「Google 広告でどのくらいの効果が見込めるのかわからない」と感じることはありませんか?

→ダウンロード: Google 広告を活用して有望なリードを増やす方法無料ガイド

運用を続けてもなかなかうまくいかないというケースはよくありますが、いくつかのポイントをおさえれば、一定の効果が期待できます。

本記事では、Google 広告で効果が出ないのはなぜか、効果を出すコツはどこにあるのかを解説します。 Google 広告の出稿を検討している、または運用に苦戦している方は、ぜひ参考にしてみてください。

Google 広告を活用して有望なリードを
増やす方法

Google 広告はどんな効果が期待できる?

Google 広告の効果とは

Google 広告ではどのような効果を期待できるのでしょうか。

様々な目的に利用できるので期待できるポイントは多々ありますが、例えば次のようなものが挙げられます。

  • Webサイトへのアクセス促進による商品購入・見積もりなどのコンバージョン増加や認知度のアップ
  • Click-to-Call ボタン(コールセンターにつながるボタン)による問い合わせの電話件数アップ
  • 店舗紹介や地図紹介による実店舗の来店者数アップ

検索結果ページに表示されるリスティング広告、コンテンツサイトに表示されるディスプレイ広告、YouTubeやInstagramなどに配信される動画広告などを目的に沿って使い分けることで、自社が設定するコンバージョンの増加につなげられます。


 

Google 広告で効果が出ないのは何が原因なのか

Google 広告は「効果がない」のではなく、「必ずしも効果があるとは限らない」という説明が適切です。期待したような効果が出ていない場合は、何かしら原因があります。ここでは、Google 広告で思うような効果が出ていない場合の主な原因をご紹介します。
 

ターゲットが適切に設定できていない

ターゲティング(ターゲットの設定)を適切に行わないと、想定しているユーザーに広告が表示されない可能性があります。

想定しているユーザーに広告を表示するには、Google 広告のターゲット設定画面から、次のような属性や配信先を設定しましょう。

  • 年齢・性別・世帯・興味関心・ライフステージなど
    ターゲットとするキーワードやプレースメント

広告を出稿する前にユーザーのペルソナを決定し、詳細なターゲティングを行いましょう。
 

広告の目標が明確ではない

Google 広告には、さまざまな「目標」があり、目標に応じて課金プランなどが決まる仕組みになっています。例えば、ブランド認知度の拡大と販売促進では、ユーザーに期待する行動も変わってきます。

広告のターゲットと共に、広告出稿によって何を目指すのかも明確にしておきましょう。
 

キーワードの検索数が少ない

検索ボリュームの少ないキーワードは、検索するユーザーが少ないということです。そのため、広告が表示される機会も少なくなります。

特に、新しい商品やサービスをリリースした際は、キーワードの検索数が少なくなるため注意が必要です。Google キーワードプランナーを利用して、検索ボリュームのあるキーワードを設定しましょう。

ただし、検索ボリュームが多いキーワードは競合も多くなり、単価も高くなります。そのため、予算を考慮してキーワードを設定しましょう。

キーワードの設定方法に関しては、記事の後半で紹介しています。
 

クリエイティブ(画像・文章)がターゲットに合っていない

ターゲットユーザーに興味を持ってもらうには、魅力的なクリエイティブ(画像・文章)が必要です。クリエイティブの質は、コンバージョンやクリック率にも影響するため、ユーザーのニーズを汲んだ文章や画像を用意しましょう。

例として、次のような文章や画像があげられます。

  • 具体的な数値や商品の強み:「今なら◯◯%オフ」「〇〇なら〇〇ができる」
  • ユーザーの行動を促す言葉:「今すぐダウンロード」「詳細はこちらから」
  • ユーザーが使用シーンをイメージできるような画像画像

コンバージョンやクリック率を上げるために、魅力的なクリエイティブを作成しましょう。
 

データ分析ができていない

広告は、配信しながら結果を分析し、クリエイティブや広告の設定を微調整していくことが大切です。データ分析が甘いと、良い結果になっても悪い結果になっても理由がわからず、改善につなげるのが難しくなります。

次のようなデータやレポートを分析して、効果的な広告運用を行いましょう。

  • 詳細分析:クリック数の多い時間帯や地域などを確認できる
  • 検索語句レポート:広告の表示につながったキーワードの確認ができる
     

Google 広告の効果的な運用方法ポイント6つ

ここでは、Google 広告の効果を高めるためのポイントを6つ解説します。

キーワードや目標、ターゲット設定などを適切に行えば、Google 広告を効果的に運用できます。
 

ポイント1.Google 広告の効果が出やすいキーワードを選択する

Google 広告で期待している効果を出すには、想定しているユーザーに向けたキーワードの設定が重要です。

成果を出すキーワードを設定するには、次のような手順を踏む必要があります。

  1. 商品や競合、ニーズを分析して、メインキーワードを選択する。
  2. 関連するサブキーワードを洗い出す
  3. 表示されるキーワードのマッチタイプを設定する
  4. 不要な除外キーワードを設定する

キーワードの設定によって、広告が表示される対象が大きく変わります。サービス名や商品名から、ユーザーが検索するであろうキーワードを推測し、ユーザーの検索キーワードと設定したキーワードを一致させましょう。
 

ポイント2.Google 広告を運用する目標を明確にする

Google 広告の目標を明確にすることで、目標に応じた分析や改善を行えます。目標を明確にすれば、KPI(重要業績評価指標)から何をどのように改善すれば良いかがわかるためです。

