Webサイトを運営している会社にとって、売上はもちろん問い合わせ数やアクセス数を増やしたいのは当然のことです。なぜなら、Webサイト内の各ページの検索順位の良し悪しで問い合わせの数や売上が大きく変わってくるからです。

Webサイトのキーワードの検索ボリュームを把握しないままオウンドメディアを立ち上げてしまうのはとても危険です。極端な話、Webサイトが各ページで上位表示できたとしてもターゲットにしているキーワードが月間検索ボリュームで10回未満であれば、どんなにコンテンツ作りに注力しても1ヶ月のアクセスはたかが知れています。

そこで本稿では、検索ボリュームの基礎から検索ボリュームを簡単に調査・抽出できるおすすめキーワードツールをまとめてご紹介します。

SEOに強いブログを制作し、検索トラフィックを伸ばす秘訣を解説した無料ガイド

検索ボリュームとは?

検索ボリュームとは、GoogleやYahooの検索エンジンでどれだけ特定のキーワードが検索されているかを示す検索合計回数で、一般的には月間の検索合計回数で表されます。

Webサイトを新たに立ち上げたのであれば最初は1人でも多くのアクセスが欲しいものです。しかし『検索ボリューム=ユーザーのニーズ』を把握せずに闇雲にコンテンツを作ってしまっては、アクセスもなければ問い合わせもない、なんてことが発生しまう可能性があります。

検索ボリュームを調査するツールはたくさんありますが、その中でも最も一般的に利用されているものがGoogleキーワードプランナーです。

GoogleキーワードプランナーはGoogle 広告を利用する広告主をサポートするためのツールです。どのような検索キーワードが世の中で検索されているのかを定量的に確認でき、その検索キーワードに対して広告出稿する際のクリック単価などを教えてくれます。

Google 広告を利用しなくてもアカウントを発行すればキーワードプランナーは利用可能です。しかし、Google 広告を一切利用しない利用者がキーワードプランナーで検索ボリュームを抽出すると、「100~1000」といったように具体的な数字ではなく一定範囲で表示されてしまいます。

そのため、Google 広告を運用せずにSEO対策に本腰を入れるのであれば、別のツールの利用検討をおすすめします。

キーワードプランナーの代わりは?

Googleキーワードプランナーの他にも代用できるキーワードツールはたくさんあります。

ただし、全てのツールをチェックするのは時間的に難しいこともあるため、いろいろなキーワードツールを試してみて最終的に使いやすいものを導入してみると良いでしょう。

ここからは具体的にキーワードプランナー以外でも代用できるツールについて紹介しますので、参考にしてみてください。

Googleキーワードプランナーの代用となるツールと言えばUber Suggestではないでしょうか。なぜなら無料で使えますし、検索ボリュームが詳細に分かるからです。

また、わざわざ新規アカウントを作成しなくても、調査したいキーワードを入力・検索するだけで情報を知ることができます。

はじめてUber Suggestを利用したとしても一目で分かる操作性も印象的です。GoogleアカウントとUber Suggestを紐づけすれば、サジェストワードの全リスト表示や指定キーワードのクリックで、クリックしたワードに対して上位表示されているページや被リンクの平均値などが見られて便利です。

ただし、すべてのキーワード候補を見ようと思った時には「キーワード候補を全て見る」をわざわざクリックしないといけないため、少し面倒だと感じることがあります。

ahrefsは有料ではありますが、60万人以上が利用する世界的に有名なSEOツールです。

ahrefsでは14兆のリンクデータと1.8兆のページURLを網羅していることから、自社サイトや競合サイトの調査を行うにはおすすめのツールです。

キーワード調査用の機能はキーワードエクスプローラーと呼ばれており、月額$99のライトプランから利用可能です。利用制限が25回/日となっているので、月に公開するコンテンツの数が20~30本を超えてくるようであれば月額$179のスタンダードプランを利用しても良いでしょう。

キーワード調査機能だけではなく競合サイト調査や自社サイトのSEOパフォーマンスも確認できるので、無料ツールを使って工数を取られるよりも、ahrefsのような有料ツールを利用して作業効率化を図るのが良いとも考えられます。

keyword.ioは、Googleキーワードプランナーと同じように検索ボリュームや関連キーワード、クリック単価、キーワードの難易度を知ることができます。

上図の「Your Seed Keyword」の項目に調査したいキーワードを、その下にある国を指定する項目にJapanに設定して虫眼鏡のボタンをクリックするだけで簡単に利用できます。

操作は非常に簡単ではありますが、検索ボリュームがいまいち分かりづらいことと毎回アカウント作成のポップアップが出てくるので、わざわざ会員登録しないといけないことが不便です。

Yahooキーワードアドバイスツールは、リスティング広告の検索ボリュームを知るために利用されているツールです。例えば、推定CPC(広告クリック単価)や推定検索順位、推定クリック率、推定の表示回数を知ることができます。

Yahooキーワードアドバイスツールはスポンサードサーチメインの調査ツールのため、検索ボリュームを知るという意味ではあまり利用できません。なぜなら、指定キーワードを入力しても広告を出稿した時のCPCや検索順位、クリック数などしか表示されないからです。

