【簡単解説】Google広告のコンバージョンを設定する方法を詳しく紹介

ダウンロード: Google 広告活用無料ガイド
室橋 健(むろはし けん)
室橋 健(むろはし けん)

最終更新日:

公開日:

Google 広告では、さまざまなコンバージョンを設定できます。コンバージョンとは、問い合わせや資料請求など、広告の目標となるユーザーアクションのことです。

【簡単解説】Google広告のコンバージョンを設定する方法を詳しく紹介

【無料ガイド】成果につながる広告戦略を策定しましょう

HubSpotとGoogleによる、Google広告戦略構築のための無料ガイド。検索キャンペーン、リードジェネレーション、予算設定など広告運用に必要な情報がまとまったガイドに、運用テンプレートも付属。

Google広告ガイドを無料でダウンロードする→

広告の効果を検証し、改善をするには、コンバージョンを測定するためのタグの設定が欠かせません。本記事では、Google 広告でコンバージョンを測定するためのタグの設定方法や、コンバージョンアクションの作成に必要な値を、初心者の方に向けて詳しくご紹介します。

これからご紹介する手順を確認しながら、Google 広告のコンバージョン設定を進めていきましょう。

Google 広告活用ガイド

Google と共に、成果につながるGoogle 広告戦略を策定するためのガイドを作りました。Google 広告に関するあらゆる情報をまとめたガイドとGoogle 広告の運用開始に役立つテンプレートやチェックリストも併せてお届けします。

  • 適切なPPC入札のポイント
  • 広告予算の設定と最適化
  • キャンペーンレポート作成のためのテンプレート
  • CVR率向上のためのランディングページのテスト手法
詳しく見る

    今すぐダウンロードする

    全てのフィールドが必須です。

    ダウンロードの準備ができました

    下記のボタンよりダウンロードいただけます。

    コンバージョンとは

    コンバージョンは「成果」を意味し、自社がユーザーにとってほしい行動を指します。具体的には、自社が目標とするアクション(商品やサービスの購入、問い合わせなど)を実際に起こしてくれた状態のことです。

    また、コンバージョンは「転換する」という直訳の意味があり、ユーザーを別のステータスに転換させることを指します。購入やサービス申し込みなど、目標とするステータスにユーザーが移行した場合は、すべてコンバージョンに含まれます。

    コンバージョンについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

     

    Google 広告でコンバージョン設定をするメリット

    コンバージョンを設定すると、どのキャンペーン、広告グループ、広告からコンバージョンが発生しているのかがわかります。目標のコンバージョン数やコンバージョン単価と比較し、課題となっている施策の停止や改善案の考案で、Google 広告全体としての費用対効果を最大化可能です。

    また、顧客一人がコンバージョンするためにかかる費用が算出されるため、事業戦略策定にも活かせます。Google 広告というチャネルで集客を行った場合、売上や利益につながっているのかを判断できるので、ぜひコンバージョンを設定してみてください。

     

    Google 広告でコンバージョンを設定する方法は3つ

    Google 広告でコンバージョンを設定する方法は3つ

    Google 広告でコンバージョンを設定する方法は次の3つです。

    1. 直接コンバージョンタグをサイトに設置する
    2. Google タグマネージャーを使用する
    3. Google アナリティクスのインポート機能を使用する

    それぞれの特徴、メリット・デメリットを紹介しますので、運用の目的や社内環境に合わせて設定方法を選択してください。
     

    1.直接コンバージョンタグをサイトに設置する

    Google 広告コンバージョントラッキングタグをサイトに直接設置する方法です。

    Google 広告コンバージョンタグには、次の2つがあります。

    1. グローバルサイトタグ:Google 広告アカウントに対して発行される
    2. イベントスニペットタグ:コンバージョンインベントごとに発行される

    この方法のメリットは、Google 広告上で作成したタグを目的のページに直接埋め込み計測をするため、他のツールを使う必要がないことです。

    ただし、コンバージョンタグをサイトに設置する際には、HTMLファイルを編集しなければなりません。そのため、コーダーがいる、自社でHTMLファイルを編集できるなど、コーディングができる環境がないと設置が難しいことがデメリットです。

