自社サービス紹介や商品拡販にLP(ランディングページ)は有効な手段です。ランディングページのテンプレートを活用すれば、HTMLやCSSなどのWebデザインやコーディング知識がない方でもかんたんにLP制作が可能です。

→ダウンロード: 見込み客を惹きつけるランディングページ作成無料ガイド

しかし、テンプレートは種類によって機能や特徴が異なり、Webデザイナーやエンジニアがいない企業の場合は、テンプレートを選ぶ基準が分からないかもしれません。

そこで本記事では、ランディングページのテンプレートの種類や選び方、おすすめのテンプレート12選を紹介します。ランディングページの作成方法にお悩みの方はぜひ参考にしてください。

見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

ランディングページ作成に役立つテンプレートとは

ランディングページ作成に役立つテンプレートとは

ランディングページのテンプレートとは、ランディングページ作成の「ひな型」となるツールのことです。

効果の高いランディングページには、ファーストビューやコンテンツの要素に優れた共通点があります。ランディングページのテンプレートには、成果につながるデザインや運用に必要な機能があらかじめ組み込まれているため、初めてランディングページを作成する方には特に役立つツールです。

好みのテンプレートを選択した後は、テキストや画像を挿入するだけで誰でもかんたんに効果的なランディングページを制作できます。

ランディングページのテンプレートには、大きく分けて3つの種類があります。それぞれの特徴を表にまとめました。

テンプレート種類 特徴

HTMLテンプレート

LP制作に必要なHTMLやCSS、画像などのファイルがセットになったテンプレート。設定後の編集も可能。

WordPressテーマ

オープンソースCMSのWordPress向けに開発されたテンプレート。デザインや機能が豊富。

LP作成ツール

HTMLやCSSなどの専門知識不要ですぐに使えるテンプレート。かんたんに設定できる上、アクセス解析機能なども豊富。

 

ランディングページのテンプレートを利用するメリット

ランディングページのテンプレートは、「誰でもかんたんに」使用できるのが最大の特徴です。テンプレートを使用したランディングページ作成の具体的なメリットについて、もう少し深掘りしてみましょう。
 

無料~低コストで利用できる

ランディングページのテンプレートは数多く存在し、そのほとんどが無料、あるいはリーズナブルな価格で利用できるものばかりです。

一般的に、ランディングページ作成を外部の制作会社に依頼した場合は、数十万円の費用がかかります。また、ランディングページは作成して終わりではなく、その後も効果検証をしながら改善していく必要があり、修正費用が別途発生する場合もあります。

その点、テンプレートの場合は無料で使用できることもあるため、コストの削減につながります。有料テンプレートの場合も、月額課金タイプや買い切りタイプなど、さまざまな種類があります。自社の作成頻度や用途に合わせてプランを選ぶと良いでしょう。
 

専門知識が不要

通常、ランディングページやWebサイト制作を自社で行うには、HTML、CSS、JavaScriptなどのコーディングに関する知識を持った人材が必要です。さらに、IllustratorやPhotoshopを利用したクリエイティブデザインに関する知見も求められます。

そのようなスキルを持ち合わせた人材が自社にいない場合も、テンプレートがあればランディングページの作成が可能です。テンプレートには、デザインなどのクリエイティブな要素があらかじめ組み込まれています。

テンプレートを設定した後は、必要に応じて画像を差し替え、文章を流し込むだけで、まるでWeb制作のプロが手掛けたようなランディングページを短時間で作成できます。
 

効果検証・修正が容易

ランディングページは、ボタン配置や色、キャッチコピーを少し変更するだけで効果が変わることがあります。そのため、アクセス解析ツールなどを活用しながら、効果測定・検証・改善立案・実行といったPDCAサイクルを継続的に回すことが大切です。

テンプレートを活用したランディングページであれば、ページ内のコンテンツ編集も容易に行えるため、Webデザイナーに依頼しなくても、自社で即座に変更できます。PDCAサイクルをスピーディーに回せることもテンプレートの大きなメリットです。

「LP作成ツール」には、アクセス解析機能が備わっていることも多いため、ランディングページの作成から効果検証、改善までワンストップで行うことが可能です。
 

ランディングページのテンプレートを利用するデメリット

ランディングページ作成時のテンプレート活用はメリットばかりではありません。目的によってはテンプレートを使用しない方がいい場合もあります。ここではテンプレートを利用するデメリットを2つ解説します。
 

