4 min remaining

多くの企業が、Webサイトの構築に「CMS」を導入しています。「CMS」と聞いてピンと来ない方でも、例えば「WordPress」であればご存知ではないでしょうか。

→ダウンロード: CMSを活用したWEBサイト作成無料ガイド & CMS選定シート

CMSは、Webサイト上の各種デジタルコンテンツの作成・編集・保存・公開を一括で管理できるシステムとして、個人・法人を問わず活用されています。

今回は、CMSとは何か、導入した方がいいのかどうかを調べられている方に向けて、CMSの基本を解説します。WebサイトをCMSで構築するメリット/デメリットや主要ツールを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

無料ガイド

CMSを活用したWEBサイト作成ガイド & CMS選定シート

〜Webサイトの作成に必要な機能を比較して最適なCMSを導入しましょう〜

CMS(Contents Management System)とは?

CMS(Contents Management System)とは?

CMSとは Contents Management System(コンテンツ・マネジメント・システム)の略で、Webサイトのデザイン設定やページ追加機能、SEO対策など、Webサイト運用に必要な機能がパッケージとしてまとまったシステムのことです。

一般的に、Webサイトの制作や更新を行うには、HTMLやCSSといったプログラミング言語を用いるため専門的な知識が必要になります。非エンジニアにとってはハードルの高いものと言えるでしょう。

一方でCMSを使うと、上述のような専門知識が必要な部分は全てシステム側に制御されるため、私たちはテキストや画像などの情報のみを入れていくことで簡単にWebサイトを更新できます。また、設定によってはサイト内のナビゲーション(左メニューなどのリンク)や新着情報などの必要なリンクの自動更新も可能となります。

つまりCMSは、専門的な知識を学習することなく、誰でも簡単にWebサイトを更新・管理することができる、とても便利なシステムなのです。
 

CMSでWebサイトを構築するとどのような違いがあるのか?

CMSを使ってWebサイトを構築する場合と、使わないで構築する場合はどのような違いが出てくるのでしょうか。

CMSを使わずにWebサイトを構築する場合は、HTMLやCSS、JavaScriptなどのプログラミング言語を使って完成形のWebページを1ページずつ作成し、保存・管理していきます。

一方で、CMSを導入しているWebサイトの場合は、CMSであらかじめ用意されているフォーマットに沿ったページ作成が可能です。ページを更新する頻度が多い場合は特に、ミス防止や工数軽減の観点で有効なツールとして活用できます。
 

CMSの基本的な機能

CMSの基本的な機能

では、CMSには実際どのような機能が備わっているのでしょうか。が、ここでは多くのCMSで実装されている基本機能を3つピックアップします。
 

コンテンツ編集機能

前述の通り、Webサイトの更新には、通常HTMLやCSSなどの専門知識が必要で、裏側ではコーディングと呼ばれるソースコードの記述が必要になります。

これに対して、CMSを使う場合は裏側を触らずに、ブラウザに表示された状態に近い見た目の管理画面からWebページを直感的に編集できます。

テキストや画像のレイアウトなど、まるでMicrosoft Wordのファイルを編集するかのように、見た目を確認しながら更新作業を行えます。例えば、コンテンツを増やしたい場合であれば、ページの型となる「テンプレート」を使うことで、サイト全体のデザインを踏襲したまま新しいコンテンツを追加することができます。

また、予約投稿として、公開日時をあらかじめ設定しておくと該当の日時に自動的にページが公開される、という対応も可能です。手動設定の場合は配信漏れや配信時間の誤り等のミスが発生してしまう恐れがありますが、CMSでは自動配信設定によって、そのようなミスを防げます。担当者不在時や休日等でも配信したいときなどにも活用できるでしょう。
 

プラグイン機能

機能を拡張する「プラグイン」が用意されているCMSは多くあります。例えば、代表的なCMSの一つであるWordPressでは、第三者が制作した多様なプラグインを使い、決済機能の追加や多言語対応など様々なカスタマイズが可能です。プラグインは有料に限らず無料のものもあるので、工夫すれば、機能豊富なWebサイトを低予算で作ることも可能となります。
 

