メールマーケティングを行っている皆様にとって、「どうすればクリック率や返信率をアップできるのか」は恒常的な課題ではないでしょうか。

→ダウンロード: メルマガ配信無料ガイド&事例集(2021年最新版)

そのためメールの内容や配信タイミングなどを日々試行錯誤されていると思いますが、メールの形式について検討したことはありますか?

メールにはテキストメールとHTMLメールの2つの形式があります

このブログでは、テキストメールとHTMLメールはどう違うのか、どちらが効果的なのか、それぞれのメリットとデメリットを徹底的に比較して、それぞれに合った目的別の使い道についても解説していきます。

メールマーケティングを組み立てる際に是非参考にしてみてください。

無料ガイド

メルマガ配信ガイド&事例集(2021年最新版)

〜効果的なメルマガ運用のコツとは?〜

HTMLメールとテキストメールの違い

メールには、文章のみで作成される「テキストメール」と、Webサイトのように画像や動画の挿入や文字の加工ができる「HTMLメール」があります。

シンプルに作成できる点や受信者のメーラーなどの環境に左右されずに表示される点からテキストメールからメールマーケティングを始める企業もありますが、やはりマーケティングの面から考えると、HTMLメールの自由度の高さは無視できないものです。

まずはこのような「テキストメール」と「HTMLメール」のメリットとデメリットをみていきましょう。

テキストメール

テキストメールは文章のみで構成されたメールのことです。

シンプルな形式なのでデータ量が非常に小さく、送受信に負担が掛からないことが特徴で、通常のビジネスメールはこの形式でやり取りされることが一般的と言えるでしょう。

メリット:

・データ量が少ないため、送受信時のサーバへの負担が低い

受信側のメーラーに依存することなく表示可能

 

デメリット:

開封率などの数値を確認が不可能

メールリンクなどの計測用のアドレスがそのまま表示

・テキストのみのため、視覚的な訴求に限界あり

 

HTMLメール

HTMLメールはWebサイトなどを作成する際に使用されるHTML言語で記載されており、文字のフォントだけでなく画像や動画を組み込んだり、レイアウトを自由に変更できるなど、視覚に訴えたデザイン性の高いメールの作成が可能です。

メリット:

開封率やクリック率などメール施策の結果を把握可能

計測用のリンクを画像や通常のアドレスで非表示可能

視覚的にユーザーに訴求可能

 

デメリット:

・制作時にHTMLやCSSなどの専門的な知識が必要

・作成したメールが正しく表示されるは受信者側のメール閲覧環境に依存

・メール自体の容量がテキストメールよりも大きい

 

BtoBシーンでは、HTMLメールとテキストメールどちらが最適か?

かつてビジネスシーンで送るメールでは、「HTML形式にすると到達率が下がる」「セキュリティ面を考慮するとテキストで送るべき」と言われ、テキスト形式で送ることが常識でした。

しかし、日本ビジネスメール協会が行った「テキストメールとHTMLメールの形式調査」によると、2015年まで10%台だったHTMLメールの割合は、2018年に21.87%へと飛躍的に増加。

またまだテキストメールが主流とはいえ、今後も高い割合で推移してゆくものと思われます。

出典:日本ビジネスメール協会「テキストメールとHTMLメールの形式調査」

また、最近ではビジネスシーンでもスマホで情報を確認する機会が増えてきました。

スマホで受信するメールの視覚効果を高めるためにHTMLメールが好まれていることが普及の背景にあり、最近では「メルマガは、スマホ向けに最適化したHTML形式で送ることがマスト」とまで言われるようになってきました。

このように、これまでBtoBシーンではあまりふさわしくないと言われていたHTMLメールも、最近では徐々に必要性と注目度が高まってきています。

少し古いデータにはなりますが、HubSpotが2014年に行った「HTMLメールとテキストメールでどちらを好むか」という調査によると、44歳以下7~8割の人がHTMLメールを好むという結果が出ました。

今後のビジネスシーンで活躍する年齢層がHTMLメールを好む傾向にあるとも言えビジネスにおけるHTMLメールが決して無視できない存在になってきたことがわかります。

HTMLメールが簡単につくれる「無料テンプレート」

初めてHTMLメールを配信しようというとき、ゼロから作るのはなかなかハードルが高いものです。

そのような場合は、無料で利用できるテンプレートを活用してみてください。その際、スマホやタブレットなどからも閲覧しやすいレスポンシブのテンプレートがおすすめです。

ここでは、BtoB企業が利用しやすいビジネス向けの無料テンプレートサイトをご紹介します。

 

Zurb

BtoBシーンでのHTMLメールの無料テンプレートとしては代表的なものです。

対法人営業、マーケティングでもすぐに使える基本的なレイアウトのテンプレートが豊富にあり、すべて無料でダウンロードできます。

オーソドックスで使い勝手が良いので、HTMLメールが初めての方にオススメです。

 

BeeFree

合計8種類のテンプレートが無料でダウンロードできるサイト。

自分で選んだHTMLメールのテンプレートをブラウザ上で編集できて、そのままHTMLソースをダウンロードすることができます。

ちょっと派手なリッチテンプレートと、法人企業のメルマガでも利用できそうなベーシックテンプレートの2種類のHTMLメールテンプレートを利用することができます。

 

99Designs

こちらは有名なデザイン会社が提供している無料のテンプレート。ニュースレター、プロモーション用、メール通知の3種類が用意されていて、PSDファイルでダウンロードできます。

 

Benchmark Email

国内ベンダーによる無料のデザインテンプレート。シンプルかつ使い勝手の良いテンプレートを活用できます。

Gmail, Yahoo!メール, Outlookなど主要メールクライアントと互換性が高く、レスポンシブ対応でスマートフォンやタブレットにも最適化されています。

まとめ

これまで述べてきたように、メールマーケティングでは今後、HTMLメールが重要視されるようになってきました。

現在テキストメールのみでメール配信されている方は、導入を考えてみてはいかがでしょうか。

HubSpotのEメール作成・配信機能では、HTMLメールが受信できない人にはテキストメール(プレーンテキストと呼ばれる)を自動で送信するという機能が付いていて、どちらのユーザーにも対応することができます。

また月間2,000件まで無料でEメールを送付可能なので、HTML形式でのメール配信をスモールスタートしたい方はぜひご利用ください。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

メルマガ配信ガイド&事例集(2021年最新版)

 メルマガ配信ガイド&事例集(2021年最新版)

元記事発行日: 2019年10月29日、最終更新日: 2021年1月29日

トピック::

メールマーケティング