    Google 広告上でトラッキングできるコンバージョンは、次の3つがあります。

    トラッキング可能なコンバージョン

    アクション

    詳細

    ウェブサイトでの行動

    • ウェブサイトでのユーザーの行動
    • 問い合わせ、商品の購入など

    Google 広告のウェブサイト コンバージョンをトラッキングする方法

    電話での問い合わせ

    • ユーザーから企業への問い合わせ
    • 広告からの電話問い合わせ、サイトに記載した電話番号のクリックなど

    通話コンバージョン トラッキングについて

    アプリのインストール
    • ユーザーによるアプリのインストール
    • モバイルアプリのインストール、アプリ内課金など

    モバイルアプリのコンバージョン トラッキングについて

     

    2. Google タグマネージャーを使用する

    Google タグマネージャーとは、タグの発行や管理が可能なGoogle の無料ツールです。Google 広告で作成したコンバージョンアクションをGoogle タグマネージャーに設置することで、コンバージョンの計測を行います。

    メリットは、HTMLファイルを編集する必要がなく、Google タグマネージャーのみでタグを設置できることです。また、Yahoo!広告やFacebook広告など、Google 広告以外のタグもすべて一元管理できるという特徴もあります。

    一方で、デメリットは使用するツールが増えることです。Google 広告だけではなく、Google タグマネージャーの操作方法も理解する必要があります。
     

    3. Google アナリティクスのインポート機能を使用する

    Google アナリティクスでコンバージョンを設定し、アナリティクスからGoogle 広告にコンバージョンをインポートできます。

    この方法のメリットは、Google アナリティクスでコンバージョンを分析できることです。アナリティクスでは、Google 広告だけでなく、他の媒体のコンバージョンも同じ基準で確認できるため、媒体ごとの比較が可能になります。

    デメリットは、Google 広告とGoogle アナリティクスの連携作業が発生することです。また、アナリティクス上でコンバージョンを設定するため、アナリティクスの操作などに関する知識も必要になります。

    Google アナリティクスとの連携自体は簡単にできるので、広告効果をより高めるためにも設定しておいた方が良いでしょう。
     

    Google広告ガイドを無料でダウンロードする→

     

    Google 広告でコンバージョンを設定する手順

    ここからは、Google 広告でコンバージョンを設定する3つの方法について、それぞれ手順をご紹介します。選択した方法で、実際に設定を行っていきましょう。
     

    1. 直接コンバージョンタグをサイトに設置して設定する方法

    Google アカウントにログイン後、事前準備として、すべてのGoogle 広告アカウントで自動タグ設定を「有効」にします。

    設定は大きく分けて次の3つの手順で行います。
     

    コンバージョンの設定

    まずは、コンバージョンの設定です。

    Google 広告にログインし、画面右上の「ツールと設定」>「コンバージョン」を選択します。

    Google 広告にログイン

    コンバージョン画面左上の「+新しいコンバージョンアクション」を選択し、コンバージョンアクションを新規追加してください。

    +新しいコンバージョンアクション

    トラッキングするコンバージョンの種類を選択します。

    コンバージョンの種類を選択

    コンバージョンアクションを作成しましょう。「カテゴリ」「コンバージョン名」「値」「カウント方法」を設定 >「完了」を選択してください。

    完了

    「保存して次へ」というボタンが表示されるので、クリックしてタグの発行へと進みます。
     

    タグの発行

    サイトコードの編集画面から「グローバルサイトタグ」「イベントスニペット」をコピーもしくはダウンロード >「完了」を選択してください。

    タグの発行

    コピーもしくはダウンロード

     

