PCでは、ファイルを安全な保管領域に保存することをアーカイブと呼ぶように、Instagramでも投稿した写真や動画を保存するアーカイブ機能があります。

→ダウンロード: 無料Instagramエンゲージメントレポート

Instagramの場合、アーカイブ機能はフィード投稿した写真や動画、ストーリーズ、ライブ配信と3つで利用できます。いずれも写真や動画を保存するだけでなく、目的に合わせてさまざまな使い方が可能です。

本記事ではInstagramのアーカイブについて、アーカイブの機能や使い方をフィード投稿、ストーリーズ、ライブ配信に分けて説明します。

Instagramエンゲージメントレポート

Instagramの「アーカイブ」とは?

Instagramの「アーカイブ」とは?1

Instagramにおけるアーカイブとは、投稿した写真や動画を保存する機能のことです。

フィード投稿、ストーリーズ、ライブ配信それぞれにアーカイブの役割は異なるため注意が必要です。

  • フィード投稿でのアーカイブ…フィード画面やプロフィール画面に表示せず、他ユーザーから見えなくする
  • ストーリーズでのアーカイブ…24時間経過したストーリーズを自動保存する
  • ライブ配信でのアーカイブ…ライブ配信後の動画を30日間保する

これらのアーカイブをうまく使えば、ビジネスアカウントの可能性を広げることができます。
 

フィード投稿のアーカイブ

フィード投稿をアーカイブすると、他のユーザーは、投稿した写真や動画をフィードでもプロフィールでも見られなくなります。アーカイブされた写真や動画は「アーカイブ」に保存されます。
 

フィード投稿のアーカイブの使い方

フィード投稿のアーカイブは、アーカイブしたい投稿から行います。

フィード投稿やプロフィール画面の投稿一覧の中から、アーカイブしたい投稿を選び、右上のメニューボタンをタップします。

Instagramの「アーカイブ」とは?2

メニューの中から「アーカイブする」をタップすればアーカイブ完了です。これでフィード投稿からも、プロフィールの投稿一覧からも見られません。
 

アーカイブした投稿の見方

プロフィール画面の右上のメニューボタンからアーカイブをタップすると、アーカイブされた投稿が表示されます。

Instagramの「アーカイブ」とは?3

他のユーザーに見えなくても「アーカイブ」に保管されています。
 

アーカイブした投稿の戻し方

いったんアーカイブした投稿は、再びプロフィールに表示することができます。

アーカイブした投稿をタップし、「プロフィールに表示」を選ぶと、プロフィールに戻すことができます。

Instagramの「アーカイブ」とは?4

「プロフィールに表示」を選択した場合、フィードに新規投稿として表示されるのではなく、最初に投稿した位置に戻ります。
 

アーカイブの削除

アーカイブした投稿を「プロフィールに表示」の代わりに「削除」をクリックすると、アーカイブから削除できます。
 

削除した投稿の復元方法

アーカイブから削除した投稿を復元するには、プロフィール画面から「設定」⇒「アカウント」⇒「最近削除済み」へと進みます。

Instagramの「アーカイブ」とは?5


「最近削除済み」をタップすると、削除された投稿の中から30日以内の投稿が表示されます。その中から復元したい投稿を選んでタップします。

Instagramの「アーカイブ」とは?6

投稿が表示され、メニューの中から「復元する」をタップすると、再びアーカイブに戻せます。
 

ストーリーズのアーカイブ

Instagramには24時間限定で公開されるストーリーズという機能があります。ストーリーズはフォローしているアカウントに対して、画像が15秒間表示されます。画像を連続させたり、動画を投稿したりできます。ホーム画面のトップの目立つ場所に表示され、Instagramの中でも人気の高い機能です。

ストーリーズは24時間限定表示のため、投稿されてから24時間が過ぎると自動的にアーカイブされます。ここではアーカイブされたストーリーズの確認方法と、いったんアーカイブされたストーリーズの再利用の方法を説明します。

ストーリーズについては以下の記事でも詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

ストーリーズは自動的にアーカイブされる

ストーリーズは24時間後に自動的にアーカイブされ、他のユーザーからは見えなくなってしまいます。プロフィール画面にも表示されません。
 

アーカイブされたストーリーズを見るには?