Yahooからのデータなので信憑性がとても高いですが、スポンサードサーチなどの広告を利用している人限定でしか利用できないため、わざわざ広告用のアカウントを発行しなければなりません。

Keywords EverywhereはGoogle Chrome用の拡張ツールのことです。Keywords Everywhereを利用することでGoogleの検索結果に検索ボリュームを確認することができます。

Googleの検索結果のすぐ下にキーワードの検索ボリュームやCPCが表示されるようになります。

Chromeにインストールするだけなので簡単に利用できますが、表示される数字は日本だけではないためあくまで補助的な要素で利用するといいでしょう。

トレンドキーワード抽出ツールは、検索ボリュームが多い関連キーワードを知るために活用できる無料のツールです。

特定のキーワードをトレンドキーワード抽出ツールで検索することで、キーワードの人気度や注目キーワードを一覧でチェックできます。

トレンドキーワード抽出ツールは新規登録が一切不要なため、気軽に検索ボリュームをチェックしたいのであればおすすめのツールと言えます。しかし、人気キーワードや注目キーワードの一覧が4つまでしか表示されないので、検索ボリュームを知るためのメインツールとしての利用は難しいです。

トレンドキーワード抽出ツールは検索ボリュームを把握するためよりも、トレンドのキーワード調査に向いています。

共起語検索ツールはその名の通り共起語を知ることができる無料のツールです。

共起語とは指定のキーワードに関連するキーワードのことです。例えば、牛丼で連想できるものは吉野家というように、誰もが簡単に連想できるキーワードが共起語です。

keysearch Betaとは関連するキーワードをマインドマップにして表示してくれるツールです。

例えば、「SEO対策」というキーワードで検索すると「費用」「方法」「Google」などが関連したキーワードとして表示されます。キーワードを入力して検索ボタンをクリックするだけでマインドマップが表示されるため、関連キーワードが非常にイメージしやすくなっています。

検索ボリュームは表示されませんが、指定のキーワードとのつながりを見ることができれば、コンテンツ作りにおいて選択すべきキーワードの幅がさらに広がります。

OMUSUBIは、keysearch Betaと同じように関連するキーワードをマインドマップ化してくれる無料のツールです。

おむすびという非常にゆるいサイト名ではありますが、キーワード選定で苦戦している際に関連キーワードがマインドマップで表示されるため、誰でも簡単に重要なキーワードを知ることができます。

ただし、キーワードが集中しているところが重なって見えづらい点と、広告が非常に多くて使いづらいが難点です。マインドマップのようなものを利用したいのであれば、OMUSUBIよりもkeysearch Betaが使いやすいという印象があります。

Google Correlate

Google CorrelateとはGoogleが提供する指定キーワードと類似したキーワードを知ることができるツールです。

例えば、SEO対策で検索してみるとSEOという類似キーワードが表示されます。その他にも、ダイエットというキーワードで検索すると「脚痩せ」「豆腐ハンバーグ」など、ダイエットに類似したキーワードが表示されます。

Google Correlateを使い指定のキーワードを入力すると関連するキーワードが見つかります。しかし、関連キーワードの精度はあまり高くなく関係ないキーワードが出てくる傾向が多いです。

また、類似キーワードは国によって異なることもあるため、画面左の[Country]項目を「Japan」に設定する必要があります。

Google Search Consoleで流入キーワードを見る

Google Search ConsoleはGoogleが提供している無料のツールです。

Google Search Consoleでは主に、自社サイトの流入キーワードやクリック数、クリック率、平均検索順位を知ることができます。

流入キーワードが実際に分かると、自社サイトがどのようなキーワードで検索されているのか、自社サイト各ページのGoogleの検索順位がそれぞれ何位なのかを把握できるようになります。

例えば、自社サイトへの流入キーワードをチェックした際に「SEO対策」という検索キーワードの平均検索順位が10位だったとします。また同時に、キーワードのクリック数やクリック率も分かるため、社内で想定していたキーワードのクリック数やクリック率と比較することができます。

クリック数やクリック率の数値基準に関しては社内判断にはなりますが「検索順位や表示回数の割にはクリックされていない」「特定のジャンルのキーワードだけクリック率が悪い」などの情報が把握できれば、自社内の特定ページや特定ジャンルの強化に踏み切れます。

Google Search Consoleは主に既存コンテンツの改善に役立ちますが、予想していなかったキーワードで検索されていることも分かるため、思いも寄らないお宝キーワードを新規コンテンツ作りに活かすこともできます。

無料ならUber Suggest、有料ならahrefsを推奨

Webサイト立ち上げやWebサイトのコンテンツ拡充では効率的にキーワードをリストアップする必要があります。検索ボリュームを知る方法はたくさんありますが、無料であればUber Suggestを、有料であればAhrefsのツールを利用するのがおすすめです。

Googleが提供するキーワードプランナーやSearch Consoleにはない機能が各キーワードツールで提供されているため、いろいろなキーワードツールをフル活用することでユーザーの検索意図やキーワードの共起語、キーワードに関連する情報なども深く知ることができます。

SEOに強いブログ制作完全ガイド

元記事発行日: 2020年1月05日、最終更新日: 2020年1月06日