close up of a broken chain and a paper clip on white background.jpeg自分のサイトに対して効果的な被リンクを構築するのは確かに簡単なことではありません。被リンクを得るために、様々なブログにコメントを残す担当者も数多くいますが、このような行為はSEO外部対策おいて、あまり効果的ではありません。

被リンクの構築は話題になっているにも関わらず、具体的にどうすればよいかについてはほとんど情報が出回っていないため、躍起になってそうした最終手段に出てしまう気持ちは分からなくもありません。

私は、リンクの構築は多くの人が思っているほど難しくはないと考えています(関連記事はこちら:SEO対策に効果的な内部リンクの張り方とその実践のコツ)。

コツはソーシャルメディアと同じように考えてみることです。

素晴らしいコンテンツを適切なオーディエンスに提供すれば、彼らはそれを共有してくれます。このことを念頭において、小手先のごまかしではない正当な被リンクを構築する32のアイデアを皆さんに紹介したいと思います。

SEO対策を改善し、ウェブサイトへのトラフィック流入数を増加させ、見込み客を獲得改善を30日間で行いませんか?無料ダウンロードはこちらからどうぞ。

ブログを運用する

1)安定したブログを続ける。読み手が自然とリンクを張りたいと思うような素晴らしいブログコンテンツを一貫して発信しつづけること。これは被リンクを効果的に生成するための最も確実で正当な方法の一つです。

ブログ記事にSEO対策を施す方法はこちらの記事でご紹介しています。

2)ブログにRSSフィードを設定する。これにより他の人があなたのコンテンツを引用しやすくなり、サイトに対して被リンクを張ってもらえるようになります。 

3)ブログ上で他のブログへのリンクを張る。ブログとはソーシャルツールです。他へのリンクを張れば張るほど、他のブロガーたちがお返しに被リンクしてくれる可能性が高まります。

4)ゲスト投稿を書く。自分がゲスト投稿を書けそうなブログを物色してみてください。あなたをゲストブロガーとして迎え入れてくれるところであれば、記事内に被リンクを張ることに喜んでOKしてくれるはずです。

5)リソースリストを作成する。リソースリストは素晴らしいリンクベイトであるだけでなく、読み手にとっても便利なものです。コンテンツを網羅したリソースリストを作成しておけば、他のブロガーは自分で作り直したりキュレートしたりする必要がなくなり、被リンクが張りやすくなります。

6)ニュースジャッキングを行う。あるニュースに対して誰よりも早く話題にすれば、Googleの「鮮度」重視アルゴリズムにより、検索エンジン検索結果ページ(SERP)のトップに踊り出ることができます。そしてその後他の人たちがそのニュースについて記事を書く際に、あなたのコンテンツをリンクすることでしょう。

ブログを超えるコンテンツを作る

7)優れたクライアントに関するケーススタディを作成する。ケーススタディの中でクライアントがいかに優秀であるかを語れば、そのクライアントはきっとあなたのサイトへリンクを張るはずです!

8)調査を実施する。そしてそのデータを共有することを約束します。データの収集と演算を行い、権威あるサイトがその調査結果にアクセスできるようにすることを告知します。

そうすれば、あなたが調査で十分なサンプルサイズを確保できるよう、それらのサイトが調査のプロモーションを行い、インバウンドリンクを張ってくれるでしょう。 

9)書籍のレビューを書く。別の著者のコンテンツに関して包括的レビューを書けば、その著者(や他の人たち)がリンクしてくれる可能性は大です。 

10)無料のウェビナーを開催し、オンラインでアーカイブコピーを公開する。読み手のためになりますし、ウェビナーの出席者がきっと共有してくれます。

11)無料ツールを作成する。例えばHubSpotはMarketing Graderというツールを作成しました。これに対して多くのエージェンシー、パートナー、その他この業界の人たちがリンクを張っています。

12)テンプレートを作成する。どんなテンプレートが重宝されるか考えましょう。例えばデザイナーの方であれば、ダウンロード可能な名刺テンプレートのライブラリを作るのもいいでしょう。多くの人に何度もリンクしてもらえるはずです。ブックマークしたくなるようなコンテンツこそ、多くのインバウンドリンクを獲得できるコンテンツです。

デザインスキルを集結する

13)インフォグラフィックを作成する。インフォグラフィックは人気があり共有されやすいものです。データソースとして使用させてもらったサイトにインフォグラフィックを共有しましょう。また埋め込みコードを作ってインフォグラフィックに簡単にアクセスできるようにしましょう。

14)他の形式のビジュアルコンテンツを作成する。時代とともに、人々はますます視覚的になっていますから、漫画やビジュアルコンテンツ、図やグラフなどは非常に人気です。

さらに、こういったコンテンツを作るのには多少のお金と時間がかかります。ですからあなたがちょっと頑張ってビジュアルコンテンツを作成すれば、多くの人は自分で作る手間を省いて、あなたのコンテンツへリンクを張るはずです!

15)プレゼンテーションを作成する。以前に作成したインフォグラフィックを基にプレゼンテーションを作ったり、以前に行った講演を新しい目的に合わせたプレゼンテーションに作り替えたりしましょう。それらをブログやサイトのリソースセンター、あるいはSlideShareで公開すれば、リンクが期待できます。

16)インターネットミームを作り出す。Microsoftのペイントしか使えないような人でも、ミームを作り出せば多くのリンクを構築することができます。ソーシャルメディアのアカウントを使ってどんどん広げましょう!