    タグの設置

    最後に、ダウンロードしたタグを設置していきます。それぞれのタグの設置場所は次の通りです。

    • グローバルサイトタグ:Webサイトの全ページの<head> 内に設置
    • イベントスニペットタグ:コンバージョンページの<head>内に設置

    以上でコンバージョンタグの設置は完了です。タグの設置場所を誤るとコンバージョンが正確に測定されないため、作業完了後は、タグがそれぞれ正しい場所に設置されていることを改めて確認しましょう。
     

    2. Google タグマネージャーで設定する方法

    タグマネージャーを初めて使用する場合は、事前準備としてタグマネージャーの設定を行いましょう。
     

    タグマネージャーの設定

    タグマネージャーの設定手順は次の3つです。

    1. アカウント設定
    2. コンテナ設定
    3. GTMタグの埋め込み
    1. アカウント設定

      Google タグマネージャーを開きます。「無料で利用する」をクリックし、Google 広告アカウントでログインします。Google タグマネージャー新しいアカウントの追加画面で「アカウントの設定」を行います。

    2. コンテナ設定

      コンテナ設定

      次に「コンテナの設定」です。測定対象とするターゲットプラットフォームを選択しましょう。今回はウェブサイトに設定します。

      「作成」をクリックすると、Google タグマネージャーの利用規約のページに遷移します。確認後「はい」を選択してください。

    3. GTMタグの埋め込み(タグマネージャーの準備)

      タグの発行画面に移動し、Google タグマネージャーに表示されたコードを、計測をするWebサイトの次の部分に貼り付けます。

      • <head>タグ内
      • <body>タグ内

      GTMタグの埋め込み(タグマネージャーの準備)以上でタグマネージャーの設定は完了です。

     

    Google 広告でのコンバージョン設定

    タグマネージャーでタグを設定したら、Google 広告でコンバージョン設定を行います。

    Google 広告でのコンバージョン設定は、上述した直接設置する方法と途中までは同じです。「タグを設置する」の項目で「Google タグマネージャーを使用する」を選択してください。

    Google タグマネージャーを使用する

    「Google タグマネージャーを使用する」を選択後に遷移した画面上には、「コンバージョン ID」「コンバージョン ラベル」が表示されます。後ほどGoogle タグマネージャーで使用するため、IDとラベルをコピーして保管しておきましょう。
     

    タグマネージャーでのコンバージョン設定

    Google タグマネージャーでコンバージョンを設定するにあたって、「タグ」と「トリガー」の設定を行います。トリガーは、タグを発行する条件のようなものです。

    今回はトリガーを「問い合わせ完了ページ(サンクス)の表示」、タグを「問い合わせ完了」を例にして紹介します。

    1. タグを発行しGoogle 広告とGoogle タグマネージャーを紐づけ

      【Google タグマネージャー】のトップ画面から「新しいタグを追加」します。
      Google タグマネージャー

      タグの名前を設定しましょう。ここでは「問い合わせ完了」としますが、自社で設定するトリガーに応じて入力してください。名前を決めたら「タグの設定」のアイコンを選択します。
      問い合わせ完了

      タグタイプの選択画面が表示されたら「Google 広告のコンバージョン トラッキング」を選択してください。
      Google 広告のコンバージョン トラッキング

      タグの設定画面で、Google 広告のアカウントとGoogle タグマネージャーの紐づけを行います。保管しておいた「コンバージョン ID」と「コンバージョン ラベル」を、それぞれ入力してください。これでタグの設定は完了です。

    1. トリガーの設定

      次にトリガー(タグを動作させる条件)を設定していきます。

      画面下部に表示される「トリガー」のアイコンを選択します。
      トリガー

      トリガーのタイプを選択します。トリガーは、画面右上に表示されている「+」から追加できます。

      例えば、「問い合わせ完了ページ(サンクス)の表示」をコンバージョンとする場合は「ページビュー」になります。トリガーの選択トリガーのタイプを選択

      トリガーの発生場所にコンバージョン該当ページのURLを入力し、「保存」で設定完了です。無料のトリガー

      Google タグマネージャーを使用するにあたって、他の方法で設置したタグが入っているとカウントの重複などが発生し、正しく計測できなくなる可能性があります。

      以前から設置してあるタグがある場合には、Google タグマネージャーのタグと入れ替えておきましょう。

     

