「403 Forbidden」エラーとは?新しいウェブサイトを立ち上げる際などに、良く出てしまうHTTPエラー表示です。今回は「403 Forbidden」エラーのよくある3つの原因と解決方法をご紹介します。

403エラーの解決方法

 

1. アクセス権限または所有権に問題がある

サイトのアクセス権限の問題が原因で、403 Forbiddenエラーが表示されている可能性があります。ウェブサーバーを構成したら、サーバーをwww-dataグループに追加し、/var/wwwの所有権をwww-dataユーザーとwww-dataグループに設定してください。

また、アクセス権限は、ディレクトリが755、ファイルが644、動的コンテンツが700に設定されていることを確認してください。

 

2. インデックスページがあることを確認する

ウェブサイトのトップページの名前は、index.htmlかindex.phpである必要があります。トップページがこの名前でない場合は、いずれかに変更してください。

あるいは、インデックスページをhttpdocsディレクトリにアップロードし、そのインデックスページに実際のトップページへのリダイレクトを設定することもできます。

 

3. ウェブサイトのコンテンツがサーバーの正しいディレクトリにアップロードされていない

サーバーのディレクトリにコンテンツが正しくアップロードされていない場合、403 Forbiddenエラーが表示されることがあります。

コンテンツの公開に使えるFTPクライアントはいくつかあります。ここでは、FileZillaを使用します。FileZillaは無料で利用でき、Windows版、Mac版、Linux版が公開されています。

ファイルをオンラインで公開するには、公開用ディレクトリ(htdocs)にファイルを配置する必要があります(FileZilla以外のFTPクライアントを使用している場合、手順が異なる場合があります)。

ファイルをディレクトリにドラッグ&ドロップしたら、ウェブサイトのURLにアクセスして、オンラインで表示されるか確認してください。

FTPサーバー上にhttpdocsディレクトリが見当たらない場合は、httpdocsディレクトリを作成してファイルを配置すると、問題が解決されることがあります。

New Call-to-action

 New Call-to-action

元記事発行日: 2019年7月17日、最終更新日: 2019年7月18日