ユーザー管理機能

CMSには、コンテンツ作成に関わるメンバーの権限などのユーザー管理機能が備わっているものもあります。これにより、操作履歴の記録やユーザーごとの権限の設定などのカスタマイズが容易になります。

操作履歴を記録すると、CMSへのログイン状況や操作履歴をトラッキングし、責任の所在を明確化できます。

また、ユーザーごとの権限設定機能を活用すれば、重要なコンテンツを特定のユーザーのみの操作に限定し、誤った変更・削除などのトラブルを回避できるようになります。

その他にも、ユーザーをグルーピングして管理できるため、グループごとのアクセス権限の付与や承認フローの設定も容易となります
 

WebサイトをCMSで構築するメリット

WebサイトをCMSで構築するメリット

次に、WebサイトをCMSで構築するメリットを見ていきましょう。
 

1. 更新作業の内製化が実現する

CMSを使うと、 専門知識がない担当者であってもWebサイトを更新して簡単に情報発信できます。これにより、制作会社に更新作業を依頼する必要がなくなり、外注コスト削減やスピーディーな情報発信が実現できます。
 

2. 更新頻度を高められる

CMSはネット環境とWebブラウザさえあれば、場所や時間を選ぶことなく更新できます。CMSによってはパソコンだけでなくスマートフォンからの操作もできるため思いついたときに投稿するなど、更新頻度の向上に役立ちます。
 

3. 運営体制の分業化を実現できる

CMSの登場以前はWebサイトの作業を一人の担当者に集約するのが一般的でした。しかし、CMSの導入により複数の担当者の設定が可能となり、記事の投稿やウィジェットの設定変更など運営体制の分業化が実現しました。

例えば、部門ごとにアクセス権限を与え、各部門で自由にコンテンツ配信やキャンペーン告知などを行うなど、時機に応じたサイト運営が可能となります。
 

4. W3CのWeb標準に準拠するのでマーケティング効果が高い

CMSを導入すると 、W3C標準のHTMLコードが出力されます。 W3Cとは「World Wide Web Consortium(ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアム)」の略称で、Web技術の標準化を担う非営利団体です。W3Cが勧告しているWWW関連の規格は「Web標準」と呼ばれており、これに準拠することは、世界中のWebサイトにおける互換性の保証につながります。

Googleなどの検索エンジンは、W3CのWeb標準に準拠したWebサイトに対して高い評価を与える傾向があるため、CMSの導入によってSEOの内部対策が自動的に行えます。つまり、CMSを用いるとSEO効果の高いWebサイトを簡単に構築でき、マーケティング効果も向上します。
 

5. リンク切れを起こさない

「リンク切れ」とは投稿したコンテンツへのアクセスができなくなる状態で、主な原因は更新管理の不備に由来します。

CMSを導入するとWebサイト全体を一元的に更新・管理できるので、リンク切れのリスクも低くなり、全体的なユーザビリティの向上に繋がります。
 

6. 低コストで統一感あるデザインを実現できる

CMSの中でも、後述するオープンソース型とクラウドタイプの独自開発型は、相対的に低コストで導入できます。ツールによっては低コストでもデザイン性の高いテンプレートを利用できるものもありますので、Webサイト全体の統一感を出したいときに活用するといいでしょう。
 

7. デザイン変更が簡単にできる

先述したデザインテンプレートは設定で変えられるため、 Webサイト全体のデザインを一度に変更したいときにも便利です。トップページのみならず、各ページにおけるデザイン構成も自動で最適化してくれるので、レイアウト崩れやリンク切れ等の問題を極限まで減らせます。
 

8. マルチデバイス対応も容易になる

現在提供されているCMSの多くは、モバイル画面などマルチデバイス対応機能がデフォルトで整備されています。
 

9. 機能の拡張性が高い

CMSにはプラグインと呼ばれる拡張機能用のソフトウェアが用意されています。特にソースコードが開示されているオープンソースCMSでは、多くのプログラマーやエンジニアがプラグインを開発しているため、多種多様な拡張が可能となります。
 

WebサイトをCMSで構築する注意点は?

