0 min remaining

ウェブサイトに訪れた時に「502 Bad Gateway」というエラーメッセージが表示されていた場合、どのように対処すればいいのでしょうか。

この記事では、検索ユーザーとサイト管理者に向けて、502 Bad Gatewayの意味やエラーの原因、解決方法について説明します。この厄介なエラーの解決にお役立ていただければ幸いです。

502 bad gateway error-2

画像提供:Arm Mbed OS

では、自身が管理するウェブサイトで「502 Bad Gateway」が出た場合はどのように対処すればいいのでしょうか。幸いなことに、次に紹介する5つの方法を使えば、ほとんどの502 Bad Gatewayの原因を解消することができます。

無料ebook

テクニカルSEO用語辞典 2020年版

〜検索順位とコンバージョン率を引き上げるために知っておきたいテクニカルSEO用語89選〜

1. サーバー接続の問題を調査する

ほとんどのウェブサイトは、複数のサーバーまたはサードパーティーのホスティングプロバイダーにホストされています。メンテナンスなどの理由でサーバーが停止している場合、ウェブサイトに502 Bad Gatewayのエラーページが表示されることがあります。その場合、サーバーのメンテナンスや、エラーの原因となっている問題の修正が完了するのを待つしかありません。

2. DNSの変更を確認する

ホストサーバーを変更したり、ウェブサイトを別のIPアドレスに移動したりすると、DNSサーバーが変更されます。これにより、訪問者に対して502 Bad Gatewayのエラーページが表示される可能性があります。DNSの変更が完全に有効になるまで、ウェブサイトは表示されません。変更の反映には数時間かかる場合があります。

3. ログを調べる

サーバーログには、サーバーの正常性やステータスに関する情報が記録されます。ログを調査して、深刻な事態が発生していないかどうか確認してください。

4. 問題のあるファイアウォール設定を修正する

ファイアウォールはウェブサイトの「門番」であり、悪意のある訪問者や分散型サービス拒否(DDoS)攻撃からサイトを保護します。ファイアウォールの設定に問題があると、コンテンツ配信ネットワークからの要求がサーバーに対する攻撃と見なされて拒否され、502 Bad Gatewayが発生することがあります。ファイアウォールの設定を確認し、問題を特定して修正しましょう。

5. ウェブサイトのコードにバグがないかチェックする

ウェブサイトのコードに誤りがあると、サーバーがコンテンツ配信ネットワークからの要求に正しく応答できない場合があります。コードを念入りにチェックしてバグを探してください。または、開発用のマシンにコードをコピーし、入念なデバッグプロセスを実行してください。502 Bad Gatewayが発生した状況を厳密に再現できれば、どの時点で問題が発生したのかを正確に把握することができます。 

※エラーコードだけでなく、ウェブサイトを成長させるために重要なポイントとなるSEOについて網羅的に知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

SEOとは?初心者向けSEO対策無料ガイド

テクニカルSEO用語辞典

 

元記事発行日: 2020年7月07日、最終更新日: 2020年7月07日

トピック::

SEO