    3. Google アナリティクスのインポート機能を使って設定する方法

    Google アナリティクスで設定した目標をGoogle 広告にインポートする方法をご紹介します。

    Google 広告とGoogle アナリティクスは事前にリンクさせておきましょう。
     

    Google アナリティクスでの目標設定

    まずは、Google アナリティクスで目標設定をします。

    Google アナリティクスを開き、「管理」>「ビュー」列の「目標」を選択してください。

    Google アナリティクスを開き、「管理」

    「新しい目標設定」>「カスタム」を選択します。

    新しい目標設定

    「目標の説明」を設定していきます。目標の名前やタイプは自社の目的に応じて決めましょう。ここでは、名前(コンバージョン)を「問い合わせ完了ページ(サンクスページ)の表示」とし、タイプを「到達ページ」にします。設定後は「続行」を選択してください。

    問い合わせ完了ページ(サンクスページ)の表示

    最後に「目標の詳細」の設定です。「到達ページ」には、遷移してほしいページのURLを入力します。今回は「問い合わせ完了ページ(サンクスページ)」のURLを挿入しました。

    「目標到達プロセス」の設定をオンにしておくことで、ユーザーがコンバージョンまでにたどる経路や離脱率を把握できます。今回の例では「トップページ」「記事ページ」「問い合わせ完了ページ(サンクス)」のURLを設置しました。ここまでの作業が完了したら「保存」を選択してください。

    目標到達プロセス

    目標が完成したら、Google アナリティクス上で目標が反映されているかどうか確認しましょう。
     

    Google 広告に目標をインポート

    Google 広告を開き、「ツールと設定」>「コンバージョン」>「+新しいコンバージョンアクション」を選択しコンバージョンアクションを作成します。

    +新しいコンバージョンアクション

    コンバージョンの測定方法から「インポート」を選択してください。

    インポート

    インポートするコンバージョンとして、目標設定を行った「Google アナリティクス」を選択し「続行」します。

    Google アナリティクス

    Google アナリティクスで設定した目標がGoogle 広告にインポートされていたら、設定は完了です。
     

    Google広告ガイドを無料でダウンロードする→

     

    コンバージョンアクションの項目の設定について

    コンバージョンアクションを作成する際には、5つの項目を設定する必要があります。それぞれの項目の概要を解説します。
     

    値

    値の項目では、コンバージョンに優先順位をつけるために各コンバージョンに値を設定します。値に指定がない場合には、デフォルト値の設定も可能です。
     

    カウント方法

    カウント方法

    カウント方法では「全件」「初回のみ」のどちらかを選択します。例えば、Google 広告のコンバージョンが売上計測などの場合は全件、問い合わせであれば初回のみのように設定します。詳しくは公式サイトの「コンバージョンのカウント方法について」をご参照ください。
     

    各コンバージョンの計測期間

    コンバージョンの計測期間は、ユーザーに広告が表示されてからコンバージョンに至るまでの期間を把握するための設定です。次の3つの項目がありそれぞれ計測期間が異なります。
     

    クリックスルーコンバージョンの計測期間

    クリックスルーコンバージョンは、ユーザーが広告表示後にページを離脱し、その後、別の経由でコンバージョンを達成することです。広告表示からコンバージョンまでの期間を最大90日まで設定できます。
     

    エンゲージビューコンバージョンの計測期間

    エンゲージビューコンバージョンとは、スキップ可能な動画広告を10秒以上視聴した後にコンバージョンを達成することです。

    エンゲージビューコンバージョンの場合、広告表示からコンバージョンまでの計測期間は、キャンペーンのタイプによって異なります。例えば、ディスプレイ キャンペーンの場合は3日間です。詳しくは「エンゲージ ビュー コンバージョンについて」をご確認ください。
     

