ランディングページは業種やビジネスモデル、使用する目的によって最適な構成やサイズが異なります。なぜなら、ユーザーの商品知識や購買プロセスなどによって求められる情報の質と量が違うからです。

→ダウンロード: 見込み客を惹きつけるランディングページ作成無料ガイド

例えば人材紹介業のビズリーチでは、同じサービスのランディングページでも企業向けと一般ユーザー向けで以下のように大きくサイズを変えています。

企業様向け/登録者向け ビズリーチ

本稿では、10種類の業種・目的別にランディングページの特徴や制作に役立つポイントを他社事例を挙げながらご紹介していきます。これから初めてランディングページを制作する方はもちろん、現状のランディングページの反響にお悩みの方もぜひ参考にしてください。

見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

B2Bセールス用ランディングページの事例とポイント

経費精算システムならDr.経費精算 | 全自動入力のクラウド経費精算システム

B2Bセールスのランディングページでは、ユーザーが初回の訪問で購入を決定することはまずありません。リアルでの営業活動と同様に検討期間が長く、ユーザーの意思決定のプロセスも複雑です。

そのため、B2Cのランディングページのように購入だけをコンバージョンに設定すると、機会損失につながる恐れがあります。以下のような複合的なCTAを設けて多様なニーズに対応できるようにしておくことがおすすめです。

  • 資料請求
  • 見積依頼
  • 無料体験
  • 問い合わせ

デザイン面では、製品・サービスの強みやベネフィット(ユーザー利益)を直感的に伝える工夫が大切です。一般的には以下のようなグラフや表がよく使われています。

経費精算システムならDr.経費精算 | 全自動入力のクラウド経費精算システム

求人広告を掲載 | Indeed (インディード)

次のように複雑な料金プランの計算方法をわかりやすく説明しているランディングページもあります。

請求書作成・発行・管理クラウドサービスMakeLeaps | 簡単に使えるWEB請求 | リコー

このように、ランディングページ上でユーザーが迷いそうなポイントに先回りして答えておくことは信頼感にもつながりますし、スムーズな意思決定をサポートする効果もあります。

コンテンツ作成では営業やカスタマー部門とも意見交換しつつ、自社の製品・サービスに対する不安要素を極力取り除くように意識することが大切です。
 

B2Bリード獲得用ランディングページの事例とポイント

 

効果的なランディングページの作成方法とは? | HubSpot Japan

おもにインバウンドマーケティングにおけるリードジェネレーション(見込み客の獲得)のフェーズで活用されるランディングページです。コンバージョンの多くはホワイトペーパー(eBookや資料)の請求やメルマガ登録などで、ここで獲得したリストに対してリードナーチャリング(有望な見込み客への育成)のアプローチを行っていきます。

基本的にブログを読んで興味をもったユーザーが訪問するので、セールス用ランディングページのような詳しい説明やアピールは必要ありません。それよりもホワイトペーパーやメルマガの内容と「読むメリット」を簡潔に伝えることの方が大切です。

以下のように、個人情報の提供に関する不安を払拭することや無料であることを念押しするのも有効です。

効果的なランディングページの作成方法とは? | HubSpot Japan

店舗集客用ランディングページの事例とポイント

店舗、とくに飲食系・美容系ではクーポンサイトや口コミサイトを使った集客が一般的ですが、一方でランディングページを効果的に活用している店舗もあります。

以下に紹介する「焼肉もとやま」もそのひとつです。ランディングページの特徴は次の3点です。

  1. 店舗毎にランディングページを用意して、ユーザーに手間をとらせないよう配慮
  2. 画面左下に常にWebクーポンを表示してCVアップを図る
  3. 機会損失を防ぐために先々の空席状況が確認・予約できるカレンダーを設置

焼肉もとやま 上野本店【公式】

焼肉もとやま 恵比寿店【公式】

また、新規顧客獲得施策としてユーザーの不安や心理的ハードルを取り除くコンテンツを用意することも大切です。一般的な手法は、店内の写真をたくさん掲載する、スタッフ紹介のコンテンツを設ける、お客様の声でフレンドリーさをアピールするなどですが、以下の美容室のランディングページでは、ファーストビューに動画を設置して来店~施術~退店までの流れを紹介しています。

mod's hair 銀座店 【モッズ・ヘア】

単品通販EC(リピート通販EC)用ランディングページの事例とポイント

 

プロテオグリカン配合の美容ドリンク『Liftage[リフタージュ]』 [公式通販]|サプリメント・健康食品一覧 | サントリーウエルネスオンライン

単品通販はリピート通販とも呼ばれ、商品を継続的かつ定期的に購入してもらうことで収益化を図るビジネスモデルです。

ランディングページでは「お試し(サンプル)商品」をメインで販売し、その後のフォロー施策(アウトバウンドコール、ステップメール、ダイレクトメールなど)で定期コースへ誘導する2ステップの売り方が多く見られます。

デザイン面ではランディングページ上でセールスを完結させるために、他の業種以上に「売ること」に特化した作りになっているのが特徴です。

キャッチコピーを含めてアピールポイントは徹底的に目立たせる、画像を多用して商品のスペックやベネフィットを直感的に伝えるといったポイントに加えて、CTAボタンもB2Bのランディングページと比べて圧倒的に大きいものが一般的です。

肌みちがえる、30日間 ライスフォース
 

総合通販(カタログ通販)EC用ランディングページの事例とポイント

カタログ通販のセシール(cecile)

多種多様な商品を取り扱う総合通販(カタログ通販)のランディングページの多くは、一般的な「1ページで縦長」の形状ではありません。広告からの着地ページこそトップページとは異なるものの、ECサイトと兼用しているものが多く、カタログのようにさまざまな商品が購入できるようになっています。

