Google広告の設定時に「広告表示オプション」という項目を見かけたことがあると思います。適用すると、通常の広告文や見出しに加え、より詳細な説明や住所・電話番号、Webサイトの特定ページへのリンクなどを掲載できます。

ダウンロード: Google広告活用無料ガイド

これにより、ユーザーはより多くの情報を一度に確認でき、問い合わせや購買のためのアクションを起こしやすくなります。企業にとって広告の成果を最大化させるのに重要な要素というわけです。

本記事では、広告表示オプションの仕組みや設定方法、種類ごとの特徴、成果の確認方法などを解説します。

広告表示オプションとは?

広告表示オプションとは

広告表示オプションとは、Google広告の広告文や見出しのほかに、解説や住所、電話番号、リンクなどを追加で掲載できる機能のことです。上の画像の赤枠内が該当箇所で、種類はさまざまあります。

広告表示オプションがあると、ユーザーは欲しい情報へダイレクトに遷移でき、利便性の向上につながります。
 

広告表示オプションの課金の仕組み

表示や課金の仕組み

広告表示オプションは、設定すれば必ず表示されるというわけではありません。

設定のうえで、広告ランクと掲載順位がGoogleの基準を満たすと表示されます。広告表示オプションの組み合わせは自動で決定され、出稿者側ではコントロールできません。なお、不要な項目の削除は可能です。

広告表示オプションがクリックされると、広告本体と同様の課金が発生します。ただし、1インプレッションあたり2回までしか請求されません。オプションが3回クリックされても料金は2回分になります。
 

導入するメリットは?

広告表示オプションを活用するメリット

次に、広告表示オプションから得られる3つのメリットを説明します。
 

広告ランク向上

Google広告にはクリエイティブの品質に応じたランクがあり、ランクの高い順に上位掲載されます。このランク付けには広告表示オプションも関わっており、設定するだけで評価が向上する傾向にあります。表示される・されないに関わらず、設定を済ませておきましょう。
 

コンバージョン向上

広告表示オプションの設定によって露出できる情報量が増え、ユーザーの行動導線も同様に増えます。すると広告のクリック率が上がり、ひいてはコンバージョンへ結びつきやすくなります。
 

クリック単価抑制

Google広告では、広告ランクが高いほど単価は下がっていきます。前述のように、広告表示オプションにはランクを上げる効果がありますから、設定すれば単価を割安にもできるのです。
 

Google広告活用ガイド

広告表示オプションの設定方法

広告表示オプションの設定方法

広告表示オプションは、Google広告の管理メニューから設定します。手順は6ステップに分けられます。

  1. Google広告の管理画面に入る
  2. 左メニューにある「広告と広告表示オプション」をクリック
  3. 上部にある「広告表示オプション」をクリック
  4. 「+」ボタンをクリックし、設定したい広告表示オプションを選択
  5. 広告表示オプションを反映したいキャンペーンか広告グループを選び、「完了」をクリック
  6. 必要事項を入力し、「保存」をクリック

以上で設定が完了します。設定するだけでメリットがあるので、ぜひやっておきましょう。
 

広告表示オプションの種類と特徴・使い方一覧

広告表示オプションの種類と特徴・使い方一覧

広告表示オプションにはさまざまな種類があります。各オプションの特徴を知り、最適な活用法を探りましょう。
 

サイトリンク表示オプション

サイトリンク表示オプション

「サイトリンク表示オプション」は、広告本体の下にリンクを追加表示する機能です。ユーザーにより多くのアクション導線を提供でき、さらに広告全体が目立つようになるため、クリック率の上昇を見込めます。
 

文字数と表示要件

  • リンクテキストは半角25文字以内
  • 説明文は半角35字以内
  • 最低でも2つは設定すること
  • 最大表示数はパソコンで6個、モバイルやタブレットでは最大8個
    ※1ページしかないLPでは設定できません
     

コールアウト表示オプション

コールアウト表示オプション

「コールアウト表示オプション」は、広告説明文に続けて、さらに詳細な情報や訴求ポイントを掲載できる機能です。
 

文字数と表示要件

  • 半角25文字以内
  • 最低でも2つ以上設定すること
  • 最大表示数は10
    ※内容はいつでも変更できます
     

構造化スニペット表示オプション

構造化スニペット表示オプション

構造化スニペット表示オプションについて - Google 広告 ヘルプ

「構造化スニペット表示オプション」は、商品・サービス内容を記載できる機能です。

上の画像だと「サービス:」の部分をヘッダーといい、この内容に沿った文言を記載します。ヘッダーは「設備」「ブランド」など他にもあるので、商材に合ったテーマを設定しましょう。

なお、構造化スニペット表示オプションは、あくまで商品やサービスの内容を伝えるためのものです。コールアウト表示オプションとは違い、メリットを直接訴求するとポリシー違反になるので注意が必要です。
 

文字数と表示要件

  • 半角25文字まで
  • 1つのヘッダーにつき4項目は設定すること
     

電話番号表示オプション

電話番号表示オプション

「電話番号表示オプション」は、その名の通り電話番号を追加表示できる機能です。

スマートフォンの場合、これをタップすると電話するかどうかの確認画面が出てきます。ワンタッチで問い合わせできるのは便利ですね。
クリニックのような緊急性の高いサービスや相談窓口などに向いています。
 

住所表示オプション

住所表示オプション

住所表示オプションについて - Google 広告 ヘルプ

「住所表示オプション」は、会社や店舗の住所、電話番号、営業時間などを表示できる機能です。住所をクリックするとGoogleMapが、電話番号をクリックすると発信確認画面が表示されます。

