6 min remaining

ランディングページ(LP)とは、リスティング広告やSNS広告の遷移先となる縦長レイアウトのWebページです。単体で製品のメリットやベネフィットを訴求できるという特徴があり、コンバージョンまでの流れをランディングページのみで完結できます。企業にとってはスムーズな成約につながり、見込み客は情報収集の手間が省けるため、企業と見込み客の双方にメリットをもたらします。

→ダウンロード: 見込み客を惹きつけるランディングページ作成無料ガイド

本記事では、次のような方に向けて、ランディングページについて分かりやすく解説しています。

  • ランディングページとホームページの違いが分からない
  • LPを作りたいがどこから手を付けたらいいのか分からない
  • LPは持っているがなかなか売上に繋がらない

ランディングページの仕組みや特徴を知り、広告のROI(投資利益率)を最大限に高めましょう。

見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

ランディングページ (LP)とは?

ランディングページ (LP)とは

ランディングページ(LP)とは、「ユーザーが最初にアクセスしたページ」を指します。これは広義の意味で用いられ、狭義では「CTA(行動喚起)に特化した縦長レイアウトのWebページ」を指し、Webマーケティングで言及される場合は後者がほとんどです。(本記事における「ランディングページ」も、原則「CTA(行動喚起)に特化した縦長レイアウトのWebページ」を指します)

ランディングページは、ページ単体で購買意欲の醸成からユーザーにアクションを起こしてもらうまでの役割を担います。そのため、ページ内に製品のメリットやベネフィット、お客さまの声、FAQといった購買を促進する多数の要素が含まれており、縦長のレイアウトになる傾向にあるのです。

また、ランディングページは、一般的にはリスティング広告やSNS広告の受け皿となります。つまり、ユーザーが広告をクリックして辿り着く先がランディングページということです。

たとえ広告のクリエイティブやターゲティングが優れていたとしても、受け皿となるランディングページに問題があればコンバージョンには至りません。広告の延長線上にランディングページがあることを念頭におきながら、その仕組みや特徴をつかんでいきましょう。
 

ランディングページとWebサイトの違い

ランディングページと混同されがちなのがWebサイト(ホームページ)です。両者の大きな違いは「運用する目的」にあります。

Webページを運用する目的は、会社案内・人材募集・製品の紹介・情報提供などさまざまです。そのため、会社概要・サービス内容の説明・お客様の声・コラム・問い合わせフォームなど、ビジネスに必要な多種多様なコンテンツが含まれています。

一方、ランディングページは購買意欲の醸成からアクションにつなげる目的に特化しており、商品・サービスの購入や資料請求など、何らかのアクション(コンバージョン)を訪問者に促すことを目的としています

また、ランディングページとWebサイトには、レイアウトにも大きな違いがあります。
 

縦長のレイアウト

冒頭で説明した通り、ランディングページは、縦長のレイアウトが一般的です。ランディングページの役割上、購買意欲の醸成からアクションへとつながる訴求を単一のページで行う必要があり、縦長であればページの情報量が増えるからです。

例えば、営業担当者が顧客に商品を販売しようとした場合、複数の資料を見せながら営業トークを駆使し、デモンストレーションを実施することもあるでしょう。これは顧客の購買意欲を底上げするためです。

ランディングページも上記のような営業活動と同じです。自社製品のメリットやベネフィット、使い方、お客さまの声などを紹介し、徐々に見込み客の購買意欲を醸成する仕組みになっています。
 

他ページへの遷移先が少ない

ランディングページには、基本的に他ページへのリンクを掲載しません。これは、複数の内部リンクを設置してサイト回遊を促すWebサイトとの大きな違いの一つです。

Webサイトの場合、各々のページによって役割が異なるため、サイトを回遊させて購買促進を目的とするページに導くのは有効な手段と言えます。

しかし、ランディングページの場合は単独で見込み客のアクションを促す必要があるため、他ページに遷移されてしまうと本来の目的が達成できなくなります。そのため、ランディングページに掲載するリンク数は最小限にするのが効果的です。
 