デザインの自由度が下がる

テンプレートは一般ユーザーに向けて広く公開、配布されているケースが多く、無料テンプレートや利用ユーザー数が多いサービスのテンプレートは、他社とデザインが被る可能性があります。

画像やキャッチコピーなどを変えたとしても、人によっては「このデザインは他でも見たことがある」と感じる可能性もあります。他社との差異化を図りたい場合は、テンプレートではなくオリジナルデザインでの作成を検討すると良いでしょう。
 

テンプレートによって機能が異なる

ランディングページのテンプレートは種類によって備わっている機能が異なります。A/Bテスト機能がない、独自ドメインが使用できないなど、求める機能が備わっていないこともあるので注意しましょう。

単にランディングページを作るだけであれば、マーケティング施策やアクセス解析関連の機能がないテンプレートでも十分に対応可能です。しかし、ランディングページは作成して終わりではなく、継続的な運用によって効果を高めることが求められます。

ランディングページの運用をする中でどういった機能があるとよいかあらかじめ検討し、テンプレートにそれらの機能が備わっているか事前に確認することをおすすめします。
 

ランディングページのテンプレートの選び方

テンプレートを使ってランディングページを作成する際、どういった基準で選べば良いかわからない方も多いでしょう。ここでは、ランディングページのテンプレートを選ぶ際のポイントを3つ紹介します。
 

デザインで選ぶ

デザインはランディングページの印象を決める大事な要素です。テンプレートはシンプルなものが一般的ですが、中にはテンプレートとは思えないほど洗練されたデザインのものもあります。

特にデザインのカスタマイズ性が高いのはHTMLテンプレートです。HTMLの知識や経験があれば、テンプレートをもとにした自社仕様にカスタマイズも可能です。HTMLなどのコーディングスキルを持ち合わせていなければ、WordPressテーマやLP作成ツールのテンプレートがおすすめです。

テンプレート種類 テンプレートの特徴

HTMLテンプレート

デザインのカスタマイズ性が高くHTMLを後から編集できる

WordPressテーマ

デザインが豊富で配置の変更も容易に行うことが可能

LP作成ツール

豊富なデザインから選ぶだけですぐに利用できる

 

機能・操作性で選ぶ

機能や操作性で選ぶのであればLP作成ツールがおすすめです。LP作成ツールはテンプレートデザインが豊富で、アクセス解析機能やSEO対策機能など、サイト運営に役立つ機能が豊富に備わっているものも多いため、新たな見込み客の醸成やコンバージョン獲得に貢献します。

テンプレート種類 テンプレートの特徴

HTMLテンプレート

  • カスタマイズの自由度は高いが専門知識が必要
  • サーバーやドメインの契約が必要

WordPressテーマ

  • WordPressの操作方法を覚える必要がある
  • サーバーやドメインの契約が必要

LP作成ツール

  • 専門知識経験がなくても操作可能
  • アクセス解析機能などの機能が豊富
  • クラウドに保存されるためサーバーやドメインの契約は不要

 

コストで選ぶ

テンプレートは無料から有料のものまで多種多様です。無料のものはシンプルなデザインが多く、LP運用に必要な機能が不足している場合も少なくありません。価格だけでなく、必要な機能が備わっているかどうかも確認しましょう。

使用できる機能の数に合わせてプランをアップグレードできるLP作成ツールもあります。

テンプレート種類 テンプレートの特徴

HTMLテンプレート

  • 無料での配布が多い
  • 編集する場合は別途制作費用が掛かる

WordPressテーマ

  • 無料∼1万円程度のものまでさまざま
  • 買い切り型が多い

LP作成ツール

  • 無料から利用可能
  • 月額払いで利用し放題のものもある

 

無料で使えるおすすめのランディングページのテンプレート8選

ランディングページのテンプレートを使えば、誰でもかんたんにランディングページを作成できます。特に、LP作成ツールは専門知識が不要でテンプレートの種類も豊富に備わっているため、Web制作未経験の方におすすめです。ここからは、機能や目的別におすすめのLP作成ツールを紹介します。
 

HubSpot

HubSpot

当社「HubSpot」は、LP作成ツールを無償で提供しています。デザイナーやエンジニアを頼らずとも、プロのようなデザイン性の高いランディングページを作成可能です。

