Instagramを運用しビジネスに活かすためには、投稿を通じてユーザーへ向けて有益な情報を伝え、自社への共感や興味を喚起することが大切です。ですが、闇雲に投稿を続けても、その投稿自体がユーザーに届かなければ意味がありません。

→ダウンロード: 無料Instagramエンゲージメントレポート

そこで取り入れたいのがユーザーの行動データの分析です。とくに、インサイトから読み取れる「インプレッション」「フォロワー」「インタラクション」「リーチ」の項目を分析することで、ユーザの動きを把握でき、運用改善のための対策を講じられるようになります。

これらの数値の中でも、積極的に意識したいのが、どのくらいの人が投稿や広告を目にしているかを判断できる「リーチ」です。

この記事では、Instagramにおけるリーチとは何か、リーチの確認と分析、リーチを伸ばすための5つの方法について説明します。

Instagramエンゲージメントレポート

Instagram(インスタ)のリーチとは?

Instagram(インスタ)のリーチとは?

リーチとは、Instagramの投稿や広告を目にした実人数(ユニークユーザー数)を指します。

リーチ数は、アカウント運用の数値データが分かる「インサイト」から確認可能です。(確認方法については次の章で説明します)

インサイトからは、リーチ数だけでなくインプレッション数やプロフィールのアクティビティなどアカウントの運用に関する様々なデータが参照できます。

これらの中で、リーチと混同しやすいのが「インプレッション」です。Instagramの運用において重要な指標なので、必ずそれぞれの違いをおさえておきましょう。
 

リーチとインプレッションとの違い

上述したように、リーチとは投稿や広告を目にした実人数を意味します。一方でインプレッションとは、投稿や広告が表示された延べ回数を指します。

例えば、同じユーザーに広告や投稿が2回表示された場合、リーチは1、インプレッションは2とカウントされます。

ちなみに、1人のユーザーに同一内容が何回表示されているのかを示す指標を「フリークエンシー」といいます。

1人のユーザーに対し、何度も同じ広告が配信されると、ユーザーは不快な印象を持ってしまうかもしれませんし、そのユーザーが自社に興味を持っていない場合は広告の無駄な配信となってしまいます。そこで、Instagram広告ではフリークエンシーキャップ(一定時間あたりの広告配信量)を設定し、3時間に1回の表示制限が設けられ配信の最適化が進められています。
 

PVとの違いは?

リーチはインプレッションのほかにも、ブログやLP(ランディングページ)の閲覧総回数を意味するPV(ページビュー)という指標とも混同されがちです。例えば、広告配信におけるPVとは広告が掲載されているページが表示された回数を指します。1人のユーザーが2回同じ広告をタップし、LP(ランディングページ)を2回表示させた場合には、リーチ数は1、PV数は2としてカウントされます。

リーチはあくまでユニークユーザー数であることを覚えておいてください。
 

リーチの確認方法

リーチの確認方法

Instagramのリーチを調べるには、アカウント種別をプロアカウント(ビジネスアカウントやクリエイターアカウント)に切り替え、「インサイト」を確認します。初期設定の個人アカウントではインサイトを確認できないため、ご注意ください。
 

インサイトへアクセス

Instagramのプロフィール画面に表示されている「インサイト」ボタン、もしくは投稿の「インサイトを見る」という青字をタップします。
 

「リーチしたアカウント」を確認する

プロフィールにある「インサイト」へアクセスした場合は、そのアカウントのインサイト概要が表示され、「リーチしたアカウント」の数と推移が表示されます。

「リーチしたアカウント数」をタップすると、一定期間内で投稿やストーリーズからリーチしたアカウントについての情報が表示されます。

例えば、フォロワーとフォロワー以外ではどれくらいの割合なのかを数字と円グラフで、コンテンツタイプは投稿なのか、ストーリーズ、リールなのかを数字と横棒グラフで確認することができます。また、リーチ数の多い順に投稿やストーリーズが項目分けされています

これらの項目分けによって、コンテンツごとのリーチ数の違いが把握できるため、人気のある投稿やより多くの人に届いている投稿が分析できます。

また、「プロフィールのアクティビティ」では、リーチしたアカウントがプロフィール画面からどのような行動をとったのかも確認できます。
 

企業がリーチ数を増やすべき理由

リーチとは、どのぐらいの人数が投稿や広告などのコンテンツを見ているかが分かる指標です。そのため、リーチを分析すればユーザーの行動が把握でき、どのように運用を改善すればいいのか対策が立てやすくなります。