自然に購買意欲が高まる構成で設計されている

ランディングページの構成は、見込み客の購買意欲が自然に醸成され、おのずとアクションへと繋がるよう工夫を凝らす必要があります。メリットを端的に訴求するファーストビューから始まり、「共感→ベネフィット→お客様の声→FAQ→クロージング」といった順序立てた構成が特徴です。構成については後ほど詳しく説明します。
 

中核となるコンテンツは画像

ランディングページの中核となるコンテンツは画像です。理由は、ランディングページ特有の縦長のレイアウトにあります。

見込み客はランディングページを閲覧する際に何度もページをスクロールしなければなりません。その際にページの中身が文章だらけだったら、見込み客は辟易してページを離れてしまうでしょう。

その点、画像がメインのコンテンツであれば、複数の文字情報を1枚の画像にまとめることができます。見込み客に対して情報を端的に伝えることが可能になるため、ページ離脱率が減ったり、クロージングまで内容を完読してもらったりといった効果が期待できます。

同じ理由で動画を活用するケースもありますが、ことランディングページに関しては、動画の使用はおすすめできません。動画の場合は視聴時にYouTubeに遷移してしまう、あるいは動画に気をとられてアクションにつながらないなどの悪影響を及ぼすからです。ランディングページを制作するときは画像を中心に構成し、動画は含めないようにすると良いでしょう。
 

ランディングページはSEO効果が薄い

Webページの場合、SEO対策を施して検索エンジン上の順位を上げ、アクセス促進を図ることは一般的な施策です。一方のランディングページは、もともとテキスト量や掲載リンク数が少ないこともあり、高いSEO効果は期待できません。

リスティング広告やSNS広告などで集客した見込み客に対し、購買意欲の醸成やアクションを促進するのがランディングページの役目です。そのため、広告と同じ集客施策であるSEO対策を実施する必要性は薄いと言えます。

また、仮にSEO対策を施したランディングページが上位にランク入りしてしまうと、既存Webページの競合になる恐れもあるでしょう。ランディングページを運用する企業のなかには、あえて検索エンジンの結果に表示させないよう「noindex」を付与するケースも珍しくありません。
 

ランディングページを活用する3つのメリット

ランディングページを活用する3つのメリット

ランディングページを活用するメリットは次の3点です。

  • スムーズに見込み客の購買意欲を高められる
  • 複数パターンのクリエイティブでターゲットに合わせて最適な訴求ができる
  • デザインでの訴求力が高く強いインパクトを与えられる

一つずつ解説していきます。
 

スムーズに見込み客の購買意欲を高められる

ランディングページには、集客した見込み客を他ページに遷移させる内部リンクが少ないという特徴があります。そのため、製品のメリットやベネフィットが読者にしっかりと伝われば、見込み客の注意を逸らさずスムーズにコンバージョンへと結び付けられます

リスティング広告やSNS広告などで集客した見込み客を単独で成果に結び付けられるのは、ランディングページならではの特徴です。また、わずか1ページで情報収集から購入までを完結させることができるため、すでに商品の購入にかなり前向きな見込み客にとっても大きなメリットになります。
 

複数パターンのクリエイティブでターゲットに合わせて最適な訴求ができる

Web広告のクリエイティブに応じて複数パターンのページを制作できるのも、ランディングページのメリットです。

例えば、リスティング広告で「30代女性向け」と「40代女性向け」のターゲティングを行っている場合、30代女性に合うランディングページと40代女性に合うランディングページを用意することが可能です。流入経路に合わせたランディングページを用意しておくことで、商品やサービスの訴求がターゲットに刺さりやすくなり、CVR(コンバージョン率)の改善が期待できるでしょう。

また、ファーストビューだけを変更したランディングページを複数用意し、最も成果の出やすいものを検証するといったA/Bテストも容易に実施できます。
 

デザインでの訴求力が高く強いインパクトを与えられる

画像コンテンツを中心に構成されているランディングページは、文字ばかりのページよりもデザイン性が高くなります。その結果、製品の特徴や利用シーンを見込み客が具体的にイメージすることができます

また、画像コンテンツは難しい文章を簡潔に伝える際にも有効です。複雑な情報やデータを図やイラストで表現する手法はインフォグラフィックと呼ばれます。インフォグラフィックを活用することで、情報に対する読者の理解が深まります。
 