作成方法は、豊富なテンプレートの中から好きなデザインを選んで作成する方法と、白紙の状態から作成する方法があります。イチから作成する場合も高性能なページエディタが備わっているため、ドラッグ&ドロップで直感的に操作できます。

さらに、訪問者の現在地、トラフィックソース、使用デバイス、購買ライフサイクルといったCRM上のコンタクト情報に基づいて、表示するコンテンツが訪問者ごとにパーソナライズされます。一人ひとりの訪問者に合ったコンテンツを配信することで、顧客体験(UX)最大化に役立ちます。

<特徴>

  • 訪問者ごとにパーソナライズ化されたコンテンツ表示が可能
  • 訪問者数やコンバージョン率を分析できる統合ダッシュボード機能の利用が可能
  • テンプレート選択後も専用エディタからデザインのカスタマイズが可能
タイプ LP作成ツール

料金プラン

無料

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

対応

公式URL

HubSpotのランディングページ作成ツール

 

ペライチ

ペライチ

「ペライチ」は、Webデザインの知識がない方はもちろん、パソコン操作が苦手な方でも、わずか3ステップでランディングページの作成ができるサービスです。

デザインテンプレートの中から好みのものを選択し、文章や画像を追加するだけでランディングページを作成できます。LP運用に役立つ各種機能も豊富に備わっており、ペライチ1つでサイト運用が可能です。

スタートプランは期間制限なしで無料利用できるため、お試しでランディングページを作成したい方にもおすすめです。

<特徴>

  • わずか3ステップでランディングページの作成・公開が可能
  • 用途・目的ごとにテンプレートデザインが豊富で編集も可能
  • 期間制限なしの無料利用が可能
タイプ LP作成ツール

料金プラン

  • スタートプラン:無料
  • ライトプラン:1,078円/月額
  • レギュラープラン:2,178円/月額
  • ジネスプラン:3,278円/月額

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

対応

公式URL

ペライチ

 

テンプレどん

テンプレどん

「テンプレどん」は、フリーランスのデザイン事務所ポポデザインが提供しているHTMLテンプレートサイトです。公開されているテンプレートはすべて無料で利用でき、商用利用や著作権表示のコピーライト削除も可能です。(ただし著作権はポポデザイン社)

サイト内には4パターンのテンプレートが公開されており、どれもシンプルかつモダンなデザインなので、あらゆる目的や用途にマッチします。テンプレートをベースにカスタマイズも可能です。

<特徴>

  • あらゆる用途に適したシンプルなデザインテンプレートを無料で利用可能
  • 商用利用・個人サイト作成問わず、あらゆるシーンで利用可能
  • パソコン・スマートフォン・タブレットなど各種デバイスに最適化するレスポンシブに対応済
タイプ HTMLテンプレート

料金プラン

無料

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

対応

公式URL

テンプレどん

 

Sedna

Sedna

「Sedna」は、最新のWeb技術を駆使し、再利用のしやすさを考慮して実装された多用途なランディングページ用テンプレートです。白とグレーを基調にしたモダンで洗練されたデザインが特徴です。

BootstrapやFlexSliderによって構築されているため、動きのあるデザインに長けています。レスポンシブにも対応しており、各デバイスに最適化された表示が可能です。海外サイトですが、翻訳ツールなどを活用すれば英語が苦手な方でも問題なく利用できるでしょう。

<特徴>

  • Bootstrap、FlexSliderなどによる動的なデザインが可能
  • 白とグレーを基調にしたモダンでシックなデザインのLP作成が可能
  • 使いやすく用途に合わせた調整も可能
タイプ HTMLテンプレート

料金プラン

無料

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

非対応

公式URL

Sedna

 

LP Create

LP Create

「LP Create」は、東京にオフィスを構えるnanoTRACK社が展開する、ランディングページ制作に特化したサービスです。LP Createでは、公式サイト内でランディングページ専用テンプレートを無償配布しており、誰でも自由にダウンロードして利用可能です。

商用利用と個人利用のどちらも許可しており、検索エンジン対策最適化も済んでいるため、コーポレートサイトがなくても、自社サービス紹介サイトとして利用が可能です。カスタマイズを希望する場合はサイト制作の依頼もできます。