店舗ビジネスをやっているのであれば、必ず設定しておきましょう。
 

アフィリエイト住所表示オプション

アフィリエイト住所表示オプション

「アフィリエイト住所表示オプション」は、広告主の商品を取り扱う最寄りの店舗を表示できる機能で、小売チェーンと自動車ディーラーのみ適用可能です。

どこで売っているか一目で確認できて便利なため、該当の企業は設定しておきましょう。
 

価格表示オプション

価格表示オプション

「価格表示オプション」は、商品・サービスの価格と仕様をメニュー表示できる機能です。

上の画像だと、ブランドAとブランドBで、それぞれ別々の商品ページへリンクさせられます。ユーザーが求める商品ページへダイレクトに誘導でき、コンバージョン増加が期待できます。
 

文字数と表示要件

  • ヘッダーと説明文は半角25文字以内
  • 最低でも3つ以上設定すること
     

アプリリンク表示オプション

アプリリンク表示オプション

「アプリリンク表示オプション」は、広告本体の下にアプリのダウンロードボタンを表示できる機能です。

ただし、あくまでWebサイトへ遷移するかアプリをダウンロードするか、ユーザーに2つの選択肢を提示するのが目的です。アプリダウンロードに絞りたいなら「アプリ広告」を利用しましょう。
 

文字数と表示要件

  • リンクテキストは25文字以内
     

プロモーション表示オプション

プロモーション表示オプション

「プロモーション表示オプション」は、商品やサービスのディスカウント情報を表示する機能です。文章にリンクを貼り付けられるので、キャンペーンページへ直接誘導できます。

ただし、書き込めるのはディスカウントに関する情報のみ。商品説明などはポリシー違反となります。
 

文字数と表示要件

  • 本文は半角20文字以内
    ※通年のディスカウント情報も表示可能
     

販売者評価表示オプション

販売者評価表示オプション「販売者評価表示オプション」は、ユーザーによる評価を広告に表示できる機能です。評価基準はGoogleのカスタマーレビューやアンケートなど。

広告主は設定できず、一定の要件を満たした場合に自動で表示されます。そのため、販売者評価表示オプションのクリックには課金が発生しません。
 

表示要件

販売者評価は検索ネットワーク キャンペーンで表示され、次のいずれかの条件を満たす場合にのみ、その国で表示されます。

  • 弊社で Google カスタマー レビューやサードパーティのレビュー パートナーを通じて過去 12 か月以内にその国のクチコミを 100 回以上受信した場合
  • 弊社またはそのパートナー、あるいはその両方がお客様のサイトの調査を完了した場合
  • または弊社で Google 消費者アンケートによるお客様のサイトの評価が完了した場合
  • また、次の条件を満たす必要があります。
  • テキスト広告の評価が平均および複合で星 3.5 個以上
  • 現在、Google ショッピングでは平均評価が星 3.5 個に満たない場合でも販売者評価を表示できます
  • 広告の表示 URL のドメインが、弊社が評価を付けたドメインと一致

各国でユーザーから提供されたクチコミは、その国でのビジネス評価にのみ反映されるようになります。

引用:販売者評価の広告表示オプションについて - Google 広告 ヘルプ
 

リードフォーム表示オプション

リードフォーム表示オプション

リードフォーム表示オプション(ベータ版)を使用してより迅速に顧客にアプローチする - Google 広告 ヘルプ

「リードフォーム表示オプション」は、広告本体の下に問い合わせフォームを設置できる機能です。Webサイトへ移らずとも問い合わせできる分、リード客獲得がしやすくなります。

ただし、フォームを開いただけで課金が発生する点には注意が必要です。
 

広告表示オプションの成果を確認する方法

広告表示オプションの成果を確認する方法

広告表示オプションの成果は、Google広告の管理画面で確認できます。方法の一例をご紹介します。
 

成果の高い広告表示オプションを調べるには?

どの広告表示オプションが成果を出しているかを調べる方法は以下の通りです。

  1. 管理画面から「広告と広告表示オプション」を選択する
  2. 「広告表示オプション」のタブを選択
  3. オプションごとの表示回数やクリック率など、各項目の確認する
     

広告内のどのオプションがクリックされたか調べるには?

広告内のどのオプションがクリックされたかを確認する方法は以下の通りです。

  1. 管理画面から「広告と広告表示オプション」を選択
  2. 「広告表示オプション」のタブを選択
  3. 「分割」
  4. 「クリックタイプ」を選択
  5. 数値をチェック
     

特定の広告表示オプションの成果状況を調べるには

特定の広告表示オプションの成果状況を確認する方法は以下の通りです。

  1. 管理画面から「広告と広告表示オプション」を選択
  2. 「広告表示オプション」のタブを選択
  3. 「分割」から「クリックタイプ」を選択
  4. 「この広告表示オプションとその他」を選択
  5. 数値をチェック
     

広告表示オプションを活用して広告の成果を高めよう

広告表示オプションは、設定すると広告ランクが上がり、またユーザーへ提供できる情報や導線が増えます。その分コンバージョンへ結びつきやすくなるので、必要なものはぜひとも設定しておきたいものです。

ただし、上述したように、広告表示オプションが表示されるには、広告ランクや掲載順位が一定基準を満たす必要があります。広告自体の品質を上げつつ、入札価格は可能な範囲内での最大値を見極めていきましょう。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

Google広告活用ガイド

元記事発行日: 2020年6月22日、最終更新日: 2020年6月22日

トピック::

Google広告