代表的なKPIと指標からわかることは、次の通りです。

指標

指標からわかること

IMP(インプレッション)
  • 広告の表示回数
  • 認知度向上の目的に関連する
CTR(クリック率)
  • 広告表示に対するクリックの頻度
  • 広告がサイトへの誘導につながっているかどうかに関連する
CPC(クリック単価)
  • 1回のクリックで発生する費用
  • 広告の費用対効果を知ることができる
CVR(コンバージョン率)
  • サイトへの流入に対してどれだけ結果に結びついたかの指標
  • 広告が販売や問い合わせにつながっているかどうかがわかる
CPA(獲得単価)
  • CV(コンバージョン)獲得にどれだけの費用がかかったかの指標
ROAS(広告費用対効果)
  • 広告費用に対する売り上げを示す指標

これらの指標を元に、販売促進や認知度の向上などにつながっているかなどを分析します。分析と改善を繰り返すことで、効果的な広告運用につながります。

また、キャンペーンを作成する際には、適切な目標を設定しましょう。

目標設定の種類は次の通りです。

目標

用途

販売促進

販売につながる可能性が高いユーザーにアプローチ、または販売の促進を行う

見込み客の醸成

関連のあるユーザーにニュースレターの配信登録や連絡先の提供など行い関心を高めるよう促す

Webサイトのトラフィック

見込み顧客をWebサイトへ訪問するよう促す

製品やブランドの比較検討

ブランドに興味があるユーザーに働きかける

ブランド認知度のリーチ

商品やサービスの認知度を高める

アプリのプロモーション

アプリのインストールやエンゲージメント(契約)を促進する

来店数と店舗売上の向上

店舗への来店を促す

出典:Google 広告ヘルプ Google 広告のキャンペーン目標について

目標を明確にしてから設定を行い、目標に沿った広告運用を行いましょう。
 

ポイント3.ターゲット設定を明確にする

ターゲティング(ターゲット設定)を明確にすることで、想定しているユーザーに適切なタイミングで広告の表示を図ることができます。

具体的には、キャンペーンの作成時に、次のようなターゲティングを行うことが可能です。

  • ユーザー属性:地域・年齢・性別・端末の種類
  • アフィニティカテゴリ:ライフスタイル・趣味・習慣
  • 購買意欲の強いユーザー層:類似商品を調べていたり商品の購入を検討したりしているユーザー
  • カスタムオーディエンス:キーワード・Webサイト・アプリの指定
  • リマーケティング:自社サイトやアプリにアクセスしたことのあるユーザー

ターゲティングできるカテゴリは、ほかにも多数あります。想定しているユーザーの情報を詳細に洗い出し、当てはまる情報はすべてターゲティングしておきましょう。
 

ポイント4.データ分析できる環境を整える

Google 広告を効果的に運用するには、分析と改善を繰り返すことが必要です。Google 広告に備わっている分析機能だけでなく、Google アナリティクスとの連携を活用しましょう。

Google 広告だけでも、前述したKPIなどの分析が可能ですが、Google アナリティクスと連携すると、次のように細やかな分析が可能になります。

  • 直帰率:全体の訪問の内、何%が1ページしか閲覧していないか
  • 平均セッション時間:Webサイトの平均滞在時間
  • 新規セッション率:初めてサイトに訪れたユーザーが、利用しなくなるまでの一連の行動

 

ポイント5.広告アカウントの構造はシンプルにする

広告アカウントの構造をシンプルにすると、Google 広告の機械学習が最適化されるだけでなく、広告のパフォーマンスを分析する際に、確認作業を効率化できます。

シンプルなアカウント構造と、複雑になってしまっているアカウント構造を比較してみましょう。以下は広告グループの例です。

広告アカウントの構造はシンプルにする

図の下部のアカウント構造は、広告の表示機会が分散してしまうため、機械学習を最適化できず、運用も効率よく行えません。

一方で、図の上部のアカウント構造は、1つの広告で1つの訴求を行うことができ、機械学習が最適化され、作業の効率化が期待できます。

広告アカウントをシンプルにして、Google 広告のパフォーマンスを高めましょう。
 

ポイント6.広告表示オプションはすべて作成する

広告表示オプションを有効活用すれば、コンバージョンやクリック率などの増加につなげられる可能性が高まります。

広告表示オプションとは、広告の見出しや説明文だけでは紹介できない、電話番号や住所、商品ページへのリンクなどです。

電話番号が掲載されていれば、ユーザーが緊急性のある悩みを電話で問い合わせることが可能になります。また、商品購入の意志が高ければ、商品ページリンクを設定しておくことで購入につなげられます。

広告表示オプションも忘れずに設定しておきましょう。

広告表示オプションの設定方法や特徴を知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

しっかり準備を整えて効果的なGoogle 広告運用を

Google 広告は出稿前のキーワードやターゲット、目的などの設定によって効果が大きく変わります。また、シンプルなアカウント構造にしておくことや広告表示オプションの設定も、長期的なパフォーマンス改善を目指すうえで重要です。

事前準備から出稿後の分析、改善も行い、効果的な広告運用を目指しましょう。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

Google 広告を活用して有望なリードを増やす方法

 Google 広告を活用して有望なリードを増やす方法

元記事発行日: 2022年8月31日、最終更新日: 2023年1月30日

トピック::

Google広告