Googleフォームは、Googleスプレッドシートなどの他のGoogle製品とシームレスに統合されているため、収集したあらゆるデータをスムーズに活用できます。

また、YouTubeなど他のプラットフォームとも連携しており、ツール内から直接動画をアップロードすることが可能です。

しかし、Googleフォームを初めて使用する場合や、よりレベルの高いフォーム作成に取り組む場合には、どこから手をつければ良いのか、悩んでしまうかもしれません。

本稿では、Googleフォームの特徴、使い方、機能をご紹介します。

Googleフォームの使い方

  1. docs.google.com/formsを開き、空白のフォームかテンプレートギャラリーのテンプレートを選択します。
  2. Googleフォームを使用すると、顧客フィードバックを得るためのアンケート、求人への応募、イベントの出欠確認、テスト、注文書、休暇申請など、さまざまなフォームを作成できます。
  3. さらに、Googleフォームを使って連絡先情報を収集し、Googleスプレッドシートにまとめることも可能です。
  4. フォーム自体のタイトル、説明、セクションなど、ほぼすべての箇所をニーズに応じてパーソナライズできます。画像や動画を追加することも可能です。
  5. Googleフォームの作成が完了したら、右上の[送信]ボタンをクリックし、送信先のEメールアドレスを入力します。または、フォームをブログ記事やランディングページに埋め込んだり、リンク自体を送信したりすることもできます。 

Googleフォームのテンプレート

一般的なビジネスシーンに使えるテンプレートが、カテゴリーごとにいくつか用意されています。

Googleフォームのテンプレートを見るには、Gmailのページを開き、右上の[Google アプリ]のボタンをクリックし、表示されるメニューから[フォーム]を選択します(メニューに表示されない場合は、一番下の[もっと見る]をクリックします)。

[テンプレートギャラリー]の横にある上下の矢印をクリックすると、使用できるすべてのテンプレートが表示されます。

01_Template_Gallery-1

利用できるテンプレート

リード向け

  • 連絡先情報
  • イベント参加申込書

顧客からのフィードバック収集 

  • イベント参加者アンケート
  • お客様アンケート

顧客からの受注 

  • 注文書

求人応募者や従業員向け

  • 就職申込書
  • 欠勤願い
  • スケジュール確認

もちろん、空白のフォームから作成したり、上記のテンプレートを別の用途に使用したりしてもかまいません。たとえば「スケジュール確認」のテンプレートは、チームでミーティングの予定を調整するためだけでなく、クライアントと都合のよい打ち合わせの日時を決める上でも使用できます。

さらにアイデアが広がるよう、優れたGoogleフォームの例をご紹介しましょう。

HubSpotならHTMLやCSSの知識がなくても、ドラッグ&ドロップで簡単にフォームが作成可能

Googleフォームのリンクを取得する方法

  1. ソーシャルメディア、SMS、Eメールの本文に含めて送信できるGoogleフォームのリンクを取得するには、まず、フォーム右上の[送信]ボタンをクリックします。
  2. [送信方法]の横に並んだアイコンのうち、リンクのアイコンをクリックします。
  3. 表示されたリンクをコピーして、対象者に送信します。

Googleフォームの例

Googleフォームは、コツさえつかめば、非常に使いやすい直観的なツールです。どのテンプレートにも、質問、タイトルと説明、画像、動画、セクション全体を追加することでできます。

さらに、Googleフォームは他のプラットフォームとの連携に優れています。たとえば、動画を埋め込む場合、Googleフォーム内からYouTube動画を検索することができます。また、画像のアップロードや検索も、Googleフォームから行うことができます。

以下に、初めてGoogleフォームを使用する方に向けていくつか例をご紹介します。

1. 社内のセミナーや会議(イベント出欠確認フォームを使用)

02_RSVP_form

2. 求人への応募(就職申込書フォームを使用)

03_Job_Application_form

3. 顧客フィードバック(お客様アンケートフォームを使用)

04_Customer_Feedback_form

4. 投票を作成(テストフォームを使用)

05_Quizzes_form.png

Googleフォームを作成する方法

  1. docs.google.com/formsを開き、空白のフォームかテンプレートギャラリーのテンプレートを選択します。
  2. 必要な情報を入力し、適宜変更を加えます。フォームのタイトルと説明は必ず入力してください。画像の追加や動画の埋め込みも可能です。
  3. フォームの右側のツールボックスには、[質問を追加]、[質問をインポート]、[タイトルと説明を追加]、[画像を追加]、[動画を追加]、[セクションを追加]という6つのアイコンが表示されます。必要に応じてこれらを使用し、フォームをパーソナライズすることができます。
  4. フォームの作成が完了したら、右上の[送信]をクリックします。送信先のEメールアドレスを入力し、右下の[送信]をクリックします。

Googleフォームを共有する方法

  1. Googleフォームを共有するには、Eメールアドレスを指定して直接送信する、リンクを対象者に送信する、フォームのHTMLをブログ記事やランディングページなどに埋め込む、という方法があります。
  2. まず、フォーム右上の[送信]ボタンをクリックします。[送信方法]の横に表示された3つのオプションのいずれかを選択します。
  3. あるいは、[送信]ポップアップボックスの右上にある、Facebook、Google+、Twitterのアイコンの中から、Googleフォームを共有したいSNSのアイコンをクリックして、そのオーディエンスと共有することができます。
  4. フォームの作成が完了したら、右下の[送信]をクリックします。

GoogleフォームをEメールに埋め込む方法

GoogleフォームをEメールに直接埋め込むことは、フォームから埋め込み用のリンクをコピーしてEメールに貼り付ければ技術的に可能です。

しかし、Eメールアドレスを指定してフォームを直接送信する方がシンプルです。

例えば、以下のようなフォームをテストで送信してみると、受信トレイには次のように表示されます。

06_Email

Eメールに[フォームに記入する]という便利なボタンが表示され、これをクリックすると、自動的にフォームが開きます。

Eメールではなく、ランディングページやブログ記事にフォームを埋め込みたい場合には、次の手順で行ってください。

1.フォーム右上の[送信]ボタンをクリックします。

2.ポップアップボックスが表示されたら、埋め込みリンクの[< >]を選択します。

07_embed_link
3.右下の[コピー]をクリックします。その後、埋め込み用のHTMLリンクをブログ記事やウェブサイトページのコードに貼り付けてください。
08_embed_link_copy

Googleフォームの回答を共有する方法

  1. Googleフォームの回答を共有するには、フォーム右上の[その他](3つの点が縦に並んだアイコン)をクリックします。
  2. [共同編集者を追加]をクリックします。
  3. 回答を共有したい人の名前またはEメールアドレスを入力し、[送信]をクリックします。
  4. これで共同編集者は、フォームの回答を確認したり、フォームを他の人に送信したり、フォーム自体を編集したりすることもできます。

Googleフォームの受付を終了する方法

目的を達成したフォームは、3ステップで簡単に受付を終了することができます。

1.終了したいフォームを開き、[このフォームを編集]をクリックします。[回答]を選択します。
09_Responses

2.[回答を受付中]の右にあるボタンをクリックします。

10_Accepting_responses
3.表示が[回答を受け付けていません]に変わると、フォームの受付を終了します。
11_Not_accepting_responses
HubSpotならHTMLやCSSの知識がなくても、ドラッグ&ドロップで簡単にフォームが作成可能
 

元記事発行日: 2019年12月09日、最終更新日: 2019年12月11日

トピック::

フォーム