現在オンライントラフィック全体の74%以上を動画コンテンツが占め、YouTubeでは毎日50億本以上の動画が視聴されているといったデータ(英語)が示すように、YouTubeが重要なコンテンツツールであることは改めて言うまでもありません。

今回は、ブランドのYouTubeチャンネルを作成するための、セットアップから初めての動画公開までの手順を分かりやすく解説します。

ネットを活用してマーケティングを行う理由とその方法を解説した無料ガイド

YouTubeチャンネルの作成方法

1. Googleアカウントの登録

YouTubeコンテンツの視聴、共有、作成、コメント入力にはGoogleアカウントが必要です。

Googleアカウントを取得していない場合

youtube.comを開き、画面右上の[ログイン]をクリックします。Googleのログインページが開いたら[アカウントを作成]をクリックします。

j02_Sign_in

画面の指示に従ってGoogleアカウントを作成します。作成が完了したらステップ2に進みます。

Googleアカウントを取得している場合

youtube.comを開き、画面右上の[ログイン]をクリックします。上記のGoogleのログインページが開いたら、複数のGoogleアカウントを持っている場合はYouTubeチャンネルと関連付けたいアカウントを選択してください。

2. 新しいYouTubeチャンネルの作成

Googleアカウントを作成してログインしたら、チャンネルを作成します。youtube.comに戻り、画面右上のユーザーアイコンをクリックします。YouTubeはGoogle傘下の企業なので、このアイコンが表すGoogleアカウントはYouTubeアカウントでもあります。ドロップダウンメニューが開いたら[設定]をクリックします。

j03_Settings

アカウントの概要画面が開きます。[その他の機能を見る]の下の[新しいチャンネルを作成]をクリックします。

j04_Create_New_Channel

まず、ブランドアカウントを作成します。アカウント名に好きな名前を入力してください。作成したGoogleアカウント名と同じにする必要はありませんが、何のブランドのYouTubeチャンネルなのかすぐに分かるような名前にすることをお勧めします。

j05_Brand_Account

ブランドアカウント名を入力した後にSMSまたは電話によるアカウント確認が求められた場合は、連絡方法を選択し、受け取ったコードを入力します。

ブランドアカウントの確認が完了するとチャンネルのダッシュボードが開きます。次はカスタマイズを行います。

3. ユーザーの目に留まるようチャンネルの最適化

チャンネルの基本情報を設定します。チャンネルのダッシュボードで[チャンネルをカスタマイズ]をクリックします。

j06_Customize_Channel

[チャンネルをカスタマイズ]をクリックすると、基本のチャンネルページが開きます。下図の矢印で示した場所に歯車のアイコンが表示されています。

j07_Cogwheel_Icon

このアイコンをクリックし[詳細設定]のセクションを選択します。

j08_Advanced_Settings

拠点とする国やキーワードなど、チャンネルについての基本情報をここで入力します。キーワードは、動画を探すキーワード検索において自社のチャンネルが検索結果に表示されるようにビデオの内容を示すためのものです。キーワードには、何についてのチャンネルなのか、どのような問題を解決できるのか、どのような人物、製品、業界を取り上げているのかといった情報を含めると良いでしょう。

上図のページから他のアカウントのページにおすすめチャンネルとして表示するかどうかを選択できます。また、この設定ページではGoogle広告のアカウントをリンクしたり、Googleアナリティクス プロパティー トラッキングIDを追加したり、YouTubeプラットフォームで動画を宣伝する際に表示するさまざまな広告を選択したりできます。

4. リンクや説明の追加

新しくYouTubeチャンネルを作成した時にカスタマイズできる2つの要素は、説明と画像です。説明は、チャンネル訪問者(チャンネル登録者になってほしい人)に対して、チャンネルの目的や、公開している動画コンテンツの種類を伝えるためのものなので、早速追加してみましょう。

このYouTubeチャンネルを視聴者に知ってもらうために、チャンネルの説明と自社のブランドに関連するウェブページのリンクを追加すると良いでしょう。チャンネルのカスタマイズ用ダッシュボードに戻って[概要]タブをクリックします。

j09_About_Tab

ここでは、チャンネルの説明(検索で上位に表示されるようなキーワードを含めて最適化する)、問い合わせ先、ウェブサイトやSNSのリンクなどの詳細情報を入力するよう求められます。

チャンネルアート上には最大5件のリンクを表示することができます。つまり、プロフィールページのバナーにこのリストで指定したリンクのアイコンを含められるということです。

リンクを追加するにはYouTubeチャンネルの[概要]セクションから[+リンク]をクリックします。入力欄が表示されるのでブランドのリンクを追加できます。このリンクによってユーザーをさまざまなウェブサイトやSNSに誘導し、詳しい情報を提供したり、他のコンテンツの利用を促したりすることができます。下図では、入力欄にFacebook、Twitter、自社のウェブサイトのリンクを追加しています。

j10_Custom_Link

たとえば、バナー上にFacebookページのリンクを表示するように設定した場合、次のように表示されます。

j11_Facebook_Link

チャンネルのカスタマイズにはチャンネルアートの作成も含まれます。次のステップで説明します。

5. プロフィール画像のアップロード

Googleは、画像ギャラリーから画像編集ツールに至るまで、コンテンツ所有者がチャンネルアートを作成、追加するための豊富なリソースを取りそろえています。

このチャンネルアートの1つがプロフィール画像です。動画コンテンツを閲覧しているYouTubeユーザーに対し動画の作成者を示すための画像です。下図のとおり、プロフィール画像はYouTube動画の再生ページの下に表示されます。

j12_Brand_Profile_Photo

前述のステップでYouTubeチャンネルをブランドアカウントに関連付けた場合は、Googleアカウントの[概要]セクションでこの画像を更新する必要があります。同様にブランドアカウント使用時のチャンネル名も更新してください。