WebサイトをCMSで構築する注意点は?

一方で、WebサイトをCMSで構築する際にはデメリットや注意点もあります。
 

1. セキュリティの脆弱性をつかれやすい

CMSの場合、全てのシステムには必ず「管理者ページ」なるものが存在します。ここではIDとパスワードの設置が必要となりますが、管理が甘い場合は攻撃者に見破られ、セキュリティ事故に繋がるケースが多く見受けられます。

例えば、管理者権限IDのパスワードが「admin」や「9999」といったデフォルトのものに近いものになってしまっていると、攻撃者の格好の標的になってしまいます。
 

2. 例外的なWebページ作成には向いていない

CMSではメインとなるデザインテンプレートを設定し、それに準拠したデザインで末端の記事ページを量産していきます。つまり、個別のキャンペーンサイトやリッチなLPなど、例外的なデザインでのページ作成には向いていません
 

3. CMSごとに操作方法を習得しなければならない

CMSは専門的な知識がなくともWebサイトの更新ができるメリットがありますが、一方で、CMSごとの基本的な操作方法を習得しなければなりません。そのため、人によっては習得まで時間がかかる可能性があります。
 

CMSは3つのカテゴリに分類できる

CMSには様々な機能のものがありますが、大きくは3つに分けられます。

オープンソース型

オープンソースとは、ソースコードが無償で一般公開され、商用・非商用を問わず誰でも自由に利用・修正・再配布できるようにしたソフトウェアのことです。

オープンソース型CMSには、以下3つのメリットがあります。

  • 低コストで導入できる
  • 開発元の倒産などで使えなくなることがない
  • ユーザーが多い場合は使い方やカスタマイズに関する情報が拾いやすい
  • 無償にも関わらず有償より品質が高いものがある

特に3番目については、プラグイン情報はもとより、ノウハウやサービステンプレートなど様々な周辺情報がインターネット上で公開されているので、うまく利用すると、ある程度思った通りのサイトの構成も可能となります。

一方で、以下のようなデメリットもあります。

  • リテラシーが求められる
  • 日本語のドキュメントが少ないものがある

特に前者については、特定の企業が提供している製品ではないのでマニュアルがまとまっていないことも少なくありません。自社で構築、運用する場合は自力で必要な情報を集めなければなりません。また、アップデート等の保守管理をユーザー自身で行わないといけないため保守コストもかかります。
 

独自開発型(オンプレミスタイプ)

「オンプレミス」とは、サーバーやネットワーク、ソフトウェアなどのハード設備を自社内で管理・運営していく形態を指します。

オンプレミスタイプのCMSには、以下の3つのメリットがあります。

  • セキュリティ対策が充実している
  • 導入から保守運用までベンダーのサポートを受けられる
  • 必要な機能が最初の段階でほぼ備わっている

特に2点目について、オンプレミスタイプの独自開発型CMSを導入する場合は、自社内にサーバー設置しなければならないため、一般的には提供側が専用チームを設け導入をサポートします。また、導入完了後は保守チームが運用をサポートします。

一方で、以下のようなデメリットも存在します。

  • 導入コストやランニングコストがかさむ可能性がある
  • 構築に時間がかかる

オンプレミスタイプはゼロから個別に開発を進めるため、導入コストは膨大になるケースが多く、それに付随して設計から開発までそれなりの期間を要します。そして多くのオンプレミスタイプCMSは、ライセンス費用や保守費用がかかるため、月々のランニングコストもかさむ可能性が高くなります。
 

独自開発型(クラウドタイプ)

独自開発型のCMSには、クラウドタイプもあります。ユーザーが独自にサーバーやソフトウェアを持たなくても、インターネットを通じて必要なものを利用できるタイプのCMSとなります。