    ビュースルーコンバージョンの計測期間

    ビュースルーコンバージョンは、ユーザーに広告が表示されてもその場では操作されず、時間をおいて別の経由でコンバージョンを達成するまでの期間を測定します。広告表示後、1日から30日に設定可能です。
     

    アトリビューションモデル

    アトリビューションモデル

    アトリビューションとは、ユーザーがコンバージョンを達成するまでに接触した広告を評価することです。その評価を行う枠組みをアトリビューションモデルといい、次の種類があります。

    評価方法

    評価項目

    データドリブン

    コンバージョン経路全体における各広告の実際の貢献度

    ラストクリック

    コンバージョン経路で最後にクリックされた広告とそれに対応するキーワードの貢献度

    ファーストクリック

    コンバージョン経路で最初にクリックされた広告とそれに対応するキーワードの貢献度

    線形

    コンバージョン経路で発生したすべての広告インタラクションの貢献度

    減衰

    コンバージョンまでの時間が短い広告インタラクションの貢献度

    接点ベース

    • コンバージョン経路の最初と最後の両方の広告インタラクションとそれに対応するキーワードの貢献度
    • コンバージョン経路で発生したそれ以外の広告インタラクションの貢献度

    引用:Google 広告ヘルプ|アトリビューション モデルについて
     

    Google 広告に複数のコンバージョンを設定する方法

    複数のコンバージョンを設定する際は、次の手順で行います。

    1. コンバージョンごとにタグを発行
    2. タグを設置

    複数のタグを設置することにより、キーワード別に数字を分析できます。ただし、測定するコンバージョンを増やしすぎると分類方法が複雑になり、効果検証がしにくくなるので注意が必要です。コンバージョンを複数設定する場合には、識別しやすいコンバージョン名を設定しておきましょう。
     

    Google広告ガイドを無料でダウンロードする→

     

    Google 広告のコンバージョン設定の確認方法

    Google 広告のコンバージョンが正しく設定されているかどうかは、トラッキングステータスで確認できます。

    トラッキングステータスの確認方法は次の通りです。

    1. Google 広告へログイン>「ツールと設定」を選択
    2. 測定の「コンバージョン」を選択
    3. トラッキングステータスを確認

    トラッキングステータスには次の項目があります。

    • 未確認
    • 最近のコンバージョンはありません
    • コンバージョンを記録中
    • タグが無効になっています
    • 削除済み
    • 目的のコンバージョン アクションが見当たらない

    設定したコンバージョンが確認できない場合には「Google 広告ヘルプ|コンバージョントラッキングのステータスに関するトラブルシューティング」をご確認ください。
     

    正しくGoogle 広告のコンバージョン設定をしよう

    Google 広告にコンバージョンを設定する方法を3つご紹介いたしました。自社でコーディングができない場合でも、本記事で紹介したツールを活用することで、簡単にコンバージョンを設定できます。

    しかし、タグを設定する箇所が違う、以前に設置したタグとカウントが重複しているなど、設定方法に問題があるとコンバージョンが正しく計測されません。

    今回ご紹介した各コンバージョンの設定方法の流れや設定内容を参考に、正しいコンバージョンの設定を行うようにしましょう。

    【無料ガイド】成果につながる広告戦略を策定しましょう

    HubSpotとGoogleによる、Google広告戦略構築のための無料ガイド。検索キャンペーン、リードジェネレーション、予算設定など広告運用に必要な情報がまとまったガイドに、運用テンプレートも付属。

    Google広告ガイドを無料でダウンロードする→

    HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

     

    トピック: Google広告

    関連記事

    ダウンロード: GOOGLE 広告活用無料ガイド のポップアップを開く GOOGLE 広告活用無料ガイド

    HubSpotでは今回、Google と共に、成果につながるGoogle 広告戦略を策定するためのガイドを作りました。

      ダウンロード: GOOGLE 広告活用無料ガイド のポップアップを開く GOOGLE 広告活用無料ガイド

      Marketing software that helps you drive revenue, save time and resources, and measure and optimize your investments — all on one easy-to-use platform

      START FREE OR GET A DEMO