プロフィール画面右上のメニューボタンからメニューを呼び出し、「アーカイブ」を選びます。

ストーリーズのアーカイブ1

アーカイブのページで「ストーリーズアーカイブ」以外の「投稿アーカイブ」「ライブアーカイブ」が表示されていたら、「ⅴ」ボタンをタップし、ストーリーズアーカイブを選択してください。

目的のストーリーズ投稿をタップすれば確認できます。
 

アーカイブされたストーリーズを再度表示できるハイライト機能

アーカイブされたストーリーズを再度表示させたい時は、ハイライトを作成します。ハイライトとは、プロフィール画面の中央部に表示されるタイトル付きの画像や動画です。

ストーリーズのアーカイブ2

常にこの場所に表示されるため、残しておきたいストーリーズを多くのユーザーに見てもらうことができます。

ハイライトはアーカイブした投稿は1枚だけでも、複数をまとめた形式でも作成できます。

プロフィール画面のメニューボタンから「アーカイブ」へ進み、アーカイブの右上のメニューボタンをタップします。メニューから「ハイライトを作成」を選びます。

ストーリーズのアーカイブ3

ハイライトにしたい過去のストーリーズ投稿を選びます。複数を組み合わせることもできます。ハイライトに入れたい投稿を選んだら、カバー写真を選び、タイトルを付けます。

完了をタップすれば、新しいハイライトがプロフィール画面に表示されます。
 

ハイライトのシェア方法

ハイライトはプロフィールに表示されるだけでなく、通常投稿やダイレクトメッセージでシェアができます。

ストーリーズのアーカイブ4

プロフィール画面のハイライトを長押しするとメニューが表示されます。

「宛先を指定して送信」を選択すると、ダイレクトメッセージで送ることができます。また「シェア」を選択すると、FacebookやTwitter、メールなどさまざまな方法で共有できます。
 

ライブ配信のアーカイブ

Instagramでは、4時間までのライブ配信が行えます。配信を終了すると、ただちにライブ動画はアーカイブされ、30日間保存されます。
 

ライブ配信は自動的にアーカイブされる

ライブ配信を「終了する」のボタンをタップすると、配信は自動的にアーカイブされています。

ライブ配信のアーカイブ1
 

アーカイブされたライブを見る方法

フィード投稿やストーリーズと同様、プロフィール画面のメニューボタンから「アーカイブ」を選択し、「ライブアーカイブ」で見ることができます。
 

アーカイブされたライブを再度表示させる方法

ライブアーカイブの動画をタップし、表示します。1分以上の動画であれば、画面下部のシェアボタンをタップすればIGTVでシェアができます。またダウンロードボタンをタップすれば、端末へのダウンロードも可能です。

ライブ配信のアーカイブ

IGTVは、モバイルからは15分、Webからは最長60分までの動画を、フィードやストーリーに表示できるサービスです。ユーザーはInstagramアプリまたはIGTVアプリで視聴できます。

IGTVでシェアする場合は、シェアボタンをタップし、動画タイトルを付けて「投稿」ボタンをタップすれば完了です。
 

ビジネスアカウントでアーカイブを活用するアイデア

ビジネスアカウントでアーカイブを活用するアイデア

テテマーチ社が2020年に行った アンケート調査の結果によると、Instagramを導入している企業279社のうち、成果を実感するうえで「目標」が大きな影響を及ぼしていることがわかりました。

予算額や運用開始時期に関しては、「成果を実感している」と答えた企業と「成果が実感できない」と答えた企業の間に、有意な差は見られませんでした。しかし、明確な目標を持ってInstagramを運用している企業は成果を実感しているのに対し、明確な目標を持たない企業の多くは「成果が実感できない」と答えていたのです。

多くの企業がInstagram運用の目標設定として掲げるのは次の4つです。

  • 新規顧客との接点づくり
  • ブランディング
  • 売上の増加
  • ファンとのコミュニケーション

Instagramマーケティングについては以下の記事でも詳しく解説しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

フィード投稿のアーカイブ

ユーザーはフィードに表示される投稿を見て、気に入った投稿があればプロフィールをクリックし、アカウントのこれまでの投稿を閲覧し、フォローするかを決めます。

そのためプロフィールに表示されるハイライトやフィード投稿の一覧は、ユーザーを惹きつける統一した世界観を持つことが求められます。

フィード投稿のアーカイブは、次のようなケースで活用できます。

  • 公開したけれども、ユーザーからのエンゲージメント(「いいね」やコメント、保存など)が低かった投稿がある
  • プロフィールだけに表示させたい投稿を、あとで整理しなおして配置したい