とくに、広告運用をしている場合は、費用対効果を見極めるためにも必ず押さえてください。

また、フォロワー数をKPI(重要業績評価指標)として運用している場合には、リーチの増加はフォロワーの創出にもつながります。

なぜなら、リーチの増加は、より多くのユーザーの目に触れる機会の創出に寄与し、その中から自社に興味を持ったり共感してフォローしてくれる可能性が増えるからです。

つまり、リーチ数が増えるとは、ブランド認識やサービス・商品認識、さらには企業の売上増加に繋がります。

Instagramの投稿を頑張っているものの、満足にフォロワー創出が果たせていない場合には、ぜひリーチを分析して、自社がどのような情報を提供すればいいのか策を講じましょう。
 

Instagramのリーチ数を多く創出する5つの方法

Instagramのリーチ数を多く創出する5つの方法

ここからはInstagramのリーチを多く創出する方法について解説します。

  •  ハッシュタグをつける
  •  投稿頻度
  •  投稿時間(タイミング)
  •  ストーリーズやリールを活用する
  •  ユーザーとのコミュニケーションを増やす
     

ハッシュタグをつける

Instagramは他のSNSに比べて、ハッシュタグ検索機能が使われる傾向にあります。

ハッシュタグ検索とは「#」と単語を組み合わせて検索することで、そのハッシュタグを使っている人の投稿が閲覧できる検索システムです。

言い換えるなら、投稿やストーリーズにハッシュタグを付けていれば、誰かがそのタグを検索したときに、検索結果一覧に表示されるようになります。

ハッシュタグによって、投稿数や検索ニーズの母数は異なります。

自社コンテンツやユーザーとの相性がいいハッシュタグを選択すれば既存フォロワーだけでなく潜在的な顧客へもリーチできる可能性が高くなります。

ぜひ、積極的にハッシュタグをつけましょう。
 

投稿頻度

ハッシュタグ検索をした結果の画面では、トップと最近の2つのタブが表示されます。「トップ」のタブでは人気のコンテンツが、「最近」のタブでは更新時間が直近のものほど上位に表示され、より多くの人の目に留まります。
 

投稿時間(タイミング)

Instagramは、個人が利用するSNSであり、通勤時間、昼休み、帰宅時間、夕食時間など時間帯によって使っているユーザー数は異なります。

そこで、インサイトの「オーディエンス」の数値を確認してください。「オーディエンス」ではフォロワーの種類や活動時間を確認できます。

最下部の「最もアクティブな時間」は、フォロワーの個性や投稿へアクセスしている時間帯がグラフで表示されます。

この数値を参考に投稿時間を工夫すれば、より反響の良いコンテンツを生み出せるようになります。
 

ストーリーズやリールを活用するInstagramにはフィード投稿以外にも、ストーリーズやリールといった投稿方法がある

ストーリーズとは、スライドショーのように写真や動画を24時間に限定して投稿できる機能です。

一方、リールとは、15秒もしくは30秒までのショート動画を作成、編集し投稿できる機能です。BGMやエフェクトも付けられるので、見ている人に楽しんでもらえることが最大の魅力です。

通常の投稿とは別に、ストーリーズやリールを投稿すれば、より多くのユーザーの目に留まる機会を増やすことができ、リーチ増に繋がります。
 

ユーザーとのコミュニケーションを増やす

Instagramのアルゴリズムでは、ユーザーとのいいねやコメントのやり取りの頻度が高いほど、相手のフィードに表示されやすくなり、エンゲージメント率が高まります。

もちろん、ユーザーとこまめにコミュニケーションをとっている様子は、別のユーザーから見ても親近感や信頼感を覚えるきっかけになるでしょう。

ブランドイメージやリソース配分に注意しながら、積極的にコミュニケーションを取りましょう。
 

まずはリーチを創出し、関係構築への第一歩を踏み出そう

インスタグラムは国内でのユーザー数も多く、うまく運用することで見込み客への価値提供が図れるだけでなく、興味を持ってもらうきっかけづくりに最適です。

より良い情報を受け取ってもらうためにも、まずは自社アカウントのフォロワーになってもらう必要がありますが、その前提として欠かせないのがリーチの創出と運用のための分析、そして改善です。

リーチを伸ばすためには、ハッシュタグの活用や投稿頻度、適切な投稿時間の見極め、フィード投稿に加えてのストーリーズやリールの併用、こまめなユーザーとのコミュニケーションを心がけてください。

インスタグラムの運用はコツコツと地道な作業ですが、コンテンツが集積すると強力なマーケティングツールとなります。ぜひ本記事を参考にリーチについての知識を身につけ、実際の運用に活かしてください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

Instagramエンゲージメントレポート

 Instagramエンゲージメントレポート

元記事発行日: 2021年10月18日、最終更新日: 2021年10月18日

トピック::

インスタグラムマーケティング