クラウドタイプのCMSには、以下のメリットがあります。

  • 低コストで導入できる
  • バージョンアップを自分でしなくてもいい
  • スペックを自由に切り替えられる
  • 必要最低限のセキュリティ対策が行われる

一方で以下のようなデメリットもあります。

  • 作成できるページ数の制限や広告表示の可能性がある
  • ECサイトでは商品数が制限されることがある
  • 自由にカスタマイズできない

クラウドタイプのCMSは、オンプレミスタイプに比べるとコストを抑えられる反面、制限が多い傾向にあります。例えば、デザインのテンプレート一つをとってみても、カスタマイズの範囲が限られることも少なくありません。

以上に記載したCMSの種類ごとのメリット・デメリットについては、次の表を参照 してください。

 

オープンソース型

独自開発型

オンプレミス
タイプ

クラウドタイプ

コスト

サイト規模

問わず

小~中

自由度

拡張性

セキュリティ

サポート

 

CMS導入に向いているサイト、向いていないサイト

CMS導入に向いているサイト、向いていないサイト

では次に、CMS導入に向いているWebサイトと向いていないWebサイトを見ていきましょう。
 

CMS導入に向いているサイト例

1. 制作会社に外注更新してもらっているWebサイト

現在Webサイトの更新を外注先に委託している場合、ちょっとした更新であっても都度、外注先担当者に連絡して修正依頼を出す必要があるので、コミュニケーションコストが高くなります。

そのような企業がCMSを導入すると、最初こそはCMS操作方法を習得するための学習コストがかかりますが、担当者が慣れると簡単な修正から大きなデザイン変更まで、全てを自社で賄うことができるので、上述の煩雑なやりとりは不要になります。
 

2. プレスリリースなどリアルタイムな情報発信が多いWebサイト

CMSを活用すると、サイトの更新が容易に行えるようになります。特に、プレスリリースやIR情報、製品情報などを毎日更新するサイトにおいてはCMS導入によってスムーズな更新が実現できるでしょう。また、毎日複数記事を更新するオウンドメディアなどのサイトにも向いています。

3. コンテンツの内容によって管理部署が異なるWebサイト

CMSを導入すると必要に応じて管理権限を設定できるため分業体制を整えやすくなります。特にコンテンツの内容によって管理部署が異なる場合には的確な管理権限の付与により担当者の負担軽減が狙えます。

4. ページごとにデザインが異なるWebサイト

CMSを使えば、オリジナルのデザインテンプレートが作成できます。ヘッダーやフッターなど共通の構成要素とコンテンツをどのように組み合わせて表示するかなども必要に応じて変更できるため、サイト内のデザイン性を統一したい場合にも有効です。
 

向いていないサイト例


1. デザインで差別化したいWebサイト

CMSはあらかじめ用意されたデザインテンプレートに沿ってページを構築できる点が強みなので、そもそものデザインで差別化したい場合には向いていません。
 

2. ページ表示速度が最優先のWebサイト

一般的にCMSでWebサイトを作成するよりも、HTMLで構成されたWebサイトの方が表示速度は速い傾向にあります。そのため、ページ表示速度が最優先のWebサイトにはCMSは向いていません。
 

3. 更新頻度が少ないWebサイト

CMSのメリットは、 いつでも誰でも、簡単にコンテンツを登録・更新できて、内容の承認がスピーディにできるという点にあります。更新頻度が少ないWebサイトの場合、たとえCMSを導入しても効果が出にくい可能性があります。
 

4. ページ数が少ないWebサイト

CMSのメリットを最大限に発揮できるのは更新頻度が高くページ数の多いサイトや担当者の分業化が必要なサイトです。一方で、ページ数が少ないサイトはたとえCMSを導入したとしてもこれらの機能を活かせず、効果が現れにくくなります。
 