プロフィールだけに表示させたい投稿をいったんアーカイブし、あとで整理しなおして配置する場合には、グリッド投稿がおすすめです。

グリッド投稿とは何枚かの写真を組み合わせてひとつの大きな画像を作ったものです。フィード投稿後にすぐアーカイブすることで、プロフィール欄に印象的な大きな画像を表示できます。
 

ストーリーズのアーカイブ

アーカイブされたストーリーズ投稿を組み合わせて、スライドなどのように表紙とタイトル、ストーリーを持った画像が作成できます。

Instagramのユーザーは、フィード投稿を新しい情報を知らせてくれるものとらえています。他方、ストーリーズは、近況を知らせ、距離を縮めてくれるもの、ととらえる傾向があります。

ストーリーズのアーカイブは次のようなケースで活用できます。

  • アーカイブで複数のストーリーズを組み合わせることによって、情報をより深掘りして伝える
  • ダイレクトメッセージとして定期的にシェアし、メルマガのように利用する
     

ライブ配信のアーカイブ

ウェビナーやインタビューなどの動画配信を行った場合は、アーカイブ機能を用いるとIGTVとして配信できます。

ライブ配信のアーカイブは次のようなケースで活用できます。

  • プロフィール画面から動画を紹介する
  • シェアする対象を決めてDMなどで紹介しつつ、ターゲットにピンポイントで配信する
     

アーカイブ利用時の注意点

アーカイブする際に注意すべき点1

アーカイブする際に以下の3点に注意してください。

  • アーカイブが自動保存に設定されているか
  • 再表示したライブ動画には配信時のコメントやリアクションは残らない
  • ストーリーズに残る閲覧履歴がハイライトでは残らない
     

アーカイブが自動保存に設定されているか

ストーリーズとライブ配信は、デフォルトで自動的にアーカイブされる設定になっています。ただ、設定が外れている場合にはアーカイブされないので、念のために確認しておきましょう。

プロフィール画面からメニューボタンをタップして、「設定」を選択します。「設定」から「プライバシー設定」をタップし、「ストーリーズ」を選択、「ストーリーズ」をスクロールさせて、「ストーリーズをアーカイブに保存」にチェックが入っているかを確認します。

アーカイブする際に注意すべき点2

ライブ配信の場合は「プライバシー設定」から「ライブ」を選択すれば「ライブ動画をアーカイブに保存」にチェックが入っているかを確認できます。
 

再表示したライブ動画には配信時のコメントやリアクションは残らない

Instagramでライブ配信を行うと、リアルタイムでコメントやリアクションを受け取ることができます。視聴者から寄せられた質問にリアルタイムで答えることができるのはライブ配信ならではの魅力です。

アーカイブされたライブ動画にはコメントやいいねなどは残りません。そのため再表示してもコメントやリアクション、またライブ配信時での履歴などは表示されません。
 

ストーリーズには残る閲覧履歴がハイライトでは残らない

ストーリーズには、ストーリーズ投稿が表示されている24時間は閲覧履歴が表示されます。閲覧履歴は24時間で消え、ハイライトにもその履歴は表示されません。閲覧したアカウントや閲覧数を知りたいときは、ダイレクトメッセージを使ってハイライトをシェアしましょう。

ライブ配信中に寄せられた「いいね」やコメントも、配信が終了した場合には残りません。そのためアーカイブされた動画を再配信しても、配信時のコメントやいいねなどは表示されません。
 

アーカイブを活用し、一貫性のあるアカウントを目指そう

Instagramを運用していくと、投稿の中には反応がなかったり、クオリティの低い写真が出てくることもあるでしょう。それらの投稿はアーカイブを活用することによってアカウントの世界観を統一することができます。

フィード投稿・ストーリーズ・ライブ配信で利用できる3つの異なるアーカイブの役割や使い方を知り、うまく活用することで、Instagramのビジネスアカウントの可能性を広げてみてはいかがでしょうか。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

Instagramエンゲージメントレポート

 Instagramエンゲージメントレポート

元記事発行日: 2021年10月13日、最終更新日: 2021年10月13日

トピック::

インスタグラムマーケティング