ただし、以下のように季節商品など特定商品のみを販売するランディングページを使っている企業もあります。

[裏地にボアなのにすっきり! 裏ボアパンツ|フェリシモ]

ユニークな施策を行っているのがニッセンのランディングページです。通常はクーポン表示などに使うポップアップ機能を期間限定イベントやSALE情報を知らせるプラウザ通知の許諾確認に用いることで、再訪問促進施策として活用しています。

【ニッセン】ファッション通販 2019冬
 

楽天市場用ランディングページの事例とポイント

【楽天市場】《楽天ランキング第1位》シャンプー haru 100%天然由来 ノンシリコン kurokamiスカルプ:haruオンラインショップ

楽天市場と他のランディングページの大きな違いがユーザーの流入経路です。楽天市場の場合、半数以上のユーザーが楽天市場内の商品検索からの流入と言われています。そのため、ランディングページの内容も楽天市場向けに最適化する必要があります。

一番のポイントが人気や実績、権威付けの表現です。通常のランディングページでも売上やリピート率の高さを目立たせるのは定番ですが、楽天市場用ランディングページの多くは「楽天市場内での人気・評価(ランキング、売上、レビュー件数、平均点)」をアピールしています。

【楽天市場】ルイボスティー:ティーライフshop 健康茶 自然食品

イビキ防止用枕を販売しているイビキ研究所では、お客様の声にも楽天市場のレビューをデザインごと使うほど徹底しています。

【楽天市場】枕 いびき防止 スージー:いびき防止グッズ枕のいびき研究所

また、楽天市場のようなECモールは競合店舗に遷移されやすいため、インパクトのある形で「お得感」をアピールする工夫も大切です。いびき研究所のランディングページでは、モーダルウィンドウを使ってユーザーが訪問すると最初にクーポンが表示されるようになっています。

【楽天市場】枕 いびき防止 スージー:いびき防止グッズ枕のいびき研究所
 

採用・求人用ランディングページの事例とポイント

 

ポピンズ 採用サイト | 保育士・保育園の求人サイト 東京・神奈川・千葉・埼玉・名古屋・大阪・兵庫

採用・求人用ランディングページの場合、ただコンバージョンの数=応募件数が多ければ良いわけではありません。採用後のミスマッチを減らすには、コンバージョンの「質」にもこだわる必要があります。そのために、各社さまざまな工夫を凝らしています。

例えば、上図のポピンズのランディングページでは、動画で1人のスタッフの1日に密着して職場の雰囲気やワークスタイルを紹介しています。電話だけでなくLINEで相談を受け付けているのも、応募者に対する配慮が感じられて好印象です。

以下の大東建託のように、数字を使って具体的に伝えるのもわかりやすくて効果的です。

大東建託|不動産コンサルティング営業募集
 

キャンペーン用ランディングページの事例とポイント

今ならビッテでチェブラーシカとの限定コラボデザインのマグセット当たる!|グリコ

キャンペーンは参加してもらわなければ始まりません。キャンペーンについての長い説明の前に、参加するメリットと楽しさが一瞬で伝わるデザインでユーザーのハートをわしづかみすることが重要です。

内容について近年スタンダード化しつつあるのが、認知拡大のための各種SNSとの連携です。ランディングページにシェアボタンを設置するのはもちろんのこと、ハッシュタグをつけてSNSに投稿することを応募条件とするキャンペーンも目立ちます。

#ワンチームラグビー|ラグビー日本代表応援キャンペーン|CANTERBURY (カンタベリー) 公式サイト - GOLDWIN
 

イベント集客用ランディングページの事例とポイント

Microsoft Ignite The Tour Osaka - 2020年1月

企業にとってイベントといえば、展示会を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、マーケティングにおいてモノ(商品)よりコト(体験)が重視されるようになっている昨今、上図のマイクロソフトのように顧客獲得のために自社イベントを実施する企業も増えてくるのではないでしょうか。

イベント集客用ランディングページの参考になるのが、イベント実施経験豊富な遊園地やレジャーランドのランディングページです。デザインからコンテンツにいたるまでユーザーのワクワク感を喚起するノウハウがつまっています。

子どもの遊び場!レゴランド®・ディスカバリー・センター大阪
 

スクール・学習塾用ランディングページの事例とポイント

RIZAPから英会話スクールが誕生。最短2ヵ月間で、あなたの英会話力を劇的に変えてみせます!

一般にスクール・塾は費用面だけでなく「継続的に通わなければいけない」といったハードルもあり、ランディングページだけで成約してもらうのは困難です。そのため多くのスクールや塾が「無料体験」「無料カウンセリング」「無料説明会」をコンバージョンに設定し、まず一度来校してもらうことを目標にしています。

内容のポイントは入学(入塾)後と卒業後のメリットをわかりやすく伝えることです。以下のプログラミングスクールのランディングページでは、在校生・卒業生の声と転職後の年収グラフを使って定性・定量両面で効果的にアピールしています。

未経験から最短でエンジニア転職を目指す | TECH::EXPERT(テック エキスパート)
 

まとめ

業種・ビジネスモデル・目的別にランディングページの特徴と活用事例をご紹介してきました。

マーケティングにおいて他社の事例はアイデアの宝庫です。成功要因や自社にマッチしそうな施策を取り入れることが、ときに大きな飛躍をもたらすこともあります。ぜひ自社の業種にとらわれずにすべての事例を参照してみてください。

また、HubSpotではランディングページのパフォーマンスを向上させるためのノウハウを完全無料のeBookで詳しくご紹介しています。今回の記事で触れられなかった細かいノウハウも豊富に掲載していますので、ぜひダウンロードしてみてください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

 見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

元記事発行日: 2020年2月16日、最終更新日: 2021年11月09日

トピック::

ランディングページ