ランディングページの作り方

ランディングページを作るには次のような工程が必要です。

1.企画・構成を考える

ランディングページを作成する目的を明確にしたうえで、KPI(測定可能な目標値)やペルソナを設定。その後、後述する7つの構成要素をもとにページの構成を考える。

2.デザイン・ライティング

作成した構成に沿ってファーストビューのキャッチコピーやメリット・ベネフィットの訴求文を執筆。フォントサイズの調整や文字装飾など、読みやすく印象に残りやすいデザインもこの段階で実施する。

3.開発・コーディング

実際にランディングページの形を組み上げる段階。文章や画像をサーバーに落とし込むほか、URLやメールアドレス、お礼文などを設定する。社内エンジニアを活用した内製化と制作会社に依頼する方法がある。

4.ページ公開・効果測定

ランディングページをWeb上に公開。その後、運用成果とKPIを照らし合わせ、不足する要素があればページの改善を行う。何度も検証と改善を繰り返してPDCAを回転させることで、徐々にランディングページが最適化される。

ランディングページの作り方については、以下の記事でより詳しく解説しています。制作時のポイントやおすすめツールも紹介しているため、効率よくランディングページを作成できます。

ランディングページに不可欠な7つの要素

ランディングページの質を高めるために効果的なのが、基本となる7つの構成要素をベースにコンテンツを作成することです。「どこにどのような要素を置けばいいのか」と悩んでいる方は、まず基本の構成をマスターしましょう。

1.ファーストビュー

集客した見込み客が最初に目にする箇所。ランディングページの続きを読むかどうかはファーストビューの内容次第で、同箇所の内容が悪ければほかの部分をうまく作っても意味がない。「この製品を使えば読者のどんな悩みがどのように解決するのか」という視点を踏まえ、簡潔なキャッチコピーで訴求する。

2.導入部分

導入部分では、読者が意識していない課題を指摘する「問題提起タイプ」と、読者の悩みに寄り添うように訴求する「共感タイプ」のいずれかを用いる。「この製品は自分に必要」だと自分事のように感じてもらうことが目的。

3.商品・サービス提案

製品の魅力をアピールするためのパート。スペックやメリット、ベネフィットをバランスよく伝えることが大切。

4.お客さまの声・導入事例

見込み客からの信頼を獲得するためのパート。企業目線でいくらメリットやベネフィットを訴求しても相手は「押しの強いセールス」にしか感じないため、「お客さまからこのような点でご満足いただいています」というメリットやベネフィットの裏付けとなる情報を伝える。

5.FAQ(よくある質問)

見込み客の製品に対する疑問や不安を先回りして解消し、離脱を防ぐパート。見込み客が少しでも疑問や不安を感じた場合、ほかのサイトで情報を調べ直す恐れがある。その間に購買意欲が低減する可能性があるため、「よくある質問」に対する回答を記載しておく。

6.クロージング

CTAを行う前に最後の一押しをするパート。「いまだけ○○%割引」や「期間限定」など、いま買わなければならない理由を提示して見込み客の背中を押す。

7.アクション導線(CTA)

ここまで読んでもらった内容を理解し、見込み客にアクションを起こしてもらうパート。ランディングページの目的にあたる箇所であり、「商品をカートに入れる」「会員登録する」「資料請求する」といったアクションボタンを設置する。

上記はあくまでランディングページの基本的な構成なので、絶対にこの通りにページを作らなければいけないわけではありません。ただ、基本を押さえておくと応用が利くようになるため、慣れないうちは基本形をベースに構成を考えていくと良いでしょう。

ランディングページの構成要素については、以下の記事でより詳しく解説しています。各要素の具体的な考え方も紹介しているため、記事を読むだけでランディングページ制作のコツをつかめます。

ランディングページの流入元となるWeb広告の種類

ランディングページの流入元となるWeb広告の種類

ランディングページの主な集客手段はWeb広告です。そのため、ランディングページの流入元となるWeb広告の種類を理解しておくことは重要です。

ここでは、ランディングページと相性がいい4種類のWeb広告を紹介します。
 

リスティング広告

リスティング広告とは、Google やYahoo!の検索結果に表示される広告です。SEO対策を施したWebページのように検索キーワードをもとに広告を出稿できるため、見込み客のニーズに添った提案を行うことができます。すでに自社製品のことを知っている顕在層へアプローチする場合に最適です。
 