<特徴>

  • 商用利用・個人利用問わず、あらゆる目的・用途で利用可能
  • XHTMLコーディング済みなので、画像・テキストを編集するだけで制作可能
  • SEO最適化済みなので、既存サイトがない場合でもアクセスが見込める
タイプ HTMLテンプレート

料金プラン

無料

レスポンシブ対応/非対応

非対応

日本語対応/非対応

対応

公式URL

LP Create

 

Jimdo

Jimbo

「Jimdo(ジンドゥー)」は、世界各国200万以上のユーザーが利用するホームページ作成サービスです。HTMLやCSSのコーディングスキルといったWeb制作の知識がなくても、わずか3ステップでホームページ作成が可能です。

継続的なサイト運営に必要なアクセス解析機能も備わっており、効果検証から改善策実行に至るまでPDCAサイクルを素早く回すことができます。

<特徴>

  • 質問に答えるだけで業種・目的に合ったホームページをAIが自動作成
  • アクセス解析やSEO外部・内部対策など本格的なサイト運営機能を利用可能
  • 豊富なテンプレートの中から好みのデザインを選ぶだけでLP作成が可能
タイプ LP作成ツール

料金プラン

  • PLAY:無料
  • START:990円/月額
  • GROW:1,590円/月額

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

対応

公式URL

Jimdo

 

Colorlib

Colorlib

「Colorlib」は、HTMLテンプレート・WordPressテーマを提供するサービスです。複数のWordPressテーマを無償で配布しており、どれもスタイリッシュで洗練されたデザインが特徴です。

有料テンプレートは種類が豊富で1,000以上公開されているため、他社とデザインが被ることなくオリジナルのようなサイト作成が可能です。海外サービスのためサイト表記は英語ですが、設定操作自体はかんたんなので、はじめての方でも安心して利用できるでしょう。

<特徴>

  • 14種類のWordPressテーマを無料でダウンロード可能
  • 商用利用やカスタマイズも可能なのでオリジナルデザインのLP作成が可能
  • 有料HTMLテンプレート・WordPressテーマは月額課金で利用可能
タイプ HTMLテンプレート、WordPressテーマ

料金プラン

  • 無料(HTMLテンプレート)
  • SINGLE 19ドル
  • MEMBERSHIP 129ドル
  • IFETIME 349ドル

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

非対応

公式URL

Colorlib

 

Cruip

Cruip

「Cruip」は、スタートアップビジネスを対象にしたランディングページテンプレートの開発と販売を手掛けています。美しく洗練されたデザインが特徴で、WordPress、HTML、WEBFLOW、BOOTSTRAPなど、あらゆるWeb制作ツールに対応したテンプレートを提供しています。

6種類のHTMLテンプレートを無料で提供しており、ダウンロード前にデモ画面で実際のイメージを見ることも可能です。海外サービスで、サイト内は英語表記となっています。

<特徴>

  • スタートアップ向けに開発されたスタイリッシュなデザインが特徴
  • 79ドルですべてのテンプレートを利用可能
  • ダウンロード前にライブデモでイメージを掴むことが可能
タイプ HTMLテンプレート、WordPressテーマ

料金プラン

  • 無料あり(HTMLテンプレート)
  • 単品購入:36ドル∼49ドル
  • すべてのテンプレート購入:79ドル

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

非対応

公式URL

Cruip

 

有料でおすすめのランディングページテンプレート4選

無料のテンプレートではランディングページの運用に必要な機能が不足していることもあるため、本格的にサイト運用をする場合は有料テンプレートがおすすめです。

デザインも豊富で、無料テンプレートと比べて他社とデザインが被る可能性も少なくなります。ここでは、おすすめの有料ランディングページテンプレートサイトを5つ紹介します。
 

売れるネット広告つくーる

売れるネット広告つくーる

「売れるネット広告つくーる」は、ランディングページで必須となるA/Bテストを1,000回以上繰り返して最適化されたテンプレートです。化粧品やサプリメントなどの単品通販(D2C)を行う中小EC企業に適しています。

フォーマットに沿ってコピーと画像を入れるだけでランディングページを作成できるため、Webデザインの知見がない担当者でも活用できます。注意点としては、レスポンシブデザイン未対応のため、スマートフォンとPCブラウザ用にランディングページを制作した場合、2つのデバイス料金が適応されます。

