」などを設定します。

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順6

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順7

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順8

TrueViewディスカバリー広告の出稿手順9

TrueView(YouTube)動画広告出稿の基本手順と設定方法 | movieTIMES ムービータイムス - Part 2

③-5. 広告グループの作成で「広告グループ名」「上限広告視聴単価」「リーチする対象のユーザーの絞り込み」「広告を表示する場所の絞り込み」などを設定します。

Googleは広告の公式ヘルプページを用意しています。そのため、詳細な出稿手順を確認したい場合にはGoogle 広告ヘルプを確認してください。

最近は少し時間のかかるケースが増えてきているようなので、どのような広告が審査を通りづらいかを含めて、事前に研究しておく必要があるでしょう。
 

まとめ

TrueViewディスカバリー広告は、活用次第で非常に成果を期待できる広告配信形式です。検索画面に広告を表示できるため、リスティング広告のような活用も可能でしょう。

ある程度ニーズが高まっているユーザーにアプローチしやすいからこそ、ユーザー理解を深める必要があります。同じように出稿している競合企業ではなく自社をクリックしてもらうためには、サムネイルとタイトルをユーザーの求める内容に近づけること(さらに言えば、ユーザー心理を捉えた動画作成)が重要となります。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

New call-to-action

 YouTubeマーケティング完全ガイド

元記事発行日: 2020年8月27日、最終更新日: 2020年8月28日

トピック::

Youtube 広告