SNS広告

SNS広告は、TwitterやFacebook、Instagramなどに掲載する広告です。ユーザーによる情報の二次拡散が期待できます。リスティング広告とは異なり潜在層や準顕在層向けの施策なので、顕在層向けのような強い商品訴求を行うと離脱率が上昇しやすい点に注意が必要です。あくまで潜在層の興味を引くようなコンテンツを盛り込む必要があるでしょう。

リスティング広告とSNS広告のそれぞれに合ったランディングページの作り方は、以下の記事で解説しています。各広告に合わせて効果的なランディングページを作成しましょう。

動画広告

あらかじめ製品のメリットやベネフィットをある程度理解してもらってからランディングページにアクセスしてもらいたいなら、動画広告がおすすめです。文章や画像に比べ、動画には膨大な情報量を含めることができるため、ランディングページを訪れる前に興味や関心を醸成できます

動画広告の主な種類は以下の4つです。それぞれの違いを理解したうえで最適な動画広告を選びましょう。いずれの種類にせよ、動画のなかで製品の強みやメリットをイメージしてもらい、ランディングページでその内容を改めて確認できるようにすることが肝心です。

  • インストリーム動画広告:動画視聴中に流れる広告
  • インフィード動画広告:WebサイトやSNSのコンテンツ内に掲載する広告
  • インバナー動画広告:Webサイトのバナー広告枠に掲載する広告
  • インリード動画広告:Webページをスクロールすると現れる広告
     

ネイティブアド

ネイティブアドとは、Webサイトのコンテンツに溶け込ませるように配信する広告です。例えば、関連記事一覧のなかに同じフォーマットで広告を表示させたり、サイト内検索結果の一覧に広告を掲載するといった方法で、露骨な広告感を抑えます

ただし、広告が他のコンテンツ(記事)に馴染んでいても、ランディングページの広告感が強ければ読者は違和感を覚えるでしょう。そのため、ネイティブアド用のランディングページは、ほかのコンテンツと同一のフォーマットが望ましいと言えます。ネイティブアドの場合は、画像を中心とした一般的なランディングページではなく、「記事LP」を用いるケースがほとんどです。

記事LPとは、メディア内の記事と同じようなフォーマットのランディングページを指します。以下のページで記事LPについて詳しく解説しているため、興味のある方はそちらもご覧ください。

ランディングページの成果を最大化するには?

ランディングページの成果を最大化するには

ランディングページは、コンバージョンに繋がって初めて価値があると言えます。失敗と改善を繰り返してページの質を向上させることも重要ですが、あらかじめ制作のポイントをつかんでおくと効率が良いでしょう。ポイントは以下の5つです。
 

具体的な数字を入れて信頼性を高める

単独でユーザーのアクションを完結させるランディングページでは、何よりも読者からの信頼を得ることが大切です。あいまいな情報は信憑性に欠け、信頼を失墜させてしまう原因にもなり得るため、具体的な数字を入れて信頼性を高めましょう

例えば、「多数の実績あり」や「多くの方に愛用されている」といった言葉は曖昧で説得力がありません。実績があるならば「取引実績3,000件」、愛用者が多いようなら「98%の方が満足」のように具体性を持たせることがポイントです。
 

ベネフィットの訴求に注力する

ランディングページを作る際は、ベネフィット(便益)の訴求に注力するようにしましょう。なぜベネフィットが重要かというと、読者は製品の機能だけを見て購入を決断するのでもなければ、企業目線のメリットを信じ込んで商品を買うわけでもないからです。

読者にとって最も重要な点は、「その商品(サービス)を使うことで、自分のどのような悩みが、どのように改善されるのか」ということです。つまり、製品の機能やメリットを通じて生まれるベネフィットに着目して購入を決断するのです。

ランディングページを通じて製品の機能やメリットを伝えることも大切ですが、それ以上に、製品を使って悩みが解消された姿を読者がイメージできるように訴求しましょう
 

文章の読みやすさや強調したい点を意識する

縦に長いランディングページを完読できる人は少ないため、短い時間で端的に製品のベネフィットを伝えなければなりません。そのためには、伝えたい部分を太字にする、色を付ける、下線を引くといった文字装飾が必須です。
 

