Twitter広告はさまざまな独自のメリットを持つため、自社の商材と相性が合うのであればぜひとも活用したいところです。「運用が難しそう」というイメージがあるかもしれませんが、要点さえ押さえれば実はそうでもありません。

ダウンロード: 広告計画無料キット[無料の計画テンプレート+ガイド]

本記事ではTwitter広告の仕組みやメリット、種類、出稿手順などを解説します。Twitter広告の全体像をつかみたい方や、Twitter広告をはじめたての方ぜひお読みください。

Twitter広告の課金の仕組み

Twitter広告の課金の仕組み

まずはTwitter広告の仕組みや特徴から確認しましょう。
 

アカウントフォローや広告のリツイートなどで費用が発生する

Twitter広告の場合、ユーザーが特定のアクション(アカウントのフォローやリツイート、動画再生など)を起こした際に課金が発生します。広告の目的(フォロワーを増やしたいのか、商品購入数を増やしたいのかなど)に合わせて課金ポイントを設定しましょう。詳細は後述します。
 

広告枠の入札方法は3種類

Twitter広告の配信は、基本的にオークション形式を採用しています。入札の種類は以下の3つです。
 

1. 自動入札

予算内で最大の効果が得られるように、入札額が自動で最適化される方式です。広告主が入札額を設定する必要はありません。
初心者でも手軽に広告を打てるようになる反面、手動の方が費用対効果が上という可能性もあるので、運用についての検証は必須です。
 

2. 上限入札単価

上限入札単価は、支払う金額の上限をあらかじめ設定しておく方式です。設定金額以上の課金がなされることはありません。
予想外の費用が発生する心配はなくなりますが、金額を低く設定しすぎると落札できなくなるため、日々の細かい調整が必要です。
 

3. 目標入札単価

目標入札単価は、1日の中で発生した各アクションにかかる金額の平均が、指定した目標単価になるよう自動で最適化していく方式のことです。たとえば、目標単価を100円に設定しておくと、平均単価100円でCVを最大限獲得できるようシステムが調整してくれます。

上限を決めないため、「あと◯円高く入札しておけば……」といった失敗を抑えやすくなります。しかし、目標単価の設定が低いと全体の平均単価も同じく低くなり、落札できなくなる点には注意しましょう。
 

広告の品質や競合、ユーザー状況によって料金は変動する

Twitter広告の料金は、以下の要素も踏まえて決定されます。
 

1. 品質スコア

①広告に対してユーザーが反応しているかを示す「共感度」、②広告のターゲティングが適切かを示す「関連性」、③広告が新しいかどうかを示す「リーセンシー」の3つの基準を元にスコアが決まります。
 

2. ターゲットユーザーの数

ターゲットユーザーの数が多いほど料金は高くなります。
 

3. 競合のボリューム

競合が多いほど料金は高くなります。

Twitter広告の課金形式についてより詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

Twitter広告の費用はどう決まる?課金形式と合わせて解説

大事なのは、良質な広告を正しくターゲットへ届けること。費用対効果を高めるために、広告のブラッシュアップは欠かさず続けましょう。
 

Twitter広告のメリットは?

Twitter広告のメリットは?

次に、Twitter広告の主なメリットを4つご紹介します。
 

1. ユーザー間の二次拡散を狙える

Twitterのメリットであるリツイートによる拡散性は、広告にもあてはまります。自社で設定したターゲット以外にもリーチできる可能性があり、潜在層への訴求がしやすいのです。
 

2. 二次拡散で起きたアクションには課金されない

リツイート先で起きたアクションに対しては課金が発生しません。リツイートされればされるほど、少ない予算で多くの人へ訴求できます。人に教えたくなる広告やキャンペーンが大切というわけですね。
 

3. マス広告が効きにくい若年層へアピールしやすい

Twitterのメインユーザーは10〜20代の若年層であり、広告のターゲットもおのずと若年層が中心になります。テレビや新聞などのマス広告が効きにくい層へアピールする際に、Twitter広告は有力な選択肢になるのです。

一方で、30代以上になるとTwitter利用率は下がり、広告の効果も出にくくなります。
 

4. 自社の商品やサービスに興味のある人を狙い撃ちできる

Twitter広告ではターゲットを細かく指定でき、ピンポイントでペルソナに対してのみ配信することが可能です。広告のムダ撃ちをしなくて済み、費用対効果を高めやすくなっています。

以下の記事で、Twitter広告をより効果的に活用するためのポイントを解説しています。

Twitter広告の効果とは?国内事例6選&運用のポイントを解説
 

Twitter広告キャンペーンの種類

Twitter広告キャンペーンの種類

Twitter広告は大きくは3種類に分けられます。それぞれの特性を把握しておきましょう。
 

1. プロモツイート

プロモツイートは、タイムラインや検索結果画面などに表示される広告のこと。Twitterのメインコンテンツ上に露出できる分、幅広い利用者層に情報を届けやすい特徴があります。

プロモツイートは下部に「プロモーション」と表示されますが、リツイート、返信、いいねなどの操作は通常のツイートと変わりません。
 

2. プロモアカウント

プロモアカウントは、ユーザーが興味を持っていそうなアカウントをおすすめユーザーの一覧に表示する広告です。フォロワー数を増やしたい場合に効果を発揮します。
 

3. プロモトレンド

プロモトレンドは、トレンドリストの上部に表示される広告で、24時間独占掲載が可能です。目立つ位置に1社限定で配置されるので、新商品や新サービスのような「いま」起こっていることを訴求するのに向いています。