5. 高いセキュリティレベルを要するWebサイト

先述の通り、CMSはセキュリティの脆弱性が問題視されています。よって、高いセキュリティレベルを要するWebサイトには不向きと言えます。
 

CMSを選ぶ時に確認したいポイント

CMSを選ぶ時に確認したいポイント

以上のような特徴を前提として、CMSを選ぶ際のポイントを見ていきましょう。
 

1. Webサイトを立ち上げる目的を明確に

まずはWebサイトを立ち上げる目的を改めて整理しましょう。操作の簡易性やプラグインが豊富さなど、CMSごとに特長はさまざまです。そのため、自社サイトの目的にあったCMSを選べるよう選定基準を明確にしてください。サイトの目的は何で、どのような頻度でコンテンツを更新するのかなどの目標設定を適切に行えば、CMS選びをスムーズに進められます。
 

2. 必要機能の洗い出しと確認

CMSにはさまざまな機能があるため、自社サイトにはどのような機能が必要なのかを洗い出しましょう。まずは社内でサイトマップを組み立ててからまとめると取り組みやすくなります。必要なページが分かると必要な機能も整理しやすくなります。

同じ自社サイトでも、目的によって必要な機能が変わります。洗い出しと確認をしっかり行いましょう。
 

3. 保守性の確認

CMSによっては、アップデート等の保守管理を自分自身で行わなければならないため、事前に保守性の確認をしましょう。同時に、担当者が変わる場合の引継ぎの平易さも確認しておいてください。
 

4. 対応規模の確認

自社サイトのアクセス数やトラフィック量など、サイトの運営規模を正確に把握しておきましょう。大規模なサイトを運用する場合は、一般的には膨大なデータ量になります。サイト規模に合わない処理性能のCMSを利用すると、サーバーに負荷がかかりページの表示スピードが遅くなるなどの弊害が生じます。その結果、自社にとっての大きな損失につながりかねません。
 

5. サポート体制の確認

CMSに関する不明点について、どのようなサポートをどの程度受けられるかも、大切なチェックポイントです。運用担当者のシステム知識が浅い場合は、外部委託の対応も検討しておきましょう。
 

【種類別】おすすめのCMS10選

【種類別】オススメCMS10選

最後に、オススメのCMSを種類別にご紹介します。
 

オープンソース型①:WordPress

現在、世界でもっとも高いシェア率を誇るCMSが「WordPress(ワードプレス)」です。2003年にオープンソース型ブログシステムとして公開され、現在に至るまで世界中の有志のエンジニア達によってバージョンアップされ続けているCMSの代表格です。 W3Techs.com によると、CMS全体の64%以上がWordPressという調査結果が出ています(2021年1月17日時点)。

最大の特徴はデザインテンプレートである「テーマ」とプラグインの豊富さにあり、それらを自在に組み合わせることで、あらゆるタイプのWebサイト構築が可能となっています。

HTMLやCSS、PHPへの知識があれば自分好みのサイトも構築できるので、初心者だけではなく、Web知識がある人にもオススメのCMSです。
 

オープンソース型②:Joomla!

世界で2番目のシェアを誇るCMSが「Joomla!(ジュームラ!)」です。日本ではさほど知名度は高くないものの、海外では人気の高いCMSとなっています。

最大の特長は、EC構築がとても簡単で、ユーザー同士のネットワーク構築にも優れていること。WordPressほどの量ではありませんが、デザイン性に優れたテンプレートも多く揃っています。
 

オープンソース型③:Drupal

オープンソースCMSの中で根強い人気を誇るのが「Drupal(ドルーパル)」です。開発には専門的な知識が必要となりますが、大規模なサイト開発に向いており、世界的な大企業や政府機関、大学といったWebサイトで多く利用されています。

他CMSと比べても特に汎用性が高く、WordPressやJoomla!と比べるとページ読み込みが速い傾向にあります。
 

独自開発型(オンプレミスタイプ)①:Movable Type

Movable Type(ムーバブル タイプ)は、ブログ形式でホームページを作成できるCMSです。WordPressよりも簡単にコンテンツの作成や更新ができるため、難しい操作が苦手な人も利用しやすくなっています。