17)ミームと言えば、何か面白いことをする!面白いコンテンツは瞬く間に広がります。業界の内輪ネタのジョークを考え、ユーモアたっぷりのコンテンツに仕立て上げてリンク獲得に活用しましょう。

PRスキルを活用する 

18)関心をひくような自社ニュースについてプレスリリースを書く。サイトに掲載し、それを大手のワイヤーサービスに出して、広く配信してもらいしょう。

19)ニュース内容に他社が関係する場合は共同プレスリリースを出す。これにより自社だけのプレスリリースではリンクされなかったであろう、何百何千という関連サイトにもリーチすることができます。

20)ビッグニュースや素晴らしいコンテンツがある場合にはアウトリーチを行う。あなたのストーリーに価値があると心から思ってくれている何人かのジャーナリストにコンタクトを取ります。そして彼らがそのストーリーをリソースとしてリンクできるように、専用のページを作成しましょう。

21)インタビューを受ける。VocusのHARO(Help A Reporter Out: helpareporter.com)のような、ジャーナリストと各分野のエキスパートをマッチングするサービスに登録すれば、リンクのビッグチャンスに繋がります。業界のエキスパートとしてジャーナリスからインタビューを受けましょう。そしてインタビュー記事内で必ずあなたの会社に言及するように頼みます。そうすることで自然にインバウンドリンクの機会が生まれます。

22)Op-ed(署名入りのオピニオンページ)を執筆する。大手全国紙や雑誌のオンライン版をターゲットに定め、価値の高いインバウンドリンクを獲得しましょう。

パートナーシップとリレーションシップを構築する 

23)互いを補完するような業界の企業とパートナーシップを組む。法人チャネル同士がパートナーを組んで、お互いの優れたコンテンツにリンクを張り合うのは一般的な手法です。相手の成功が自分の利益にもつながるからです。

24)レビューを依頼する。例えば、新しく展開する新機能に関して、自社プロダクトのユーザーや業界のエキスパート、アナリストなどにレビューを依頼します。インバウンドリンクを得られるだけでなく、良いフィードバックももらえますし、レビューを依頼した人たちとの関係も強化されます。

25)他のウェブマスターたちとリアルで友人になる。他のウェブマスターたちと強固な関係を築いておくことで、今後機会があってインバウンドリンクをお願いした際に、承諾してもらえる可能性が高くなります。

26)自社ブランドを検索し言及箇所をモニタリングする。あなたのブランドに関して言及しているサイトのウェブマスターに接触して、言及箇所にインバウンドリンクを張ってもらうよう頼みましょう。ただしこれはその依頼が正当なものだと言える場合(例えばそのサイトがあなたのデータを引用している等)のみ行ってください。

ソーシャルツールを最大限に活用する

27)データ主導のコンテンツに「ツイートする」リンクを組み込む。インバウンドリンクを得るということは、すなわちそのコンテンツがより多くの人に届けられるということです。

コンテンツ内のツイートに適した部分に「ツイートする」リンクを含めることで、ソーシャルで共有してもらえる可能性が高まり、検索エンジンやニュースフィード、Twitterのタイムラインなどにおけるビジビリティも高まります。それにより、さらに多くの人にコンテンツを共有してもらいやすくなります。

28)ソーシャル共有ウィジェットを組み込む。ソーシャル共有ボタンやウィジェットも「ツイートする」リンクと同じ効果が期待できます。ケーススタディ、報告書、電子書籍、ブログ記事などのマーケティングコンテンツに組み込みましょう!

ボランティア活動をする 

29)イベントのスポンサーや講演者になる。イベントはそのスポンサーや講演者にとってウェブサイトパブリシティを行う大きなチャンスです。あなたがイベントに提供する時間とリソースに見合った有益なインバウンドリンクが得られるように、契約条件にインバウンドリンクの組み込みを含めるのもよいでしょう。

30)ケーススタディの対象者に志願する。ケーススタディの対象者となってくれる顧客を求めている企業はたくさんあります。自社の主要ベンダーのケーススタディに協力して、ケーススタディが公開されたらバックリンクを張ってもらうようにしましょう。

31)他のサイトのエラー修正に貢献する。他のウェブマスターと関係を築いておくべきだと前述しましたが、こうした関係を築いておくことが役に立つ場面は他にもあります。例えば他のサイトにリンク切れを見つけたら、そのサイトのウェブマスターに教えてあげましょう。その際に、もともとのリンク先の代わりとなるコンテンツが自分のサイトにあれば、そこにリンクを張ってもらうようにします。

32)発売前の自社プロダクトの無料体験やハンズオンを実施する。発売前にプロダクトに触れる機会があれば、誰しも自分がVIPであることを自慢するために、それを世界に向けて発信したがるものです。中にはバックリンク付きのレビューを書いてくれる人もいるはずです。

インバウンドリンクを得るために、皆さんはどんな方法を使っていますか?効果的なSEO対策を行うための方法を30日のステップとしてご紹介した無料ガイドはこちらからダウンロードできます。

30日でウェブサイトのSEO対策を改善するための無料ガイドはこちらからダウンロードできます。

編集メモ:この記事は、2012年4月に投稿した内容に加筆・訂正したものです。Coreyによる元の記事はこちらからご覧いただけます。

 この記事は、シカゴを拠点とするSEO&コンテンツマーケティングエージェンシー「Northcutt」を経営するCorey Northcuttによるゲスト投稿です。Google+またはTwitter@northcuttSEO)でフォローし、彼のSEOブログも参考にしてください。

画像クレジット:ivanpw

元記事発行日: 2015年10月06日、最終更新日: 2019年10月29日

トピック::

SEO