ウェブサイトにアクセスした際に「403 Forbidden」というエラーが表示されてページを閲覧できない時がありますよね。エラーを見つけた際、ユーザー側、ウェブサイト管理側、それぞれどう対処すればいいのでしょうか。今回は「403 Forbidden」エラーの原因と解決方法をご紹介します。

→ダウンロード: テクニカルSEO用語無料辞典

無料ガイド

テクニカルSEO用語辞典

〜検索順位とコンバージョン率改善のために知っておきたい用語を大公開〜

では、自身が管理しているウェブサイトで、意図しない403エラーが出てしまった場合はどのように対処すればいいのでしょうか。対処方法は大きくは3つ挙げられます。

1. アクセス権限または所有権に問題がある

サイトのアクセス権限の問題が原因で、403 Forbiddenエラーが表示されている可能性があります。ウェブサーバーを構成したら、サーバーをwww-dataグループに追加し、/var/wwwの所有権をwww-dataユーザーとwww-dataグループに設定してください。

また、アクセス権限は、ディレクトリが755、ファイルが644、動的コンテンツが700に設定されていることを確認してください。

 

2. インデックスページがあることを確認する

ウェブサイトのトップページの名前は、index.htmlかindex.phpである必要があります。トップページがこの名前でない場合は、いずれかに変更してください。

あるいは、インデックスページをhttpdocsディレクトリにアップロードし、そのインデックスページに実際のトップページへのリダイレクトを設定することもできます。

 

3. ウェブサイトのコンテンツがサーバーの正しいディレクトリにアップロードされていない

サーバーのディレクトリにコンテンツが正しくアップロードされていない場合、403 Forbiddenエラーが表示されることがあります。

コンテンツの公開に使えるFTPクライアントはいくつかあります。ここでは、FileZillaを使用します。FileZillaは無料で利用でき、Windows版、Mac版、Linux版が公開されています。

ファイルをオンラインで公開するには、公開用ディレクトリ(htdocs)にファイルを配置する必要があります(FileZilla以外のFTPクライアントを使用している場合、手順が異なる場合があります)。

ファイルをディレクトリにドラッグ&ドロップしたら、ウェブサイトのURLにアクセスして、オンラインで表示されるか確認してください。

FTPサーバー上にhttpdocsディレクトリが見当たらない場合は、httpdocsディレクトリを作成してファイルを配置すると、問題が解決されることがあります。

 

403エラー以外の、ウェブサイトで起こりやすいエラーはいくつかあります。主要エラーの対処方法については以下の記事を確認してみてください。

405 エラー(Method Not Allowed)とは?その原因と解決方法

500 Internal Server Errorとは?その意味と解決方法

502 Bad Gatewayとは?その原因と解決方法

503 Service Temporarily Unavailable エラーの意味と解決法

ちなみに、これらのエラーはSEOにも影響します。SEOについて網羅的に知りたい方は、以下の記事をご覧ください。
SEOとは?成功させるために知っておきたいポイントを徹底解説

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

テクニカルSEO用語辞典

 テクニカルSEO用語辞典

元記事発行日: 2020年7月20日、最終更新日: 2020年9月04日

トピック::

SEO