ビジネス利用の場合は有償ライセンスの購入が必要なので注意してください。WordPressとは異なり、メーカー公式サポートもあるので、プログラミング等の知識やSEO知識に不安がある場合は、こちらを頼ってみても良いでしょう。
 

独自開発型(オンプレミスタイプ)②:SiTEMANAGE

SiTEMANAGE(サイトマネージ)は、「誰でもふつうに使える」「楽しくホームページ運用ができる」をコンセプトに開発されたCMSです。100種類以上あるプラグインを自由に組み合わせてカスタマイズでき、月額利用料もかかりません。
 

独自開発型(オンプレミスタイプ)③:RCMS

RCMS(アールシーエムエス)は、250以上の標準機能と運用者別のメニューなど充実した管理機能を備えるCMSです。コーポレートサイトはもちろん、ログインが必要な会員制サイトやECサイトなどの構築も可能で、金融機関や商社、メーカー、IT企業など、上場企業から中小企業まで3,000社以上に導入されています。
 

クラウド型①:Wix

Wix(ウィックス)は、海外発のクラウド型CMSであり、世界190カ国で1億6,000万人以上のユーザーが利用しています。ドラッグ&ドロップのみで立派なWebサイトを作れるノーコードの先駆けであるといえ、テンプレート数も500種類以上と豊富です。

プログラミングやWeb周りの知識がなくても、簡単に1ページからWebサイトを作れるため、初心者は使いやすいでしょう。なお、先述した W3Techs.com の調査でも、世界で第6位の利用率となっています(2021年1月17日時点)。
 

クラウド型②:ペライチ

ペライチは日本初のクラウド型CMSです。「ペライチ」という名前の通り、1ページから設置できるため他CMSに比べ、コンテンツを考える負担が圧倒的に少なく済みます。

また、日本語ベースでドラッグ&ドロップという直感的な操作でサイト構築ができるのも魅力です。簡単なランディングページを作りたい人に最適です。
 

クラウド型③:Jimdo

Jimdo(ジンドゥー)も、Wixやペライチと同様に汎用性が高いクラウド型CMSであり日本語で操作できます。メールアドレスからの無料の会員登録ですぐにホームページを構築でき、独自ドメインの使用も可能です。

お洒落なデザインが多くて視覚的にリッチで使いやすい管理画面なので、企業だけでなく気軽に始めたい個人にも向いています。
 

クラウド型④:CMS Hub

CMS Hub(シーエムエス ハブ)は、Webサイト運営に必要なツールを1つに集約したクラウド型CMSです。最大の特徴は、HubSpotが無料で提供するCRMと連携しており、マーケティング施策が進めやすい点にあります。HubSpotのCRMはセールス向けの機能やカスタマーサポート機能も実装しており、顧客接点のある全ての部署がスムーズに連携できるという特性もあります。

マーケティング施策で言えば、例えば訪問者に合わせたWebページのパーソナライズやデバイス別の最適化などの機能をあらかじめ備えているため、プラグインや他ソフトウェアを追加する必要がありません。また、Webサイト全体のパフォーマンスを分析し、リードを生み出しているコンテンツの種類や流入ソース、キャンペーン等を調べられるので、デフォルト機能だけで様々なマーケティング施策を実施できます。

マーケティング施策のPDCAをまわしたいと考えているWebサイトの構築に最適なCMSだと言えるでしょう。
 

自社の目的に沿った最適なCMSを導入しましょう

CMSの導入にはセキュリティの観点を含めていくつか注意点があるものの、多くのメリットがあります。自社の目的やKPI/KGIに沿ってCMSを比較し、最適なツールを導入するようにしましょう。

HubSpotではこの他にもマーケティングやセールスに役立つ資料を無料で公開していますので、ぜひこちらからご覧ください。

 

CMSを活用したWEBサイト作成ガイド & CMS選定シート

 CMSを活用したWEBサイト作成ガイド & CMS選定シート

元記事発行日: 2021年2月09日、最終更新日: 2021年2月09日

トピック::

CMS