第三機関のデータを引用する

ランディングページの重要な要素として、信頼性のほかに権威性が挙げられます。権威性とは、読者がそのページを見て情報の発信者が優れているとみなす指標です。権威性のあるコンテンツには読者からの信頼が生まれます。

例えば、日本一の名医が監修する書籍を手にとった場合、本を読む前からすでに、情報に対してある程度の信頼を置くのが自然です。

ランディングページに権威性を付与するには、第三機関のデータを引用するのが効果的です。国や自治体、大手金融機関などの引用データがあれば、それが情報の裏付けとなりページ全体の信頼性を向上できます。
 

LPOを意識する

成果の出るランディングページを作成するには、LPOの活用が欠かせません。

LPO(ランディングページ最適化)とは、見込み客のニーズに即したランディングページへと改善をはかる手法です。

ランディングページを運用してすぐに結果が出ることは少なく、成果を検証してページ最適化をはかる必要があります。ランディングページを改良しなければ広告のCPCやCPAが高騰してしまうため、LPOによってコンテンツを見直さなければなりません。

具体的なLPOの方法は以下の記事で解説しています。運用後のことも視野に入れて効率よくランディングページを作成しましょう。

初心者でも使いやすいランディングページ作成ツール3選

ここまでランディングページの構成や作り方をお伝えしてきましたが、慣れないうちは一通りの形を完成させるだけでも膨大な時間と労力を消費します。

この章では、ランディングページをより効率よく作れるよう、おすすめの作成ツールをご紹介します。
 

ペライチ

ペライチ

作成ツールの操作性を重視する人には、ペライチがおすすめです。

国内で開発されたペライチは、日本人にとって馴染みやすいインターフェースを搭載。あらかじめ用意されたテンプレートからデザインを選んだ後は、必要な項目を埋める要領でページ作成を進めていけます。プログラミングやコーディングの知識も必要ありません。

機能は制限されるものの、スタートプランでは費用をかけずにランディングページを作成できるため、まずはお試し感覚で利用したい場合に最適です。ライトプランの場合は月額1,078円で、スタートプランよりも機能が充実しています。

料金プラン(税込)

スタートプラン:無料
ライトプラン:1,078円/月
レギュラープラン:2,178円/月
ビジネスプラン:3,278円/月

決済手数料

売上金額の3.5%

主な機能

常時SSL対応
スマホ最適化
独自ドメイン
SNS連携
フォーム設置
アクセス解析 など

公式サイト

https://peraichi.com/

 

STUDIO

STUDIO

プロジェクトチームを作ってランディングページ制作を進めたいなら、STUDIOがおすすめです。

STUDIOの管理画面には管理者以外の人もログイン可能で、共同編集を行うことができます。招待するメンバーに制限はなく、規模の大きいチームであっても全員を招待できます。

デザインの自由度の高さも特徴の一つです。もともと用意されているテンプレートを使用できるほか、自分で作ったランディングページのデータをアップロードすれば、そのままコードに変換されてWeb上にアップできます。プログラミングやコーディングに慣れない初心者はもちろん、プログラマーやコーダーの方にもおすすめできるツールです。

料金プラン

フフリープラン:無料
ベーシックプラン:1,280円/月、11,760円/年
PROプラン:3,280円/月、29,760円/年

決済手数料

不明

主な機能

デザインエディタ
アニメーション
メンバー招待
独自ドメイン
CMS など

公式サイト

https://studio.design/ja

 

Formrun

Formrun

ランディングページに高機能なフォームを設置したいなら、Formrunがおすすめです。

Formrunは、わずか30秒程度でランディングページやホームページなどにフォームを設置できるサービス。20種類以上のテンプレートのなかから、好きなデザインを選ぶだけで設置が完了します。

Formrunには独自の管理ページがあり、問い合わせ対応状況の確認やメール対応、フォームに関する業務を一元化できます。バリデーション機能(入力値の正確性を自動的に判別)まで備えており、フォーム管理業務の効率化が可能です。

料金プラン(税別)