<特徴>

  • ネット通販(D2C)に特化したテンプレート。購買に役立つ機能を利用可能
  • 1000回以上のA/Bテストを繰り返して得られたノウハウが結集している
  • LINEやSMS(ショートメッセージ)での引上率、クロスセル率改善が可能
タイプ LP作成ツール

料金プラン

  • 初期費用:980,000円
  • 月額利用料:149,800円
  • アドバンスドモード初期費用:100,000円

レスポンシブ対応/非対応

非対応

日本語対応/非対応

対応

公式URL

売れるネット広告つくーる

 

Colorful

Colorful

LPテンプレートクリエイティブパック「Colorful」は、Web制作初心者でもランディングページが作りやすいように設計されているテンプレートです。

サイト制作の解説や、集客講座、メルマガなどのフォローアップ体制も整っているため、それらを参考に、初めての方でも迷わず作成を進められます。

<特徴>

  • 約100分の動画マニュアル、LP作成・集客講座コンテンツの提供を受けられる
  • ホバーウインドウ機能など、ネットビジネスに役立つ25種類以上の機能を利用可能
  • プログラミングスキル、Webデザインスキル不要でわずか3分でLP作成が可能
タイプ WordPress

料金プラン

LPテンプレート+LP制作集客講座 8,760円(買い切り型)

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

対応

公式URL

Colorful

 

LIQUID LP

LIQUID LP

「LIQUID LP」は、ランディングページに特化しているWordPressテンプレートです。操作性も良くレスポンシブデザインに対応しており、さまざまなデバイスでユーザーが快適にサイトを閲覧できるように設計されています。

LP制作に必要な機能が備わっているため、レイアウトやデザインの変更もエディタ上でかんたんに行うことが可能です。ビジターは買い切りですが、ビジネス・エンタープライズプランは無制限サポートを受けられるため、初めての方でも安心してLP作成を進めることができます。

<特徴>

  • すぐに使えるサンプルページ(プロダクト、リード、サービスの3種類)
  • A/Bテスト、Web接客などランディングページ運営に必要な機能を利用可能
  • 買い切り型のほか、年間契約プランでカスタマイズや運営サポートの相談が可能
タイプ WordPress

料金プラン

  • ビジター:10,890円(買い切り型)
  • ジネス:12,936円/年間
  • エンタープライズ:26,136円/年間

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

対応

公式URL

LIQUID LP

 

Switch

Switch

「卓越したデザインでマーケティングをする」をミッションに掲げる株式会社デザインプラスが手掛けた「Switch」は、ランディングページ用のWordPressテーマです。最先端のビジュアルが搭載されているのが大きな特徴で、ユーザーの興味を一段と惹き付ける要素がふんだんに組み込まれています。

一例として、フルスクリーンのトップページヘッダーは、YouTubeやMP4形式の動画に対応しており、ファーストビューでビジュアルの訴求力を最大限に活かすことが可能です。

<特徴>

  • 最先端のビジュアル機能によって、訪問者の興味を惹き付けることが可能
  • ドラッグ&ドロップメインの直感的操作だけでコンテンツの並べ替えができる
  • インタビューやメルマガ登録フォームなどの店舗運営に役立つコンテンツが豊富
タイプ WordPressテーマ

料金プラン

24,800円(買い切り型)

レスポンシブ対応/非対応

対応

日本語対応/非対応

対応

公式URL

Switch

 

まずはテンプレートを活用してランディングページを作成してみよう

この記事ではランディングページ作成に役立つテンプレートのメリットや選び方、そして実際のテンプレートを種類別に紹介しました。

テンプレートによって機能や特徴が異なるため、自社の目的に合ったものを選ぶことが大切です。また、実際にテンプレートに触れてみることで、使いやすさや「もっとこういう機能があると良い」など、求める要素を絞り込むことができるでしょう。

はじめは無料のものから試して、徐々に用途やバリエーションを広げていくことをおすすめします。「HubSpot Marketing Hub」のランディングページ作成機能は無料で利用可能で、使い方もシンプルです。A/Bテストなど効果検証用の機能も豊富に揃っているので、ぜひ自社のランディングページ作成にご活用ください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

 見込み客を惹きつけるランディングページ作成ガイド

元記事発行日: Nov 20, 2019 12:00:00 AM、最終更新日: 2023年8月22日

トピック::

ランディングページ