プロフィールアイコンの下の[変更]をクリックすると、次のメッセージが表示される場合があります。

j13_Icon_Change

ここで[編集]をクリックすると次のページが開き、プロフィール画像などブランドアカウントの情報を編集することができます。このプロフィール画像がYouTubeチャンネルに表示されます。

j14_Icon_Photo

画像サイズは800×800ピクセルのものを使用することをお勧めします。

6. バナー画像の追加

次に、バナー画像を追加します。チャンネルのカスタマイズ用ダッシュボードに戻ると、画面の左上に先ほど追加したプロフィール画像が表示されています。その周りの灰色の背景をブランドにふさわしいものに変更しましょう。手順は次の通りです。

灰色の背景にカーソルを合わせると右上隅に小さい鉛筆のアイコンが現れます。アイコンをクリックすると次の図のように[チャンネルアートを編集]というオプションが表示されるので、これを選択してください。

j15_Edit_Channel_Art

チャンネルアートで頭を悩ませる点の1つに、PC、モバイル、テレビなど、ユーザーのあらゆる視聴環境に対応したレスポンシブデザインのバナーを作成することが挙げられます。幸い、以下のGoogleの画像を参照すれば、視聴環境ごとの最適なサイズを簡単に確認できます。

j16_Google_Channel_Art

出典:Google

こちらのヘルプ動画(英語)でも手順が簡潔に紹介されています。

上の画像から分かるように、YouTubeバナー画像の最小サイズは1546×423です。このサイズであればどのような視聴画面にも(PCでもモバイルでも)バナー画像に含まれるテキストや画像がすべて収まります。バナー画像のサイズは2560×423までです。また、ファイルサイズは6MB以下に抑える必要があります。

7. 動画の追加による検索用の最適化

ユーザーの目に留まるようチャンネルを最適化することはYouTubeを効果的に活用するための第一歩にすぎません。動画を追加していく段階になったら、それぞれの動画を検索用に最適化することをお勧めします。そうすることでユーザーに動画を見つけてもらいやすくなります。

正確で分かりやすく簡潔なタイトルをつけることも重要ですが、それだけでは十分ではありません。YouTubeで最適化を行うためのいくつかの重要なポイントをご説明します。

YouTubeでのSEO対策についてはこちらの記事をご覧ください。

タイトル

動画を検索し、その結果ページで私たちが最初に目にするのが動画のタイトルです。その動画をクリックして視聴するかどうかをタイトルを見て判断することも多いと思います。興味を惹くだけでなく、分かりやすくて簡潔なタイトルにすることが重要です。

説明

文字数の上限は全角で500文字です。ただし、視聴者は動画を見にきたのであって、長々とした説明を読みにきたわけではないことを忘れないようにしましょう。また、YouTubeの検索結果ページに表示されるのは最初の2、3行目まで(全角で50文字程度)なので重要な情報は最初の方に入力しましょう。

タグ

タグは何についての動画であるかを視聴者に知らせるだけではなく、YouTubeに対しても情報を提示します。Backlinkoによると、YouTubeはタグを使って「動画の内容やコンテキストを認識している」ようです。タグを使ってYouTubeに動画の内容を示せば類似した動画同士の関連付けが行われ、多くの人にアクセスしてもらえる可能性が広がります。ただし、タグの選択は慎重に行ってください。タイトルにも同じことが言えますが、視聴回数を増やそうと紛らわしいタグを使用すると、Googleによってペナルティーが課せられる場合があるため注意が必要です。

カテゴリー

カテゴリーを選択するとYouTubeで類似した動画を関連付け、同じグループに含めることができます。ただし、この作業は意外と単純ではないかもしれません。YouTubeのクリエイターアカデミーでは「設定しようとしているカテゴリーで成果を上げている動画はどのようなものか」を考えるために、次のようなポイントを確認することを推奨しています。

  • そのカテゴリーで特に有名なトップクリエイターは誰か。また、その人たちはどのような専門知識を持ち、どのようなことをして効果を上げているのか。
  • カテゴリー内の類似チャンネルの視聴者層に何か共通点はあるか。
  • そのカテゴリーに同じような価値を持つ作品はあるか。また、同じような長さや形式の作品はあるか。

今回は、YouTubeチャンネルを作成するだけでなく、コンテンツを最適化してユーザーの目に留まりやすくする方法もご紹介しました。自社のビジネスの発展につながるよう、ぜひYouTubeを効果的に活用してみてください。

デジタルマーケティングを解説した無料資料はこちらからダウンロード

元記事発行日: 2020年1月14日、最終更新日: 2020年1月14日