ただ、掲載価格は990万円と高額。さらに、Twitter社の認定を得ている代理店でのみ取り扱われており、出稿に手間がかかります。リソースと要相談ですね。
 

Twitter広告の出稿手順(プロモトレンド以外)

Twitter広告の出稿手順(プロモトレンド以外)

次はTwitter広告の出稿手順について、操作画面を元に6ステップにまとめて解説します。
(プロモトレンドは専門の広告代理店を介してのみ出稿が可能なので除外します。)
 

①Twitter広告用アカウントを作成

はじめに、Twitter広告用のアカウントを作成します。手順は以下の通り。

  1. Twitterにログイン
  2. ホーム画面→もっと見る→Twitter広告の順にクリック
  3. 「Twitter広告を設定する」をクリック
  4. 必要事項を入力(要クレジットカード登録)

これで広告アカウントの作成は終了です。
 

②広告キャンペーンの目的を選択

広告キャンペーンの目的を選択

次に、広告キャンペーンの目的が一覧表示されるので、最適なものを選択します。
上の画像は実際の管理画面のものです。左からカスタマージャーニー順に項目が並んでいます。各目的の概要は以下の通り。
 

リーチ

広告でブランド認知度を高め、まずは関心を持ってもらうのが主目的です。ツイートが1,000回表示されるごと課金が発生します。
 

動画の再生数

ユーザーに動画広告を再生してもらい、サイト訪問やアプリダウンロードへつなげます。動画が再生されると料金がかかる仕組みです。
 

プレロール再生数

コンテンツ配信パートナーの動画が流れる前に、ごく短い動画広告をプレロールとして配信。ビデオビューごとに課金が発生します。顕在層だけでなく、興味・関心が薄い潜在層にも効果があります。
 

アプリのインストール数

アプリをインストールしていない層にインストールを促します。ユーザーがアプリをインストールすると課金が発生する仕組みです。
 

ウェブサイトのクリック数

ウェブサイトへのアクセスを促します。ECサイトや予約サイトなどで使用されることが多く、ユーザーがサイトへのリンクをクリックすると課金が発生します。
 

エンゲージメント数

「いいね」やリツイート、返信などのエンゲージメントを獲得していきます。ユーザーとの関係を育むのが目的で、エンゲージメントが起きると課金も発生します。
 

フォロワー数

フォロワーを増やすために使われます。課金はフォロワーが増えるごとに発生します。
 

③広告キャンペーンの設定

広告キャンペーンの設定

次は広告キャンペーンの設定です。設定方法は以下の通り。

  • 「キャンペーン名」を管理しやすい名称にする
  • 「お支払い方法」で決済用クレジットカードを選ぶ
  • 「日別予算」に1日あたりの予算を入力
  • 「開始」に広告の配信開始日時を入力
     

④広告グループの設定

広告グループの設定

次は広告グループの設定です。広告キャンペーンは1つまたは複数の広告グループからなり、グループごとに配信期間や予算などを設定できます。設定方法は以下の通り。

  • 「広告グループ名」を決める
  • 「開始と終了」に広告の配信期間を入力
  • 「広告グループの総予算」に、このグループに割く予算を入力
  • 「入札タイプ」で入札の方法を選ぶ
     

⑤ターゲティング

ターゲティング

続けて、ターゲティングに移ります。以下のように、かなり細かく配信先ユーザーの細分化が可能です。

  • テイラードオーディエンス(リマーケティング)
  • 地域
  • 性別
  • 言語
  • ツイートや検索のキーワード
  • イベント
  • 興味関心トピック
  • 特定アカウントのフォロワーに似たユーザー
  • 映画やテレビ番組

ターゲティングについては解説が多岐に渡るため、以下記事もご覧ください。

【Twitter広告】ターゲティングの設定方法を解説
 

⑥クリエイティブ

クリエイティブ

次は、クリエイティブ作成です。手順は以下のとおり。

  1. ツイート選択
    広告配信したいツイートを選択しましょう。既存ツイートの場合、上の画像の赤枠にチェックを入れます。新規作成の場合、青枠で囲ったマークをクリックするとツイート作戦画面へ移ることができます。
     
  2. 表示クリエイティブ選択
    上の画像にある「表示クリエイティブ」をクリックし、配信する広告クリエイティブを選択するかアップロードしましょう。
     

⑦広告キャンペーンの確認

広告キャンペーンの確認

最後に広告キャンペーンの最終チェックをし、問題なければ「キャンペーンを開始」をクリックすれば広告の配信設定が完了します。

Twitter広告に取り組む企業は数多くあり、成功事例もたくさん公開されています。以下の記事でTwitter広告の成功事例を紹介しているので、ぜひご覧ください。

Twitter広告運用の参考にしたい国内事例7選
 

まずは実際の管理画面を触ってTwitter広告に慣れよう

情報の拡散性に優れ、さらにターゲティングを細かく調整できるのは、Twitter広告ならではの魅力といえます。自社のユーザー層とTwitterの利用者層が近しい場合は一度トライしてみるといいかもしれません。

苦手意識がある方も、まずは管理画面に触れてみましょう。実際やってみないことには「何が分からないか」すら分からないはずです。操作しながら勉強した方が習得はずっと早くなるでしょう。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

広告計画キット[無料の広告計画テンプレート+ガイド]

 広告計画キット[無料の広告計画テンプレート+ガイド]

元記事発行日: 2020年7月27日、最終更新日: 2020年7月28日