フリープラン:無料
BEGINNERプラン:5,980円/月
STARTERプラン:12,980円/月
PROFESSIONALプラン:25,800円/月

決済手数料

-

主な機能

フォーム作成
バリデーション
通知機能
問い合わせ対応
メール対応 など

公式サイト

https://form.run/home


なお、当社HubSpotでは「ランディングページ(無料)」を提供しています。豊富なテンプレートのなかからレイアウトを自由に選択できるため、ランディングページ制作に不慣れな方でも問題ありません。

Formrun

さらに見込み客の現在地やトラフィックソースなどCRMの情報をもとに、訪問者一人ひとりに合わせたコンテンツを制作できます。ランディングページの効果を最大限まで高めたい場合に最適なツールです。

なお、当社HubSpotが提供するMarketing Hubにも、ランディングページを作成できる機能が実装されています。ランディングページ作成自体は無料で利用可能で、直感的な操作で初心者の方でもわかりやすい仕様になっているので、気になる方はぜひ一度お試しください。

ランディングページ(LP)作成ツール | HubSpot Marketing Hub(ハブスポット)
 

参考にしたいランディングページのデザイン例

参考にしたいランディングページのデザイン例

ランディングページのデザインは、一般消費者向け(B2C)と企業向け(B2B)によって大きく内容が異なります。それぞれの押さえるべきポイントは以下の通りです。

  B2C B2B

ポイント

・ターゲットが明確であること
・商品が明確であること
・商品の使用感が明確であること

・読者の課題に対する解決策が明確であること
・明確な提案がなされていること
・検討が容易にできること

こうしたデザインのポイントは、参考となる事例と共に検証することで理解が深まります。

以下の記事では、B2CとB2Bのランディングページのデザインについて、事例をもとにそれぞれのポイントを詳しく解説しています。ランディングページ制作時のベンチマークにもなるため、ぜひ活用してみてください。

ランディングページの活用事例

最後に、ランディングページを活用する企業の事例をご紹介します。
 

B2B向けランディングページの活用事例

B2B向けランディングページの活用事例

見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

上図は、当社HubSpotが作成したB2B向けのランディングページです。

主な目的は、インバウンドマーケティングにおけるリードジェネレーション(見込み客の創出)です。上記のランディングページへは、基本的に当ブログを読んで興味を持った見込み客がアクセスするため、セールス用ランディングページのような詳細な文章は必要ありません。

余分な説明を省くことでページをシンプルにし、ホワイトペーパーやメルマガの内容やメリットを簡潔に伝えることに注力しています。「無料」という点を強くアピールし、あらかじめ価格に対する不安を取り除いている点もポイントです。
 

B2C向けランディングページの活用事例

B2C向けランディングページの活用事例

歯科医院でしかできないホワイトニング | starwhitening

上図は、starwhiteningが作成したB2C向けのランディングページです。

先述した7つの構成要素をもとにフォーマットが組まれており、ファーストビューから自然な形でページを読み進めていくことができます。ホワイトニングのメリットを起点にスムーズにベネフィットが訴できており、読者は容易に施術後の姿をイメージすることができます。

「年間15万人以上の来院実績」という数字を使った訴求や全額返金保証制度など、安心して医院を利用できることを全面にアピール。インフォグラフィックや文字装飾も活用されており、読みやすさにも配慮されています。

より詳しくランディングページの事例を知りたい方は、以下の記事をご覧ください。業種や目的別に10種類の項目に分け、さまざまなランディングページを紹介しています。

ユーザーに寄り添ったランディングページ作りを

ランディングページを制作する際は、見込み客のベネフィットを意識することが重要です。自社製品を利用することで得られるベネフィットを伝えることはもちろん、サイトを訪れたユーザーが効率的に情報収集や意思決定ができるよう、構成や文章の入れ方、デザインなども工夫しましょう。

スムーズなアクションに繋がれば、見込み客にとっての機会損失防止にもなります。結果、企業にはCVRの改善や売上の拡大といった成果がもたらされるため、見込み客のベネフィットに着目して売上最大化を目指していきましょう

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

 見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

元記事発行日: 2019年12月06日、最終更新日: 2021年11月02日

トピック::

ランディングページ